| 携帯サイト  | 感想  | レビュー  | 縦書きで読む [PDF/明朝]版 / [PDF/ゴシック]版 | 全話表示 | 挿絵表示しない | 誤字脱字報告する | 誤字脱字報告一覧 | 

魔法が使える世界の刑務所で脱獄とか、防げる訳ないじゃん。

作者:エギナ
しおりを利用するにはログインしてください。会員登録がまだの場合はこちらから。 ページ下へ移動
 

第一部
  第16話 大晦日の第一魔法刑務所

 
前書き
レンside(途中から琴葉side) 

 
 今日は大晦日。
 現在、房の掃除中。

「……メイド兄弟、何処に行ったのかなぁ」

 雑巾を持ちながら、グレースが呟く。絶対に、メイド兄弟が全部掃除すりゃ良いじゃんみたいな考えをしている。…………駄目人間の鑑か。
 逆にハクとシンは、かなり楽しそうに掃除をしている。新聞紙で窓硝子を拭いたり、鉄格子を磨いたり。

「違う舎に行ったんだから、会える訳ない」
「うーん、そうなんだよねぇ……」

 要曰く、琴葉も仕事でいないらしいし、自分達で真面目にやるしかないのだ。

 そもそも、誰かに頼ること自体間違っているのである。

「でも、メイドさん達にやって貰いたいことがあったのになー」
「ハク、奇遇だな。僕もだ」

 ……あ、嫌な予感がする。

「ん? なになに~?」
「「『お帰りなさいませご主人様』ってやって貰いたかった」」

 ちなみに、これを言っている時の二人は、真顔だった。


 大掃除は、その後一時間近く続いた。
 その後は、一舎の囚人全員で、食堂で蕎麦を食べた。


  ◆ 琴葉side ◆


 ―――四時間は長かった。

 看守長の御部屋を掃除し、ついでに看守達の休憩室も掃除する。橙条と廊下の雑巾掛けで勝負し、華麗に勝利。青藍がソファを持ち上げてるところを拭き、神白と窓を拭く。
 その間、常に看守達から変な視線を送られていた。

 なぜなら―――


「はぁ!? メイドに掃除やらせなくてどうすんの!?」
「囚人に頼るわけが無いだろう!」
「そしたらメイドの存在意義は!? ミスをしたらご主人様に"御仕置き"としてあんなことやこんな事をして、失敗したら鞭で打たれ、ぼろぼろになっているのに掃除や洗濯をひたすらし続け、最終的にご主人様に体の関係を迫られ、『あぁ! ご主人様には逆らえませんわ!!』と言いながらご主人様と一線を越えてしまうのがメイドの宿命でしょ!?」
「どんな知識だ! これだから子供は……」
「あ"ぁ!? 背が小さいだけで、子供じゃ無いんですけどぉ!?」
「十分に子供だ! 一々騒ぐな、迷惑だ!」
「御前の方が声大きいだろ! 御前も黙れ!!」

「おい、青藍! 机壊すんじゃねぇ! 何個目だ、クソッ!!」
「あはは~、まぁそう怒るなって! 皺が増えるぜ?」
「誰がジジイだ馬鹿野郎!!」
「ジジイなんて言ってないんだけど」
「うるせぇ!! さっさと黙って仕事しろッ!! 力加減も考えろよなッ!?」
「あはははーはーはっ!! 橙条クン、顔面崩壊してるよぉ? おっもしろーい!!」
「うるせぇぞ黒華!! 何御前までこっちこっち来てんだ、さっさと自分の持ち場に戻れッ!!」
「はいはい、無駄口叩いてないで掃除してっ! 無言清掃だよっ」
「何が無言清掃だ殺すぞ!!」
「おー怖い怖い! 皺増えるよー! 老化が早まるよー! 白髪ジジイになるぞー!」
「青藍手前……ッ!!」
「御前等煩いぞ! 主任看守として、恥ずかしくないのか」
「はァ!? 知るか! 兎に角、コイツ等シバかないと気が済まねェ!」
「おこちゃまー! おこちゃまー橙条ー!!」
「中学男子の喧嘩ー! 低レベルすぎるー!!」
「手前等ァァアアアア!!」


 と、四人で喧嘩をしていたからである。

 現在は落ち着いて会議が始まっていた。


「今日アナタ達を呼んだのは、明日のコトと、先日一舎主任看守、黒華を襲撃した二人の殺し屋についてよ」

 上座に座った"ロリっ子"が、思い切り私を見ながら言ってくる。

「……あの、"看守長"。私は大丈夫なのですが……」

 私は、看守長を見ながら言う。


 そう、看守長は―――


「ダメよ! コトハが殺されそうになったんだから!!」


 見た目はロリっ子、中身は立派な看守長・赤司(あかし)紅葉(くれは)だ。
 小柄な体型に、横髪を少し伸ばしたショートボブの赤髪、金の様な瞳。幼さしかないその見た目故、大抵の人にロリと間違えられる。だが、実際はこの第一魔法刑務所の看守長である。"合法ロリ"と言うヤツだ。

「あの、看守長……私は殺されてないですし、殺されそうにもなっていませんよ?」
「そうじゃないの! コトハは少し黙ってて」
「あ、ハイ…………」

 隣で橙条が肩を震わせている。笑うなら大声で笑えそして退場しろ。

「とにかく、あのメイド兄弟は四舎に居るのよね? 暴れたりはしてないかしら」

 適当な理由で四舎に送った私にとって、そこが一番気になるところだ。何かあれば、少なくて六割は私の責任にされる。
 だが、神白は「異常ありません」とだけ答えた。それなら良いのだ。

「ならいいわ。今後も四舎で様子を見ましょう」

 ほっと息を吐くと、青藍に不審そうな目で見られる。私が妙に焦っていたのがバレたか。だが、今発言する事は出来ないので、スルーする事にしよう。

 その後、"明日について"の話し合いが続いた。
 
 

 
後書き
段々雑になってる気がするのですが……
明日から気合いを入れ直して、本気で頑張ります……
それでは、また二時間と五五分後に番外編を出しますので、そちらもよろしくお願いします。 
ページ上へ戻る
ツイートする
 

感想を書く

この話の感想を書きましょう!




 
 
全て感想を見る:感想一覧