| 携帯サイト  | 感想  | レビュー  | 縦書きで読む [PDF/明朝]版 / [PDF/ゴシック]版 | 全話表示 | 挿絵表示しない | 誤字脱字報告する | 誤字脱字報告一覧 | 

魔法絶唱シンフォギア・ウィザード ~歌と魔法が起こす奇跡~

作者:黒井福
しおりを利用するにはログインしてください。会員登録がまだの場合はこちらから。 ページ下へ移動
次ページ > 目次
 

G編
  第68話:奪われる物

 
前書き
どうも、黒井です。

今回またしても颯人の出番がありません。主人公の活躍を期待された方達は次回までお待ちください。 

 
 少なくない犠牲を払いながらも何とか岩国基地に到着した一行は、そのままソロモンの杖の受け渡しを終わらせていた。

 あおいが提示されたタブレットに判を押す。

「これで搬送任務は完了となります。ご苦労様でした」
「ありがとうございます」

 判を押し、あおいは責任者らしき指揮官と握手を交わした。

 道中騒動はあったが、これで何とか任務は完了。後の事は米軍に任せる事となる。その事に透とクリス、響の3人は肩の荷が下りたと体を解す。

「これなら翼さんのライブにも余裕で間に合うよ!」

 実はこの任務の後には、お楽しみが待っていた。
 それは奏と翼のライブ。今夜は2人のライブが開催される予定となっており、2人のファンである響はそれが待ちきれなくて仕方が無かったのだ。

 そのライブ自体は透とクリスも心待ちにしており、響程露骨ではないがそれでも楽しみと言う気持ちが感じられた。

 そんな3人に、ウェル博士が声を掛ける。

「確かめさせていただきましたよ。皆さんがルナアタックの英雄と呼ばれる事が、伊達ではないとね」
「英雄ッ!? わたし達がッ?」

 厳密に言うと月の欠片の落下を阻止したのは颯人と奏の2人なので、真に英雄と呼ばれているのはあの2人なのかもしれない。だが響達だって月の欠片の破壊こそしていないが、それでもフィーネの野望を打ち砕く為に奮闘したのは事実。そう言った点を鑑みれば、響も十分に英雄と呼ばれる資格があるだろう。

「いやぁ、普段誰も褒めてくれないので、もっと遠慮なく褒めてください! 寧ろ褒めちぎってくだ、あいたッ!?」
「このバカッ! そう言うところが褒められないんだよ」

 調子に乗る響の脳天に、クリスのチョップが舞い降りる。完全に油断していた響は、脳天から響く衝撃に目に涙を浮かべて抗議する。

「痛いよぅ、クリスちゃん……」

 目の前で漫才を繰り広げた2人に、しかしウェルは気を悪くした様子も無く笑っていた。

「世界がこんな状況だからこそ、僕達は英雄を求めている」

「そう、誰からも信奉される、偉大なる英雄の姿をッ!!」

 随分と熱心に英雄について語るウェル博士に、透が首を傾げた。随分と演説染みていると言うか、単純に響や自分達を賛美しているにしては何かがおかしかったのだ。
 あまりこういう言い方をしたくはないが、狂気を感じずにはいられなかった。

 ウェル博士に仄かな危険性を感じてか、透が静かにクリスと博士を結ぶ直線を遮るように立つ。透のその動きに、嫌な予感を感じたクリスもそっと右手をギアペンダントに持っていった。

 ただ響だけは、ウェル博士の言葉をそのままの意味で受け取ったのか、まだ嬉しそうにしていた。

「あははー、それほどでも」
「皆さんが守ってくれたものは、僕が必ず役立ててみせます」

 そう言ってウェル博士が胸元に手を当てた。

 次の瞬間――――――

「動くな」
「ッ!?」

 出し抜けにウェル博士の首筋に、金色の刃が突き付けられた。全員が一斉にその剣の持ち主に目をやるとそこには何時の間に姿を現したのか、白いローブを被ったような恰好をした魔法使い・ウィズがハーメルケインをウェル博士の首筋に突き付けていた。

「お、お前何やって――――ッ!?」
「き、貴様ッ!?」
「動くな。動けばこの男の首が飛ぶ」
「ぐっ!?」

 ウィズの凶行に軍人達が彼に銃を突き付けようとするが、既にウェル博士が人質に取られている状況なので迂闊な事が出来ない。
 クリスに響、あおいもウィズの行動に動揺を隠せないが、透だけはウィズの行動に何か意味があるのだろうと周囲の警戒を怠らなかった。

「おいお前。そのケースをそこに置け」

 そうこうしていると、ウィズがソロモンの杖が納められたケースを自分の足元に置く様指示した。言われた軍人は苦い顔をしてウィズと指揮官の顔を交互に見るが、ウェル博士が人質に取られている現状従わざるを得ないと止む無くケースをウィズの足元に置いて下がった。

 ウィズは暫し足元のケースを見つめると、徐にそのケースを中身ごと思いっきり踏み潰した。

「フンッ!」
「あっ!?」
「ウィズさん、何て事をッ!?」
「ッ!? 待って!」

 クリスと響がウィズの行動を思わず咎めようとするが、あおいが違和感に気付いた。
 その違和感を証明するように、ウィズは踏み潰されて砕けたケースを蹴っ飛ばした。するとばらばらに広がるのは砕けたケースだけで、肝心の中身である筈のソロモンの杖は影も形も無かった。

 その事に再び動揺が周囲に広がる。

「やはりか……おい、その白衣の下を見せろ」

 ウィズはソロモンの杖の在り処に当たりを付け、ウェル博士の白衣の下を怪しんだ。アルドから事前に話は聞いている。列車の襲撃の件も、その間ソロモンの杖を収めたケースを誰が持っていたのかも。

 それら全てを統合すると、最も怪しいのはウェル博士以外に存在しなかった。

 ウィズに剣を突き付けられ、ウェル博士は顔を引き攣らせたがそれでも白衣の下を見せるようなことはしなかった。博士の額から流れた汗が、頬を伝って顎から落ちる。

「…………透。こいつの白衣の下を確かめろ」

 何時まで経っても白衣の下を見せようとしないウェル博士に、ウィズが焦れて透に確かめさせた。透は頷いて答えると、ウェル博士に近付き彼の白衣に手を掛けようとした。

 その時――――――

〈ライトニング、ナーウ〉
「ッ!?!?」
〈バリアー、ナーウ〉

 突如として透に襲い掛かる電撃。咄嗟に魔法で防御するが、踏ん張りが足りなかったのと相手の魔法の威力が高かったので、透は障壁毎吹き飛ばされた。

「透ッ!?」
「チッ!?」

 クリスが透に気を取られている間に、ウィズは次の攻撃に備えてウェル博士の首筋から剣を離した。
 その瞬間、博士は懐からソロモンの杖を取り出すと周囲にノイズを召喚した。同時に無数のメイジが魔法で転移してきて、ノイズと共に米軍基地への攻撃を開始する。

「ジェネシスッ!? テメェ、あいつらとつるんでやがったのか!?」
「わたし達を騙してたんですかッ!?」
「騙すだなんてとんでもない。僕は事実を言いましたよ。これは必ず僕が役立ててみせますってね」
「詭弁もここまでくれば大したものだな」
「~~~~ッ!? ふざけんじゃねぇッ!!?」

 今正にソロモンの杖が再び悪事に利用されようとしている現実と、透が離れてしまった事も相まってクリスは激情に身を任せてギアペンダントを手に聖詠を口にしてシンフォギアを纏った。

 響が止める間もなくウェル博士に突撃するクリス。ウェル博士の傍に居るウィズは、ウェル博士やソロモンの杖に興味が無いのかクリスを止める素振りも無くメイジとノイズを相手にしに向かってしまった。

 ウェル博士からソロモンの杖を奪い返そうとクリスが手を伸ばす。
 が、その瞬間クリスとウェル博士の間に割り込む者が居た。まず真っ先に目に入るのは翻る黒いマント。それがクリスの視界を遮り、彼女の前進を阻んだ。

「なっ!?」

 足を止めた彼女に次に襲い掛かったのは、柄の長い斧による一撃だった。ハルバードと呼ばれるその武器の横薙ぎが襲い掛かり、クリスはウェル博士から離れるべく後ろに飛び退いた。

「くっ!?」
「クリスちゃん、大丈夫!?」
「あぁ、何てことはねぇ。それより……」

 響に心配されながら体勢を立て直すクリスの前で、マントが翻り乱入者の姿が露になった。

 目につくのは全身金色の鎧。だが輝くような金色ではなく、何処かくすんだ暗い金色だ。そして頭部にはウィザードの仮面の上にトンガリ帽子を被ったような形の仮面をしている。
 その姿はメイジよりも、ウィザードやウィズに近い姿をしていた。

 今までに見た事も無い魔法使い。メイジとは明らかに一線を画す姿のそいつに、クリスと響は警戒を強める。

「ご苦労様です。ソーサラー」

 ウェル博士からの賛辞に、しかしソーサラーは特に反応を返す事も無く2人に攻撃を仕掛けた。振り下ろされるハルバードを避け、クリスがハンドガン、響が拳で反撃する。だがその攻撃は、ソーサラーのマントで防がれてしまった。

「チッ! マントは飾りじゃねえってか!」
「クリスちゃん、どうしよう!? このままじゃ基地の人達がッ!?」
「分かってる!?」

 こうしている間にも、岩国基地にはノイズとメイジが襲い掛かり次々と軍人達を仕留めている。奴らにまともに対抗できるのは透とクリスに響、ウィズの4人だけ。今はウィズが何とか対抗してくれてはいるが、流石に数が多すぎて対処が間に合っていない。
 その状況に響が焦りを募らせていると、2人の背後からメイジに変身した透がソーサラーにカリヴァイオリンで斬りかかった。

「透ッ!」
「透君、大丈夫!」

 敵の魔法で吹き飛ばされた透が参戦してくれた事に、喜びつつも彼の体の心配をする2人。透はソーサラーとの戦闘を一旦中断すると、2人に向けて力強く頷き掛け再び攻撃を再開した。
 彼の様子にここは任せて大丈夫だと確信し、響とクリスは周囲のメイジとノイズの対処に向かった。

 離れて行く2人の後姿を横目で見つつ、透はソーサラーと対峙する。

 こうして構えているだけでも分かる。このソーサラーは強い。他のメイジとは一味も二味も違う。準幹部……いや幹部クラスの実力はあるかもしれない。
 こんな魔法使いは透の記憶になかった。恐らく彼が組織を離れている間に新しく参入したか、海外で活動していた魔法使いだろう。立ち位置的には傭兵や用心棒と言ったところだろうか。

 等と考えていると、ソーサラーが攻撃を仕掛けてきた。手にしたハルバードで透を切り裂かんと振り下ろしてくる。
 それを受け止めるのは悪手だと、透は防御ではなく回避を選択した。持ち前の素早さを活かして回避すると、ハルバードの攻撃の死角となる場所から斬りかかる。

 この2人、相性的には透の方が有利だった。ソーサラーの一撃は強力だろうし、マントによる防御も大したものだ。だが透はそれら攻撃と防御の隙間を縫って攻撃する術に長けている。ソーサラーは終始透のスピードに翻弄され、効果的な反撃が出来ずにいた。

 このままいけば軍配は自分の方に上がるだろう。透はそう思っていたが、その矢先に横合いから別の魔法が飛んできた。

〈イエス! バニッシュストライク! アンダスタンドゥ?〉
「ッ!?」

 飛んできた巨大な魔力球が、出し抜けに透を吹き飛ばす。突然の攻撃に透は回避も防御も間に合わず、その場から大きく吹き飛ばされてしまった。

「透ッ!?」

 透はクリスの直ぐ傍まで吹き飛ばされる。飛ばされてきた彼の姿にクリスは周囲への攻撃を止め、倒れた彼に手を貸して起き上がらせる。

「大丈夫か、透?」

 自分を心配してくれるクリスに、透は何とか頷き返すが状況は芳しくなかった。
 今の一撃を諸に喰らってしまったのは文字通り痛い。しかも尚悪い事に、今の魔法は彼の記憶が確かなら幹部クラスの魔法使いしか使えない魔法の筈だ。

 今ここで現れる幹部となると――――――

「フフ、久しいな裏切り者。再会の挨拶はどうだ?」
「テメェ、メデューサ!?」

 現れたのは幹部の1人、メデューサだった。この乱戦の最中、今度こそ透を始末しようとやって来たのだ。

「貴様の命、今日こそもらい受ける。ソーサラー、博士を安全な場所へ」

 ライドスクレイパーを構えながらメデューサはソーサラーに撤退命令を出す。ソーサラーはそれに素直に従うと、ウェル博士を伴って転移魔法でその場から姿を消してしまった。

 まんまとソロモンの杖共々ウェル博士を逃してしまったクリスは、歯噛みしてメデューサを睨み付けた。

「テメェら、いい加減しつこ過ぎんぞ!?」
「しつこくて結構。ミスター・ワイズマンが裏切り者の死をお望みなのだ。それを完遂する為に動くのは当然の事」

 言うが早いか、メデューサは透に攻撃を仕掛けた。何とか対抗する透だったが、先程の不意打ちが響いているのか動きがいつもより鈍い。メデューサ相手に劣勢に立たされている彼に、クリスが援護しようとアームドギアをガトリングに変形させて支援しようとした。

 それに響が待ったを掛ける。

「クリスちゃん、待って!?」
「何だよ、邪魔するな!?」
「でも! このままじゃ基地の人達の被害が大きくなっちゃうよ!?」
「うっ!?」

 激情に駆られて周囲の被害を疎かにしそうになったが、基地の軍人達は未だノイズとメイジに苦しめられている。今し方まではクリスが数を減らしていたので何とか被害が抑えられていたが、ここでクリスが透への援護にかまけて周囲のノイズやメイジへの攻撃を怠るとまた被害が加速度的に増える。

 ウィズは何をしているのかと言えば、彼は割と地道にハーメルケインでノイズとメイジを倒している。ご自慢のエクスプロージョンはどうしたと思わなくも無いが、こんな乱戦状態であんな魔法を使えば味方を巻き込みまくってしまう。流石に今はあの魔法は使えない。

――肝心な時に役に立たねえなぁ!?――

 いつもは偉そうにしてるくせして、とクリスは心の中でウィズに毒を吐きながらも透への支援を止め軍人達の援護に回った。

 視界の端でそれを見て、透は内心で安堵の溜め息を吐く。この状況で、多くの軍人達を助けられるのはクリスだけだと透も分かっているからだ。彼女には自分への援護より、ノイズやメイジへの対処をしてもらいたいと思っていたので響の説得はとてもありがたかった。

 だがそれは当然、彼自身の窮地が続くという事。そしてメデューサは、一筋縄でいく相手ではなかった。

「そらぁッ!!」

 メデューサが振るったライドスクレイパーが、透を防御ごと大きく吹き飛ばした。先程のバニッシュストライクの一撃は思いの外透の芯に響いており、足に踏ん張りが利かなくなっていた。

 吹き飛ばされた先でカリヴァイオリンを杖代わりに立ち上がる透。メデューサはそんな彼に、駄目押しの一撃を放った。

「お前には、これなんかが良いんじゃないか?」
〈イエス! キックストライク! アンダスタンドゥ?〉
「ッ!?」
〈バリアー、ナーウ〉

 放たれるは颯人や透がよく使うキックストライク。魔力を籠めて放たれる必殺の威力を持つ飛び蹴りに、透は回避は間に合わないと察し少しでも威力を軽減させようと障壁を展開。これを防ごうとする。

 だがやはり先程の一撃はかなり痛かった。踏ん張りが利かず、障壁に徐々に罅が入る。

 そして遂に、透の障壁が白旗を上げ砕け散るとメデューサの飛び蹴りが突き刺さる。
 その威力はやはり凄まじく、蹴り飛ばされた先に落下した透はそのまま変身が解除されボロボロの姿を晒す。

 これにはクリスも堪らず周囲への攻撃を止め透の元へと向かった。

「透ッ!?」

 傷だらけの透をクリスが抱き上げると、彼は弱々しくも笑みを浮かべた。口で大丈夫と言えない彼は、代わりに笑みを浮かべて強がったのだ。
 その姿が喉を切り裂かれた直後の彼と重なり、クリスの目に涙が浮かぶ。

「透……チクショウ、透――――!?」

 傷だらけになる彼をギュッと抱き締めるクリスの前で、メデューサは透が蹴り飛ばされた際に落とした指輪を拾い上げた。以前颯人がメデューサからくすねた、スペシャルウィザードリングだ。

「これは私の物だ。返してもらうぞ」
〈イエス! スペシャル! アンダスタンドゥ?〉
「はっ!?」

 拾い上げると同時にメデューサは石化光線を放てる魔法を発動した。その効果を知っているクリスは顔を青くし、クリスと透に危機が迫っている事に気付いた響も思わず声を上げた。

「クリスちゃん、透君! 逃げてッ!?」
「もう遅い!」

 メデューサの手から放たれた石化光線は、余波だけで近くの物を例外なく石に変える。当たれば最期、石にされ助からない死の閃光が2人に迫った。
 クリスは無駄と分かりつつ、透を少しでも守ろうと彼に覆い被さる。

「あぁっ!?」

 最悪の事態を想定し、響は思わず顔を背ける。

〈チェイン、ナーウ〉

 だが天は2人を見捨てなかった。メデューサの石化光線が2人を飲み込もうとした直前、2人の体に白い鎖が巻き付きその場から引き摺り動かした。結果、石化光線は2人が居た場所を素通りしその背後を石化させる。

「ッ!?」
「世話を焼かせる」
〈エクスプロージョン、ナーウ〉

 声のした方を見れば、ウィズがやれやれと言った感じで得意の爆破魔法を発動していた。発動と同時にメデューサの近くだけでなく、基地のあちこちのノイズやメイジに狙いを定めて魔法陣が展開される。迂闊に使えば無用な被害を出してしまう魔法だが、皮肉な事にノイズやメイジの攻撃で被害を被る味方が減った為巻き込む心配が少なくなってしまったのだ。ここぞと言うタイミングを見極めたウィズは、躊躇せず雑魚を一掃すると同時に厄介者を排除しに掛かる。

「チィッ!?」
〈テレポート、ナーウ〉

 魔法陣に込められた魔力がその威力を解き放ち爆発する寸前、メデューサは魔法で転移しその場を逃げ出した。だが琥珀メイジの多くや残っていたノイズはそうはいかず、次々と爆発に巻き込まれた。

 無数の爆発が納まり、舞い上がった煙が風に流された時、そこにはノイズとメイジの攻撃により瓦礫の山も同然となった岩国基地が姿を現した。

 後には装者2人と魔法使い2人、そしてあおいを始めとした生存者だけが残され、動くノイズとメイジの姿は一切なくなっているのだった。 
 

 
後書き
と言う訳で第68話でした。

ウィズは前回アルドに派遣されたホワイトガルーダによって、ウェル博士が怪しいと踏んで基地まで赴きました。

そしてある程度察していた方もいらっしゃるでしょうが、今作のF.I.S.組はジェネシスと手を組んでいます。お陰で戦力差が結構凄い事に……

スペシャルの指輪が奪い返されました。これで透はまた暫く強化無しで戦う羽目になります。アルドも彼用のスペシャルウィザードリング作ろうとはしていますが、魔法石が無いので作れずにいます。

次回は漸く颯人が登場します。

執筆の糧となりますので、感想その他よろしくお願いします!

次回の更新もお楽しみに!それでは。 
次ページ > 目次
ページ上へ戻る
ツイートする
 

感想を書く

この話の感想を書きましょう!




 
 
全て感想を見る:感想一覧