| 携帯サイト  | 感想  | レビュー  | 縦書きで読む [PDF/明朝]版 / [PDF/ゴシック]版 | 全話表示 | 挿絵表示しない | 誤字脱字報告する | 誤字脱字報告一覧 | 

僕は 彼女の彼氏だったはずなんだ

しおりを利用するにはログインしてください。会員登録がまだの場合はこちらから。 ページ下へ移動
 

6-⑷

 6月になって、僕は仕事の方も慣れてきて、少しは余裕が出てきていた。両親が旅行に行くと言って、留守になるので、夜、久し振りに「ナカミチ」に顔を出してた。

 美鈴は顔を見て、ニコッとしたが、別に話し掛けてくるでもなく、明璃ちゃんが注文を聞いてきた。

「久し振りですよね ねぇ 蒼君 あとで、聞いて欲しいことがあるんだけど・・」と言っていた。

 僕は、ステーキを注文していた。ここのは、すのこ状の鉄板で直火で焼いてあるので、香ばしくおいしいので、好きなのだ。土曜の夜なので、店内は、まだ、家族連れなんかで混みあっていた。僕も、食べ終わる頃、9時半近くになって、小学生位の子供を2人連れた1組の家族が入ってきて、「まだ、大丈夫でしようか?」と聞いていた。応対した、舞依ちゃんが、美鈴の顔を見ていたが、美鈴は、笑顔で

「どうぞ 大丈夫ですよ」と、招き入れていたのだ。確か、10時閉店のはずだが、と僕は思っていたのだが。注文を聞いて、厨房に伝えた時も、晋さんがいつもより、威勢のいい声で答えていた。美鈴の気持を理解しているのだろう。注文の料理を運んだ時も、美鈴は

「どうか、時間は気になさらないで、ゆっくり、お召し上がりくださいね」と、応対していたのだ。

「すみません もっと、早く来るつもりだったんですけど、主人の帰りが遅くなってしまったので」

「そうなんですか ご主人もお仕事お疲れさまでした。いいんですよ 遅くなっても、ご来店いただきまして、ありがとうございます。又、遅くなるようなことがございましたら、ご連絡いただければ、お待ち申しておりますので、どうぞ、ご遠慮なさらないでください」と、美鈴は一礼して下がってきた。それが、美鈴とこのお店のスタンスなんだろうなと僕は、知ったのだ。それに、食べ終える頃、「お飲み物をサービスいたしますから、どうぞ、ゆっくりしていってください」とまで言っていたのだ。

 美鈴は、舞依ちゃんと明璃ちゃんに、もう、あがってと言って居たのだが、二人ともまだ残っていた。最後になった、その家族連れが帰る時、奥さんが

「ありがとうございました ゆっくり、食べれて おいしかったし 遅いし、シャルダンにしようかと言ってたんだけど、ここに来て良かったわ 子供達も喜んでいたし、又、寄せてもらいますね」と、言って帰って行った。外まで、見送りに行った舞依ちゃんが、戻ってきて

「店長 みなさん とても、喜んでいましたよ」と言ってきた。

「そう 良かったわ 晋さんもありがとうね」と、美鈴はお礼を言っていたが、晋さんは、別に反応もしていなかった。

「さぁ お疲れ様 みんな、あがってちょうだい 明日も、お願いね」って、美鈴が言っていたが、明璃ちゃんは僕のそばに来て

「蒼君 聞いて あのね 私、昇二に会いたいから、東京に行くって、言ったの バイクで そーしたら、両親に反対されて・・ 独りで、そんな危険なって言うから、私の親衛隊3人も付いてきてくれるって言ったら、すごく怒られて、もう、バイク禁止だって・・。お姉ちゃんにも、バカとか言って相手にされないし・・ 昇二も、どっちかと言うと迷惑だって・・ 店長に話しても、笑っているだけだし・・ ねぇ 晋君、私、昇二に会いたいのよ どうすればいいと思う?」

「おいおい そんなこと、僕に相談するなよ 明璃ちゃんがバイクでつるんでいるって、うすうす知っていたけど・・125だろう 高速もダメじゃん」

「うん 下道をゆっくり行く 2日掛ければ、余裕だよ」

「あのさー そんなことじゃぁなくって、それに親衛隊って、例の3人だろう? 余計に、心配だよ」

「どうしてー あいつ等、良い奴だし、言う事聞いてくれるよ」

「うーん そういうことじゃぁなくて どうして、ご両親とか、光瑠が反対しているか 明璃ちゃん、冷静に考えてみてよ 自分の想いは捨てて 昇二だって、明璃ちゃんのことは好きだって、はっきり言っていたよ だから、大切にしたいんだと思う その気持ちも、考えてみてな そういうことも、わからないんじゃぁ、これから、過去の芸術家の作品にこもっている、作者の想いを理解することもできないぞ」

「うーん 蒼君、厳しいなぁー、グサッとくるわ やっぱり、反対なんだ」

「そうだな ハッキリ言うと賛成できない」

「そうかー 私って、おかしいんだね 反省するかー」

「いゃ おかしいとは思わないよ 真っ直ぐだからね だけど、周りの人の考え方も理解することも大事だよって言っているんだ その上で行動すればって思うんだ」

「そうだね 店長は、ちゃんと周りの人みているもんね 見習いまーす」と、帰って行った。

 もう、店には美鈴とお父さんしか残っていなかった。

「ごめんね あの娘 蒼から言ってもらったほうが、効き目あるみたいだから」と、美鈴が言っていた。

「うん でも、ああいう気持も大事だよね それとね、美鈴 今晩、親達旅行で居ないんだ 来ないか?」

「バカ 急に言われても・・ 変な雰囲気になるから、行かない ごめんね ひとり、寂しく寝てちょうだい 私だって、つもりあるんだから 本当にバカ」

 やっぱり、誘い方がデリケートさに掛けていたかな、難しいなと思いながら帰ったのだ。

 
 









 
ページ上へ戻る
ツイートする
 

全て感想を見る:感想一覧