| 携帯サイト  | 感想  | レビュー  | 縦書きで読む [PDF/明朝]版 / [PDF/ゴシック]版 | 全話表示 | 挿絵表示しない | 誤字脱字報告する | 誤字脱字報告一覧 | 

俺様勇者と武闘家日記

作者:星海月
しおりを利用するにはログインしてください。会員登録がまだの場合はこちらから。 ページ下へ移動
 

第1部
アッサラーム~イシス
  イシスの女王

「ようこそ、あなたがあの噂に名高いオルテガ殿の意思を継いだ勇者殿なのですね。我々砂漠の民はあなた方冒険者を心より歓迎しますわ」
艶やかな微笑みを湛える黒髪の美女は、突然の来訪者たちにも全く不快感を示すことなく、歓迎の意を見せた。
その突然の来訪者である私たち勇者一行は、女王様とのお目通りの許可を頂いたあと、玉座の間へと通された。自己紹介を終えると、目の前に佇むこの世のものとは思えない美貌を持つ君主に、ただただ息を飲みひれ伏すしかなかった。
 艶やかな黒髪はまっすぐに切り揃えられていて、豪奢な髪飾りが品のよさを存分に引き立たせており、長い睫毛と切れ長の瞳、すっと通った鼻筋にふっくらとした唇、薄い褐色の肌に合わせたきらびやかな装飾品が、彼女の美しさを一層際立たせている。
ナギなんか、この部屋に入ったとたん女王様以外のものなど目もくれないし、シーラも目をキラキラさせながらずっと見続けている。かくいう私もまるで絵画を見ているかのように飽きずにぽーっと眺めていたりしている。
ユウリはと言うと、女王様のことを見てはいるが、特に変わった様子は見られない。
「急な来訪にも関わらずお時間を設けてくださり、お心遣い感謝致します」
 ロマリア王との謁見のときと全く変わらない言動に、私は内心焦っていた。
 女性の私ですらドキドキするくらいの美人なのに、なぜかユウリは全くの無反応。興味はなくてもせめて、女王様の美しさを誉めるくらいはしてもいいと思うのだけれど。さすがのユウリも女性を褒めるという行為は抵抗があるのだろうか。
「あの、女王様は大変お美しい方ですね!」
 業を煮やした私は、つい横から口を挟んでしまった。
 けれど私の思惑とは違い、なぜか女王様は僅かに顔を曇らせる。
「皆私の美しさを褒め称えます。けれどそれは所詮一時のものでしかありません。姿かたちだけの美しさなど、何になりましょう」
 そう言うと、淑やかにため息をついた。
 けれど憂いを帯びた女王様の表情は、彼女の言葉とは裏腹に、儚くも繊細な美しさを醸し出している。
 そしてその瞬間、私は失敗してしまったと悟った。さっきの言葉は女王様にとっては賛辞でもなんでもなかったのだ。私は自分の失言に、目の前が真っ暗になってしまった。
私が目を泳がせて反応に困っていると、隣にいたユウリが一言、失礼致しました、と口を挟んだ。
「彼女の言葉が足りないせいで、女王様にあらぬ誤解を招いたこと、お詫び申し上げます。先ほど彼女が伝えたかったのは、女王様の『心』が美しいと言いたかったのだと思います」
「『心』ですか?」
「はい。身分の差など関係なく、我々のような冒険者にも平等に接してくださり、また労って頂ける慈愛に満ちた心を持った人を、私はこの十数年生きてきて一度も拝見したことがありません。女王様はなんと心の美しい方なのでしょう」
すると女王様は、にっこりと微笑みを返した。
「わたくしも真の美しさとは心の美しさだと思っています。ですが殆どの人々はそれに気づかないのです。貴方たちとは気が合うかもしれませんね」
「女王様からそのようなお言葉を頂き、恐悦至極の思いです」
表情を崩すことなく、深々と頭を下げるユウリ。その様子を横で見ていた私は、心の中で彼に感謝した。
と同時に、女王様に失礼なことを言ったばかりか、そのあとのフォローも上手く言えない自分が悔しくて仕方がなかった。
「それで、要件はなんでしょう? わざわざこんな過酷な地へ訪れたということは、相応の理由があるのでしょう?」
気を取り直し、女王様はユウリに向かって改めて尋ねられた。
「はい、恐れながら申し上げます。我々は今、『魔法の鍵』というものを探しています。そしてその鍵は、この地方にあるピラミッドにあると聞きました。しかし、ピラミッドは古代のイシス王家の墓。王家の宝を頂くというのはあまりにも礼を失する愚行とは存じているのですが、私たちもその鍵がなくてはこの先の旅路に支障をきたすおそれがあります。そこで、女王様にお願いがあります」
「なんでしょう。申してみなさい」
女王様が促すと、ユウリは一呼吸おいて説明をし始めた。
「『魔法の鍵』を手にいれるために、ピラミッド内部に入る許可を頂きたいのです。ですが、それでは女王様に何の利益もありません。それに周辺の噂では、長年人が寄り付かないせいか、最近ピラミッド内部及び周辺に魔物が多く棲みついていると聞きました。そこで、『魔法の鍵』の対価として、我々がピラミッドの内部に入り、そこに生息している魔物を残らず退治するというのはいかがでしょう?」
ユウリの提案に、女王様は破顔した。
「まあ、それは我が国にとっても大変有難い申し出ですわ。そもそもこの地には、人が生活するには厳しい場所なだけあって、腕の立つ者が不足しているのです。勇者殿がそう言ってくださるのなら、喜んで協力しますわ」
「女王様の寛大な御心に感謝致します。早速ですが、内部に入る際の注意点、及び詳細な地図があると大変助かるのですが、そういったものは……?」
「ごめんなさい。私も詳しくは知らないのです。今は王家の墓も別の場所に作ってあるので、わたくしたちがあそこに立ち入ることは殆どありません。むしろあの遺跡を調査している考古学者の方の方が詳しいかもしれませんね」
そっか。語り継ぐ人はいないけれど、そこに興味があって調べる人はいるんだ。
「成る程。それではその考古学者はどちらに?」
「この城の離れに宮仕えとして働いている者がおります。少々変わり者ですが、その方に聞いてみると良いでしょう」
「では早速訪ねてみます。お気遣いありがとうございます」
「とんでもない。我が王家の所有地に魔物が蔓延っているだけでも厭わしいのです。それを一掃してくれるのなら、魔法の鍵だけでなく、そこにある宝もあなた方に差し上げますわ」
「いいのですか?」
「ええ。その代わり、またここへ来て、わたくしの話し相手になってくれませんか? あなたのように価値観の合う殿方がなかなか周りにいないのです。もしよろしければ用事を済ませたあと、またこちらにいらしてもらっても宜しいですか?」
「はい、構いませんが……」
「ありがとう。ではお待ちしていますわ」
 女王様はユウリとの約束をかわすと、妖艶な笑みを浮かべた。
 それにしても、王家の宝までくれるなんて、女王様ってなんて寛大なんだろう。きっとそういう内面的なところも含めて、人々に好かれるんだろう。
 私たちは再び平伏すると、女王様の側近の人に考古学者がいる場所を教えてもらい、玉座の間を退室した。



「ユウリ、さっきはありがとう」
考古学者がいるという、お城の離れに向かう途中、私は歩きながら、さっきユウリにフォローしてもらったお礼を言った。
お礼を言われた張本人は私の方を向くと、蔑むような顔でため息を一つつく。
「お前が王族に意見するなんて百年早い」
う……、そこまで言わなくてもいいのに。でも実際、ユウリのお陰であの場はなんとかごまかせたから、二の句は告げない。
そうこうしてる間に、離れにたどり着いた。離れと言っても建物の作りはしっかりしていて、四方の壁に窓は一つ。部屋の中は余計な飾りや柱などは一切存在せず、本棚と机、砂漠の町では必需品の水瓶のみ。だが、何かを作業するには最適な空間となっていた。
その部屋の机に向かって、なにやら分厚い本を見ながら、手元にある羊皮紙にペンを走らせている男性がいた。いや、よく見るとペンではなく、何やら小さい炭のようなもので何かを書いている。
普段手入れしてないのか、無精髭が目立つ。あちこち白髪が入り交じっているが、意外にもまだ三十歳前後に見える。
男性は私たちが声をかけても気づかないのか、ずっと机にかじりついたままだ。何度か呼んでいるのだが、こちらを見向きもしない。しびれをきらしたのか、急にユウリがずかずかと部屋に入り、男性のすぐそばまで行くと、息を大きく吸い込んだ。
『ピラミッドを調査してるのはお前か!?』
「わあぁぁぁっっっっ!!??」
今まで一度も耳にしたことのないくらいの大音量で、ユウリが叫んだ。さすがの男性も、いきなり耳元で叫ばれて驚いたのか、体を大きく弾ませると、椅子に座ったまま後ろに倒れた。
ガッターン!!
いやいや、それはやりすぎだろう……。周りにいた私たちも思わず耳を塞いだが、間に合わず耳が若干キーンとしている。シーラなんか目回ってるし。
「はっ! 君たちは一体?!」
男性はユウリと私たちを交互に見ると、警戒心を露にしながら尋ねた。
「俺はアリアハンの勇者、ユウリだ。お前に聞きたいことがある」
いや、その言い方だと完全にこっちの分が悪いと思うんだけど。さっきの女王様との会話は幻だったのだろうか。
「ゆ、勇者!? あの、英雄オルテガの子供の?! な、なんでこんなところに?!」
「俺たちは今からピラミッドに行かなければならないのだが、情報が足りない。そこで、お前なら知ってると聞いて、わざわざ勇者である俺の方から出向いてやった」
「そ、それはどうも……」
 流されないで! 教えてもらう立場として勇者のその対応はおかしいんだから!
「突然すいません。私たち、『魔法の鍵』がほしくて、ピラミッドに入りたいんです。女王様の許可も頂きました。ですが、そこには侵入者から守るための罠や仕掛けがあるみたいなんです。それで、なにか詳しい話を聞けたらいいなと思って、お邪魔させて頂きました」
 不遜な態度のユウリを押しのけ、横から私が説明する。もはやこの流れが恒例行事となりつつあった。
事の経緯を説明すると、ようやく男性は納得したのか、落ち着いて話を聞いてくれた。
「これは失礼しました。僕はロズといいます。あなたたちのおっしゃるとおり、仕事でピラミッドの調査をしています。と言っても、最近は魔物の数も増えてきて、滅多にそこに足を運ぶことはないのですが……」
「ピラミッドの内部に入ったことはないのか?」
「いやあ、無理ですよ。まずここからピラミッドに向かうまでが大変ですからね。まあそれでも、どうしても実物を調査したくて、あるとき紹介所で戦士を二人雇ってようやくあそこの入り口まで行きましたけど、砂漠にいる魔物とはまた別の魔物が蔓延ってまして。その魔物を見た瞬間、雇った戦士二人が急に逃げ出しちゃったんです。聞いてみたら、金は払わなくていいから帰らせてくれと言ったんです。その時は仕方なくそのまま帰って来ちゃいましたよ」
そう言って、苦笑するロズさん。戦士が二人いて戦う前に逃げ出すなんて、一体どんな魔物と対峙したんだろう。
「その魔物がどんな姿だったか、わかるか?」
「確か、包帯巻いたゾンビと、大きなカエルがいましたよ。あとで調べましたが、そいつらはそれぞれミイラおとこと、大王ガマだったはずです」
ユウリが聞くと、ロズさんは今でも鮮明に覚えているのか、すらすらと話した。
「ミイラおとこに、大王ガマ……。なんとかなるか」
魔物の情報を聞いて、一人ぶつぶつと呟くユウリ。おそらく彼の頭の中にはその魔物の知識が入っているのか、戦い方をシミュレーションしているようだ。正直火炎ムカデ一匹に手こずってる身としては、戦士二人が逃げ出すほどの魔物を相手する自信なんて全くないのだけれど、さすがに声に出しては言えなかった。
「内部の地図なんかは……ないだろうな」
「はい。先ほど言いましたが、入り口までしか行けませんでした。ただ、入り口から奥までずっと狭い一本道の通路になってましたね。隘路とも言いますか。ともかく侵入者を足止めするには適した地形にはなってます」
「なるほどな。ちなみにどんな罠や仕掛けがあるかは知ってるか?」
「そうですね……。実際に見てないから憶測でしかないのですが、一般的に宝箱の罠は警戒しといた方がいいですよ。昔から墓荒らしなどの類いは多かったみたいですし、そいつらからお墓に眠る宝を守るためにも、罠は必須ですからね。あとは、確かこっちの棚に……」
ロズさんは腰を上げると、横にある本棚の中から一際ぼろぼろの本を取り出した。本を開き、パラパラとページをめくると、あるところで手を止める。そこには見たことのない文字がびっしりと書かれており、挿し絵なのか、古代の人間を模した絵や星をあしらった装飾品、金色で塗られた爪形の武器などが描かれていた。
「変わった絵だね♪ あとこれなんて読むの?」
シーラが興味深そうにロズさんに尋ねる。
「古代文字ですね。僕も全部は読めませんが、どうやら古代のイシス王家の墓であるピラミッドに、棺と一緒にいろんな宝飾品も納めてたみたいですよ」
そう言うと、ロズさんは次のページをめくる。今度は文字よりも絵の方が多く、太陽が昇る様子と、沈む様子があちこちに描かれている。
「? どういう意味だろう?」
「さあ。このページの文面には『わが一族は常に太陽と共にあり』としか書かれてなくて」
「他にヒントになりそうな文献はないのか?」
「この本も、ピラミッドに関する情報はこのページで最後ですし、他に参考になる資料はないですね」
ロズさんから絶望的な答えを聞かされ、一気にテンションが下がる一同。ふと気がついて窓の外を見ると、怪しい雲行きになってきた。雨でも降るのだろうか。
「おや、この時期にしては珍しいですね。スコールが来ますよ」
するとほどなく、激しい音とともに大粒の雨が大量に降りだした。ロズさんによると、ここ砂漠地方ではたまにある現象らしい。
「雨がやむまで小一時間はかかると思いますが、どうされます?」
離れから王宮までは幸い屋根があるので雨に打たれることはないが、城の外に出れば間違いなくびしょ濡れになるだろう。とはいえここにいてもこれ以上得られる情報はない。そうなるとーー。
「なら俺は女王のところに行ってみる。お前らは一般開放している場所で待っててくれないか」
「そういえばそうだったね。じゃあ、ユウリが来るまでそこで待ってるよ」
四人それぞれ頷き合うと、そのまま私たちは大広間、ユウリは女王様のいる部屋へとそれぞれ向かったのだった。
 
ページ上へ戻る
ツイートする
 

感想を書く

この話の感想を書きましょう!




 
 
全て感想を見る:感想一覧