| 携帯サイト  | 感想  | レビュー  | 縦書きで読む [PDF/明朝]版 / [PDF/ゴシック]版 | 全話表示 | 挿絵表示しない | 誤字脱字報告する | 誤字脱字報告一覧 | 

星々の世界に生まれて~銀河英雄伝説異伝~

作者:椎根津彦
しおりを利用するにはログインしてください。会員登録がまだの場合はこちらから。 ページ下へ移動
 

疾走編
  第三十話 前途多難

宇宙暦791年4月28日18:00 バーラト星系、ハイネセン、ハイネセンポリス、シルバーブリッジ24番街
キャゼルヌ邸 ヤマト・ウィンチェスター

 ここはいつ来てもいいなあ。わざわざ俺の為に皆が集まってくれた。主人(ホスト)のキャゼルヌさん、ヤンさん、アッテンボロー先輩、フォーク、スールズカリッター、そしてエリカ。
「ヤン先輩に聞いたよ。いやあ、うかうかしてられないな、こいつは。おめでとう」
「中々ご活躍の様ですね、先輩。まあ分かっていた事ですが」
「おめでとうございます、先輩」
「お、おっ、おめでとうございます!ウィンチェ……その、ヤマト、さん…」
この面子にエリカを交ぜるなんて、キャゼルヌ大佐もひどい事するもんだ。当然ながら冷やかしがひどい。
ウィンチェスターなんて他人行儀すぎる、ヤマトって呼べ!…フォーク、お前、相変わらず酒飲むとカラむなあ…。
そういえば、初めてエリカにファーストネームで呼ばれたな。こそばゆい…。

 「遅れてすみません、ヤマト、元気か!」
「マイク!お前も来てくれたのか!」
「当たり前だろう!連絡くれねえなんて酷いじゃねえか」
「内密に、って言われていたんだ、エリカにも言ってなかったんだぞ」
「じゃあ仕方ないな。六月には少佐殿か!やっぱりお前は大したやつだぜ」
「来年には少佐だったんだ、そんなに変わらんよ」
「そりゃ定期昇進だろう、全然違うぞ。とにかく、おめでとう!」

 「『エル・ファシルの奇跡』も『アッシュビーの再来』も、このアンドリュー・フォークには勝てぬようですな。将来、お二人には私の両翼となってもらいましょう…ア痛っ!」
「お前だって俺に勝てねーだろ!」
「ダ、ダグラス先輩、本気じゃなかっただけですよ…」
「フォーク、前に言っただろ、戦場じゃ一度しかねえって」
「き、肝に銘じてますよ」
「…どうして私はこうも弱いのか…昔から三次元チェスだけは上達しないんだ」
「三次元チェス以外で頑張ればいいんですよ、ヤン中佐」
「そうは言うがね、最近覚えたばかりのキンスキー嬢にすら勝てないんだぞ、私は。正直、心が折れそうだよ」
「軍事的才能が突出し過ぎて他がダメなだけですよ。保証しますよ」
「それじゃ只のダメ人間じゃないか。軍事的才能なんて一番必要無いんだ。アッテンボロー、後輩の教育はどうなっているんだ?」
「どうなっているんだと言われましても…ヤン先輩の場合、ウィンチェスターの言う事が正しいですからね」
「…全くいい事のない人生だった、入りたくない軍隊に入り、後輩にはバカにされ、三次元チェスじゃ初心者にすら勝てない、そして彼女がいる訳でもない。帰って酒飲んで寝よか」
「三次元チェスに負けたくらいで気分出さないでくださいよ」

 エリカとキャゼルヌ夫人は俺達の掛け合いを見て腹を抱えて笑っている。
楽しい場所だ、ここは。アニメ見てても羨ましかったもんな。
「よし、お前達、大長征(ザ・ロンゲストマーチ)に行くか!」
「いいですねえ。フォーク、スールズ、来るだろ?アッテンボロー先輩、当然オゴリですよね」
「え、ダグラス、お前の方が階級上だろ」
「先輩後輩の序列は変わりません。伝統ですよ」
「分かったよ、ホラ、行くぞ…キャゼルヌ夫人、御馳走様でした。ウィンチェスター、またな」
「御馳走様でした!ヤマト、明日連絡くれよ!」
「先輩、また手合せお願いいたします。夫人、大佐、御馳走様でした」
「またよろしくお願いします、御馳走様でした」

 「やれやれ。アッテンボローの奴、気を利かせてくれたようだな」
そうだ、残ったのはヤンさんとエリカだけだ。…ヤンさんはシトレ中将の代理みたいなもんか?
「嵐の後の静けさ、だね。ウィンチェスター、シトレ校長の依頼、受けたんだろう?」
「既に拒否出来る状況じゃなくなってましたからね。初めてお会いしましたが、外濠を埋めるのが上手い方ですね。ヤン中佐、苦労しますよ?」
「どうしてだい?」
「そのうち、君になら出来る、君が出来なければ他の誰にも出来はしないとか言われますよ、きっと。保証します」
「そうかなあ。どうです?キャゼルヌ先輩」
「俺が分かる訳ないだろう…キンスキー曹長。こっちへ。オルタンス、ちょっとキンスキー嬢を借りるぞ」
「はい。あなた、先にお風呂いただくわね」
「どうぞどうぞ。…ウィンチェスター、人選はどうするんだ?」
「フェザーンに向かうのはいいんですが、バーゼル夫人を連れ出す方法は考えてあるんですか」
「バーゼルと夫人だけの合言葉があるそうだ。その合言葉が使われると、バーゼル夫人はフェザーンに来る手筈になっているらしい」
「手回しのいい事ですね」
「麻薬、情報。情報はまだ分からんが麻薬は充分に非合法だからな、もしもの時を想定していたんだろう」
「だったら私は行く必要がないじゃないですか」
「そこだけ聞けばな。カイザーリング氏が心配しているのは、バーゼル夫人がフェザーンに向かう途中で襲われる事だ」
「襲われる?商売敵かなにかですか?」
「内務省らしい。カイザーリング氏によると、バーゼルは相当目をつけられていたようだ。役人に袖の下を渡したり、氏が頭を下げる事も度々有ったそうだ。氏はバーゼル夫人の悲しむ顔が見たくはない訳だからな、頭を下げるのも容易いだろうしな。それに内務省は貴族には甘いらしい。必要経費さえ貰えば、という事だろう」
「…だが、我々に捕まった」
「そうだ。あちらさんの公式発表だと、カイザーリング艦隊は全滅、だそうだ。となると内務省も氏やバーゼルを庇う必要が無くなる。内務省としては綱紀粛正の為にバーゼル夫人を収監する事だって出来る訳だ」
「キャゼルヌ先輩、それだと内務省は門閥貴族の反感を買うのではないですか」
「大貴族に手を出す訳ではない、それにドジ踏んで戦死した貴族の未亡人を庇う程門閥貴族もお人好しじゃない。バーゼル夫人を収監すれば、貴族にも厳しい内務省、と平民達にアピール出来る」
「結果、平民達は門閥貴族に対する反感を募らせるでしょう?となると内務省め、余計な事をしやがって、と門閥貴族は思うのではないですか」
「それを考えずに内務省がバーゼル夫人を収監する訳がないだろう?庇う事がないとはいえ、貴族には違いない。事前の根回しはするだろうよ」
「なるほど…」
「バーゼル夫人が平気でいられるのは、今も滞りなく袖の下が払われ続けているからなんだ。しかしそれも長続きはしない。内務省としては彼女が何らかの動きを見せた時が手切れの時、と判断するだろう。だからフェザーンに夫人が向かうのは危険なんだ。…というのがカイザーリング氏の意見だ」

 ヤン中佐が大きくため息を吐いた。吐きたくなる気持ちもよく分かる。
「よく受けたね、こんな任務」
「中佐、めちゃくちゃ他人事じゃないですか」
「だって、命ぜられたのは私じゃないからね。しかし、そうなると帝国本土内に工作員を送り込む必要があるんじゃないかな」
「そうなんです。話の途中からそう思いました。生半可じゃないですよ。薔薇の騎士…ローゼンリッターしか居ないのではないかと思います」
「そうだね。帝国の慣習を知っている人間、帝国公用語を話せる人間。戦闘能力も高いから夫人の護衛にもピッタリだ。しかし…」
「しかし、何です?」
「引き受けてくれるかな」
「明日、マイクに話してみます」
「ダグラス大尉を連れて行くのかい?彼は同盟生まれだろう?帝国の潜入には向いていないんじゃないか」
「奴も行きたがるでしょうが、そこはひとまず置いておいて、先ずは信頼出来る人間を選んでもらおうと思います」
「なるほど。そういう事なら私も一人紹介出来る奴がいるよ。フェザーン商人でボリス・コーネフという男だ。今は…確か雇われ船長をしている筈だよ。幼なじみなんだ」
「悪たれのボリス・キッド、ですね」
「何故君がその渾名を…?」
「え?ほ、ほら、エル・ファシルで話してくれたじゃないですか。脱出行の時に」
「そうだったか??…まあいいか、その悪たれボリスには私から連絡して置こう。どうでしょう、先輩」
「そうだな。今日はこんな所だろう。明日、ダグラス大尉には私からも連絡しよう。ウィンチェスター、明日の予定は?」
「二人でテルヌーゼンへ。エリカの実家へ行ってきます」
「そうか、そうだな。ハイネセンには居ない方がいいかもしれんな。人選と準備で三、四日はかかるだろう。二人で羽根を伸ばして来い」
「ありがとうございます。じゃエリカを駅まで送って来ます」
「おい、キンスキー嬢も今日はここに泊まるんだぞ?聞いてなかったのか?」
「そうなの?エリカ」
「はい!キャゼルヌ夫人がせっかくだからって…」
「そうよ、泊まってくのよねー、エリカさん」
「おい、オルタンス、なんだその格好は。一応こいつらは客なんだぞ。バスローブのまま出てくるやつがあるか」
「いいじゃない、身内みたいなもんですよ、もう。エリカさん、今日は少しだけお酒付き合って下さる?」
「はい!喜んで!」
「オルタンス…お前、飲むのか?」
「私だってたまには飲みたいわ。いつもあなた達が飲んじゃうから、私まで酔っぱらう訳にはいかないでしょ?今日くらい女同士で、ねえ、エリカさん」
「はい、お付き合いします!」
「では、先輩、私も大長征(ザ・ロンゲストマーチ)に顔出してきます。じゃあな、ウィンチェスター。少佐への昇進、おめでとう」
「ありがとうございます。今日は来てくれて嬉しかったです」
「私達は友達だろう?当然だよ。キンスキー曹長も、またね」
「はい!またよろしくです!」


 ふう。有難い事だ。俺なんかの為に…。
しかし、どえらい任務だな、こりゃ。シトレ中将も危ない橋渡るなあ。昇進後を見据えて、って事か?
原作じゃこの辺はサラッと流されてるからな。大将昇進、宇宙艦隊司令長官代理…俺やオットーが引き金って事か?時系列的に考えるとそうなるよな…俺達という「異分子」が引き金か…。いや、元々居たのかもしれないな。「俺達」という役回りの存在が。銀英伝という世界の中で、描かれなかった「俺達」。
そりゃそうだよな、モブキャラ細かく描いてたらキリないもんな。このまま行くと「俺達」は主要キャラクターって事になる訳だけど、本編開始後には出てこない…。やっぱ何処かで死ぬのか?嫌だ、それは困る。
醒めない夢なら結末まで見たいもんだ。
「…大尉?眠れないんですか?」
「いや、ちょっと考え事をね。エリカ、さっきみたいにヤマトって呼んでいいんだよ?」
「でも…」
「でも…恥ずかしいかい?」
「いや、そうじゃなくて…。今日お呼ばれして、とても嬉しかったけど、改めて驚いたんです」
「何に?」
「目の前にいるのは『エル・ファシルの英雄』のヤン中佐。それだけでも凄いのに、そんな方と普通に話す大尉がいて、私はその大尉の彼女。そして大尉は彼女にすらハイネセンに戻って来た事を秘密にしなきゃいけなくて、極秘の任務を受けるような凄い人…。話を聞いてくうちにフェザーン旅行だ、って受かれてた自分が恥ずかしくなっちゃって」
「…フェザーン旅行だって正式な任務さ。たまたま任務が重なっただけだよ」
「…そうなんですか?」
「軍の福利厚生の為だ、って言われただろう?」
「はい、旅行が終わったらレポートを提出してくれって…」
「だろう?立派な任務さ。そこに俺の任務が重なった。非公式だし秘密の任務だけど、重なる以上、君もある程度事情を知っとかないといけない。だからキャゼルヌ大佐は君を呼んだんだよ」
「はい!」
「さあ、もう寝よう。愛してるよ、エリカ」
「私も。…ヤマト」
 
ページ上へ戻る
ツイートする
 

全て感想を見る:感想一覧