| 携帯サイト  | 感想  | レビュー  | 縦書きで読む [PDF/明朝]版 / [PDF/ゴシック]版 | 全話表示 | 挿絵表示しない | 誤字脱字報告する | 誤字脱字報告一覧 | 

魔法が使える世界の刑務所で脱獄とか、防げる訳ないじゃん。

作者:エギナ
しおりを利用するにはログインしてください。会員登録がまだの場合はこちらから。 ページ下へ移動
 

第一部
  第21-1話 新年魔法大会【スピードボード 其の三】

 
前書き
レンside 

 
「こっちゃん避けてッ!!」


 青藍さんの鋭い叫びに、琴葉が後ろを振り返り、即座に魔法を放った。固定魔法を無効化する魔法だ。
 それにより、青藍さんの脚とボードは離れ、ボードは壁にぶつかって勢いを止める。青藍さんは、勢いのまま琴葉に突っ込んだ。
 琴葉の方も固定魔法を解除したようで、ボードだけが水面に残っている。


 会場がシンと静まり返った。
 が、看守達は苦しそうな表情をしながらも、前進を続けた。きっと、止まっては行けないのだろう。


 ミオウですらもマイクを持つ手に力が入らないようで、マイクを落とす。


 今、何が…………琴葉は? 青藍さんはどうなった―――


「…………ってぇ……」
「……あー、びっくりした」


 小さくそんな声が聞こえて、会場は一瞬で盛り上がりを取り戻した。
 次の時には、琴葉と青藍さんが、壁に腰を掛けていた。

 だが、そのタイミングで看守達がゴールしていた。


「あー……ごめんねー、こっちゃん。俺のせいで」
「いや、別に大丈夫。まだ負けたわけじゃ無いじゃん?」

 青藍さんが目を丸くする中、琴葉がニヤリと笑うと、青藍さんの手を取って、ボードの近くに寄る。


「最高速度で勝ってやるよ」


 琴葉は素早くボードに乗る。

「美桜ちゃーん! 水に浸かってないからセーフだよねー?」
「せ、セーフでぇえええええす!!」
「じゃあ、青藍……海斗! 先に行ってるから!!」

 悪戯っ子の様に笑った琴葉は、高らかに叫んだ。


「『エクスプロージョン』ッッッッ!!!!」


  ◆ ◆ ◆


「第二種目結果は、一位は四舎、神白冬也!! 二位は二舎、橙条雅人!! 三位は一舎、黒華琴葉!! 四位は三舎、青藍海斗!! 五位は六舎、緑山葉!! 六位は五舎、柴田夕!! 七位は九舎、黄瀬輝!! 八位は七舎、桃瀬春となったぜッ!! っつーことで、現在合計得点七位、八位の九舎と七舎はここで脱落だぜ! ゴメンねぇええ!!」

 ミオウも元のテンションを取り戻し、会場も元―――より高いかもしれないくらい―――のテンションに包まれていた。

「現在合計得点順は、第二種目結果と全く一緒だぜっ!」

 だが、一舎の選手はそんな事は無かった。


「ごめん……順位落としちゃった」

 目の前には申し訳なさそうに俯いている琴葉。まだボードも持った状態だ。
 俺達がかなり燃えていたことを知っていて、かなり真剣に謝っているのだろう。

 だが、その雰囲気は―――


「琴葉ちゃん、顔上げてよ」


 グレースに全て持って行かれた。

「琴葉ちゃんはあの三舎の看守さんを助けただけじゃん。悪いことはしてないんだから、自分を責める必要無いよ。琴葉ちゃんが居なかったら、あの青藍って人、死んでたかも知れないんだし」

 泣きそうになっている琴葉に、グレースは視線を合わせて笑いかけた。……変態担当が、イケメンして―――

「……ありがと。でも、子供扱いするな」
「あはは、可愛いねぇ! 照れ隠しぃ!? ごっふぁ」
「ううううるさい! 雰囲気ぶち壊しだわ!!」
「……待って、なんで殴ったの…………」

 た時期があった。今は琴葉に脇腹を殴られて、脇腹を抑えながら蹲っている。
 要が一度苦笑を浮かべてから、ポケットを漁る。そして、取り出したのは絆創膏だった。

「ココ、血でてる」

 琴葉の二の腕を指しながら、要は琴葉の腕を持ち上げて、血が出ている箇所に絆創膏を貼る。そして、躊躇いも無くその上にキスをした。

「なっ!」
「よく頑張ったね、琴葉」

 そして、軽く頭を撫でた。琴葉は林檎のように顔を赤くして照れている。
 琴葉、そんな顔も出来るんだな。

 
ページ上へ戻る
ツイートする
 

感想を書く

この話の感想を書きましょう!




 
 
全て感想を見る:感想一覧