| 携帯サイト  | 感想  | レビュー  | 縦書きで読む [PDF/明朝]版 / [PDF/ゴシック]版 | 全話表示 | 挿絵表示しない | 誤字脱字報告する | 誤字脱字報告一覧 | 

冥王来訪

作者:雄渾
しおりを利用するにはログインしてください。会員登録がまだの場合はこちらから。 ページ下へ移動
 

ミンスクへ
  燃える極東 その2

 夜陰(やいん)に紛れて、マサキ達はゼオライマーが居る市街地の反対の場所に向かった
船着き場の有るアムール川(支那側呼称:黒龍江(こくりゅうこう))の方に歩みを進める
遠目にソ連の巡邏(じゅんら)隊を認めた時、背負って来たM16自動小銃を使おうとするが、鎧衣(よろい)に止められた
 一瞬驚く彼の目の前で、折り畳み銃床のカラシニコフ自動小銃を出す
何処から持ち出したのであろうか……、そんな彼の疑問より早く発砲する
単射で素早く巡邏隊の兵士の脳天を撃ち抜くと、彼の左手を強く引っ張り物陰に隠れた
友軍の銃器で狙撃された彼等は混乱し、その場で警戒態勢を敷く
 男は懐中より望遠鏡のような物を取り出して、周囲を見回す
携帯式の暗視装置であろうか……
その様な事を考えていた彼の耳元に右手をかざすと、こう囁いた
「今のうちに駆け抜けるぞ。木原君」
自動小銃を腰だめで抱えて、その場から駆け出すようにして逃げた


 マサキは鎧衣と共にアムール川の河畔に居た
重装備の儘、駆け抜けた事で着ている戎衣(じゅうい)は汗で肌に張り付き、所々色が変わっている
米軍のプラスチック製水筒を取り出し、水が滴り落ちるのを気にせずに一飲み
タオルで顔を拭うと、深く深呼吸する
上着を鳩尾(みぞおち)まで(はだ)けると、男の方を振り向かずに、こう告げた
「鎧衣よ、貴様の事だ。
ソ連側から中共まで川を泳ぐぐらい造作も無かろう。しかも今は夏だ……。
凍えて死ぬ心配はあるまい」
不敵の笑みを浮かべた
「ほう、船着き場まで連れてきたと言う事は……、中共党幹部と渡りを付けろと……。
そう言いたかったのかね」
懐より、紙巻きたばこの「ホープ」を取り出す
「支那をまるで庭の如く知っている貴様なら、どうとでもなるであろう」
金属製のガスライターで火を点けると、悠々と紫煙を燻らせた
男は、その様をオーバーのマフポケットに手を突っ込んで眺めている
「いやいや、結構、結構。では北戴河(ほくたいが)で舟遊びをして来ようと思う」
 北戴河、記憶が確かならば共産党幹部が夏季に集まる渤海(ぼっかい)湾沿いの避暑地(ひしょち)……
ふと、その一言が気になった
 鎧衣は、意味深な言葉を残して、背を向ける
すっと消える様にして、夜霧の立ち込める船着き場へと向かった
男の姿を見送りながら、煙草を深く吸い込む
深く息を吐き出した後、側溝に向かって放り投げた
それとほぼ同時に、彼の姿は消えた 

 
 マサキは、ゼオライマーの操縦席に転移すると、一人思い悩んだ
(しば)し目を閉じて、過去の追憶に旅立つ……
 元の世界のソ連・極東のシベリアを思い浮かべる
真夏は摂氏40度を超え、真冬は氷点下40度以下……
年間の温度差が摂氏百度にまで達するほどの過酷な環境
 資源は有り余るほどあるが、採掘する機具も流通手段も不十分なこの地
人力に頼らざるを得なかった……
そこで目を付けたのが、囚人であった
シベリアの地は、帝政時代以来、政治犯や国事犯、軍事捕虜の流刑地
同地の開発で流された血は如何程であったろうか……、想像すらつかない
 1918年に、ボリシェビキ一派が暴力でロシア全土を占拠すると囚人の意味は変化する
無辜(むこ)の市民や農民といった政治とは全く無関係な人々まで、その定義は拡大した
政治的に危険視された人物は、その九族に至るまでこの自然の監獄に送り込まれる
帝政時代はシベリアに向かう政治犯に対して、時折(ときおり)心優しき土民は、暖かい差し入れや心づくしをしたがそれさえ禁止された
 1945年から1946年にかけて百万を優に超える日本人抑留者は、満洲よりこの地に連れ去らわれた
囚われ人は仮設の住居さえなく、薄い夏用天幕で凍える原野に放り出された
一説によれば、272万人の日本人抑留者は37万人がこの地で落命したという
如何に過酷であったかを物語る事例であろう

 はっと目を見開き、機内の観測機器を見る
接近する40機余りの機影……、恐らくソ連赤軍の戦術機
モニターに映る地上を走るBMP-1歩兵戦闘車やBTR-70装甲車は、ざっと見た所で20台以上
雨霰(あめあられ)と飛び交う弾丸やミサイル……、戦車や自走砲から放たれる断続的な砲撃
地響きのような重低音が響き渡る
砲弾の幾つかはゼオライマーの装甲板に直撃し、機体を振動させる
 T-64戦車の自動装填装置とは、これ程の物か……
ついつい一技術者として、ソ連赤軍の戦車性能に関心を持ってしまう
だが今は戦闘中……、気を取り直して椅子に深く座り直す
「美久、メイオウ攻撃の準備をしろ。出力は通常の30パーセントで行く」
操作卓のボタンを押し、即座に射撃体制に入れる様、準備を進める
「なぜ、出力を抑え気味で斉射されるのですか……。通常時の出力でも可能です」
グッと操縦桿を引き、推進装置を全開にして跳躍し、赤軍戦車隊の上空に出る
「小賢しい蠅どもに全力を掛けるほど、天のゼオライマーは安っぽいマシンではない」
 マサキの考えとしては、ソ連赤軍の部隊を(なぶ)(ごろ)しにする心算(つもり)であった
機体の奥底に居る美久は、その搭載されている推論型AIでマサキの思考を読み解こうとする
人間の知的能力を超越した電子頭脳で、彼が何を思っているか分かったのであろうか……
それ以降、押し黙ってしまう
その様を見て、ふとマサキは冷笑を漏らした
 勢い良く、垂れ下げていたゼオライマーの両腕を上げ、胸部にある大型球体の前にかざす
「この冥王の力の前に、消え去るが良い。(ちり)一つ残さずな……」
胸部にある球体が輝き出すと同時に手の甲に付いた球体も、煌めきを増してゆく
周辺に広がっていく強烈な閃光……
ゼオライマーの必殺技・メイオウ攻撃
その刹那、一筋の光線が地表に向かって通り抜けると、爆風が吹き抜ける
強烈な吹き上げ風が機体に覆い被さり、破片が宙を舞う
 依然として距離を取り続ける戦術機部隊……
空調を利かせた操縦席に座りながらも、操縦桿を握る手まで汗ばんで来た
何とも言えぬ興奮に身震いしているのであろうか、そう思う
この様な形で、生の喜びをありありと実感するとは……
思わず、不敵の笑みを浮かべる
 やがて東の空が(しら)み始めると、攻撃の惨禍(さんか)が表に出始める
塵一つなく戦車隊が消え去った機体周辺……
その様子を上空で見ながら、マサキはコックピットの中で哄笑した

 ゼオライマーに突如襲撃された市内は、混乱の嵐に包まれた
われ先にと逃げ出す党関係者とその家族、役所や国営企業など公共施設の職員……
最初の頃は交通警察と内務省(MVD)軍将校が検問をしていた
だが直ぐに溢れて、(とどこお)りを見せ始める……
 制御を失った市民は、次第に順番争いの為、乱闘騒ぎをはじめた
遠目でその様子を見ていた軍に持っていた家財道具を投げ始めるものが出始めると状況は一変する 
 混乱するMVDと警察の対応を見かねてであろうか、何処(いずこ)より現れた応援部隊
彼等は、KGB直属警備隊の制服を着こみ、数台の重機関銃を引っ張って来た
 隊長と(おぼ)しきKGB少佐の制服を着た男が飛び出してくると、周囲を見回す
一通り現場を確認した後、こう告げた
「こうなっては仕方が有るまい。非常手段に出る」
付近を警備する内務省軍将校や警察幹部が集められ、KGB少佐からの檄が飛んだ
(よろ)しいか、諸君!たとえソビエト市民と言えども躊躇(ちゅうちょ)してはいかん。
ここでの敗走を止めねば、我が軍は何れや崩壊するであろう。只今より、配置に付け」
小銃を槊杖(さくじょう)で簡単に手入れした後、弾倉を付ける
迫撃砲には弾が込められ、ベルトリンクが付いた重機関銃の槓桿(こうかん)を勢い良く引く
「一斉射撃!」
雷鳴の様な音が周囲に響き渡ると同時に、濛々(もうもう)と立ち上がる白煙と粉塵
降り注ぐ弾丸によって避難民の群れは、忽ち阿鼻叫喚(あびきょうかん)(ちまた)と化した

 噴煙が晴れると、斃れた人の群れから唸り声が聞こえはじめる
マカロフPM拳銃を持ったKGB少佐は、歩み出るとこう叫んだ
「これより、反革命分子を処断する。部隊は前へ」
横たわる屍の大部分は五体(ごたい)のどこかを失っており、僅かに息の有るものもそうであった
()って逃げ出そうとする者を見つけるや否や、件のチェキストは銃を向ける
自動拳銃の遊底(ゆうてい)が前後すると、哀れな逃亡者は冷たい(むくろ)になり果てていた
「ソビエト市民なら、銃を取って日本帝国主義者(ヤポーシキ)と戦うべきではないのかね」
そう告げながら、男はまだ息のある人間を選び出すよう兵に指示させる
血の海から連れ出された人事不省の避難民……
再び、銃声が鳴り響いた
 
 

 
後書き
 ロシア側のアムール川も中国側の黒竜江も夏季は水温が20度近くになります。
日中なら水泳は可能な温度です。
そう言った理由からマサキに泳げる旨の事を発言させました。

ご意見、ご感想よろしくお願いします.
 
ページ上へ戻る
ツイートする
 

感想を書く

この話の感想を書きましょう!




 
 
全て感想を見る:感想一覧