| 携帯サイト  | 感想  | レビュー  | 縦書きで読む [PDF/明朝]版 / [PDF/ゴシック]版 | 全話表示 | 挿絵表示しない | 誤字脱字報告する | 誤字脱字報告一覧 | 

超地球救済戦記!断罪王Ω〈オメガ〉~戦争もやめねぇ!環境破壊もやめねぇ!バカで愚かな人類は身長170センチ以下の無職童貞ニートの俺が全員滅亡させる‼~

しおりを利用するにはログインしてください。会員登録がまだの場合はこちらから。 ページ下へ移動
 

第五話 断罪王アイン 対 断罪王フュンフ!断罪王ゼックス!断罪王アハト!そしてついに爆誕!超覚醒!断罪王Ω〈オメガ〉‼ バカの話は長い!バカの話はわかりにくい!おい、おめぇらよぉ!人間同士で傷つけあうこんなクソみたいな世の中に親の都合で無理矢理誕生させられて、本当に満足なのか!答えろ!答えろって言ってんだよぉぉぉぉぉぉぉ!

 地球防衛軍メサイアの基地は静岡県の富士山にある。 
 メサイアが設立されてすぐに富士山そのものが改造されて八体の断罪王を所有する軍事基地になってしまったのだ。 
 そのメサイアの断罪王も小室キエイの断罪王アインを含めてあと四体。
 先日、小室キエイの目の前に突如出現した謎の戦士、断罪王ヌルも含めれば、今この日本には全部で五機の断罪王がいることになる。
 しかし、五機の断罪王が激突し、一体の断罪王が生き残ったところで宇宙からの侵略者ユーマとの戦争が終るわけではない。
 小室キエイは断罪王同士の戦いが人類にとって無益な戦いであると知りながらも、あえて全ての始まりの場所でもあり最終決戦の地でもある、静岡県の富士山へと足を踏み入れた。
 静岡県は地獄と化していた。
 岡山県から逃げ出したセミ人間とエビ人間。 大阪府から逃げ出した下地働助ケンタウロス。
 この三体のユーマが静岡県内に集合し、静岡県民を犯したり、食い殺していた。
 そして大量のセミ人間、エビ人間、下地働助ケンタウロスは自らの敵であるメサイアの本拠地へと向かっていく。
 その数の中にはこれまでに各都道府県でユーマに犯された人間から誕生したセミ人間、エビ人間、下地働助ケンタウロスも含まれている。
 「なんだよ...あいつらも俺と同じでメサイアを潰しに来たのか...それより、あの断罪王ヌルとかいうやつ...!」
 (断罪王ヌル...あいつは俺の味方なのか?それとも敵...?)
 どちらにせよ静岡県は今、世界で一番危険な場所になってしまった。
 「シンゴォォォォォォォォォォォォォッ‼」
 断罪王アインに変神した俺はメサイアの本拠地である富士山に向かって右手のひらをかざす。
 「狂撃のぉぉぉぉッ!断罪インパクトォォォォォォォォォォッ‼」 
 断罪王アインの右手のひらから放たれた断罪インパクトが富士山に直撃、爆発が起きる。
 小室キエイが放った断罪インパクトが開けた穴から無数のセミ人間とエビ人間と下地働助ケンタウロスがメサイアの軍事基地に侵入して内部のスタッフを犯したり、食い殺している。
 突如侵入してきた、異形の襲撃にメサイアの本拠地は阿鼻叫喚と化す。
 内部で怒号と悲鳴が飛び交い激しい銃撃戦となっている状況が断罪王アインと化した俺の超聴力を通して伝わってくる。
 「これは思っていたよりも早くけりが着きそうだな...」
 「それはどうかな」
 その言葉が小室キエイに向けて放たれたのと同時に富士山が突然、大噴火を始める。
 富士山の山頂から流れ出した溶岩が山を削る、溶岩は俺が狂撃の断罪インパクトで開けた穴にも流れ出して軍事基地内部のセミ人間、エビ人間、下地働助ケンタウロスと、それらと戦っていたメサイアのスタッフの肉体を超高熱で溶かしてしまう。
 「妹のビザビドには確か予知能力があったはず...なのに、なにもせずに..スタッフを囮にして基地ごと大量のユーマ共を破壊するつもりなのか!どうなんだよ!人として!」 
 噴火を始めた富士山頂から三体の断罪王、小室キエイの父親・小室ガゴが操縦する茶色のボディが特徴的な断罪王フュンフ、母親・小室マゴが操縦する紫色のボディが特徴的な断罪王ゼックス、妹・小室ビザビドが操縦する水色のボディが特徴的な断罪王アハトが出現する。
 「どうもなにも、ビザビドの予言通りだよ、なぁ、マゴ?」
 「ええ、そうねガゴさん。それにしても随分と派手な帰宅ね、キエイ。ビザビドちゃんもきっとよろこんでいるわ」
 「久しぶりに会えてうれしいよ兄さん...また一緒にブルーギルを釣りに行こうね」
 「ビザビドの予知能力があればこうなることがわかっていたはずだ!なのにお前たちは、あの気色悪いユーマ共を全滅させるために、あえて基地のスタッフを避難させずに囮にしたのか?」
 「その通りだよキエイ、でも我々はビザビドの予言のおかげでこうして基地から脱出して愛する息子と再会できた‼」
 「それにこの事態を招いた原因はあなたにもあるのよキエイ」
 「なんだと‼」
 「母さんの言う通りだよ、兄さんが焼肉酒屋あびすや寿司屋しゃかりきアニサキスでガチキレして断罪王アインに変神していなかったら、セミ人間、エビ人間、下地働助ケンタウロスが日本中で暴れることもなかった...」
 「ビザビドの言う通りだよ...キエイ、そろそろ私たち家族のもとへ帰ってきなさい。新しい基地ならまた別の場所に作ればいい、それにユーマに唯一対抗できる断罪王を所有している我々家族はこの国では無敵の人だからね、今回のスタッフを囮にしてユーマを殲滅したことも国は見て見ぬふりをしてくれるから安心しなさい」
 「それに断罪王ドライにも勝てないあなたの断罪王アインでは私たちが操縦する三体もの断罪王に勝てるわけがないわ!」
 「うるせぇよ‼俺は今日、お前らをぶっ殺すためにここに来たんだ‼俺は何物にも縛られない‼俺は自由だ‼俺は神だ‼俺が最強なんだよぉぉッ‼くらえッ‼狂撃のぉぉぉッ‼断罪インパクトォォォォォォォォッ‼」
『龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘‼』 
  断罪王アインの手のひらから放たれた狂撃の断罪インパクトが断罪王フュンフ、ゼックス、アハトに直撃する。 
 「やったぜ‼」
 狂撃の断罪インパクトの直撃を受けた断罪王フュンフ、ゼックス、アハトとその操縦者である小室ガゴ・マゴ・ビザビドは狂撃波動を脳に受けて死亡する...はずだった。
 しかし、つぎの瞬間、小室キエイは狂撃の断罪インパクトを放つ直前の時間軸に飛ばされていた。
 「なに?時間が巻き戻ったというのか‼」
 「その通りだよ、兄さん。僕の断罪王アハトは時間を巻き戻すことができる。僕は未来予知能力で相手の行動を未来予知できるし、仮に未来予知と違う現象が起きたら断罪王アハトの力で時間を巻き戻してなかったことにすることもできる‼」
 「とりあえず、聞き分けのわるい子にはお仕置きだな‼」
 「そうね、あなた‼」
 小室ガゴの操縦する断罪王フュンフの全身に装備された無数のレーザービーム砲から放たれたビームのシャワーが断罪王アインに降り注ぐ。
 「うあああああああああああああッ!」
 小室マゴの操縦する断罪王ゼックスの全身に装備された無数のドリルミサイルがビームのシャワーを浴びせかけられている断罪王アインに直撃する。
 「ぐあああああああああああああッ!」
 「兄さん、もう降参しなよ、僕たち人類の敵はユーマなんだ、今は人間同士で争っている場合じゃない」
 「基地のスタッフをセミ人間共と道ずれにしたお前たちにそんなことを俺に言う資格があるのか?」
 「そういう兄さんだって怒りに身を任せてこれまで大勢の人間を傷つけて殺して食ってきただろう?僕達人類は何も犠牲にせずに生きることはできないんだよ‼」
 「ならそうならないように、お前が断罪王アハトの力で時間を巻き戻せばいいだろ‼」
 「兄さんも知っているだろ?断罪王の力を使うにはかなり体力を使うことを。だから一日に何度も時間を巻き戻せるわけじゃない」
 「ビザビド、しゃべりすぎだぞ‼」
 「あなた、今のうちにキエイにとどめを‼」
 「残念だよ、兄さん...これでお別れみたいだ...」
 断罪王フュンフの無数のビーム攻撃と断罪王ゼックスの無数のドリルミサイル攻撃を同時受けた断罪王アインの巨体は黒焦げになり、全身穴だらけになった状態で地面に仰向けに倒れている。
 「ダメだ、やっぱ...俺は家族に殺されるのか...」
 その時、断罪王アハトを操縦していいたビザビドは空から落ちてくる雷を見た。
 そして、その雷が断罪王アハトに直撃して爆砕する未来を予知したビザビドはすぐさまその未来を回避するために断罪王アハトの力で時間を巻き戻そうとする。
 しかし、すこし遅かった。
 光の速さで頭上から突撃してくる雷は断罪王アハトの時間を巻き戻す能力が発動するわずか一秒前に断罪王アハトに直撃していた。
 「ビザビド‼」
 「ビザビドちゃん‼」
 鉄くずと化した断罪王アハトの上に断罪王ヌルが立っている。
 小室ビザビドの操縦する断罪王アハトを爆砕したのは雷ではなく断罪王ヌルだったのだ。
 「やはり来たか...断罪王ヌル!」
 「誰が操縦してるのかは知らんが、我々メサイアに無断で断罪王を使い、ビザビドまで殺しおって..貴様だけは絶対に許さんぞ‼」
 「断罪王ヌル...あなたの正体も目的はもわからないけれど...ビザビドちゃんの仇は絶対にとらせてもらうわよ‼」 
 小室ガゴの操縦する断罪王フュンフの全身から放たれた無数のビームと小室マゴの操縦する断罪王ゼックスの全身から放たれた無数のドリルミサイルが断罪王ヌルに向かって一斉に放たれる。
俺は父さんと母さんの意識が断罪王ヌルに向いている隙を突いて、満身創痍の断罪王アインの狂撃の断罪インパクトを断罪王フュンフと断罪王ゼックスに向けて放つ。
 「もう時間を巻き戻せる断罪王アハトはいない‼くらえぇッ!狂撃のぉぉぉッ‼断罪インパクトォォォォォォォォォォッ‼」
 満身創痍の断罪王アインから放たれた全力の狂撃の断罪インパクトが小室キエイの両親が操縦する断罪王フュンフと断罪王ゼックスを直撃する。
 「キ、キエイ...お前は...親を殺すのか...!」
 「キエイ...ああ...あなたさえ産まれてこなければ...!」
 「お前たちだって俺を殺そうとしたじゃないか...‼それに俺は自分で選んでお前たちのもとに産まれてきたわけじゃない‼」
『龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘‼』
                *
 狂撃波動を脳内に受けた小室ガゴと小室マゴが目を覚ますと目の前に暗闇が広がっていた。
 暗闇の中で小室キエイが全裸のまま空中で座禅を組んでいる。
 そして小室キエイの声が頭の中にテレパシーのように聞こえてくる。
 「俺はずっと父さんと母さんとビザビドのことが憎かった。父さんと母さんはビザビドが生まれてビザビドに未来を予知する能力があるとわかった時から俺の存在なんてまるで最初からなかったみたいに無視して、ビザビドだけに愛情を注ぎ込むようになった‼そして嫌がる俺を無理矢理モルモットにして断罪王アインの操縦者にした‼だから俺はそんな家族に嫌気がさしてメサイアの基地から脱走してあなた達から距離を置いた‼」
 「そうよ...あんたさえ産まれてこなければ、こんなことにはならなかった‼」
 「やめないか、マゴ‼すまなかったなキエイ。我々はビザビドの予知能力と断罪王の力に魅せられて、親として、人として大事なことを忘れてしまっていたのかもしれない...でもキエイ...これでこの世界に存在する断罪王はお前のアインとヌルの二体だけになってしまった...お前たちだけで果たしてこれから地球を襲ってくるユーマに勝てるのか?」
 「父さんは俺のことを心配してくれてるんだね...ありがとう...でも大丈夫だよ、断罪王アインがね、変神するたびにいつも教えてくれるんだ、断罪王は地球の味方であっても人類の味方ではないって、地球に危険をもたらす存在がたとえ人類でも断罪王は地球から人類を滅ぼすんだって...俺にそう教えてくれるんだ」
 「わかっていた...わかっていたはずなのに...現に、遥か太古の昔に環境破壊を続ける人類は地球の意思の代弁者である黒の断罪王によって一度、滅びていた...私はそれを断罪王フュンフから教えられていても、断罪王をユーマから人類と家族を守るための盾にしたかった...」
 「父さん...」
 「宇宙の意思は我々人類が宇宙軍事開発を始めたことで宇宙全体に戦争が広がることを恐れて、宇宙からユーマを地球に投下して宇宙軍事開発を実行した人類と人類を作った地球を滅ぼそうとしたんだ」 
 「つまり、果てしなく争い続ける俺たち人類と人類を生んだ地球はもう、宇宙全体にとって必要のない存在なんだよ」
 小室ガゴと小室マゴの目の前に突然、大量のセミ人間とエビ人間と下地働助ケンタウロスが出現する。
 「父さん...母さん...さようなら...」
 大量のセミ人間とエビ人間と下地働助ケンタウロスが小室ガゴと小室マゴを取り囲み、体を触ってくる。
 「父さん...母さん...この特別な異次元空間で元気なユーマの子供を産んでね...」
                *
 そして現実の小室ガゴと小室マゴは黒こげになった断罪王フュンフと断罪王ゼックスのコックピットの中で両目と鼻から大量の血を流して死んでしまっていた。
 小室キエイは両親を殺して、地球防衛軍メサイアを壊滅させた。
 謎の戦士・断罪王ヌルは断罪王アインに何もせずにただ見つめている。
 しかし、激戦で大きなダメージを負った小室キエイと断罪王アインに断罪王ヌルと戦う力は残っていなかった。
                *
  断罪王ヌルがテレパシーで俺に聞いてくる。
 『お前は人間でありながら人類と断罪王を悪用していた人間たちを滅ぼそうとしていた』 
 「なんだ...?頭の中で声がする...」
 『だから、宇宙の意思が生み出した、断罪王ヌルはお前を助けた』
 「なるほど...なら断罪王ヌル、宇宙の意思が生み出したお前の目的は地球と人類の滅亡なんだな...」
 『その通りだ。人類であるお前には人類と地球を滅ぼす覚悟が本当にあるのか?』
 「その覚悟が俺になかったらお前は俺をどうするつもりなんだ?」
 『他の断罪王と同じく、滅ぼす』
 「なら安心しろよ!人類だろうが、地球だろうが俺が気に食わないものは全部俺がぶっ殺す‼」
                  *
 次の瞬間、断罪王ヌルと満身創痍の断罪王アインが光に包まれて一つになる。
 地球の意思が生み出した断罪王アインと宇宙の意思が生み出した断罪王ヌルが一つになる。
 小室キエイの全身にこの宇宙全ての力と情報がみなぎってくる。
 そうか...そういうことだったんだな...!
 そう、断罪王ヌルのヌルはドイツ語でゼロを意味する。
 ゼロは終わりでもあり始まりでもある。
 つまりゼロは可能性。
 断罪王ヌルは無限に進化する。
 小室キエイが全身にみなぎる無限の可能性に興奮する。
 やがて一つになった断罪王アインと断罪王ヌルを包んでいた光が消え、金色のボディが特徴的な新たな断罪王が地上に君臨する。
 「断罪王Ω〈オメガ〉...これが俺の新しい力...」
 俺は金色に光り輝く断罪王Ωの右手のひらを海の向こう側に向けてかざして叫ぶ。
 「狂撃のぉぉぉぉぉぉぉぉッ‼断罪インパクトォォォォォォォォォッ‼」
 俺は断罪王Ωの超感覚によって海の向こうで狂撃波動を浴びた人びとの不幸を感知する。
 そして、すぐに全人類に対して敵対的な存在とみなされた断罪王Ωを破壊するために、各国の所有する謎の人型起動兵器12260機が日本に集結して断罪王Ωに一斉に襲いかかってくる。
 (なるほど...海外のやつらは断罪王が地球から一人残らずいなくなった時のことを考えてアレを開発していたのか...しかし‼)
 俺は断罪王Ωの右手のひらを謎の人型機動兵器12260機に向けてかざす。
 そして叫ぶ。
 「狂撃のぉぉぉぉぉぉぉぉッ‼オメガ‼断罪インパクトォォォォォォォォッ‼」
『龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘‼』
 その時である、宇宙の意思そのものである断罪王Ωの誕生に導かれるように宇宙から大量のユーマが地上に向かって降下してきた。
 人類に逃げ場、ねンだわ。

  この物語はフィクションです。実在する人物及び団体には一切関係ありません。 
 

 
後書き
ここまで読んでいただき、ありがとうございました!小室キエイの物語は今回でおしまいですが、次回からは、今回の話にもちょっとだけ出てきた黒の断罪王の物語「超地球救済戦記G断罪王」を皆様にお届けしたいと思います。次回もお楽しみに! 
ページ上へ戻る
ツイートする
 

感想を書く

この話の感想を書きましょう!




 
 
全て感想を見る:感想一覧