| 携帯サイト  | 感想  | レビュー  | 縦書きで読む [PDF/明朝]版 / [PDF/ゴシック]版 | 全話表示 | 挿絵表示しない | 誤字脱字報告する | 誤字脱字報告一覧 | 

MOONDREAMER

しおりを利用するにはログインしてください。会員登録がまだの場合はこちらから。 ページ下へ移動
 

第三章 リベン珠
  第31話 神達との邂逅

 純狐と、彼女の間に入って出たヘカーティアが去ってから、勇美と鈴仙は体勢立て直しを兼ねて永琳から送られて来た敵の素性について手紙を読んだのである。
 そして、その内容は二人が思っていたものよりも重い話であったのだった。
 まず、純狐には昔、夫がいたのだった。そう、彼女は既婚者だったのである。
 そして、その夫には嫦娥という別の既婚者が存在したのだった。
 そう聞いて驚く人は多いだろう。だが、おおよその、恐らく日本人が読んでいるだろう故に、多くのその人達が想像している内容とは違うだろう。
 そう、別に夫は浮気をしていた訳ではなかったのだった。その事を示す名称は恐らくこの話を読んでいる人なら恐らく耳にした事はあるだろう──要は一夫多妻であった訳だ。
 そのルールに従っていたのだから、不倫のような泥沼の問題には発展してはいなかったのだ。だが、更なる事態が過去に起こっていたのだった。
 純狐の夫は野心家なのであった。それが故に、自分の子にその地位を脅かされるのを恐れ、最悪の暴挙に出たのであった。──それは毒殺であった。
 その事を知り、純狐は我が子の仇討ちの為に夫を殺し、彼女の復讐は終わったのだが……それで万々歳とはいかなかったのだ。
 それは、純狐の能力の純化にある。それは物事を混じり気のない完全なものにしてしまう能力である。その能力が自分に向いてしまった事により、復讐を遂げても彼女の心の底にこびりついていた憎しみの断片が完全なものになり、彼女は未だに恨み続けているという事だ。
 しかし、勿論事の元凶たる彼女の夫はもうこの世にはいない。なので、純狐の恨みは夫のもう一人の婚約者であった嫦娥に向いてしまったという事であり、彼女が今回の騒動を起こした理由になっているのだった。
 その事実を知った勇美は、唖然としていたのであった。
 確かに勇美は母親から受けた仕打ちに復讐心を抱き、その気持ちを晴らすべく幻想郷で依姫の下で自分を磨き、戦い続ける道を選ぶに至った程である。
 そうにまで至った自分の痛みは決して浅くはない、勇美は今でもそう思うのだ。
 だが、同じ復讐心を抱く者と思っていた純狐の経緯の内容は自分よりも明らかに凄惨なものだと勇美は思い知らされたのだ。
 勇美が母親から受けた精神的ダメージは決して低くはない。だが、勇美自身も、彼女が肉親で唯一心を許している妹の楓も、命を奪われる事なくこうして今でもこの世に存在するのだ。
 だが、純狐はどうだろうか? 彼女の生涯のパートナーとなる筈だった夫に、何者にも替え難い我が子の命を奪われたのだ。その、大切なものを陥れられた事による心のダメージは他の者には想像する事は難しいだろう。
 だから、勇美は完全には純狐の気持ちは解ってはあげられないのだ。だが、彼女は今一度彼女達と再戦して、少しでもその気持ちを癒やせないかという念を覚えているのだった。そして、幻想郷を護る為に彼女達には何がなんでも勝たないといけないのだった。
 その意思を自分自身で確かめた後、勇美は大切な自分の相方に言葉を掛ける。
「行きましょう、鈴仙さん」
「ええ」
 勇美の言葉に鈴仙も同意するのだった。そこに否定する理由などないからである。彼女もこの異変を解決して平穏を取り戻さなければならないという気持ちは同じだからなのだ。
 二人はそれ以外の言葉を発さずに、そのままヘカーティアの開けた空間の中へと向かっていったのだった。

◇ ◇ ◇

 そこは、明らかに地上や月とは違う光景であった。周りに広がるのは岩山だが、その作りは地上や月のそれとは全く異を介するのであった。
「ここが……」
「ええ、紛れもなく『地獄』のようですね……」
 勇美が聞くのに対して、鈴仙はあっさりと、だがそれでいて重みのある口調で言ってのけた。
 そう、ここは地獄の一角なのだ。ここからの戦いは月や地上の常識は通じないだろう。
「気を引き締めて行きましょう、鈴仙さん」
「言われるまでもないでしょう。ここは慎重に行かないといけませんね」
 そうして言葉を交わし合うと、二人は万全の体勢で歩を進めていったのであった。
 地獄の道を歩く事数分、二人の目の前に開け切った光景が現れるのだった。そして、『間違いないだろう』と確信に至った。
 その理由は、二人は今この場で言い様の無い目に見えない重圧を感じているからである。それも、先程の純狐の時に加えて、もう一つの感覚が追加されているのだ。
 こうして二人は確信したのだった。
「あなた方は、純狐さんと、先程現れたヘカーティアと言う方ですね」
 言って勇美はその場にいる二人の姿に目をやった。
 一人は金髪に黒ずくめの存在の純狐、そして、もう一人がヘカーティアという事で間違いないのだろう。
「……って!?」
 ここで勇美は驚いてしまったのだった。その理由はヘカーティアのその容姿に他ならなかったのである。
 ヘカーティア本人はウェーブ掛かった赤髪であるものの、多少は目立つがそこまで特徴的という訳でもない。
 問題はその出で立ちであった。それも、『全部』と言っていいだろう。
 まず、上半身は黒いTシャツであった。だが、肩が露出するような際どいデザインである。それにより彼女の決して小さくない胸の谷間が強調されている。更にはTシャツのデザインも前部に『WELCOME TO HELL(地獄へようこそ)』という文字の書かれた思い切った仕様であった。
 だが、これでも他の部位と比べればまだ可愛い方であった。
 次に頭部である。そこには中央に占いに使う水晶のような球体が埋め込まれた黒い帽子が被されているのだ。常人ならこれだけで首を痛めてしまいそうと思える位の代物である。
 更には首には首輪が嵌め込められていた。どうにも如何わしい想像に結びついてしまいそうなアクセサリーだ。
 下半身はスカートであった。だが、それすらもこのヘカーティアは奇抜な物を選んでいたのだ。まず、赤、青、緑という三原色で構成されたカラーリングに加えて、ご期待通りと言わんばかりにご丁寧にその丈も短かいミニスカートであった。彼女程短いスカートにしている者は恐らく幻想郷には存在しないだろう。
 加えて、何と裸足であったのだ。無論彼女の場合は、元気に外を走り回る腕白さではなく、率直に言うと『痴女』というワードに結びついてしまう様相となっている。
 他にも彼女には鎖の先に地球、月、そして見覚えの無い惑星を模したかのような球体が付いたアクセサリーが身につけられており、どういう原理か、それらが宙を浮き彼女の周りに漂っていたのだった。
 その超常的な光景も目を引く話題だったが、勇美が一番ヘカーティアに惹かれたのは他でもなかった。
「えっちいお姿の女神さんですねぇ……♪ どうか、私といつか一緒に寝て下さい♪」
「勇美さん、何言ってるんですか!?」
 と、勇美はエサを前にした犬の如くハアハアと息を上がらせながらヘカーティアに迫っていたのだった。当然鈴仙はそんな彼女に引いてしまう。
 いや、実際勇美にとって彼女は恰好のエサであるようだった。これ以上は中々ないご馳走を目の前にして引いてなるものかといきり立っているようである。
 そんな勇美を目の前にして、ヘカーティアはやんわりと言った。
「まあまあお盛んな事ね。それは、私達に勝ったら考えてあげなくもないわよ」
「あなたもあなたで許可するんですか!?」
 鈴仙はいともあっさりととんでもない約束をしてしまうヘカーティアにも戦慄を覚えるのだった。
 対して、勇美のヘカーティアを前にして上がった熱は尚も覚める事はないようだ。
「それに加えてヘカーティアさん、随分とお短いスカートをお履きになるようで」
「まあ、これや裸足は私のポリシーだからね……」
 そう言ってヘカーティアはドヤ顔をして見せる。そんな色々と堂々としすぎたヘカーティアを見ながら勇美はこう思う。
(やっぱりフォルトゥーナ様といい、女神様って女神様なだけあって計り知れない魅力があるね)
 思いながら勇美は考えるのだった。このような魅惑的な者にはフォルトゥーナと同様に『様』付けで呼ぶべきだろうと。と、言う事で思い立ったら吉日である。
「あの、今からあなたの事を『ヘカーティア様』と呼んでいいですか?」
「私は様付けのような他人を縛るのは性に合っていないけど、あなたがそう呼びたいなら好きにすればいいさ」
「ありがとうございます~、ヘカーティア様♪」
 そう言う勇美の表情は実に恍惚としたものとなっていた。魅惑的な女神と二人も関係を持てるようになって、勇美の心は実に充実したものとなっているようだ。
 そんな女神の一端から許可を取れたとなれば勇美の心は更にヒートアップしていく事となるのだ。彼女はチャンスは今しかないとばかりに畳み掛けるように言う。
「ヘカーティア様。お許しついでに一つ提案があるのですが?」
「何かな?」
 一体何を言われるのだろうと、ヘカーティアは首を傾げる。そして、鈴仙と純狐の外野二人はこの先を言わせた事を後に激しく後悔するのだった。
「あなた様程の逸材なら、『ノーパン』になったら更に魅力的だと思うのですが、いかがでしょうか?」
 その瞬間、場の空気は凍り付いた。無論、純狐が先に鈴仙とのスペルで相殺されたあの弾幕は発動してはいない事は言うまでもないだろう。
 そして、二人の脳には漸く血流が滞りなく流れて来て思考が戻る。
「あ、あなたはヘカーティアに何をさせようとしているのですか!?」
「勇美さん、自分がノーパンになりたがるだけではなくて、挙げ句の果てには他人にまで薦めますか!?」
 間髪入れずに外野からのツッコミは連続してぶち込まれたのだった。二人の思考は正常に戻った事がここに分かるようだ。
 対して、当事者のヘカーティアはと言うと……。
「ゴクッ……」
 思わず生唾を飲み込んでいたのだった。
「ヘカーティア……」
 これには純狐は、自分の無二の親友を別の世界の生き物のように見てしまうのだった。まあ地獄の女神だから実際に純狐とは別の世界の住人であるのだが。
「『ゴクッ』って何ですか? あなたはどこぞの童貞ですか? 寧ろパンデモニウム的な意味でその宿敵だと思うんですけどねぇ?」
 思わず別次元のツッコミを入れてしまう程に純狐はいきり立っていた。誰だって友人がノーパンになる事に興味を持ち始めたら嫌だろう。
「ああ、すまん純狐。まるで目の前に高級
霜降り肉のステーキと高級赤ワインがぶら下げられたかのような感覚に苛まれてしまってな……」
「ノーパンってそんな大層なものじゃありませんって……」
「何……?」
 その純狐の一言を勇美は聞き逃さず、かつ許せなかったようだ。
「純狐さん……訂正して下さい。ノーパンってのは相場5億円のエメラルドの装飾と同じ位の価値があるってものですよ。それを……!」
「いや、エメラルドに謝りなさい」
 全くを以て純狐の主張は正しかった。だが残念、今この場でそれに賛同する者は鈴仙しかいなかったのである。
 話が変な方向へ進んでいる。このままではいかんと、鈴仙は自分を奮い立たせて流れを変えようとする。
「勇美さん、茶番はその辺にしましょうね」
「何ぃっ……い!?」
 この鈴仙の発言も、勇美には許しがたい、如何ともしがたい内容であったのである。当然彼女はその事に対して抗議する。
「茶番とは何事ですか鈴仙さん! ノーパンとは謂わばメインディッシュですよ。食事で言えばご飯やパンと同じ位の立ち位置にあるのですよ」
「そんなものを主役にしてどうするんですか……」
「そんなものとは何事かぁ~!」
 尚も売り言葉に買い言葉のやり取りをする二人であったが、ここで鈴仙は「勇美さん」と真剣な表情で仕切り直す。
 これには勇美もここは真面目にしなければならないと思い、態度を一変させる。余談であるが、ノーパンに入れ込む時の勇美も別の意味で大真面目なのだが、それはまた違う話となるだろう。
 漸く悪ふざけがなりを潜めて誠実に振る舞うようになった勇美を見つつ、鈴仙は純狐に対してこう切り出した。
「聞きましたよ純狐さん! あなたが月の民を憎む理由を。あなたの境遇には同情しますが……それでも大半の月の民は関係無いはず!」
「鈴仙さん……」
 その鈴仙の言葉を耳にしながら、勇美は思う所があった。
 まず、純狐の境遇に対して同情の意を見せた事である。自分本位で『復讐なんて下らない事』等とは決して言わなかった事に勇美は安堵を覚えたのだ。
 次に、鈴仙が月の民の事を気遣った事である。今まで一匹狼だった彼女がこうして同志の事を気に掛けられるまでになった。その成長ぶりに勇美は感心したのである。
 この二つの事から勇美は結論付けた。──私はこの旅でこの人がパートナーになってくれてとても良かったと。そうでなければこの旅はここまで充実はしなかっただろうと。
 そして、その言葉を聞いていた純狐は口を開いたのである。
「確かにそうですね。私は関係の無い者達まで巻き込んでしまった。それは復讐の為とはいえ、恥ずべき事です」
 その言葉の後に純狐は続ける。
「クラウンピースが負けた時点で月の民を解放する事は決めていました。彼女にはその旨を伝えてあります。直に月の都は解放されるでしょう」
「それじゃあ……」
 純狐の言葉に勇美は期待を胸に返した。これで純狐達が月の都から手を引き、月の民も幻想郷に手を出す必要が無くなり、全ては丸く収まるだろうと。
 だが、次に掛かって来た言葉は勇美が期待したのとは些か違う内容であった。
「ですが、私達の復讐をここで終える訳にもいかないのです」
「そんな……」
 その純狐の言葉を聞いて、勇美は気が萎えるような心持ちとなってしまった。ここまで話が進んだのに、こうして元の木阿弥になってしまうのかと。しかし、ここで純狐は思いもかけない事を言うのだった。
「私達も復讐を始めた以上、ここで引く訳にはいかないのです。なので、『復讐を遂げる』為にあなた方に私達二人との弾幕ごっこによる決闘を申し出ます」
「えっ?」
 純狐のその台詞に、勇美は思わず驚いてしまった。まさか、復讐をやめない態度を見せる二人がそのような提案をしてくるとは思わなかったからだ。
 そんな勇美に対して、純狐は意気揚々とした態度で聞いてくる。
「さあ、どうしますか? と言ってもこっちは答えを聞きはしませんけどね?」
「……」
 そう『楽しげ』に振る舞う純狐を見ながら勇美は思考の渦に苛まれたが、それもすぐであった。何故なら元より彼女の答えは決まっているようなものだからである。
「望む所です。もちろんその挑戦、受けて立ちますよ! 鈴仙さんもそれでいいですね?」
「ええ、私は勇美の意見には口出しする気はありませんから」
 鈴仙がそう言ってくれると勇美としても気が楽なのであった。しかも、鈴仙としてもそれを無理に言っている様子はないので尚の事である。
 だが、やはり勇美である。彼女は折角の鈴仙の同意に対して、この場でも悪ノリをするのだった。
「それじゃあ、ノーパンの件に関しても口出ししないようにお願いします」
「それはまた別の話です」
 しれっと鈴仙は言うのだった。このまま流れに乗せる事で自分の欲望を通そうとした勇美であったが、それは見事に不発に終わってしまったようだ。
 そんな二人の様子を見ながらヘカーティアが口を出してきた。
「おやおや、折角気が合いそうだったというのに。鈴仙の方は勇美の言う事を受け入れてあげたらいいのに」
「あなたは黙っていて下さいこのビッチ女神! そもそも、勇美さんの願望を野放しにしたら最早仲間とは言えませんから私達……」
「これは手厳しいねぇ……」
 鈴仙の苛烈なツッコミにもヘカーティアは動じずにポリポリと頬を掻くのであった。こういうふてぶてしさがなければこの大胆な服装など出来はしないのかも知れない。
 そんなヘカーティアに『あらゆる意味で』尊敬の念を抱きながら勇美は気になっていた事を彼女に聞いた。
「ところでヘカーティア様。あなたが嫦娥って人に復讐の念を抱くのは何故ですか?」
「そうだな。まだ言っていなかったっけ」
 勇美のそのような振る舞いにも悪い気は起こさずにヘカーティアは相槌を打ち、そして答えていった。
「それはだな、嫦娥の夫がこの地獄の夜を奪った事においてだ」
「夜を……?」
「まあ、すぐには理解してくれなくてもいいさ」
 予想通りに首を傾げた勇美に対して、ヘカーティアは包容力のある態度で以て言葉を返すのだった。
 対して、勇美は思った。確かに今ここにいる地獄の気温は心なしか高いと感じるのだ。それはてっきり地獄特有のものと思っていたが、どうやらその『夜を奪われた』というのが関係しているようである。
 だが、それでも勇美には感じられたのだ。ヘカーティアが復讐に出るに至った程であるから、彼女も余程の大切なものを嫦娥の夫から奪われたのだろうと。
 勇美にはどことなく感覚で理解出来るのだ、ヘカーティアがとても包容力がありその器が女神らしく大きい事に。そんな彼女が復讐に踏み切る程なのだから、事は重大な話となるのだろうと感じられるのだ。
 そして、勇美は何度も話に出てくる嫦娥の夫とやらに強い憤りを感じるのだった。純狐やヘカーティアからことごとく大切なものを奪っていったその非道っぷりに。しかも片方は人の、それも我が子の命を奪うという人の心を感じさせない悪辣な行為なのだから。
 しかし、この事については勇美は自分の出る幕ではないと実感する。何故なら、最早彼は純狐に討たれてこの世にはいないのだから。しかも、純狐やヘカーティアという強大な力を持つ者達を出し抜いて、彼女達から大切なものを奪っているのだ。故に彼の力は相当なものだった事が窺えるのだ。
 そのような者に、勇美が太刀打ち出来たとは考えられないからである。加えて、彼のような非道な者が弾幕ごっこに賛同してくれたとはとても思えないのだから。
 そして……、勇美には今までの話の流れからある考えが引っ掛かっていたのだった。だが、それも含めて今はその事を考える時ではないだろう。
 今は、この神の領域の者二人との勝負に鈴仙と力を合わせて勝つ事だけを考えるべきだろう。そう思いながら勇美は鈴仙と共に二人の神の方へと視線を向けたのだった。
 その二人を満足気に見据えながら、ヘカーティアは開戦の為に口を開く。
「月の兎は宿敵、嫦娥の部下。この兎を生かして帰す訳にいかないね。そして、その月の兎に味方する人間も同罪だ。そこで、お前達に楽しい選択肢をやろう! 月、地球、異界……殺されたい身体を自分で選べ!」 
ページ上へ戻る
ツイートする
 

感想を書く

この話の感想を書きましょう!




 
 
全て感想を見る:感想一覧