| 携帯サイト  | 感想  | レビュー  | 縦書きで読む [PDF/明朝]版 / [PDF/ゴシック]版 | 全話表示 | 挿絵表示しない | 誤字脱字報告する | 誤字脱字報告一覧 | 

星々の世界に生まれて~銀河英雄伝説異伝~

作者:椎根津彦
しおりを利用するにはログインしてください。会員登録がまだの場合はこちらから。 ページ下へ移動
 

揺籃編
  第十三話 エル・ファシルの奇跡(中)

宇宙暦788年6月10日19:00 アスターテ星系、エル・ファシル警備艦隊第2分艦隊、
旗艦アウストラ ヤマト・ウィンチェスター

 「ウィンチェスター曹長ほか一名入ります。艦長に呼ばれて参りました」
「まあ、楽にしたまえ。補給艦がエル・ファシルに帰還中なのは知っているな」
「はい」
「君達の懸念が組織を動かした訳だ。中々無い事でもあるし、そのような乗組員を部下に持つ身としては、非常に鼻が高い」
「ありがとうございます」
「が、内容が内容だ。私もダウニー司令も本隊が負けるとは思わない。まあ思っていたとしても口が避けても言いたくないがね。…万が一負けたとすれば、避難計画は計画では無くなる。味方が負けるという事は、帝国軍のエル・ファシルへの来襲が予想される訳で、計画の実行、成功には非常な困難を覚悟せねばならない。そして避難対象者は民間人な訳だが、概算で二百万人の民間人がエル・ファシルには存在する」
「…予想はしていましたが、実際に考えるとすごい数ですね」
「そうだな。一個艦隊強の人間を運ばねばならん。一人の損害も無く、だ」

 ヤンの達成したことがどれだけすごい事かよく分かる。
事故も遅延も許されないのだ。寒気がする。
軍隊だけならまだ楽なのだ。軍事行動の場合は許容出来る損害を含めて計画を立てる。これは銀英伝に限った事ではなくて、現実でもそうなのだ。まあ許容出来る損害の中には絶対入りたくないが…。
大体一割、多くても二割くらいが戦闘時の損耗や行動中の事故で失われると想定して計画を立てる。
となると、二百万人の一割は二十万人、二割なら四十万人の被害が出る事を許容する事になる。冗談じゃない、民間人にこれだけ被害が出たら、同盟軍の信頼どころか自由惑星同盟が崩壊しかねない。
民間人の被害を当たり前と考える軍隊など誰も信用しないし、それを許す政府も同様だ。ヤンさん、偉いよあんた。同盟自体を救う事になるんだから…。

 「確かに、そうです。民間人に被害が及ぶ事は許されません」
「その通りだ。地上作戦室では既に民間人の実数の集計や乗船割の策定を進めている。が、計画と実際に齟齬は付き物だ。そこで、ここから本題だ」
「はい」
「避難計画を発動する場合、その円滑な実施には計画実行者と計画発案者の強固な連帯と迅速かつ明瞭な意志疎通が必要である、と分艦隊司令部は考えている。そこで、計画発案者たるウィンチェスター曹長と、それを補佐するスタッフをエル・ファシルに早急に移送してもらいたい、分艦隊司令部からと要請があった」
「避難計画は第2分艦隊司令部主導で行うのではないのですか」
「計画主導はあくまで警備艦隊司令部だ。幸運なことに、緊急出撃に間に合わなかった作戦参謀が地上作戦室にいるのだ」
「了解しました。…差し出がましいようですが、リンチ司令官はご存知なのですか?」
俺がそう言うと、パークス艦長は大きく息を吐いた。いらん事を聞いた、どうやらここから先はオフレコの様だ。

 「…知っていたら分艦隊司令部は苦労はせんよ。補給艦を戻した事も、この避難計画も、言わば独断だよ。みんなリンチ司令官の名前で行ってはいるがね」
「そうなのですか?」
「前哨宙域では新たな戦闘が始まっている。当然気も立っているし、余裕もない。そんなときに暇な我々が”避難を考えた方がいいのでは“何て言ってみろ。“俺たちが負けると思っているのか、暇人どもめ”なんて事になるだろう?」
「は、はあ」
「そして言い出したのは誰だ、という事になる。”旗艦乗組の下士官です“なんて事もとても言える事じゃない。だったら黙ってやった方がいいとは思わんかね?」
「ま、まあ」
「味方が勝っていれば、内輪の口頭注意で済む話だ。独断は誉められないが、非常時の事を考えていて真に宜しい、避難訓練、真に宜しい、となる。それが警備艦隊司令官の名前で命令された様に手回しが済んでいれば尚更だ」
「…負けていた場合は」
「…考えたくはないが、戦いに精一杯で民間人の事を顧みる暇はなかった、とは言えないだろう?だが警備艦隊司令官の名前で避難命令が出されていればどうだ?戦いには負けたが民間人は救った、最低限の任務は果たした、宜しい、となる。軍の名誉は守られる」
「なるほど、命令を出してさえいれば、勝てば誰も傷つかないし負けても言い訳が出来る、と言う訳ですね」
「ハハ、君は口が悪いな。では…2100時に駆逐艦オーク34が接舷するので、移動の準備をしたまえ」
「…第2分艦隊はエル・ファシルに戻らないのですか?」
「我々は前哨宙域に向けて移動する。…本艦乗組、短い間だったがご苦労だった。これからの君達の活躍に期待する。以上だ」



6月10日18:30 イゼルローン前哨宙域、エル・ファシル警備艦隊、旗艦セマルグル
アーサー・リンチ

 第1分艦隊の突撃は半ば成功、半ば失敗した。
敵のA集団の後退に引きずられた第1分艦隊は、突撃隊形を完全に作る事が出来ないまま、敵A集団に突撃した。敵A集団が更に後退し、第1分艦隊を半包囲、この運動によって敵同士を引き離す事には成功したが、こちらも敵B集団の突破を避ける為に後退した結果、第1分艦隊との連携を完全に断たれてしまった。
「司令官、第1分艦隊が孤立しています。右翼第3分艦隊を前進させて敵B集団を迂回させ、反時計回りに敵A集団の左側面を突きましょう」
「…いい案だが却下だ。それを行うとこちらが敵B集団の突破を許してしまう。引き続き第1分艦隊には後退しろと…いや待て」
…どのみち突破されるのは時間の問題だ。その後はどうするか…全艦反転…いや駄目だ。…そうか!
「参謀長、第3分艦隊との間を徐々に空けろ、本隊を九時方向にスライドさせるんだ。第3分艦隊には敵にわざと突破させるから、頃合いを見て急進して敵A集団の左側面を突け、と伝えろ。敵B集団がこちらを抜けたら本隊も急進、第3分艦隊の後方より迂回して敵A集団の右側面を突く!急げ」



帝国暦477年6月9日13:30 イゼルローン回廊、イゼルローン要塞、イゼルローン駐留艦隊司令部
ヴァルテンベルク

 「閣下、軍務省よりFTL(超光速通信)が入っております」
「判った。自室で受ける」
全く…。どうせ回廊出口での遭遇戦の事だろうが面倒な事だ…。

 “忙しい所を済まぬな、ヴァルテンベルク”

 忙しいと思うのなら止めてくれ。
「いえ、回廊出口以外は全く平穏無事であります。忙しいという事もありません」

”ほう、忙しくはなかったか、それなら丁度良い。たった今卿の口にした回廊出口の事だ“

「はい。何かご懸念がございますでしょうか」

”今出撃していたのはコルプト子爵であったな“

「そうです。第206任務艦隊です。優勢に戦いを進めていると側聞しておりますが」

“ブラウンシュヴァイク公の言葉からはそういう印象は受けなかったな”

「…後詰、という事でしょうか。」

”そうは言ってはいなかったな。ただ、一門の長として、陛下に不恰好な報告はしたくない、とは言ってはいたが“

「…現在、イゼルローン回廊内を訓練を兼ねてメルカッツ艦隊が哨戒中であります。ところで、この通信の事は統帥本部長、宇宙艦隊司令長官もご存知なのですか?」

“いや、卿への陣中見舞いを兼ねた私信のつもりだが…何か、私が間違っているのだろうか”

「…いえ、小官ごときへのお心遣い、真にありがとうございます。そういえば、メルカッツ艦隊の哨戒範囲は回廊内だけでなく回廊出口周辺宙域まで広がっていたのを失念しておりました。真に申し訳ございません」

“いや、よいのだ。忙しい所を済まなかったな”

 全くもって不愉快だ!毎度の事ながら、自分のケツも拭けんとは!帝国の藩弊が聞いて呆れる!
何故俺がメルカッツに連絡せねばならんのだ!俺が頼んだ様に見えるではないか!

”お待たせ致しました。何か緊急事態でも起きましたか“

「いや、そうではない、そうではないのだメルカッツ提督。…異常はないか?」

“回廊内に異常は認められません。おかげで訓練も順調です”

「そうか!それは良かった。では、訓練日程は予定通りか?」

”いえ、順調すぎて二日ほど繰り上げて終了出来そうです。こちらからも連絡せねばと思っていたのですが、前倒しでの寄港は可能でしょうか“

「いや、それは可能だが」

“何かご懸念が……回廊出口、でしょうか”

「いや、少し気になるのでな。コルプト子爵は優勢に戦っておるそうだが、卿の艦隊の姿を見れば、更に勇気づけられるかもしれぬ。少し姿を見せるだけでよいのだ、ご足労かけるが、お願いできようか」

”かしこまりました。遠巻きに眺めておればよいのですな“

「そう、眺めているだけでよい。真に面倒な事だが、善処を期待する。以上だ」



宇宙暦788年6月11日04:00 エル・ファシル星系、エル・ファシル第2軌道上、
駆逐艦オーク34 ヤマト・ウィンチェスター

 「おい、ヤマト、もう到着だぞ。駆逐艦って、飛ばすとめちゃくちゃ早いんだな、って……お前、大丈夫か?」
「オットー、俺は何をやっているんだろうな」
「…どうしたんだ、急に」
俺は何をやっているんだろう。
第2分艦隊は俺達を置いて行ってしまった。味方を助ける為に。
俺が調子こいて、”民間人の避難の必要性が”なんて言わなければこんな事にはならなかった。エル・ファシルの民間人はヤンがきちっと助けてくれるんだ、なぜ警備艦隊を救う事を考えなかった?
リンチだって捕虜にならずに済むのに、俺のやった事はただ原作知識を利用して、自分が死なない為だけに警備艦隊を見殺しにしただけだ。
パランティアで俺の意見は取り入れられた。今回も俺の意見が取り入れられた。多分次だって取り入れられるだろう。
…じゃあ何故やらなかった!
分艦隊司令部に、”警備艦隊司令部に撤退を意見具申してください”と何故言わなかった!言っても不審がられるだけ?その立場じゃない?人の命とどっちが大事だ、馬鹿野郎!!

 「…おい!!」
「あ、ああ。大丈夫だ。…これからどうするんだっけ?」
「全然大丈夫じゃねえじゃねえかよ…ヤマト、お前パークス艦長と話した後からおかしいぞ?…シャトル乗り換えて、地上に降りて、基地の地上作戦室に行くんだろ?」
「そうだったな、そうだった。……オットー、何でこんな事になっちまったんだろうな」
「何でって…お前が言い出したからだろ。こう言っちゃなんだけどな、誰もエル・ファシルの事なんて気にしてなかった、俺の周りだってそうさ。…この行動はいつ終わるんだ、いつ戻れるんだろう。気にしていたのはそこだけさ。任務に精励していない訳じゃない、みんな本音はそんなもんだ、多分な。それをお前が強烈に、現実に引き戻したんだよ」
「現実?強烈に?」
「そうさ。俺たちが何の為に戦っているのか、ということだ。アウストラの食堂で、ドッジ准将と話したろ?その後お前を手伝いながら少し俺も考えたんだよ」
「何を考えた?」
「目の前の敵に勝つ事も大事だし、早く帰りたいのも本当だ。でも横には民間人の事を考えている奴がいる。勝つ事、自分の事ばかり考えていないか?確かに味方が勝てば結果的に国も民間人も守れるさ、でもそれだけでいいのか、って。負けた時の事なんて考えたことなかったからな。ドッジ准将の言う通りさ、俺達の立場、階級の人間が考える事じゃない、俺達はただ言われた通りにやればいい、でも、俺の横にはそれをちゃんと考えている奴がいる。俺達は下っ端さ、でも下の人間が一番大事な事を考えてる。だから、艦長だって分艦隊司令部に言ってくれたんだと思うぜ」

 違う、違うんだ。俺は知ってる事をひけらかしただけだ、自分の事しか考えていないのは俺なんだよ。まだこの世界を見ていたかっただけなんだ。俺は結末を知ってるんだよ…。
エル・ファシル警備艦隊をめちゃくちゃにしたのは俺なんだ…!
「なんか、うまく言えないけどな。まあ俺の中身の無い頭じゃ、これが精一杯だよ。とにかく準備しようぜ」



6月11日05:30 エル・ファシル星系、エル・ファシル、自由惑星同盟軍エル・ファシル基地、
警備艦隊地上作戦室 ヤン・ウェンリー

 「兵曹長、ヤマト・ウィンチェスターおよび兵曹長、オットー・バルクマン。避難計画協力を命ぜられ、ただいま着任しました。よろしくお願いします」
「私はヤン中尉だ。よく来てくれたね。見ての通り、艦隊司令部の要員は私だけで人手が足りないんだ。宜しく頼むよ」
「はい」

 彼がウィンチェスター曹長か。今回の避難計画も彼の発案だという。…一体、第2分艦隊はどうなっているんだ?パランティアの戦いも彼が発案し作戦立案にも関わっている。優秀なのは間違いない、私とはえらい違いだな。
「あの、荷物を置きたいのですが、どうすればよろしいですか」
「ああ、済まない。ロッカールームは通路一番奥を曲がって左のドアだ。早速だが、荷物を置いたら私の部屋に来てくれるかい?」
「分かりました」
オットー・バルクマン曹長。ウィンチェスター曹長の同期か。端正な顔立ちだったな、さぞモテる事だろう…彼もパランティアの戦いの作戦立案に関わっているな。同期だから手伝っただけなのか、手伝わされたのか…。能力がなければ同期であっても手伝わせるような事はしないだろう、彼も優秀なんだろうなあ…。

 「荷物を置いてまいりました」
「二人ともまあかけてくれ。急にあてがわれた部屋なんでね、椅子の座り心地が悪いのは勘弁してくれ」
「はい」
「早速なんだが、計画の発案は君達だろう?何故第2分艦隊で行わないんだ?警備艦隊司令部がやることじゃないと思うけどね」
「避難実行後の事を考えて、です」
「避難実行後?」
「はい。そもそも避難計画はあるのですか?」
「…ない。いや、無くはないが百年前の計画だ。当時とはエル・ファシルの人口も社会情勢も違う。役に立たない」
「でしょうね。でも幸運な事に今までエル・ファシルが占領されるような事態はなかった。だから新しい避難計画は必要なかった。でも今まで必要なかったから、無くてもいいとは限りませんよ」
「そうだね」
「星系の防衛について責任を持つのは軍です。今の場合は警備艦隊です。その責任を果たせなくなったとき、どうしますか」
「当然、撤退するだろうね。民間人を連れて」
「ですよね。それに責任を果たせたとしても、避難が必要な場合はあります。警備艦隊が何も考えてないのはまずいのでは?と第2分艦隊は判断しました。ダウニー分艦隊司令の老婆心ですよ。あの方はリンチ司令官の元教官だそうですから」
「…警備艦隊司令官の名前で命令が出されていれば、勝っても負けても誰も傷つかない、か」
「そうですね」



6月11日06:00 エル・ファシル星系、エル・ファシル、自由惑星同盟軍エル・ファシル基地、
警備艦隊地上作戦室 ヤマト・ウィンチェスター

 ヤン・ウェンリー…前は見かけただけだったけど…こうやって目の前にしてみると普通すぎて何の感慨も湧かないなあ。前に見かけた時も思ったけど、頼り無さ感満載だ。どうにかしてやろうと思うか、駄目だこいつは、と思われるかのどちらかだな。リンチ司令官は後者だったのかな。
自分があの時何とかしてれば…って思うのは驕りだ、って、確かキャゼルヌさんが言ってたよな。ヤンがまともにリンチを補佐出来ていたらどうだっただろう。遭遇戦に勝って、エル・ファシルの奇跡は起こらないんだろうな…そしたらヤンの評価はまともなものになっただろうし、いずれ『魔術師ヤン』と呼ばれる事になっても軍首脳に素直に受け入れられたんじゃないか?昇進は遅くなるだろうけど、本人はあまり気にしないだろうし…。だめだ、切り替えなきゃ。

 「ウィンチェスター曹長、その、君は今回の戦いをどう思う?」
「前哨宙域の戦闘の事ですか?でしたらあまり意味は無いんじゃないですか」
「どうしてそう思うんだい?第一、今戦っている味方に失礼じゃないか」
「失礼しました。勝ち負けという事であれば、是非勝ってほしいです」
「そりゃあそうだろう。でも君は民間人を避難させる、または避難計画の必要性を感じた。…例えば負けたとする。エル・ファシルは当然失陥するだろう。避難させなくても、帝国軍だって民間人にひどい事はしないんじゃないかな。民心を得る必要があるからね」
「確かに民心を得る必要がありますね。当たり前に考えれば略奪暴行諸々禁止でしょうが、それを当たり前に考えるのは、我々が自由惑星同盟軍…民主主義の軍隊だからですよ」
「どういう事かな」

 本当に分からないのかな。それとも試されてるのかな。
「ヤン中尉、我々は帝国から見たらどういういう存在ですか」
「自由惑星同盟を僭称する反乱軍だね」
「そうですね。彼等にとって我々は対等の存在ではないのですよ。軍人民間人は関係ない、帝国に対する反乱者なのですから。いわば政治犯罪者だ。犯罪者はどうなります?」
「収監される…しかし、二百万人以上もいるんだぞ。無理だろう」
「やりますよ、帝国軍は。軍民関係ないのですから捕虜収容所にでも入れればいい。捕虜収容所ならまだいい、その上もありえます」
「…死罪か?いくら何でもそれは」
「…帝国には共和主義者にとって悪名高き内務省、社会秩序維持局がありますよ。捕虜収容所なら帝国軍の管轄ですが、政治犯罪者扱いなら内務省管轄になりますね。そして、得なければならない民心は同盟人の民心ではありません。帝国臣民の民心です。見せしめに二百万人が死罪…充分ありえます」
「…帝国臣民、いわゆる平民の反発がひどい事にならないかい?」
「社会体制が違うのです、平民が求めているのは政治的自由ではありませんからね。それに百五十年も戦争している。帝国の平民だって、我々に恨み骨髄ですよ。溜飲を下げる、復讐という意味でも喜ばれるかも知れません。専制国家ですからね、何が起こるか分かりませんよ。…以上は想定としてはまだまともなパターンです」
「これでまともとはね。そうじゃないパターンがあるのかい?」
「…聞きたいですか」
「…聞いておいた方がいい気がするのでね」
「まともじゃない場合というのは指揮官が貴族だった場合ですよ」
「…どう違うんだい」
「連れて帰って売る」
「売る?人身売買という事かい?」
「はい。我々は帝国臣民ではないですからね。働ける者は労働力として。容姿端麗、妙齢の女性…女性だけでは無いかも知れませんが、性的な奴隷というのもありますね。それ以外は殺されるかもしれない」
「…もういい、よくわかったよ」
「…思い上がった反乱者ども!という事でいきなり熱核兵器で抹殺…という事もありえます」
「わかったよ、よく分かった。仕事にかかろう」 
ページ上へ戻る
ツイートする
 

全て感想を見る:感想一覧