| 携帯サイト  | 感想  | レビュー  | 縦書きで読む [PDF/明朝]版 / [PDF/ゴシック]版 | 全話表示 | 挿絵表示しない | 誤字脱字報告する | 誤字脱字報告一覧 | 

冥王来訪

作者:雄渾
しおりを利用するにはログインしてください。会員登録がまだの場合はこちらから。 ページ下へ移動
 

異界に臨む
  慕情

 
前書き
内ゲバ回初投稿です

航空機の発達が遅れている世界なので、一応ベトナム戦争で活躍した旧型機コルセアを出しています
空母も史実では退役しているエセックス級です 

 
1977年9月11日
アルバニアに突如、米海軍の空母機動部隊が進行した
四隻のエセックス級空母を主力とする機動部隊と地上から隣国ギリシャの支援による大攻勢を実施
F4Uコルセア、F8Uクルセイダーの航空機のほかに、大々的に戦術機の海軍航空隊運用による初の対人実戦が行われた

先頃、ロンドンで、国連及び英政府仲介の米ソ交渉が行われた後の事件に、世界中が驚愕した
中共と唯一の友好国であり、鎖国中のアルバニアへの攻撃には、様々な報道が飛び交った
『米国による代理《懲罰戦争》』
『《戦術機》の実証実験』
『ミンスクハイヴ攻略作戦の退路確保の為の《掃除》』

戦闘は2週間続き、社会主義政権は機能を喪失
その国の首領は、ルーマニアへの脱出途中で《捕縛》され、ソ連へ引き渡された
その後、『アルバニア人民への反逆』『スターリン主義の走狗』『BETA侵攻を理由とした世界人民への背信行為』の罪状で起訴
ソ連領・モルダヴィアでの《見せしめ裁判》の後、公開処刑。
その遺体は、キシニョフ市中に7日間曝された

この中共への、米ソの牽制は、東欧諸国へ様々な影響を加速した
ソ連軍シベリア撤退を受けて、ゼネラルストライキが始まったハンガリーでは、7日間のストの後、複数政党による選挙の実施を、ハンガリー社会労働党が公約することで収まった

幸いなことに、ウクライナ情勢は安定した
BETAの進行は停止しており、状況は注視され続けていた
敵集団は、アフガンとソ連の国境線に留まっているという状態
中央委員会への説明の後、最前線に戻るつもりであったベルンハルト中尉とシュトラハヴィッツ少将は、ベルリンに2か月留め置かれることになってしまった
手持無沙汰になっていた彼等に待っていたのは、あの館の主人への協力であった

『中尉、お帰りになられては』
最先任上級曹長が、ベルンハルト中尉へ、声を掛けた
彼は、タイプライターを前に突っ伏して寝てしまったようだ
思えば連日の会合と、報告書作り
徹夜で臨んだのが祟ったのだろう
『曹長、まだ参謀本部に出す書類が……』
机から、椅子に腰かけたまま、起き上がると、彼は曹長の方を振り向いた
そんな彼の顔を覘く
青白く美しい肌は、いつにもまして青白く、唇も白く見える
時折、肩で息をしており、息苦しく様
何か、風邪でも引いたのだろうと、感じ取った曹長は、彼に答えた
『そんなのは、俺の方で何とかしますから。
中尉は、この数枚の書類に決裁の署名をなさった後は、ご帰宅ください』
彼は震える手で、サインをした
恐らく、熱が上がってくる際の悪寒に違ない
そう感じ取った曹長は、直ちに、脇に立っていた上等兵を医務室へ向かわせた
青白い顔で、彼はこちらを向き、話しかける
『何、少しばかり寝ただけだよ。
強い酒か、コーヒーでも飲めば、疲れなんて吹き飛ぶさ』
そういうと、彼は、椅子から立ち上がろうとする
だが、姿勢を崩し、前へ倒れ掛かる
とっさに倒れ掛かる彼を、曹長は支えた
ゆっくりと、椅子に座らせてから、額へ右手を添える
その体温の高さから、彼は、高熱が出始めたことを悟った
『いや、帰って下さい。
兵達に示しがつきません』
そんなやり取りをしている内に、軍医と衛生兵が来て体温と脈を図っている
軍医は、衛生兵から体温計を渡されると一瞥し、彼に告げた
『8度6分……、帰って寝なさい』
青白い顔の彼を、曹長がゆっくり、後ろから持ち上げる
室外に居た屈強な衛生兵二人を呼び入れ、彼の体を担架に載せた
担架に乗せられながら、ベットのある医務室まで連れて行かれた
横たわる彼は、首を曲げ、連れ出される部屋を覘く
奥では曹長が、机にある電話をかけているのが判ったが、段々頭が働かなくなっていくのが解る
2時間後、幼いころからベルンハルト兄弟を世話していたというボルツ老人が車で迎えに来た
聞けば、父兄の代わりだという、老人に曹長は一部始終を話し、中尉を帰宅させた

彼は気が付くと、ベットに寄り掛かって寝る美女の存在に気が付いた
月明りで、美しく艶やかな金髪が光る
妹が、寝ずの番をしてくれたのだと……
壁時計を見ると、深夜3時
帰国してから、様々な理由で妹と恋人には会っていなかった
そういえば3週間、土日返上でベルリン市内を駆け回っていたことを思い起こしていた
再び目を瞑った


翌朝、目覚めると長い黒髪の美女が室内の椅子に座って寝ていた
彼が戦場で片時も忘れることの出来なかった、ベアトリクス・ブレーメ、その人であった
宝玉のような赤い瞳、豊かな胸と尻、美しく括れた腰、ふと過ぎず細すぎない太もも
着ているセーターや長いスカートの上からでもはっきり判る、その姿を唯々見ていた
辺りを見回すと、妹は居ない
彼は静かに彼女を見ていた

『兄さん、お目覚めですか』
ドアが開くと、妹が声を掛けてきた
士官学校の制服ではなく、ベージュ色のカーディガンに、茶色のスカートを履いている彼女の姿から、今日が休みであることを知った
『何曜日だ』
彼は、ゆっくりと上半身を起こした
『土曜日ですよ』
こうしては居れない。はやく館に行かねば……
『大丈夫よ。私から連絡してあるから』
ベアトリクスが目を覚ましたようだ
『何時からそこに居るんだ』
『昨日からよ』
彼は恥じた
『気が付かなかった』
彼女は長い黒髪を右手で掻き分ける
『そう』
『なあ、聞いてくれるか』
横から体温計を持った妹が来て、脇の下に差し込む
『なによ』
真剣な表情で語った
『俺達、一緒にならないか。何時如何なっても可笑しくないだろう。
こんな社会情勢だ。法律婚でも良い。
結婚しよう』
彼女は彼から顔を背けた
『熱で頭が可笑しくなったのかしら』
見かねた妹がたしなめる
『ベアトリクス』
そして椅子から立ち上がる
『まあ、良いわ』
彼の方を振り向いた
『後ね、私の所にスカウトマンが来たの』
彼の表情が曇った
『まさか、あの……』
彼女は彼に近づく
『多分《褐色の野獣》のシンパサイザーだと思うんだけど、丁度アイリスが居る時に来てね……』
アイリスが続ける
『金髪の小柄な男性でしたが、私も一緒にスカウトしようとしたんです』
彼女は体温計を取り出し、温度を見る 
『丁度、教官がいらして、その方と揉み合いの喧嘩になって、事なきを得ました』
ベアトリクスが振り返る
『多分、《野獣》の情夫って噂のある男よ。父も驚いていたわ』
『兄さん、8度2分です。今週はゆっくり休まれては……』
彼は目を見開いて驚いた 
その様な破廉恥な関係を公然と見せつける保安省の職員の意識の低さに……
『情夫!社会主義者に非ざる奴だな……』
黒髪の美女は、笑いながら答えた
『なんでも噂だと、男も女も選ばないそうよ。特に年下の美丈夫は好みだそうで』
仮に噂とはいっても、その様な薄気味の悪い奴が妹や恋人に近づいたのだ
許せない
興奮のあまり、熱が再び上がってきたのが判る
彼はベットへ倒れこんだ
『寒気がしてきた』

夜半に目が覚めた彼は、再び考えた
保安省のスカウトマンが、アイリスの事を《戦術機マフィア》の頭目の妹と知らぬわけがない
彼等は焦っているのだ
_アルバニアの事をソビエトが見捨てた_

なりふり構わず、行動している連中に、こちらが合わせる必要はない
淡々と用意をして評議会で辞表を出させる
一月前は、時間が掛かるような感じがしたが、そうでもない
聞いた話によると少将は人民軍の青年将校達の《相談》に乗っているらしい
岳父も屋敷の主人と共に政界工作を行っている様だ
椅子に腰かけて寝ている二人の美女の姿を一瞥すると、彼は再び夢の世界に戻った






 
 

 
後書き
ご意見、ご批判、ご感想宜しくお願いします 
ページ上へ戻る
ツイートする
 

感想を書く

この話の感想を書きましょう!




 
 
全て感想を見る:感想一覧