| 携帯サイト  | 感想  | レビュー  | 縦書きで読む [PDF/明朝]版 / [PDF/ゴシック]版 | 全話表示 | 挿絵表示しない | 誤字脱字報告する | 誤字脱字報告一覧 | 

超地球救済戦記!断罪王Ω〈オメガ〉~戦争もやめねぇ!環境破壊もやめねぇ!バカで愚かな人類は身長170センチ以下の無職童貞ニートの俺が全員滅亡させる‼~

しおりを利用するにはログインしてください。会員登録がまだの場合はこちらから。 ページ下へ移動
 

第二話 断罪王アイン 対 断罪王フィーア!考えろ!人の心とその言葉‼女が寿司を握ってんじゃねぇよ‼寿司握る暇があるなら俺のチ●コ握るんだよ‼命とは死に至る病である!自分が死ぬのが嫌で子供にも死んでほしくないのであれば最初から子供なんか作るんじゃねぇよ!バカ野郎!子供だって最終的には死の恐怖に怯え苦しみながら死んでいくんだぜ!自らの欲望を満たすために罪なき命に死を伝染させるセッ●スは人殺しと同じなんだよ!



 断罪王ツヴァイの操縦者カレー大好き小林マスミに完全勝利した俺は焼け野原と化した岡山県から徒歩で大阪府に移動して『しゃかりきアニサキス』とかいうふざけた名前の寿司屋に入店した。
 寿司屋といっても、そこら辺の能なし専業主婦が働いているようなクソ雑魚百円寿司ではなく、ちゃんとした職人が握っている寿司屋である。
 しかし俺は入店から二秒であることに気づいてしまった。
 寿司を握っていたのがなんと女だったのだ!
 俺、小室キエイは怒りのあまりその寿司屋しゃかりきアニサキスで寿司を大量に食った後に食事代の支払いを拒否してしまった。
 「お客様、お金はしっかり払ってもらわないと困りますよ」
 「女が握った寿司は寿司じゃねぇ!つまり俺は寿司は食ってねぇ!寿司屋なのに客に寿司を提供しないおめぇが悪い!あとなんだしゃかりきアニサキスって」
 「そんなのあんまりです、アタシは北朝鮮の親方のもとでちゃんと修行して寿司職人になったんです!お金を払わないのであれば、警察に通報させていただきます」
 北朝鮮で修業してきたらしい美少女寿司職人が泣きながら俺にガチギレしてきた。
 「レッツ!ア~ン?ビーテクマ~イン?ビンビンビクビクビーテクマ~イン?」
 数秒後、サイレンの音と共に数人の警察官が全裸の俺を取り囲む。
 「じゃあ、ちょっと警察署までついてきてもらっていいですか?」
 キャバ嬢に二百万円ぐらい貢いでいそうな顔をした童貞丸出しの警察官の一人が俺の腕をつかむ。
 「なぁ、岡山県の焼肉酒屋あびすが爆発した事件の犯人、誰か知ってるか?」
 「い、いきなり何を言い出すんだ?」
 「その犯人俺なんだよ」
 もう、遅かった。
 「シンゴォォォォォォォォォッ!」
 寿司屋『しゃかりきアニサキス』は突然爆発を起こし、炎の中から深紅のボディが特徴的な巨大人型起動兵器・断罪王アインが出現する。
 断罪王アインの足元には爆発から瞬時に避難したと思われる美少女寿司職人が立っていた。
 自分の店、『しゃかりきアニサキス』を十九歳で無職の俺にぶっ壊されて悔しいのか、美少女寿司職人は下から憎しみのこもった表情で断罪王アインを睨みつけてくる。
 そして次の瞬間、美少女寿司職人が断罪王変神の呪文を大きな声で叫ぶ。 
 「シンゴォォォォォォォォォォォッ!」
 新川アワビの服がビリビリに破けると断罪王アインの前にピンク色のボディが特徴的な断罪王フィーアが出現する。 
 「これはたまげたなぁ~まさか美少女寿司職人のおめぇがあの、新川アワビだったとはな。寿司職人の制服と帽子のせいでまったく気づかなかった」
 「たまげたのはこちらも同じよ、あなたがメサイアを脱走した、あの小室キエイだったとはね...なぜ多くの人々を守ることができる断罪王の力を持ちながらメサイアを裏切ったの?」
 「メサイアを裏切っただと?俺はこの断罪王のすげぇ力をユーマ相手だけにしか使わないあのつまらねぇお利口ちゃん共に忠誠を誓ったことは一度もないぜ!」
  「アタシの夢は自分の握った寿司でみんなを笑顔にすることよ!その夢を叶えるためなら北朝鮮の親方の厳しい修行にだって耐えられたし、結果的には自分の店も持てた!なのに、あなたは女性が寿司を握っていたのが許せないとかふざけたことを言って、結果、私の店は潰れてしまった。アタシはあなたを絶対に許さない!」
 「誰がおめぇに許してくれって言ったんだバカ野郎‼とにかく女は寿司を握るな!握るなら俺のチ●コにしろ!」
 「黙れぇぇぇぇぇぇぇぇッ!」
 一瞬で百体に増えた断罪王フィーアが四方八方から断罪王アインを攻撃してくる。
 「クッ...百対一だと...卑怯者!お前それでも人間かよ!」
 「あんただけには言われたくないわよ!」 
 総勢百体にも及ぶ断罪王フィーアの予測不可能、回避不可能の攻撃に断罪王アインはろくに反撃も出来ないまま、地面に仰向けに倒れる。
 「ダメだやっぱ...でも一回あたりの攻撃で発生するダメージは大したことないぜ‼」
 「でも、ひとつも()けられないんじゃ、意味ないでしょ‼」
 断罪王フィーアの攻撃が再開される。
 断罪王フィーアのパンチとキックが四方八方からとどめとばかりに断罪王アインに襲い掛かる。
 全身に襲い掛かる激痛にお花畑を何度も直視する小室キエイ。
 しかし、全身を襲う激痛がそれまでなにもなかったようにいきなり停止した。
 よく見ると、目の前にいる断罪王フィーアが動きを止めていた。
 そして地球の守護神である断罪王アインと化した小室キエイの五感がユーマの出現を感知していた。
 「近くに間違いなくユーマがいるはず...なのになぜ視覚で捉えることができないんだ?」 
 目に見えないユーマの存在に小室キエイは困惑を隠せない。
 そして、突如動きを止めた断罪王フィーアの背中から左右に四本ずつ、合計八本の腕が出現する。
 「うああああああああああああッ!そんな...このアタシが目に見えないユーマに寄生されたというのか...」
 断罪王フィーアから放たれた美少女寿司職人・新川アワビの言葉に偏差値8の小室キエイは状況を理解する。
 「まさか、目に見えないユーマが断罪王フィーアの体に寄生して内側からコントロールしているというのか...‼俺はユーマに助けられたのか?」
 断罪王フィーアの胸部中心からテレビのバラエティー番組でおバカキャラが特徴的な宗教シンガー下地働助の顔が現れる。
 全部で十本の腕を持ち、胸部から下地働助の顔面が飛び出た断罪王フィーアの全身に無数の穴が開く。
 ユーマに寄生された断罪王フィーアの全身にできた無数の穴から上半身が下地働助で下半身がケンタウロスになっている生命体が奇怪な叫び声を上げながら飛び出して地上の大阪府民を襲い始める。
 「ブンシャカァァァァァァァァァッ‼」
 「セミ、エビの次は下地働助とはな」
 大阪府民を襲う下地働助に注意をそらされていた俺に向かってユーマに支配されている断罪王フィーアの十本の腕が伸びて襲い掛かってくる。 
 「ダメだやっぱ」
 小室キエイは全身に突き刺さる断罪王フィーアの手刀から断罪王アインを支配しようとする目に見えないエネルギーが体内に侵入してきたことを察して絶望する。
 このままでは断罪王フィーア同様に断罪王アインもユーマに寄生され内側から支配されてしまう。
 「相手が肉体を通して俺を支配しようとするなら俺も同じことをするまでだ!いちかばちか!くらいやがれぇッ!狂撃の断罪インパクト!」
『龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘‼』 
 断罪王フィーアが俺の体に突き刺さした十本の腕を通して俺は狂撃の断罪インパクトによる狂撃波動をユーマに寄生された断罪王フィーアの全身に注入する。
 「ブンシャカァァァァァァァァァッ!ブンシャカァァァァァァァァァァッ!」
 狂撃の断罪インパクトにより脳が破壊された断罪王フィーアから頭の悪そうな叫び声が上がる。
 地上では大量の下地働助ケンタウロスが健常者なら絶対に襲わなそうな見た目をした大阪府民の女性高齢者を襲って交尾している。
 「ユーマに寄生にされた断罪王フィーアだけじゃねぇ!この際、大阪府民の女性寿司職人共も全員皆殺しにしてやるぜぇぇぇぇッ!くらえよッ!狂撃のぉぉぉッ!断罪インパクトォォォッ!」
『龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘龘‼』
 断罪王アインの全身から放たれた狂撃の断罪インパクトによる狂撃波動が大阪府内全ての女性寿司職人の脳内に流れ込み、鼻と両目から大量の血を流して死んでしまった。
 「どうして...女性が寿司を握っちゃいけないのよ...」
 ユーマにすべてを支配されてしまったはずの断罪王フィーアの操縦者で美少女寿司職人の新川アワビから祈りにも似た言葉が漏れる。
 「うるせぇ!総理大臣と寿司職人はな!女がなっちゃいけねぇんだよ!」
 断罪王アインはとどめとばかりに断罪王フィーアの胸部中心に出現した下地働助の顔面を右手で掴むと、そのまま引っこ抜いて握りつぶした。
 ユーマに寄生された断罪王フィーアが太陽光をあびたアイスのように溶けていく。
 「ブンシャカァァァァァッ!っていったいなんなんだよ‼」
 小室キエイの叫びに応えてくれる者は大阪府内には一人もいなかった。
  地上では破壊と殺戮の限りを尽くした下地働助ケンタウロスがよその県を支配するために移動を開始していた。

次回予告
第三話 断罪王アイン 対 断罪王ズィーベン‼特別養護老人ホーム・バロムジェノサイドが爆発‼欲しいものはすべて他人の金で手に入れる!三次元の女は何度裏切っても二次元の女は絶対に裏切らない!そんな俺たちの日常を伝えたくて書きました‼令和の童貞は強いぞ‼世界最高民族日本人から仕事を奪うクソバカ不法入国者は今すぐ0歳児が操縦するドクターヘリに乗って日本列島から出ていけ‼

  
 

 
後書き
次回もお楽しみに! 
ページ上へ戻る
ツイートする
 

感想を書く

この話の感想を書きましょう!




 
 
全て感想を見る:感想一覧