| 携帯サイト  | 感想  | レビュー  | 縦書きで読む [PDF/明朝]版 / [PDF/ゴシック]版 | 全話表示 | 挿絵表示しない | 誤字脱字報告する | 誤字脱字報告一覧 | 

星々の世界に生まれて~銀河英雄伝説異伝~

作者:椎根津彦
しおりを利用するにはログインしてください。会員登録がまだの場合はこちらから。 ページ下へ移動
 

揺籃編
  第十四話 エル・ファシルの奇跡(後)

宇宙暦788年6月10日19:30 イゼルローン前哨宙域、エル・ファシル警備艦隊、
旗艦セマルグル アーサー・リンチ

 「よし、敵A集団は第1、第3分艦隊に任せよう。本隊は反転、こちらに向かってくる敵B集団と正対する…」
「二時方向、新たな敵影!距離、約七百光秒。数は…現在千五百、徐々に増えていきます!…現在千八百、二千を越えました!」
「…オペレータ、反応の数が落ち着いたら再度教えてくれ。参謀長、反転中止。敵A集団は残りどれくらいだ?」
「はっ…およそ百隻前後かと思われます」
「参謀長、現在の状況で敵B集団との会敵予想時刻は?」
「三十分後だと思われます」
「…敵A集団を全力で撃破後、全艦十時方向に転進、その後八時方向に再度転進、ティアマト星系に移動する…残念だが撤退だ。参謀長、ティアマト星系進出後、味方の残存数を教えてくれ。…少し頼む」
「了解しました」



6月11日03:00 ダゴン星系、エル・ファシル警備艦隊第2分艦隊、旗艦アウストラ
ギル・ダウニー

 「司令、FTL(超光速通信)が入っております」
「分かった。自室で取る」

“教官、お疲れ様です”

「うむ。どうかね状況は」

”敵が再度増援を繰り出しました。三千隻の兵力です。敵残存兵力と合計するとおよそ四千隻になります。…現在我々はティアマト星系中心部にて再編中です。残存兵力は約千二百隻、残念です“

「艦隊戦を二連戦してそれだけの戦力を維持しているのだ、君はよくやっているよ。ところで現在エル・ファシルでは民間人の避難準備を進めている。私の独断だ。君の名前は借りたがね」

“…それはよろしいのですが、疎開ではなく、避難ですか?エル・ファシルから逃げると?”

「そうだ。民間人に被害が出てからでは言い訳が出来ない。軍は敗北も転進と言い逃れる事が出来るが、民間人はそうもいかないからな」 

”では、我々が避難に必要な時間を稼ぐと?“

「そうだ。我々もダゴン星系に向かっている。微力すぎる兵力だがね」

“無茶ですよそれは!教官もお逃げください!”

「教え子をほっといて逃げるとでも思うのかね、私が」

”そうではありません、そうではありませんが“

「…今回の避難計画も、発案は例の下士官なのだ」

“…義妹の部下に居たという下士官ですか?”

「そうだよ。パークス先輩が言っていた。頬を思い切り叩かれた感じだったとね。目先の戦いに気を取られて、真に守るべきものを忘れていたと。確かに避難計画はある、だがそれは百年も前に策定されたもので実情にそぐわない。我々はそれを知っていながらおざなりにしていた。確かに遭遇戦闘の度に疎開や避難をしていたら市民生活に与える影響は大だ。だが下士官ですら危惧していることを、今まで我々はやっていなかったのだよ」

”そう、ですね。忘れてはいない、でもどこかで軽く考えていたかもしれません…“

「今からでも遅くはない、我々は責任を果たさねばならないのだ。故に私は君に合流する」

“ありがとうございます。ダゴン星系中心部で待機してください。敵の動静を見つつ、我々もそこに向かいます”

「了解した。…済まないが、改めて地上作戦室に命じてくれないか。独断のままでは気分が悪くてね」



6月11日07:30 エル・ファシル星系、エル・ファシル、自由惑星同盟軍エル・ファシル基地
ヤン・ウェンリー

 目の前の二人は談笑しながら朝食をとっている。食べながら話しませんか、とウィンチェスターが提案した。根を詰めて話し合ってもロクな答えは出ないそうだ。それもそうだなと、その提案に乗るバルクマンもバルクマンだが…。
年齢と釣り合わない識見と態度。さっきの話もそうだし、今も自然に落ち着いている。上官の私が言うのも何だが、信頼出来る何かがある。
「中尉、エル・ファシルは正確にはどれ程の人間がいるのですか?」
「ああ、軍民合わせて二百六十七万四千二百五人だ。その内軍人は三万五千人だ」
「中尉、いいですか」
「どうぞ、バルクマン曹長」
「バルクマンでいいですよ。その全員をどうやって集めるんです?」
「そうなんだよ。昨日合同庁舎に説明に行ったんだが、中々もって非協力的なんだ。なんかいい手はないものか…」
「さっきのヤマト…ウィンチェスターの話をすればいいんじゃないですか?歴史で習いましたけど、熱核兵器でドン、なんて地球時代の十三日戦争以来でしょ?かなりインパクトあるんじゃないですか。聞いててヒェってなりましたよ」
「…脅すのかい?」
「違いますよ、可能性の話ですよ」
「…ウィンチェスター曹長はどう思う?」
「俺もウィンチェスターでいいですよ。アリだと思います」
「そうか。では行くとしようか。まだ就業時間前だが、大丈夫だろう」




6月11日19:00 ティアマト星系外縁部(ダゴン星系方向)、エル・ファシル警備艦隊
旗艦セマルグル アーサー・リンチ

 敵の動きが妙だ。新しく現れた三千隻の敵艦隊こそが敵の本隊と思ったが、今まで戦っていた敵艦隊と合流する様子がない。着いては来るものの、非常にゆっくりだし、戦闘に介入しようという気配もない。
「参謀長、どう思うか」
「…新たな敵艦隊は敵の本隊ではなく、別の命令系統の艦隊ではないでしょうか」
「後詰、ということかね」
「こういう言い方が合っているかどうかは分かりませんが、心配になって見に来た…のでは」
「案外当たっているかもしれんな。だが、味方の危機は見逃すまい。戦闘準備は整えている、と考えるべきだろうな」
「はい。…敵の呼称を変更致します。現在我が方と正対している敵艦隊、今までは敵B集団と呼称していましたが、これを敵C集団とします。その後方にある艦隊を敵D集団とします。現在敵C集団、およそ千二百隻、十二時方向、六十光秒。敵D集団、およそ三千隻、十二時方向、四百光秒」
「C集団はこちらとほぼ同数か…第1、第2艦隊のエル・ファシル到着は何日後だったかな」
「すでにハイネセンを出て三日は経っていますから、最短で十五日後です…こう言ってはなんですが、ジャムジードからの援軍の方がよほど有り難かったですな」
「それは言わぬが花というものだ、参謀長」
「そうですね…敵C集団、速度をあげて近づいて来ます。…敵D集団はそのままです。どうなさいますか」



6月11日08:00 エル・ファシル星系、エル・ファシル、中央合同庁舎 
ヤマト・ウィンチェスター

 「市長は現在登庁の途中です。それに昨日も申しあげましたがアポイントメントの無い方の面会は受け付ておりません」
「エル・ファシル在住の人々の命がかかっています。それでも市長は会ってはくれないというのですか?」
「ですから、最低でも三日前にはアポイントメントを取って頂かない事には…」

 規則を遵守する事は大事ですがねお嬢さん、階級はそれほど高いとは言えないがエル・ファシルの防衛を司る警備艦隊司令部所属の作戦参謀が制服を身につけて訪れている、その意味が分かりますか?
「…アポイントメントが無ければ会ってはくれないそうだ、どうしたものか」
諦めるのが早いなあ、ヤンさん…。何か、何か…あ!あの人は!
「中尉、あの人を頼りましょう。きっと力になってくれますよ。ロムスキーという方で、医者の方です」
「そうなのかい?大丈夫かな」
「ロムスキーさんは紳士ですから、訳を話せば力になってくれますよ」
「でもねえ、知らない人になんて話せばいいんだか…いきなり避難計画を話してもねぇ」
「…私が行ってきます。オットー、行くぞ」
しっかりしてくれヤンさん…。

 「あの、すみません、ロムスキー医師ですよね?」
「そうですが…あなた方は?」
「警備艦隊司令部の者です。ご覧の通り軍人ですよ。ところでロムスキーさんは市長に用事がお有りなのですか?」
「往診を頼まれましてね。執務が始まる前に来てほしいという事で、ここでこうして待っているのですよ」
「なるほど。市長はどこか体がお悪いのですか?」
「心臓に持病をお持ちで…いけない、個人情報ですから他の方に言っちゃダメですよ」
「え!それは困った…こんな緊急な話聞かせていいものかどうか…もし心臓に負担がかかったら…オットー、どうしようか」
おいオットー!ボーッとするな!話を合わせろ!!
「そ、そうだな、市長が倒れてもいけないし…でも困ったなあ…」

 「…市長に緊急な用件がお有りのようだ。確かに市長に倒れられても困りますね。どうでしょう、私に同席するというのは。何かあっても一応の処置は出来ると思いますが」
「いいのですか?」
「いいですよ。でも、その緊急な用件というのは、私が聞いても大丈夫な内容ですか?」
「え?ああ、全然大丈夫です!むしろこれからも協力いただけたらなあと思いますが。なあオットー」
「そうですそうです!大歓迎ですよ!」
「…では受付のお嬢さんに訳を話して来ます。多分大丈夫だと思いますよ」
「ありがとうございます!では上官が居ますので、報告して参ります!」
よし!

 「中尉、市長に会えますよ。ロムスキー医師が協力してくれます」
「本当かい?…まさか騙したりはしてないだろうね」
「いえ、本当の事を言っただけです。そしたら協力してくれると。逃したらチャンスはありませんよ」
「…そうだね。では行こうか」
「いえ、我々は外で待っています。警備艦隊司令部主導ですから、ここはヤン中尉にやっていただかないと。我々が行ってしまうと第2分艦隊がでしゃばった事になってしまいますので、後々問題にする方が出てくるかもしれない。そうなると中尉にも迷惑がかかります。それは避けたいのです」
「特に気にする事はない、とも言えないか。ご配慮ありがとう。では行ってくるよ」

 「…お前、役者だなあ…。呆れちゃうよ」
三十年の人生経験プラス十八年を舐めてもらっては困るなオットー。現実社会では結構苦労したんだぜ?
…これで、何とかなるだろう。




6月11日20:00 ティアマト星系外縁部(ダゴン星系方向)、エル・ファシル警備艦隊
旗艦セマルグル アーサー・リンチ

 「敵、横陣形で寄せてきます!まもなく敵前列が有効射程内に入ります!」
「まだ撃つな!……司令、我が方は全力斉射を続けて来ましたので、各艦ともエネルギー残量に余裕がありません。長射程で撃ち合いますと偏向磁場の展開に支障をきたす艦艇が出る恐れがあります」
「防御出来ずに沈む(ふね)が出る、という事か。…戦艦は前列へ!巡航艦に戦艦の影に隠れながら砲撃させよう。戦艦は防御に専念させる」
「敵C集団、完全に有効射程内に入りました!敵C集団より高熱源、無数に発生!」
「全艦、撃て!」




6月12日09:00 ダゴン星系外縁部(ティアマト星系方向)、エル・ファシル警備艦隊第2分艦隊
旗艦アウストラ セバスチャン・ドッジ

 遂に本隊と合流した。
無惨なものだ、残存兵力六百隻余り。戦艦が一隻もいない。聞くところによると撤退時に殿(しんがり)を勤め、最終的には敵艦を道連れに爆沈する艦が多数出たという。
我々は今、敵の追撃予想進路に機雷を敷設している。二千個では足止めにもならないが、嫌がらせにはなるだろう、何と言ってもここはダゴン星系だ。我々の大勝利の地、帝国軍にとっては忌まわしい記憶の地だ。
嫌がらせ程度でも慎重になるに違いない。

 「機雷の敷設、完了しました。敷設宙域の敵通過予想時刻は二時間後、かなりの広範囲に渡って撒きましたので、一発でも引っかかってくれれば儲けもの、といったところです」
「ご苦労。ところで、君には退艦してもらわねばならない」
「…まさかここでパーティ会場から退席を求められるとは思いませんでした…理由をお聞かせ願えますか?」
「若年者、妻帯者を中心に希望者を募っている。艦隊司令官の許可も得ている。死ぬと分かっている戦闘に、無理やり付き合わせるのも悪いからな。彼等を率いて避難計画に合流してもらいたい」
「了解しました、と言いたいところですが、拒否します」
「…何故だね?」
「司令にもしもの事あれば、この分艦隊を指揮するものが居なくなります。それに、次の第2分艦隊司令は私です。自分の艦隊を放っておいて逃げる指揮官などいませんよ」
「そうか、残念だな。では退艦者の引率はウインズ中佐に任せるか」
「はい。お願いします」
「…君に退艦して貰おうと思ったのはもう一つ理由があるんだよ。ウィンチェスター曹長達の事だ。士官学校に推薦しただろう?という事は君は後見人になるわけだが、後見人がいないのでは何かと不利になるかもしれない、と思ったのだ」
「大丈夫でしょう。命令とはいえ上官を見捨てて逃亡した者が後見人では、そちらの方が彼等に迷惑をかけるでしょう。多分彼等は大丈夫です。アッシュビー元帥の再来なのですから」
「そうか、そうだな。…艦隊司令官にFTL(超光速通信)を繋いでくれるか。君も聞いていてくれ」
「了解しました」



6月12日09:10 ダゴン星系外縁部(ティアマト星系方向)、エル・ファシル警備艦隊
旗艦セマルグル アーサー・リンチ

 ”リンチ君、艦隊の状況はどうかね“

「…総数は六百四十隻ですが、現状で戦えるのは四百隻程度です、教官」

”そうか。では戦えない二百四十隻を私に呉れないかね?乗員は連れていきたまえ。無人艦として運用するのでね“

「…分かりました、置いていきます」

”ありがとう。では、教官として最後の授業だ。何が言いたいか、分かるかね?“

「部下を見捨ててはならない、だと思います。教官は常に仰っておられました。一将功成りて万骨枯る、と。武勲の影には無数の兵士達の死があるのだと。だからこそ、それを忘れて部下を見捨てるような上官になってはならないと」

”よく覚えていたな。正解だ。では、これからやる事は分かっているかね?…これを実践しろと言うのは私としては辛いが“

「…分かっています。私が死んでは、脱出したものが逃亡者として断罪されかねない。エル・ファシル失陥の罪を取らされかねない。脱出の援護に成功しても、それでは結果として部下を見捨る事になってしまう。だから逃げ回らねばならない。なるべく、無様に」

”そうだ、正解だ。そう教えてきたからこそ、私も君を支えて戦うのだ“

「…ありがとうございます。すでに、地上作戦室に残っている作戦参謀のヤン中尉に、避難準備を改めて発令しました。その、教官の目にかなった下士官達がいるのなら、あとは状況を利用して上手くやるでしょう」

“そうだな。……君は私の教え子の中で一番優秀だった。世辞ではないよ、これは”

「……ありがとうございます。今まで、本当にありがとうございました、教官殿」




6月22日12:00 エル・ファシル星系、エル・ファシル、エル・ファシル宇宙港
ヤマト・ウィンチェスター

 「ヤン中尉!リンチ司令官が我々を見捨てて逃げ出したというのは本当かね!」
「そうだ!艦隊の護衛もない!これで避難など出来るのか!」
「…本当ですが、慌てないでください。逃げ出した司令官達が敵の目を引き付けてくれますよ」
「き、君は司令官を囮にするというのか?」
「とんでもない。時間差をつけて脱出するだけですよ。さあ準備してください」

 「上手くいきそうですね、中尉さん」
「ああ。司令官には申し訳ないが、見捨てて出ていったのは向こうだからね。言葉は悪いが、せいぜい利用させてもらうよ。…サンドイッチ、まだ残ってたかな」
「はい、どうぞ」
「ありがとう。…ンガッ!………ふう、助かった。でも出来ればコーヒーじゃなくて紅茶の方がよかったなあ」
「……」

 第2分艦隊主力はダゴンで全滅した。本隊も一旦補給の為にエル・ファシルに戻って来たが、原作の通りリンチ司令官はエル・ファシルを逃げ出した…。
あの時俺にもっと真剣になっていれば本隊を救えたのに。リンチ司令官だってあんな無様に逃げ出さなくて済んだんだ。第2分艦隊だって……。
応えなきゃ。期待に応えるんだ。…アッシュビーの再来か。いいだろう、やってやろうじゃないか。 
ページ上へ戻る
ツイートする
 

全て感想を見る:感想一覧