| 携帯サイト  | 感想  | レビュー  | 縦書きで読む [PDF/明朝]版 / [PDF/ゴシック]版 | 全話表示 | 挿絵表示しない | 誤字脱字報告する | 誤字脱字報告一覧 | 

冥王来訪

作者:雄渾
しおりを利用するにはログインしてください。会員登録がまだの場合はこちらから。 ページ下へ移動
 

ミンスクへ
  下命

 
前書き
第二部開始

今回も、ほぼ主人公の独白です 

 
 明けて、1978年正月15日
マサキは、この世界に来て、初めての正月を祝うのを後に欧州へ旅立った
羽田発アンカレッジ経由ヒースロー(ロンドン)行きの航空機に乗った
片道7時間のフライトは、ゼオライマーを長時間操縦するより疲れる
その様に感じられた
初めて乗るこの世界の大型航空機は、ドグラム社の三発ジェット旅客機
あの《DC-10》に酷似した形には、苦笑しか出なかった
車窓から見る雪原は、途切れなく続き、その広大さを感じさせる
この地が、ソ連への売却案が出て米国議会で大問題になっているのを、英字紙で見た
自国の都合で、100年前に国家予算の不足で売り払った地を、BETAを理由に買いなおす
ソ連の行動に、憤慨する米国民の気持ちも、理解出来る
 いくらビジネスクラスとはいえ、狭い席だ
脇に居る美久は、良く寝られると思う
恐らく、推論型人工知能が人間の睡眠周期を計算し、それに類似した休息時間であろう
周りを見ると、引率役の斯衛(このえ)軍将校が居るが、二人はずっと話し込んでいる
良くも、5時間近く話していて飽きないものだ
騒々しくて結局一睡も出来なかった
あの黄服と黒服の男達には、経由地に着いた際には苦情を告げると決め、車窓に視線を戻す
 
 彼は背もたれに深く腰掛け、瞑想(めいそう)した
恐らく、この並行世界では全てが一緒なのではなく大きな枠が一緒で、細部が違う
航空機メーカーがほぼ其の儘なのには、苦笑した
この世界の「マクダエル・ドグラム」が、元の世界の「マクドネル・ダグラス」
もしかすると、今乗っている航空機はあの、《DC-10》なのだろうか……
妙な寒気を感じるが、それは高高度の低気圧のせいであろう
そう自分に言い聞かせる
 
 経由地に降り立った際、3時間ほどの時間があったが、例の男たちとは逸れてしまった
引率者なのに、無責任ではなかろうか
しかし、機体は輸送船で送り、人員だけ先に欧州入りとは、変な計画である
最前線のソ連の隣国、西ドイツに行くのも、億劫だ
観光や新婚旅行のごとく、南独やノイシュバンシュタイン城を巡ることが目的ではない
ビールを味わい、ソーセージをほお張り、冬景色を楽しむわけでもない
戦争なのだ
最前線に立たされて、あの禍々(まがまが)しい化け物共と戦うのだ
些か、気が引ける

 彼は再び機内に戻った
アンカレッジ経由ヒースロー行きの後半部分の飛行
およそ10時間近く掛かるフライトの中、再び瞑想へと入っていった

実際の訓練開始と作戦決行日まで結構な時間がある
日にして約3か月弱
何でも、ソ連国内の雪解けを待ち、夏になってから実施するという
道路事情も悪く、疫病の猖獗(しょうけつ)する白ロシア、ウクライナ
1941年のバルバロッサ作戦(対ソ戦の作戦名)の二の舞にならねば良いが……
その様な思いが巡った

北極海沿いのポーラールート(polar route)を通って、ロンドンまで10時間近く掛かるのは腹立たしい
ゼオライマーに乗って、瞬間移動すれば、ほんの数十秒で着く
今度こそは、寝よう
美久が、抱き着くようにして寝ている
形状記憶シリコンの皮膚は、人肌と変わらぬ様な柔らかさと独特の暖かさを感じる
しかし、人肌の温もりとは違うのだ……
この陰々滅々を紛らわす為に、女など求めようものなら、危険だ
仙姿玉質(せんしぎょくしつ)の令嬢などを用意して、篭絡(ろうらく)させるであろう事が予想される

 思えば、この秋津 正人(マサト)の肉体に精神を移してから、人の温もりと言う物を感じたことがあったであろうか……
秋津正人は、養父母との間でそれなりの愛情を受け、不自由のない暮らしをしたと、沖に聞いたことがあった
しかし、過ぎた事だ
一度死んで転生した身
この不思議な異界に来てしまったのだから、二度目だというべきか……
自身をこの異界に呼び込んだ物が居るならば、会ってみたい
会って殴り飛ばしたところで、気が済むわけでは無かろう……
表現出来ぬ様な虚無感(きょむかん)に包まれている気がする
疲労であろう……
彼は、そう思うと、毛布に包まり、美久を抱え込むようにして、眠りについた


 
ページ上へ戻る
ツイートする
 

感想を書く

この話の感想を書きましょう!




 
 
全て感想を見る:感想一覧