| 携帯サイト  | 感想  | レビュー  | 縦書きで読む [PDF/明朝]版 / [PDF/ゴシック]版 | 全話表示 | 挿絵表示しない | 誤字脱字報告する | 誤字脱字報告一覧 | 

魔法が使える世界の刑務所で脱獄とか、防げる訳ないじゃん。

作者:エギナ
しおりを利用するにはログインしてください。会員登録がまだの場合はこちらから。 ページ下へ移動
 

第一部
  第20-2話 新年魔法大会【スピードボード 其の二】

「こっちゃん! 俺も負けないかんなぁああ!!」

 ジャンプ台を二番目に飛び降りた青藍さんが叫ぶ。後ろに腕を伸ばすと、掌に水が生成される。すると、それが後ろに向かって一気に放出される。
 その推進力と勢いで、青藍さんはまた琴葉の横に並んだ。
 どうやら、ここの看守は皆魔法の扱いが通常の五倍くらいらしい。俺から見て、だが。


 そのまま三周目、四周目と、琴葉と青嵐さんは並んだままで、後ろの看守達と大差を付けながら回る。

 そして、五周目の五連続カーブに来たときだった。

 他の周と同じ様に、魔法で阻害される。それを障壁で撃ち落とす―――はずだった。

「……はッ!?」


 魔法が発動される。が、桃瀬さんと柴田さん、黄瀬さんが放った魔法が融合し、それが青藍さんの近くの水面に落ちる。

 ―――それの所為で、完全に青藍さんがボードの操作が効かなくなった様に見えた。

 
 

 
後書き
【MI☆O☆Uの次回予告だぜッ!!】
 やっほー! ミオウだよっ!!
 海斗センパイの運命は!?
 海斗センパイィィイイイイイ!!!!
 みんな、応援してくれ!!
 海斗センパイ! 海斗センパイ!
 スピードボードで優勝するのは一体誰だぁああ!?!?
 次回! 「第21話 新年魔法大会【スピードボード 其の三】」!!
 でも私は琴葉センパイを一番尊敬してまぁあああああっす!!!!
 また明日、待ってるぜぇぇぇええええ!!!! 
ページ上へ戻る
ツイートする
 

感想を書く

この話の感想を書きましょう!




 
 
全て感想を見る:感想一覧