| 携帯サイト  | 感想  | レビュー  | 縦書きで読む [PDF/明朝]版 / [PDF/ゴシック]版 | 全話表示 | 挿絵表示しない | 誤字脱字報告する | 誤字脱字報告一覧 | 

魔法が使える世界の刑務所で脱獄とか、防げる訳ないじゃん。

作者:エギナ
しおりを利用するにはログインしてください。会員登録がまだの場合はこちらから。 ページ下へ移動
 

第一部
  第15話 主任看守会議だよっ! 全員集合っ!!

 
前書き
琴葉side 

 
 次の日、メイド兄弟は四舎に送られた。
 だが、メイド兄弟を引き渡す時―――

「痛いいい……」

 また翁に叱られた。殴られた。
 現在、看守室で頭を抱えながら机に突っ伏している。もう何もやる気が出な―――

「琴葉! 主任看守会議だって!! 他の主任看守にも、もう連絡は回ってるよ!」
「それは本当か!? 窓閉めといてね!」

 かったのだが、窓を開けて、窓枠に足を掛ける。目の前には海。落ちたら面倒臭いことになる。が、今はそんな事を気にしている時では無い。
 壁に手を置きながら窓枠に立ち、体を半回転させる。この辺りで魔法を使っても面倒臭いことになるので、自分の力だけで跳ぶ。
 手を伸ばして、どうにか一舎の屋根を掴む。そして、勢いを付けて屋根に飛び乗ると、そのまま目の前に聳える、豪華な"塔"へ向けて疾走する。

 間に合え―――

「あ-! この刑務所はデカいんだよオラァァァアアア!!」

 数分走って、ようやく塔の近くまで到達する。そこで、再度全力で跳び、窓の縁に掴まる。それを数回繰り返すと、頂点付近に到達する。最後は勢いで窓を割り、中へ入る。

「えっ……」

 中に居た看守が、なんだコイツみたいな表情でこちらを見てくる。これでも主任看守部長だこのヤロ―――


「オラァァアアアア!!!!」
「あぶしっ」


 背中に強い衝撃。力を抜いていたため、ドミノ倒しの様に床に顔面を強打する。絶対出血して―――


「ダァァァアアアアア!!!!」
「へぶっ」


 全身に鈍い痛み。……何かに轢かれたんですけど。絶対床にめり込んで―――


「貴様等、何をしているのだ」
「あでっ」


 背中に重さ。……踏まれたんですけど!? てか、上で止まるな!!


「いってぇなクソがぁあああああ!!!!」


 何故蹴られて、轢かれて、踏まれなきゃいけないんだ。私は主任看守部長だぞ!?

 窓の方を見ると、そこには主任看守が三人、澄ました顔で立っていた。


「手前が其処に突っ立ってたのが悪ィんだろうが。オレは注意したぜ?」
「ガラス越しに聞こえるか!」

 赤朽葉色の、長めの髪を横に垂らしたヤツは、前髪の奥から覗くサファイアの様な瞳を爛々と輝かせ、こちらを見る。黒い長外套を肩に掛けたそいつは、二舎の主任看守・橙条(とうじょう)雅人(まさと)


「"まーさん"、そんなに挑発するなって! なっ!? "こっちゃん"もそんなピリピリすんなよ!」
「いだっ……背中叩くな馬鹿力!」

 青い、ツーブロックリバースショート―――本人がそう言わないと怒るのだ―――に整えられた髪に、琥珀色の瞳をしたヤツが、バシバシと私の背中を叩く。橙条の事を"まーさん"と呼び、私の事は"こっちゃん"と呼んでくるコイツは、三舎の主任看守・青藍(せいらん)海斗(かいと)


「黙れ愚者共。窓を破壊して侵入するなど、看守としてあってはならない。青藍については、壁を破壊してきたのだ。早く直せ」
「……くっそ正論過ぎてイラつくんですけど殴っていいねぇ殴って良いよね?」

 白い、程よく伸ばされた、クセ一つ無い髪に、ダークレッドの瞳。白い糸で彼岸花の刺繍が施された黒いマントを羽織ったそいつは、四舎の主任看守・神白(こうじろ)冬也(とうや)

「何だ、その恩を仇で返すような事は」

 メイド兄弟を預かって貰ったのは四舎である。理由としては、看守が負けなさそうで、一番遠かったのが四舎だったから。

「……まぁ、それは置いておいて、御前等どうして私を蹴った、轢いた、踏み付けた」

 すると橙条が、
「邪魔だったから」
 青藍が、
「そこに居たから」
 神白が、
「気付かなかった」
 と順に言っていった。

 勿論、思うことは"御前等打っ殺す"の一つだけ。


 ……まぁ、会議に間に合っただけ良いとしよう。

「……ま、全員急いでたんだろ。次は無いからな。会議は何時からなんだ?」

 私と橙条は窓を、青藍は壁をぶち破ってくるくらいなのだから、そろそろ始まってしまうのだろう。
 そう言えば、要に時間聞くの忘れたなぁと考えていると、


「あと四時間後だ」
「「「嘘だろ!?!?」」」


 神白が言ったところに、三人でツッコむ。

「はぁ!? 本当なのかよ!」
「嗚呼。御前等の場合、時間を聞かずに飛び出してきたのだろう。予想はしていたが」

「えー? こーちゃんマジで?」
「マジだ。一舎の副主任に言われたぞ」

「え、要から聞いてないんだけど」
「今頃、御前に呆れているだろうな……ん? 貴様等、如何かしたのか?」


 三人の主任看守には、「クソがぁあああああ」と叫ぶ気力さえ残っていなかった。

 
 

 
後書き
おまけ1
〔お仕事だよ! 要ちゃん!〕
――― Pi Pi Pi
要「もしもし-。一舎副主任、黒崎です」
看守長『あー、要ちゃん? やっほー』
要「こんにちは。本日はどの様な御用件でー?」
看守長『一八時から主任看守会議するー。皆に伝えといてー』
要「わっかりましたー! 失礼しまーす!! ……看守長、今日はテンション低いな」


おまけ2
〔その時の要ちゃん〕
要「あーあ……行っちゃったよ~。まだ四時間もあんのにー……取り敢えず、寒いから窓閉めよー」

 間。

要「屋根蔦って行くとか馬鹿だよねー……どんだけ看守長恐れてんのー? あー、暇だー。どーせ帰ってくるだろうし、書類進めとこーっと! 馬鹿な上司の分もねー」 
ページ上へ戻る
ツイートする
 

感想を書く

この話の感想を書きましょう!




 
 
全て感想を見る:感想一覧