| 携帯サイト  | 感想  | レビュー  | 縦書きで読む [PDF/明朝]版 / [PDF/ゴシック]版 | 全話表示 | 挿絵表示しない | 誤字脱字報告する | 誤字脱字報告一覧 | 

リュカ伝の外伝

作者:あちゃ
しおりを利用するにはログインしてください。会員登録がまだの場合はこちらから。 ページ下へ移動
次ページ > 目次
 

やっぱり僕は歌が好き 第二楽章「謎のストリート・ミュージシャン」

 
前書き
何所の誰だか丸判りだが、
謎のベールに包まれた男が登場。 

 
(グランバニア城・城内カフェ)
レクルトSIDE

グランバニアは平和な国だが、だからといってお昼休みを全軍で一斉にとる訳にはいかない。
何時(いつ)何時(なんどき)非常事態になるか分からないから、日勤は昼12時から13時・13時から14時・14時から15時と時間をずらしてとっている。

今日の僕は13時からの昼休憩で、12時から昼休憩をしてた兵士等と入れ替わりな形で城内カフェに入店した。
すると入店早々に気になる兵士に出会す。

「よし! 今日こそ止めさせるぞ!!」
そう気合いを入れてカフェから出て行こうとする兵士……
普段だったら関わらない様にしてるんだけど、(兵士)は僕と同期の間柄だった。

「やあ、カール。随分と気合いが入ってるね?」
「あ、レクルト……いや失礼しました、総参謀長閣下!」
他の兵の目もあるから、慌てて彼も言い直したけど、普段は同期という事で気さくに会話してくれる掛け替えのない同期……それがカール・グスタフ中尉だ。

「たしか今、カールは城下の……中央地区の巡回警備が任務だったよね?」
「おう……いや、はい。その中央地区の中央公園内で、けしからん奴が居りまして。その者の行為を今日こそ止めさせようと思っております!」

「その人とは何をやらかしてるの?」
「はっ! 中央公園内は商売が禁止であるにも関わらず、ギターで音楽を奏で歌を歌い、通行人から金銭を受け取ってるのであります!」

「……ス、ストリート・ミュージシャンってやつかなぁ?」
「世間一般ではそう呼ばれてますね」
如何(どう)しよう……嫌な予感しかしないが、確認しない訳にもいかない。

「その人って……如何(どん)な感じの人……なのかなぁ?」
「はい。市井では有名人な様で、プーサンと呼ばれてるそうです。何でも日雇い労働者みたいですよ」

はい、アウトー!
トラブルてんこ盛りー。
先程まで僕の体内を占領してた空腹感が、今一斉に消え去りましたー。やったね、一食分浮く(泣)

「ま、まぁ落ち着こうよ。本当に公園内で商売してるのかなぁ? 通行人が勝手にお金を置いて行ってるだけでしょ?」
「何を言ってますか! 金銭を受け取ってるんですから、立派な違法行為ですよ!」

そう言うとより一層気合いが入ったカールは、自信に満ちた大股で午後の仕事に向かった。
拙い……絶対に拙い。
プーサンの正体を知られる事無く、彼の行動を阻止せねばならない。

いや……阻止は無理だろう。
でもせめて、被害を最小にしなければならない。
まずはピピン大臣閣下に報告だ……

そして嫌だが、宰相閣下にも伝えねば。

レクルトSIDE END



(グランバニア城下町・中央地区・中央公園内)
アイリーンSIDE

ピエ(ピエッサ)から耳寄り情報を貰い、中央公園へと通う様になって4週間。
社長(プーサン)の弾き語りを生で聴ける機会が大幅に増える。
とはいえ、社長(陛下)も忙しい身……週に3日、火・水・木の午後だけの公演だ!

一曲も聞き逃す訳にはならないと思い、授業をサボってまで公演に参加するつもりだったのだが、『こらこら、授業はちゃんと出席しなさい』と言われ、泣く泣く火曜日と水曜日の15時までは我慢する事に……その他の時間は授業が無いから、堂々と社長の公演を聴きに来れる。

なので今日、木曜日はお昼ご飯を食べたらダッシュで中央公園へ!
流石に早く来すぎてるのか、社長が来るよりも先に到着。
広い公園の南側入口方面を期待を込めて見続ける。

程なくして遠くからギターケースを担いだプーサン社長が登場。
「今日も早いね」と爽やかな笑顔で声をかけてくれる。
広い中央公園の中心にある噴水の前で社長はケースからギターを取り出し、既に名物となっている為、何人か集まったギャラリーに向かって手を振る。

「今日もこんにちは。夕方の16時くらいまでだけど、お付き合いよろしく」
そう言うとギターを奏で歌を紡ぎ出す。
この歌は初めて聴く……また新曲を聴かせて貰えたわ。

歌い終わり曲名を『夢の途中』と教えて貰う。
アダルティーな感じの切ない曲。
それでいて心に染み入るまさに名曲!

陛下の……違った、社長の色っぽさを表現してる曲だわ。
私は“夢の途中”を身体の隅々に染み込ませていると、社長が「なにかリクエストはあるかい?」と私に聞いてきた。

即座に「『いとしのエリー』を!」と答える。
「アイリーンちゃんはこの曲を気に入ってるね。まぁ凄い名曲だからね」と笑いながら受け入れられた。自ら『名曲』と言えるのは社長(陛下)ならではだろう。

そして静かに弦を弾き歌い出した社長……
あぁ……先刻(さっき)の曲も素晴らしかったけど、やっぱりこの曲は最高だわ。
そんな至福の時間に身も心も浸ってると……

「こらー! 昨日も言っただろ。ここでの商売は禁止だ!」
と、私のみならず周囲のギャラリーを現実に引き戻す怒鳴り声が!
昨日の終わり間近にも来た、名も知らぬ警備兵だ。

「またお前か……昨日も商売じゃねぇって言ったろが! 頭ワリーのか?」
「何だとキサマ」
激しく同意だ。頭悪いんじゃないの!

「キサマは周囲の客から金銭を受け取ってるではないか! これは立派な商売だ……それ即ち違法行為である!」
「じゃぁ何か……家の手伝いをしてお母さんからお駄賃を貰ったら、それ即ち商売か!? だとしたらそんな子供を探し出して、税金を取れよ」

「そ、それとこれとは状況が全然違うであろう!」
「こっちだって商売とは全然状況が違うわ! 確かに金銭を提供してくれる人は居るが、それを強要してない。僕の音楽を聴いて自主的に金銭を置いていってくれてるだけで、曲を聴いてもそのまま立ち去る人も居る。それについて僕は何一つ文句は言わない」

確かにその通りだ。
商売というのであれば、商品である社長の曲を聴いたら、必ず代金を支払う必要がある。
私もこの兵士に、その事を言ってやろうと思った時……兵士の後方から見慣れた人物達が、遠巻きにこちらを伺っていた。

その人物とは……
ピエ(ピエッサ)の彼氏とその上司の軍務大臣閣下……そして宰相閣下もそこに居た。
何でさっさとこっちに来て、この騒動を治めないのか分からないが、多分性悪宰相閣下が他二人の行動を押さえ込んでいるのだろう。

それならそれで、私は私に出来る事をしようと思う。
勿論それは社長の援護だ!

アイリーンSIDE END



 
 

 
後書き
謎のストリート・ミュージシャンとは
プーサンのことでしたぁ~! 
次ページ > 目次
ページ上へ戻る
ツイートする
 

全て感想を見る:感想一覧