| 携帯サイト  | 感想  | レビュー  | 縦書きで読む [PDF/明朝]版 / [PDF/ゴシック]版 | 全話表示 | 挿絵表示しない | 誤字脱字報告する | 誤字脱字報告一覧 | 

僕は 彼女の彼氏だったはずなんだ

しおりを利用するにはログインしてください。会員登録がまだの場合はこちらから。 ページ下へ移動
 

6-⑸

 その翌週、土曜日の夕方、昇二から「今、新幹線の中だ 夜、ナカミチに一緒に行ってくれ」と、急に言ってきた。

 待ち合わせて、ナカミチに入って行くと、明璃ちゃんが「いらっしゃ・・・」と、固まってしまった。美鈴が

「あらっ 昇二 どうしたのー 突然 びっくりしたわ」

「うん 急に ここのハンバーグが恋しくなってな 遅いけど、まだ、出来るかなー」と、昇二が答えながら、カウンターに座った。

 美鈴は、奥に聞きに行ったみたいだった。明璃ちゃんはお水を運んできたが、昇二のは底に少ししか入っていなかったのだ。その時、昇二は明璃ちゃんの方を見て、チュツとしていた。
 カウンターの中から、美鈴が

「ご飯もパンも無くなったのよ ハンバーグとクリームコロッケは大丈夫だって 蒼もそれでいい?」

 僕達は、それでOKと返事したが、その間、明璃ちゃんは、下を向いたまま黙ったきりだった。舞依ちゃんは、もう、あがったみたいだった。奥から出てきた美鈴に

「店長 明璃はかわいそうな女の子なんです 彼氏と思っている人に突然、いなくなったり、現れたりするんです」と、泣く振りをしていたが

「その子に会いたくて、会いたくて仕方なくて、急にでも帰って来るような彼氏がいる幸せな女の子もここに居る」と、昇二がポツンと言った。その途端、明璃ちやんは

「このバカ昇二 いつも、突然で・・ 本当は、嬉しくって、飛びつきたかったんだからぁー」と、昇二の背中を叩いてきていた。

「ほったらかしにしておくと、突拍子もないことやるからな このバカ明璃は」と、昇二もやり返していた。

「明璃ちゃん 普段なら、もうあがっているのにね 何かが知らせたのかな 食べ終わったら、二人で帰りなさい それと、明日は、夜に入ってもらえば、良いからね 楽しんでね」と、明璃ちゃんの背中をさすりながら、美鈴が言っていた。

「蒼 すまんな 連絡もらって・・いろいろ話たいこともあったけど」

「かまわん 今度な 明璃ちゃんが、飛び出さんように掴まえといてくれ 可愛いじゃぁ無いか」

 明璃ちゃんは、昇二にくっつく様に出て行った。

「明璃ちやん見ていると、羨ましいわね 若くて 私、年とっていくばっかりで・・」

「なに言い出すんだよ 美鈴は、まだ、若いよ 色気もでて来たし 魅力的だよ」

「有難う 蒼 そんな風に言ってくれるの、蒼だけかもよ」

 何言ってるんだよ、美鈴目当てに来る人、多いじゃぁないか、疲れてきているのかなぁー






 
ページ上へ戻る
ツイートする
 

全て感想を見る:感想一覧