| 携帯サイト  | 感想  | レビュー  | 縦書きで読む [PDF/明朝]版 / [PDF/ゴシック]版 | 全話表示 | 挿絵表示しない | 誤字脱字報告する | 誤字脱字報告一覧 | 

私の中に猫がいる

しおりを利用するにはログインしてください。会員登録がまだの場合はこちらから。 ページ下へ移動
 

1-⑿

「ねぇ プチ どう思った? あの人」

「どうって すずりちゃん 気に行ったんだろう」

「うーん そうかな 優しそうだし、なんか、頼れそうだよね」

「付き合ってみれば 気楽にね」

「そんな まだ、付き合うなんて、言われてないわよ」

「いや あれは・・言われるよ きっと 相当すずりちゃんに気がある」

「ても 良く、知らない人だし・・」

「だから 付き合ってみればって言ってんだよ 本当に、固い娘だよ 少しは、冒険しろよ 俺が付いているよ」

「そうだね でもね 私 石積さんのことも気になってんだよー そんなで、良いのかなって それにね 私 最近、感じるのよ プチって、半分、私の彼氏みたいだなって」

「すずりちゃん! やっぱー おかしいな しっかり、しろよー 俺は、猫の精霊だよ 俺が、すずりちゃんに恋するのは、良いんだけど すずりちゃんは、変な気になるなよー」

「そーだね ただ、いつも一緒だし、見守ってくれているから プチだけだよー 私の裸見たのー」

「いゃ もう、見ないようにしてるって 胸も小さいしー」

「プチ しばらく、お肉、おあずけね」と、言いながら朝までチッチ(プチ)と一緒に寝てしまった。

 クリスマスが近づいて、お父さん宛にビストロ美浜からポストカードが届いていた。クリスマス謝恩ディナーで6時、9時の予約制とあった。

「お父さん コレ行くの?」と、聞いてみた

「いや 行く気ない 騒々しいのは好きじゃないし そんなのは、若い人だけだろう すずり行きたいのか?」

「別に― そういう訳じゃぁ せっかくだからって思ってー」

「会いたいんだったら なずなちゃんでも、誘えば 同じ卒業生なんだから きっと彼もよろこぶよ」

「会いたいって・・そんなんじゃぁ」

 お父さんは、微笑みながら、TV見てた。
 
ページ上へ戻る
ツイートする
 

全て感想を見る:感想一覧