| 携帯サイト  | 感想  | レビュー  | 縦書きで読む [PDF/明朝]版 / [PDF/ゴシック]版 | 全話表示 | 挿絵表示しない | 誤字脱字報告する | 誤字脱字報告一覧 | 

俺様勇者と武闘家日記

作者:星海月
しおりを利用するにはログインしてください。会員登録がまだの場合はこちらから。 ページ下へ移動
次ページ > 目次
 

第2部
スー
  精霊の泉

 翌朝、私はユウリと交代し見張りをし、最後にジョナスを起こした後、そのまま明け方までぐっすりと眠りについた。 最後まで寝てしまい、結局ユウリに叩き起こされる羽目になったのは余談である。
「ここから少し南、歩く。そこ、川渡れる場所、ある」
 川に沿ってしばらく歩いていくと、確かに川底が見える場所が見えてきた。そこは弛いカーブになっており、溜まった砂や砂利が川底を浅くしていた。
 ただ、浅いと言っても川の深さは私の膝くらいまであり、ルカに至っては太腿の付け根まで届くほどだ。
「ルカ、私担ぐ。ルカの荷物、誰か持つ」
 ジョナスがルカを担ぐということで、荷物はユウリと私で分担して持つことにした。ルカは不服そうだったが、相手がジョナスだからか特に何も言わず素直に従った。さすがに背の高さはどうにもならないので、納得してもらってホッとしている。
 川に入ると、それほど水の流れはきつく感じなかった。バランスを崩すことはなかったが、それでも冬の川の水は冷たく、段々足の感覚が薄らいでいくのがわかる。
 こういうときに魔物にでも遭遇したら、最悪だよなあ……。
 なんて不吉なことを考えていたからだろうか。寒気のするような一陣の風が急に吹いてきた。
 他の皆も不審に思い、周囲に視線を巡らす。一足先に気づいたのはユウリだった。彼はすぐさま手を上空にかざし、天に向かって呪文を唱えた。
「ベギラマ!!」
 彼の声が放つと共に、下から上に炎が舞い上がる。その威力は一瞬にして青空を朱に染めた。そして空が再び青に戻ったとき、上から物凄い早さで一匹の大きな魔物が落ちてきた。
 ザバーーン!!
 派手な落下音と同時に大きな水しぶきが上がる。せっかく濡らさないようにしてたのに、すっかりびしょ濡れになってしまった。
「ヘルコンドルか! 厄介だな」
 ユウリの言うヘルコンドルと言う魔物は、大きな鳥の姿をしている。その言葉通り、ヘルコンドルは随分と高いところから落ちてきたと言うのに、気絶もせずすぐに立ち上がった。相当頑丈なのだろう。
「あいつの起こす風、人間飛ばす!! 気を付けろ!」
 ジョナスもあの魔物のことは知っているのか、もしくはルカを抱えているからなのか、必要以上に距離を取っている。
 ユウリは鞘から剣を抜くと、一気にヘルコンドルとの間合いを詰めようと、足場の悪い川底から這い出るように走り出した。
 バサッ!!
 すると、向かってくるユウリを牽制するかのように、ヘルコンドルが大きく翼を広げた。もしかして風を起こすつもりなのだろうか?
 嫌な予感がした私は、咄嗟に川底に沈んでいる拳大くらいの石を拾うと、ヘルコンドルに思い切り投げつけた。
 石は当たったが、ダメージはないに等しい。けれど動作を中断させることは出来た。その間にユウリはヘルコンドルの懐に入ると、横一閃に薙いだ。
『シャギャアアッッ!!』
 耳をつんざくような悲鳴と共に、ヘルコンドルは倒れた。だがそれでもまだ絶命せず、もがいている。
「しつこい奴だ」
 そう吐き捨てると、さらにユウリは止めを刺すため追撃をしようと一歩前に踏み出した。だが、そこはちょうど浅瀬の境目だったらしく、彼の足が深みに嵌まってしまった。
「くそっ!!」
 川底に足を取られたユウリは動けない。そうこうしている間に、瀕死のヘルコンドルは尚も倒れずに起き上がろうとしている。
 こうなったら私が行く!!
 私は星降る腕輪の力を引き出すと、ユウリに襲いかかるヘルコンドルに向かってダッシュした。だが、
 ずるっ!! べしゃあっ!!
 ちょうど私の足元にも泥が溜まっていたらしく、盛大に頭から突っ伏してしまった。我ながら情けない。
 すると、そんな私に向かって、ヘルコンドルが翼を羽ばたかせている。その瞬間、猛烈な風が私に襲いかかってきた。
「ミオ!!」
 風の音が遮り、もはや誰が私を呼んでいたのかわからない。私は水に濡れた体を必死で起こそうと体勢を立て直す。
 まずい、間に合わない!!
 魔物の生み出す強風が私に襲いかかる……はずだった。けれどその寸前、いつの間にかルカを離れた場所に下ろしていたジョナスが私の前に立ちはだかり、強風を全て受け止めていた。
「ジョナス!!」
 ジョナスは自分の斧を川底に突き刺し、自身の体を固定していた。そのお陰で私は吹っ飛ばされずに済んだ。
「これで止めだ!!」
 ぬかるみから抜け出したユウリが後ろから走ってきて、止めの一撃を魔物に放った。最後の断末魔をあげながら、ようやくヘルコンドルは倒れる。
「ありがとう、ジョナス」
「早く、川渡る。ここで魔物遭う、とても危険」
 ジョナスはひょいとルカを再び担ぎ上げると、物凄い早さで川を渡りきった。後で本人から聞いたのだが、彼の靴はもともと獣の皮で作られており、歩きやすいのはもちろん、そのまま川に入ってもすぐ乾くから川を渡るにはうってつけらしい。
 一方私はと言うと、さっき盛大に川の中で転んだせいで全身ずぶ濡れのままである。体も重く動きづらくなっており、ジョナスのようにスムーズに渡ることなどできない状態だ。
「おい、ぼーっとしてると流されるぞ」
 そう言って私を追い越すと、ユウリもさっさと先に行ってしまった。私は気を取り直し、今度こそ転ばないよう川を渡ることにした。



 川を渡り終えると、再び前方に高く聳え立つ山々が広がっているのが見える。その瞬間、再び嫌な予感が駆け巡った。
「ジョナス、もしかしてあの山脈も越えるの?」
「もちろん。あの山の向こう、アープの塔ある」
 うわああ、やっぱりかあ。せっかく一息ついたと思ったら、またあの高い山々を越えなければならないなんて。私は生乾きの服と髪のまま、がっくりと肩を落とした。
「ミオ、服着替えるか?」
「あー、どうせ鞄の中の着替えも濡れてそうだし、このままで大丈夫だよ」
 ジョナスの気遣いに感謝しつつも、私はこの濡れた体のまま先を急ぐことにした。今日も空は快晴だし、きっとそのうち乾くだろう。
「今夜は山の手前で野営した方がいいかもな」
 平野が続き視界は広いが、その先には二度目の山越えが待っている。ユウリの提案に、私含め皆頷いた。
 そのあとも、色んな魔物が襲ってきたが、平地での戦いなら皆慣れている。特に苦労することもなく一掃し、先に進むことが出来た。
 その間、ルカはレベルが十三になり、私も上がってレベル十八になった。
 二日目の夜は、山の裾野にある小さな泉の近くで野営をすることにした。
 泉の周りには小さな可愛らしい花が色とりどりに咲いており、そこだけ別の空間にいるかのような不思議な雰囲気を放っている。それに、近くに魔物もいなさそうだし、こんな素敵な花に囲まれて寝られるなんて、最高の環境だ。
「ここ、精霊がいる泉。遠出するとき、よくここで休憩する」
 ジョナスも御用達のようだ。でも、精霊がいるってことは、ここで騒いだりしたら迷惑になるのではないだろうか?
「ジョナス、私たち大人数だけど、ここにいて大丈夫? 精霊さん、驚かない?」
 ジョナスはしばし考え込み、
「ここ、よく休憩してたけど、今まで精霊、見たことない。昔から精霊いる、親から聞いただけ」
 精霊が存在するのは聞いているが、実際に見たことはないと言うことか。それなら大丈夫かな?
 早速私たちは昨日と同じようにテントを張り、各々食事の準備を始めた。今回もジョナスと一緒に食材集めや狩りをしたが、昨日ほど多くはとれなかった。
 仕方無いので、今回は念のためにとっておいた最後の携帯食も併用して食べることに。
 鞄に入っていたそれを取り出そうとした、その時だった。
 ぶぅぅん!
「ひゃっ!?」
 突然目の前に、大きな蜂のようなものが目の前を横切った。驚いた私は思わず両手を上げ、勢いあまって携帯食をはるか上空へと放り投げてしまった。
「ああっ!?」
 それは見事な弧を描き、近くにあった泉に投げ込まれた。その様を見ていた私は、愕然とする。
「ああ……。私の命の源が……」
 私はその場に膝をつき、がっくりと項垂れた。
「大袈裟だろ、たかが一個じゃん」
 そんな生意気なことを言うのは言うまでもなくルカだ。野宿の経験が浅い彼には食糧一つあるかないかで命に関わることを理解していないのだ。
「あのねえ、ルカ。今はジョナスやユウリがいるからいいけど、一人で旅をするとなると、食糧ってとっても大事になるんだよ?」
「なんだよ。アネキだってほとんど一人旅なんかしてないだろ!」
 確かにユウリたちと出会ってからは彼らに頼っていた部分もあったけど、それでも食べ物のありがたみは理解しているつもりだ。
「一人旅なんかしてなくても、そういう大事なことはわかるでしょ?」
「あーもう、うるさいなあ! こんなときだけ先輩面するなよ!」
 その一言に、私はカチンと来てしまった。
「先輩面なんかしてないよ!」
「二人とも、ケンカ、よくない!」
 ジョナスが仲裁に入ろうとするが、私も姉として、冒険者としてのプライドがあるので、ここは引けない。そう思っていた矢先、
「待て、泉の様子が変だ!」
 ユウリの声に、皆一斉に泉の方を向く。見ると、なぜか今まで普通の水面だったのが、突然光り出したではないか!
「な、なにこれ!?」
 おそるおそる覗き込もうとしたが、ユウリに制止される。
「何が起こるかわからない。無闇に近づくな」
 彼の言うとおり、少し離れたところで私たちは泉の様子を伺う。やがて、泉の中から放たれた光は収束し、泉の底からゆっくりと人影が現れた。そして水面から出てきたのは、驚くほど美しく光輝く女性だった。
「に、人間……?」
「いや、人間というより、これは……」
 ルカの呟きに、戸惑うように答えるユウリ。確かに全身を輝かせながら泉の中から現れるなんて、人間には不可能だ。
 けれどアクアブルーの瞳を携えたその女性は、透き通った肌といい、整った目鼻立ちといい、普通の人間なら誰もが感嘆の声を上げるほど美しい容貌をしていた。
 彼女は私たちを眺めると、上質な銀糸のように煌めく髪を揺らしながら、無機質な表情で口を開いた。
「私はこの泉の精霊オルレラ。そなたが落としたのは、このローストチキンですか?」
「は?」
 いきなり突拍子もないことを言われ、私の目の前に差し出されたのは、まぎれもなくローストチキンだ。水の中から出てきたというのに、香ばしい香りとともに温かい湯気が私の鼻をくすぐってくる。
「いや、あの、えーと、違います」
 予想の斜め上の展開に、どこから突っ込んでいいのかわからず、私はとりあえず正直に返答する。すると精霊オルレラはローストチキンとともに泉の中に沈んでいった。
 いったい何だったのだろう、と泉を覗き込んでみると、再びオルレラが現れた。
「わっ!?」
 再び目の前に現れた精霊に対し、私は仰天してその場で尻もちをついた。それでもオルレラは動じることなく私の方を向くと、再び尋ねた。
「それでは、そなたが落としたのは、このみずみずしいフルーツの盛り合わせですか?」
 彼女の手には、山盛りのフルーツが抱えられていた。どれも新鮮でおいしそうではあるが、別に今それが欲しいわけではない。
「いえ、それも違います」
 私はきっぱり断ると、オルレラはまたもフルーツとともに泉の中に沈んでいった。
 いったい私は精霊と何のやり取りをしているのだろう? 不安と疑問でいっぱいの中、私は隣にいるユウリに助けを乞う。だが、当のユウリは私と目があった瞬間、顔を逸らして肩を震わせた。
 もしかして、笑ってる?
 ルカとのやり取りで少し気が立っていた私は、含み笑いをしている彼に一言文句を言おうと声を上げようとしたのだが、
「ならば、この携帯食料ですか?」
 ざばん、と言う水飛沫と共にみたびオルレラが現れ、水を差されてしまう。もういいよと、私はうんざりしながら彼女を見ると、思わずオルレラを二度見してしまった。彼女が今手にしているのは、先ほど私が落とした携帯食料ではないか。
「そっ、そっ、それです!! それ、私のです!!」
 すると、無表情だったオルレラの顔が一変して、笑顔に変わった。
「そなたはとても正直な方ですね。では、この携帯食料を受け取りなさい。それと、これは私からのささやかな贈り物です」
 オルレラは携帯食料とともに、小さなパンを一つ私に渡した。
「そなたたちの旅の無事を祈っています。では、お気をつけて」
 そういうと、オルレラは呆気に取られている私などお構いなしに、自分の用事を済ませた途端、今度こそ光とともに泉の中へと帰っていった。
 光が失われ、辺りはすっかり静寂に包まれる。
 いまだに状況がうまく飲み込めず、私はただ茫然と携帯食料とパンを手にしたまま、泉を眺めていた。
「……今の、いったい何だったの?」
 私は誰にともなくつぶやいた。そして、タイミングを見計らったかのように自分のお腹が鳴った。
 ぶはっ!!
 後ろでは、こらえきれなかったのか、盛大に噴き出すルカの姿。そして堰を切ったように他の二人も笑いだした。
「ミオ、すごい! あれ、きっとこの泉の精霊! 精霊に会えた人間、他にいない」
 ジョナスが誉めるように言ってくるが、当の私は全然嬉しくない。
「もう! そんなに笑ってても説得力ないよ!!」
 あんな美人の精霊が、ひたすら食べ物を持って薦めてくるなんて、神秘的だとか神々しいとか欠片も感じない。むしろこんなに皆に笑われて、いい迷惑だ。
「す……すまない。あまりにもお前と精霊のやり取りが滑稽で、笑いが止まらん……」
 普段ほとんど笑わないユウリですら、口許を緩ませている。
「あはははっ!! さすがアネキ、食べ物であんな笑い取れるなんて、アネキぐらいなもんだぜ!」
 ルカも涙を浮かべてお腹を抱えており、さっきまでの殺伐とした空気もどこかへ行ってしまった。
「……だったら、今日の見張り三人だけでやってね!」
 珍しく私は怒りを露にすると、携帯食を口に入れながらそう言い放ったのだった。
 そのあと三人がしばらく私によそよそしくなったのは言うまでもない。

 
 

 
後書き
なんか、色々とすみません(特にSFC版ファンの方)。 
次ページ > 目次
ページ上へ戻る
ツイートする
 

感想を書く

この話の感想を書きましょう!




 
 
全て感想を見る:感想一覧