| 携帯サイト  | 感想  | レビュー  | 縦書きで読む [PDF/明朝]版 / [PDF/ゴシック]版 | 全話表示 | 挿絵表示しない | 誤字脱字報告する | 誤字脱字報告一覧 | 

魔法が使える世界の刑務所で脱獄とか、防げる訳ないじゃん。

作者:エギナ
しおりを利用するにはログインしてください。会員登録がまだの場合はこちらから。 ページ下へ移動
次ページ > 目次
 

第一部
  第21-2話 新年魔法大会【スピードボード 其の三】

「あ、いた……こっちゃん!」

 すると、会場へ向かう反対の方向から、青藍さんが走ってくる。少し息が上がっていると言う事は、琴葉を探し回っていたのだろう。
 どうしたの? と優しく問う琴葉の肩に両腕を置き、青藍さんは深く頭を下げた。勿論、全員目を見開いて驚いている。

「ごめんんん!! 俺の所為でぇええ……」
「いやいやいや! あれは魔法がおかしな結果を生み出しちゃったんだから、しょうがない! 避けなかったのは私なんだし、気にしないで!!」
「こっちゃぁぁあん……」

 反射的になのか、青藍さんはそのまま琴葉を抱き締めた。勿論、全員顔を紅潮させて、目を見開いている。
 琴葉はと言うと、少し背伸びをしながら青藍さんの頭を撫でていた。……大人め。

 青藍さんが着替えのため、更衣室の方へ去って行ったのを確認すると、琴葉が勢い良く振り向く。が、一言目を発する前に、今回の事故の原因になった三人の看守がやって来て、バッと頭を下げた。

「「「黒華さん、すいませんでしたぁぁああああ!!!!」」」
「おぉう!? あれは君達だって真剣だったって事だろ! ちょっと魔力を込め過ぎちゃっただけだからさっ!? その余った魔力がお互いを引き寄せ合って、結局魔法が融合したっていう、不慮の事故だからさっ!? 気にしちゃダメだって! 青藍は怪我してないし、私だって擦り傷だけだし!!」
「「「すいませんでしたぁぁあああ黒華さんんんんん!!!!」」」

 嵐の様にやって来た三人は、嵐の様に謝罪をして、嵐の様に去って行った。俺達は、終始真顔のままだった。
 第二種目はこれで幕を閉じ―――


「ねぇ、そう言えば、水着似合ってるかな? 美桜ちゃんが用意してたっぽいんだけど」
「「「「「めっちゃ似合ってる」」」」」
「あ、そう……」


 た。

 
 

 
後書き
【MI☆O☆Uの次回予告だぜッ!!】
 ひゃほーい! ミオウだぁあああ!!
 正直、琴葉センパイと海斗センパイってイイわぁ。
 琴葉センパイが毒舌を忘れる……ッだとぉおおお!?
 ちょっと教えてくれぇええ、海斗パイセンンンン!!
 春っちと夕っち、輝っちも召☆喚!!
 次回! 「第22話 新年魔法大会【ショットダウン 其の一】」!!
 あたしの実況は全部「迷」実況だぜ!!
 ……って、文字ぃぃいいいいいい!!
 あああ明日、待ってるぜぇぇぇええええ!!!! 
次ページ > 目次
ページ上へ戻る
ツイートする
 

感想を書く

この話の感想を書きましょう!




 
 
全て感想を見る:感想一覧