| 携帯サイト  | 感想  | レビュー  | 縦書きで読む [PDF/明朝]版 / [PDF/ゴシック]版 | 全話表示 | 挿絵表示しない | 誤字脱字報告する | 誤字脱字報告一覧 | 

非日常なスクールライフ〜ようこそ魔術部へ〜

作者:波羅月
しおりを利用するにはログインしてください。会員登録がまだの場合はこちらから。 ページ下へ移動
 

第12話『一人じゃない』

 
前書き
さてさて。新キャラ編の後編をやるつもりですが、どうもネタが少ないです。という訳で少し短いんじゃないかと書く前から不安になっておりますが、どうかお気になさらず。

…じゃあ書きますか。 

 
騒然とする1ー1のクラス。誰もが目の前の者の姿に驚きを隠せない。
そしてその前に立つ者はメソメソと涙を流していた。


「え、えっと…」


先生が困惑した表情を見せる。それを見る限り、先生も病気の詳細は知らなかったようだ。
声を掛けようにも、目の前に起こった出来事が突飛過ぎて誰もが考えを張り巡らせた。


「うっ…ぐすっ…」


いまだに泣き止む様子はない柊君。彼には一体どういう秘密があるのだろうか。
というか秘密と言っても、もう既に一部は頭の上で露になっているのだが。


「柊…君…」


俺が小さいながらも声を絞りだして彼を呼ぶ。
するとその声に気づいたのか、彼はこちらをじっくりと見据えてきた。
その目は怒りと悲しみが混ざったように見えた。


「やっぱり…僕は…」


柊君はうつむき、そう呟いた。
彼の頭上ではションボリとする耳が姿を見せていた。

そうか。彼の引き籠りの根元はアレだったのか。
アレのせいで、イジメられるなどとその身に余る哀しみを受けたんだ。
学校に来たのは、アレを何とか隠し通すのが条件と考えるべきだ。でないと彼が自宅から出ることはないと言い切れる。

俺と先生は、誰も君を変に扱わないと柊君に言った。
俺はそれは事実だと信じてるし、クラスの皆も信じてる。
だけど、アレが晒された以上、この後に彼がどうなるか、どんな扱いを受けるかなんて俺にはわからない。
でもやらなきゃいけないことは、彼をこのクラスに引き留めること。クラスの皆と仲良くさせること。

だから彼をどうにかフォローせねばいけない。
大方、彼の説明をクラスの皆に…といった所か。
よし。俺が柊君を守らないと!


「ひいら──」


「可愛い…!」


俺が一言言おうとした瞬間に、誰かの唐突な声で遮断される。
驚いた俺がその言葉の真意を探ろうとすると、次々と言葉が1ー1で飛び交った。


「可愛い!」
「何あれヤバい!」
「あれってケモ耳とか言うやつじゃない?!」
「ホントに小動物みたい!」
「柊君、可愛い!!!」


「「は??」」


俺や男子の誰もが開いた口が塞がらなかった。
何が起こったのかと察する前にクラスは賑やかになり、もはやお祭り状態となった。

時間を掛け、ようやく理解した俺は何とも言えない表情を表に出す。
今教室で起こったのは、女子たちの柊君に対する称賛の嵐だった。主にプラスの方向で…。

その後も女子たちは収まることなく、むしろヒートアップしていった。


「ねぇねぇその耳触って良い?」
「モフモフしてそう!」
「ピクッってして可愛い~!」
「てか柊君が可愛い!」
「家で飼いたいくらいかも!」


いつの間にか、クラスの大半の女子は席を立ち、前へと出てきて柊君の周辺に集まっていた。
いつしか柊君の涙は止まり、なんだか照れてるように見えてきた。
今まで経験したことのない、新鮮な気分なのだろう。

状況に納得した。やっぱり、クラスの皆は優しい人なのだ。
このクラスではイジメなんて起こり得ない。
救われたね、柊君。

俺は柊君に近づきこう言った。


「言ったでしょ? 君を変に扱う人はいないって」

「…うん」


彼はくすりと笑いながらそう返した。
・・・うん、確かに可愛らしい。







お祭り騒ぎの開始から30分。未だに止む気配はない。
そろそろ授業の時間に差し支えが出そうなんだが…まぁ良いんじゃないかな。先生も止めることはしなかった。

だが今は、先程よりも盛り上がっている気がする。


「うっ…」

「「キャアー!!」」


クラスの女子たちが黄色い声を上げる。
なぜなら柊君には“尻尾”も生えていたことが判明したのだ。
彼女らはそれを見て、さっきより一層可愛いだの何だの興奮しているようだ。


事は5分前に遡る。


なんやかんや騒いでいたクラスの女子たちが、柊君に「パーカーを脱いで」と頼んだのが始まりだ。もちろん本人は「これ以上何かあったら今度こそ嫌われる」と思ってか、頑なに拒否していた。
だが女子たちが強制的に脱衣を行ったため、彼の尻尾が眼前へと晒されたのだ。
ちなみに尻尾も狐のようであった。


彼の今の状況を説明するなら・・・『ハーレム』だろうか。クラスの大半の女子が柊君に群がっているのだから。
何か周囲の男子の目が冷たくなっている気がするが、まぁイジメに発展することはないだろう。……たぶん。


「あの…そろそろ離して貰えると…嬉しいのですが…」


女子にもみくちゃにされながら柊君がそう言った。さすがに彼にもこの状況がキツいのだろうか。その気持ちよくわかる。入学式の俺もそうだったから。


「皆さん、続きは後にしましょうか。そろそろ1限が始まります」


先生が柊君に助け船を出した。
まぁ“後に”と言ったので、休み時間がどうなることやら・・・。







案の定、どの休み時間も女子の騒ぎが落ち着くことはなかった。むしろ、ひどくなったと言うべきだろう。
そして、安定して柊君が可愛がられる。俺は憎たらしいとは思わないけど、やはり他の男子の目が……。

だが、昼休みは違った。柊君が逃げたのだ。
無論、女子は逃げるとは思っていなかったらしく、柊君が教室から飛び出た後もずっとあたふたとしていた。

しかし俺はいち早く、彼を追いかけた。





「柊君!」


俺は彼を呼び止めた。
すると彼はこちらを驚いた表情で振り向いたかと思うと、またも逃げ出そうとした。が、すぐさまその足は止まる。
何せここは屋上。たった1つの出入り口の扉の前には、俺が立ち塞がっているのだから。


「君はあの時の・・・。何の用ですか?」


あの時ほどムスッとした声ではなかったが、柔和な様子でもなかった。


「どうして逃げたの? 楽しそうだったじゃん」

「確かに楽しかったし、変な扱いも受けてないけど…、“特別扱い”みたいな感じが少し・・・」


そうか。彼は俺らの横に立ちたいんだ。外れた特別な所に居るのではなくて。
そう思うと、彼の望みがわかったような気がした。


「柊君、言ったろ? 俺は君の味方だって」

「それがどうし・・・」

「だったら俺らは友達じゃないか」

「!!」


この表情。やはりか。
彼は守ってくれる人が欲しかったのと同時に、自分の横に居てくれる人、つまりは『友達』が欲しかったんだ。


「アレは少し大袈裟だったかも知れないけど、皆は君を歓迎してるんだ」

「うん…」

「だからね・・・君は一人じゃないんだよ」

「…!」


俺がそう告げると、柊君は戸惑った表情をした。けどそれは次第に、安心したような表情へと変わる。


「だからさ、戻ろう?」

「…そうだね」


俺の呼び掛けに、柊君は笑顔でそう返した。

まぁこの後に、また女子がお祭り騒ぎとなったのは言うまでもないが。

 
 

 
後書き
…やっぱり短かった。
でも気にしないでいましょう。

今回は“柊君がクラスに慣れる”というのが主題でした。
いやー自分で書いといて思うのが……羨ましいです。
女子と戯れるなんて経験が無い自分ですからね。もしかすると理想をぶつけたのかもしれません(真顔)

さて。次回の話が何も・・・あぁ次はキャラ紹介ですね。柊君の。
では続きはそこで話すとしましょう。ではでは 
ページ上へ戻る
ツイートする
 

感想を書く

この話の感想を書きましょう!




 
 
全て感想を見る:感想一覧