| 携帯サイト  | 感想  | レビュー  | 縦書きで読む [PDF/明朝]版 / [PDF/ゴシック]版 | 全話表示 | 挿絵表示しない | 誤字脱字報告する | 誤字脱字報告一覧 | 

冥王来訪

作者:雄渾
しおりを利用するにはログインしてください。会員登録がまだの場合はこちらから。 ページ下へ移動
 

ミンスクへ
  ベルリン その3

 
前書き
「国連次官って何だよ」

マブラヴ特有のガバガバ設定、多すぎる 

 
 西ドイツの暫定首都ボン
其処に居を構える、在ドイツ連邦共和国日本国大使館
その館内を走ってくる男が見える
筋肉質で屈強な体付き、戦士を思わせる風格
蓄えた口髭と、豊かな髪
黒の様な深い濃紺で、細身のダブルブレストのスーツ
六つボタンで、襟は、ピークドラペル
シャツは薄い水色で、ネクタイは濃紺
靴は、濃い茶色のプレーントゥの造りで、厚い革の靴底
地味ではあるが、生地や造りからして、身に着ける物が全てが上等なカスタムメイドと判る
 
 勢いよく、大使室のドアが開けられる
「閣下、今回の件で説明をお願い致します。
小官は納得出来ません」
生憎、大使は、室内で電話中であった
黒い受話器を右手で持ち、右耳に当てている
彼は、その官吏の事を左手で指示する
外側に向い掌を二度降る
彼の意図を理解した官吏は、部屋を出た
 
 30分後、件の官吏は呼び出された
部屋に入ると大きな事務机の上に有る黒電話と灰皿が目に入る
室内には、金庫と両側にガラス戸で開閉する書棚
書棚には、外交協会発行の直近20年ほどの「ソ連人物録」や「東ドイツ人物録」が並ぶ
個人情報の取集が困難な共産圏においてはこの様な外交協会発行の個人目録の役目は大きい
表の人事や機関誌に出てくる人間であっても、(よう)として足取りが掴めなくなる
共産圏では、その様な事が儘有るのだ
 
 大使は、来客用のソファーとテーブルを指で指し示す
「まあ、座りなさい」
一礼をすると、官吏は座った
その様子を見て、大使は引き出しよりパイプと葉タバコを出す
パイプは、ブライヤー製で、一般的なビリヤード型
タバコを押すようにして、パイプに詰めると、柄の長いマッチで炙る
一旦炙った後、再び火を点け、軽く吹かす
ゆっくり噴き出すと、何とも言えぬラム酒の香りが漂う
「この香りは《桃山》ですな」
専売公社が発売するタバコの銘柄(めいがら)を当てる
彼は眉を動かす
この男の見識の広さに、驚いた様子が傍から見て取れる
「君は、パイプは()らんと聞いたが……」
「独特の香りです。一度嗅いだら忘れませんよ」

 彼は目の前の官吏に、顔を向ける
「今回の東ドイツ非公式訪問の件は、省内でも喧々諤々(けんけんがくがく)の議論が起きた。
私とて、本音を言えば反対だ。
何も、殿下からお預かりしている禁軍将兵を敵地に差し出す愚かな策には乗らん。
だが、これが同盟国からの要請であれば、話は違う」
官吏は、驚いた表情で彼を見る
「先立つ、米国・東独間の貿易交渉の際、米側が食料購入を東独に求めた。
その折、東独側から、見返りとして西ドイツに展開している日本軍関係者のベルリン訪問を要請された。
米側は、飽く迄日本は主権を有する独立国であるので、自らに決定権は無いとしながら、日本側に連絡するとその場で応じた」
パイプから立ち上がる煙は薄く、吐き出す紫煙も少ない
しかし、仄かに香る

「米国からの連絡とは言え、曙計画や今後の新規戦術機開発にも影響する。
また、彼等がこの件に乗ったのは、最終的にはNATOの拡大を視野に入れてであろう。
彼等の本音としては、西ドイツでは満足せず、北はフィンランド、東はバルト三国、南はトルコという路線で行きたいのであろう」
若い官吏は両掌を組み、椅子に座りながら尋ねる
「ハバロフスク遷都の影響を考慮してですか」
大使は、右手にパイプを持ちながら聞く
一口吸うと、彼の疑問に応じた
「そうだ。
現在、ソ連はBETAに侵食された中央アジアを中心にして東西に分割されつつあるが、仮に今回の事が終わったとしても、復興には相応の時間が掛かる。
ポーランドや東ドイツに居る欧州派遣ソ連軍の維持も厳しいというのが、情報筋の見立てだ。
その様な事から導き出されるのは、白ロシア、ウクライナを対ソ緩衝地帯にするという試案だ」
 
 官吏は、大使の見解に絶句した
彼は、その様な事実が、夢物語を語る様で不信感を強める
「BETAの混乱に乗じ、東欧圏を非共産化させ、NATO諸国に組み込む。
この様な、恐るべき策謀の中に、我が国は利用されつつあると言う事だよ。
珠瀬君、君の意見は正しい。
だが、外交は正論ばかりでは通らない。
政治とは常に妥協の産物。
私とて、これ以上の日米関係の混乱は殿下に申し訳できぬのだよ……」
彼は、ゆっくりとパイプを吹かす
回転椅子の背もたれに寄り掛かり、机を支えにして背面の窓側に体を向ける
「閣下……」
 珠瀬は、窓の外を見る大使の背を見る
彼から見て、小柄な男は、何時にも増して小さく感じた
「私としては、殿下をお守りする為に、あの新型機のパイロットや新型機を米国の駒として差し出す。
その件は、問題ないと、思っている。
殿下あっての日本、殿下あっての武家。
大命を拝領しながら、日々どの様にして、その御心に沿えるか……」
彼は立ち上がると、深々と大使に礼をした
「閣下には、貴重な御時間を割いて頂いて……。
私は、これで失礼いたします」
後ろを向いた侭の大使に再度、ドアから礼をすると、静かに戸を閉め、その場から立ち去った

 
 

 
後書き
読者様の意見を参考にして説明不足であった点を説明する回になりました
 自分の中では説明した気になっておりましたが、今回改めてご意見をいただいて説明不足であったと考えて居ります
話作りに夢中になっており、周囲やそこに至るまでの過程を丁寧に説明出来なかった。
 偏に、小生の不徳の致すところです
また、主人公、マサキに関しては後日、その経緯を作中で説明したいと思います

ご意見、ご感想、ご要望、お待ちしております。 
ページ上へ戻る
ツイートする
 

感想を書く

この話の感想を書きましょう!




 
 
全て感想を見る:感想一覧