| 携帯サイト  | 感想  | レビュー  | 縦書きで読む [PDF/明朝]版 / [PDF/ゴシック]版 | 全話表示 | 挿絵表示しない | 誤字脱字報告する | 誤字脱字報告一覧 | 

俺様勇者と武闘家日記

作者:星海月
しおりを利用するにはログインしてください。会員登録がまだの場合はこちらから。 ページ下へ移動
 

第1部
アッサラーム~イシス
  砂漠の町

 砂漠の真ん中にあるオアシスの国、イシス。ここははるか昔からすでに大国として栄えており、砂漠を越える旅人の休憩の場であると同時に、この地域では伝統的な石造りの家々が建ち並ぶ、歴史的価値の高い町でもある。
そんな歴史ある町イシスに到着したころには、日はすっかり沈んでいた。この時間にお城に行っても門前払いされるだけだと判断したユウリは、翌日にお城に行くことを宿屋の中で話した。
その後皆でピラミッドに関する情報を得るため手分けして町を回ると言う話になったのだが、どうにも頭が回らない。砂漠の暑さと魔物との戦闘で疲労がピークに達したのか、彼の話を聞き終えて部屋に入った途端、張り詰めた糸が切れたかのように、私は力なくベッドに身を預けた。
砂漠の町の宿屋は手狭ながらも珍しく個室で、ベッドもいたってシンプルだ。木製の枠組みに敷物をかけただけの簡素な作りである。それでも長旅で疲れた私たちの体を休ませるのには充分だった。
 そして一夜明け、私は宿泊した宿の玄関外で、まだ日の出ない薄闇の中、震える声で呟いた。
「うう~、寒い。まさかこんな町の中でも寒いなんて」
 砂漠の朝は寒い。昼間のあの暑さはなんだったのだろうと疑ってしまうほど、この地域の寒暖の差は激しいのだ。
 そのあまりの寒さに想定外の早起きをしてしまった私は、眠気覚ましに外でトレーニングをしようと思い、思いきって外に出た。けれど外は部屋よりも格段に寒く、しかも今日は風が強いのか、冷気を含んだ鋭利な刃物のように、寒さが体を刺していく。私は一刻も早く体を温めるため、震えた体を抱きしめながら、小走りに町を駆けた。
走りながら見える町並みはどこも静まり返り、時おり吹く砂混じりの風が、この町の気候の厳しさを物語っていた。
 宿から少し離れると、何やら風を切る音が聞こえてきた。音のする方へ向かっていくと、少し開けた空き地に見慣れた人物が一心に剣を振っている姿があった。
あれは、ユウリ!?
 幸い向こうを向いているのでこちらに気づくことはないが、あの後ろ姿は紛れもなくユウリだ。どうやら彼も早朝のトレーニングを行っているらしい。私も相当早く起きたつもりだったのだが、一体ユウリはいつからやっているのだろうか。
 声をかけるべきか迷ったが、トレーニングを邪魔する訳にもいかないし、話しかけたらかけたで何だか怒られそうな気がするので、黙ってこの場を去ることにした。
 ユウリの姿を見てなぜか不思議とやる気が漲った私は、別の場所で鍛練を行うことにした。人に見られるのは恥ずかしいので、なるべく人通りの少ない場所を選ぶ。ちょうど木々が周りに囲われてある場所があったので、そこでトレーニングを始めることにした。
 師匠に教えてもらった体術、魔物相手を想定した組手など、今自分ができる技を昇華させるため、頭の中でシミュレーションしながら続けていく。
やがて自分が納得できるくらいに形になった頃、こちらに近づく気配がしたので何かと振り向いた。
「朝から熱心だな」
「ナギ! どうしたの? こんな朝早く」
 そこに現れたのは、意外にもナギだった。だけど、なんとなくいつもより顔色が悪い気がする。
「ああ、なんか目が冴えちまって、散歩でもしようかと思ってさ。お前こそ早いじゃん」
「私も寒くって目が覚めちゃったから、体を暖めるついでにトレーニングでもしようかと思って」
「へえ、お前も堅物勇者も真面目だな」
「ナギもユウリがトレーニングしてるところ見たんだ?」
「ああ、うっかり目に入っちまった。まああいつ、あれ毎朝の日課みたいだけどな」
「毎朝やってるの?!」
「そうみたいだぜ」
 全然気づかなかった。普段でさえ町やダンジョンを行き来したり、魔物と戦ってたりするのに、あんな朝早くからトレーニングしてるなんて、一体いつ寝てるんだろう。
「オレも時々するけどさ、絶対あいつの方が先に起きてんだよな」
悔しそうに言うナギ。ちょっとしたことでも負けたくないという気持ちが彼にはあるらしい。
「私も、絶対自分が一番早いと思ったんだけど、それより先にユウリがいたからビックリしたよ。そうだ、ナギも一緒にトレーニングする?」
「あー、いや、今日はなんかそういう気分じゃなくてさ。ちょっと散歩したら戻る」
「大丈夫? 顔色悪いみたいだけど」
「ああ。心配してくれてありがとな。なんか、お前の顔見たら安心した」
「え?」
急にそんなことを言われたので、ドキッとしてしまった。けど、どことなく無理をしてる雰囲気に見えるのは、気のせいだろうか?
「あの、無理しないでね。今日は私とシーラで町を廻るから、体調悪いなら一日宿で休んでなよ」
「大丈夫大丈夫。それにあいつ……シーラの方が無理してる気がするし」
そう言えば、昨日の砂漠での様子も、いつもと違っていた気がする。ナギも気づいてたんだ。
「シーラ、何か悩んでるのかなあ。ナギ、何か知らない?」
「さあ。お前が知らないってんなら、オレらはもっとわかんねーよ。あいつと一番仲いいのはお前だろ」
「うん……。でも私が相談に乗るって言った時も、シーラは笑ってただけで何も言わなかったし、何か隠してる気がするんだ」
 私が眉を下げてそう言うと、ポンと私の頭に何かが置かれた。見上げると、ナギが半ば呆れたような笑顔で私の頭に手を乗せていた。
「ホントお前って、そういうの気にするよな。だからあの堅物にいいように扱われるんだ。周りを見るのもいいけど、もっと自分を大事にしろよ」
「う、うん……」
 そういうナギも、気づけば私を含めほかの人にも優しく気遣っているように見える。
 すると、いつになく真剣な面持ちで、私を見据えた。
「あと、もっと自分に自信持てよ。あいつに散々言われてるけど、お前がこのパーティにいなかったら、こんな風に呑気に旅なんて出来てなかったぞ」
ナギの予想外の発言に、私はしばし言葉を失う。
「お前はいわばこのパーティーの屋台骨だ。周りの骨を支える支柱がなけりゃバラバラになっちまう。そういう存在なんだよ、お前は」
その力強い口調に、思わず私の目頭が熱くなる。そう言ってくれる人が身近にいてくれて、失いかけていた自信が再び戻っていくのを感じる。
「どうした?」
「ううん、なんでもない。ありがとう。そう言ってくれて嬉しい」
涙を誤魔化すため、目に砂が入ったのを装いながら、私は笑った。けれど、もしかしたらナギには気づかれたかもしれない。なぜなら彼はあからさまに私から視線を外し、目新しいものもない街並みを眺めていたからだ。
いつもと様子が違うナギを見て、私の心の中にモヤモヤした気持ちが生まれる。顔色の悪い彼は心配する私に気づいたのか、すぐに話題を変えた。わざわざ人に話すことでもないことなのかもしれないが、教えてくれない以上、変に詮索しても余計相手に負担を与えるだけだ。私はすぐさま話題を変えてみる。
「ねえ、今日はやっぱり皆でお城に行ってみない?」
「? どうした急に」
城に行くのはあいつ一人だろ? とさらにナギは付け加える。彼の疑問は最もだ。けれど私は、何かに悩んでそうな二人を別行動させるのは不安と感じた私は、急遽提案をすることにした。
「そうなんだけどさ。ロマリアでユウリが王様になったの覚えてるよね? あのときみたいに、もしまた暴走して国の存亡に関わるようなことになったら大変だし、誰か止める人がいた方がいいと思うんだ」
とっさの言い訳だが、全くの嘘を言ってるつもりもない。実際ユウリが王様になったことでロマリアの経済は危うく破綻寸前になるところだったし、彼の物言い次第では、事態がどう転ぶか全く予想が出来ないのだ。
「おいおい、そりゃさすがに気にしすぎじゃねーか? あいつ、身分が上の人間に対しては割と常識的な行動するだろ」
「え、そうかな?」
言われてみれば確かに、初めてロマリアの王様に会ったときは、別人ですか?ってくらいまともに話していた気がする。
「そっか……。でもルカに聞いたんだけど、イシスの女王様って、絶世の美女って噂だよ。一般人でも気軽にお城に入れるらしいし、一度でいいからみてみたいと思わない? 」
「なんだって?」
絶世の美女と聞いて、急にナギの目の色が変わる。ビビアンさんはどうした、ビビアンさんは。
「それとも、ナギだけ別行動する?」
「バッカ野郎! そこまで聞かされて、何でオレだけ別行動させられなきゃならないんだよ!! 行くに決まってるだろ!!」
まるで一人だけ牢屋に入れられなきゃならない状況に陥ったんじゃないかというくらい、切羽詰まった表情で叫ぶナギ。いや、何もそこまで言ってないんだけど。
「それじゃ、帰ったらユウリに相談してみよう。もうユウリも宿屋に戻ってるよね」
話を強引に変えた私は、半ば興奮しているナギを落ち着かせたあと、トレーニングを切り上げた。と同時に、いつものナギに戻ったみたいなので内心ホッとする。そして結局そのまま一緒にナギと帰路に就くことにした。



気づくと、刺すような寒さはすっかり和らいでいた。 黄金色の朝日はすっかり町の屋根よりも高く上がり、私たちの歩く道を照らしてくれる。
宿に到着し、ドアノブに手をかけようとした途端、触れてもないのに勝手にそれが回りだし、同時にドアが私の目の前に吸い寄せられるように向かってきた。
どんっ!!
急に目の前が真っ暗になり、次いでお星さまが視界を遮った。後ろにいたナギが何やら騒いでいるが、額に現れた鈍痛に耐えるので精一杯で、何が起きたのか考える余裕などなかった。
目を瞬かせて見上げると、身なりを整えたユウリが立ちはだかっていた。
「何ぼーっと突っ立ってんだ。通れないから早くどけ」
「おい! その前にミオに謝るのが先だろ」
ナギが私の前に立ち、ユウリの進路を塞ぐ。不機嫌な顔のユウリは私たちを交互に見ると、眉間のシワをさらに増やした。
「そんなところに立ってるのが悪いんだろ。いいからそこをどけ」
「え、ちょっと待って! どこに行くの?」
「昨日言っただろ、イシスの女王に会いに行くって」
私が咄嗟に尋ねると、ユウリは鬱陶しげにいい放った。まずい、今言わないとユウリが行ってしまう。
「あのさ! さっきナギと話したんだけど、やっぱり皆でお城に行かない?」
額をさすりながら言う私に、心底うんざりした顔をする勇者。
「なんでお前らと一緒に? 別に女王に話を聞くくらい一人で行ける」
「だ、だってさ、昨日ずっと砂漠にいたし、ユウリも疲れたでしょ? 町での情報集めはあとで私たちがするからさ、お城から帰ったらユウリは休んでなよ。それに、万が一リーダーのユウリに何かあったらみんな心配するよ?」
「お前らがそんな繊細な心を持ってるとは思わないけどな」
 にべもなく言い放つユウリ。
 うう、なかなか手強い。しかもなにげに失礼なことを言っている。
 やっぱりアッサラームでの一件から、私に対して怒ったままなんだろうか。でも、自分の何が悪いのかがわからないので、これ以上謝りようがない。
 こうなったら、なけなしの演技力をフル稼働して、ユウリを説得してみよう。
 心を決めた私は、半ば勢いでユウリの手を両手で包み込むように握りしめると、憂いを帯びた目で戸惑うユウリを見た。
「な、なんだいきなり」
 私の突然の行動に、動揺の色を隠せないユウリ。そんなのお構いなしに、私はひたすらじっと見つめる。
「そんなことないよ。本当は皆、ユウリのことが心配なんだよ。だってユウリ、いつも無理してるもの」
「何?」
 仕草は演技だが、言ってることは本心である。実際アッサラームを出てから、彼はほぼ一人で魔物を倒していた。砂漠の魔物は強く、今の私たちでは魔物に致命傷を与えることすらできない。
 それだけじゃない。普段の戦闘でも、ユウリはリーダーとしての責任感故か、いつでも最前線で戦っている。それは本来、武闘家である私の役目なのだが、今の自分のレベルでは足手まといにしかならない。なので私が戦えない分、ユウリが負担になっていることに、私は多少の負い目を感じていた。
 私は俯くと、小さく肩を震わせた。もはや演技ではない。弱い自分を改めて思い返し、腹立ちすら覚えていた。
「私が弱いせいでユウリにばっかり負担をかけさせちゃってるし、せめて町の中にいる間は、少しでも私たちを頼ってほしいの」
ユウリを包む手に力が入る。そして真剣な眼差しで彼を再び見据え、必死に訴えかけた。心なしか自分の目が潤んでいるのは、自分で自分のことを弱いと認めたうえで、苛立ちと悔しさが入り混じっているからだろう。
けれど、その様子が彼にどう見えたのか定かではないが、真実味を持たせたのは確かだ。棘のように私に突き刺さっていた彼の視線は、次第に憐れみと同情の色に姿を変えていく。そして、静かに口を開いた。
「……心配するのは勝手だが……。そういう顔は他の奴に見せるな」
「え?」
小さい声でそういうと、顔を背け、手を払われた。いったいどういう意味なのか尋ねようとしたら、
「そんな情けない顔でいられたら、勇者の仲間として恥ずかしいだろ」
 と、きっぱりと言われた。
 ああ、そういう理由か。けれど、改めて他人にそう言われると、結構ショックだ。
 するとユウリは再びこちらに向き直り、
「……そんなに俺と行きたいのなら、仕方ない。特別に俺の隣で謁見する許可をやろう」
 そう上から目線で言った。言い方はともかく、とりあえず説得に成功したようだ。
「いいのか? あいつ、何だかんだでお前の頭ぶつけたこと、なかったことにしそうだぞ」
「あ、うん、とりあえず、私の意見を了承してくれたのなら別にいいよ」
耳元で話すナギの言葉に、そういえばそうだったと今さらながら思い出したが、あえてそういう素振りを見せず、明るく振る舞った。
そんなこんなで、急遽予定を変更した私たちは、ユウリと一緒にお城に行くことにした。
身だしなみを整えてから行きたいので、一度部屋に戻ることに。そういえばシーラは起きてるのだろうか。
「あっ、おかえり、ミオちん!」
部屋に入ると、朝から元気いっぱいな声のシーラが出迎えてくれた。いつもは寝起きの悪い彼女だが、今日は珍しくとても機嫌が良い。
「おはよう、シーラ。今日はなんだかご機嫌だね」
「へへ、まあね☆ それよりミオちん、今日は町を廻るんでしょ? 一緒に行こうよ♪」
彼女はいつもの調子で私の腕にしがみつき、にこにこしながら話しかけてきた。
「あのねシーラ。先にこれから皆でお城に行くことにしたんだ」
「え?! そうなの?!」
やったー、と言いながら、嬉しそうにぴょんぴょん跳び跳ねている。
「シーラもお城に行きたかったの?」
「うん! だって面白そうじゃん♪」
お城に面白さを求めるのもどうかなあ、と思ったが、細かいことは気にしないことにした。
「そうだ、ルカにも言っとかないとね」
「あ、るーくんなら、昨日もらった羽根を持ってどっかに出掛けたよ?」
昨日もらった羽根とは、キメラの羽根のことだろう。そういえば昨日、その羽根がキメラの翼の材料になるって教えてもらったんだ。ならその羽根を買い取ってくれるところに行ってるのだろう。
「そっか。じゃあルカが戻ってくるまで待ってた方がいいよね」
「ここからすぐ近くだって行ってたから、もーそろそろ帰ってくるんじゃない?」
シーラの言うとおり、ちょうど身支度を済ませた頃、買取りを終えたルカが戻ってきた。ルカは宿のカウンターで待つ私たちに気づくと、懐からなにかを取り出した。
「お待たせしてすみません! 値段の交渉してたら遅くなっちゃって……。これ、気持ちですけどどうぞ! ここまで来てくださったお礼です!」
私たちに渡したのは、羽根ではなく、完成品であるキメラの翼だった。それを人数分、つまり一人一つずつ私たちにくれるってことだ。
「どうしたの、これ? もしかして、買ったの?」
私が聞くと、ルカは笑ってはぐらかす。おそらく近くの道具屋で買ったのだろう。素材の買取価格はわからないが、キメラの翼は一つ買うだけでもけして安くはない値段だ。
「ありがとー、るーくん!」
歓喜の声を上げると同時に、がばっとルカに抱きつくシーラ。ルカもまさかいきなり抱きつかれるとは思ってなかったらしく、顔を真っ赤にしてどぎまぎしている。
「ありがとな。でも、いいのか? お前の師匠に怒られねーか?」
「大丈夫です。もともと今回は、いつもより多めに旅の資金を師匠から頂いてたんで、どうか気にしないでください」
「……そっか。じゃ、ありがたくもらっとくぜ」
そう言うと、ナギはわしわしとルカの頭を荒っぽく撫でた。こうしてみると、二人とも実の兄弟のように見える。
「こいつの弟にはもったいないくらい、気が利いてるな」
ユウリはユウリで、これが最高の褒め言葉なのだろう。私を見るなりそう言うと、感心しながらルカに視線を移した。
「ところで皆さん、今から出掛けるんですか?」
「ああ。これから城に行って女王に話を聞いてくる。本当は俺一人で行くつもりだったんだがな」
「そうなんですか! ならその間おれが町へ行って、ピラミッドの情報を聞いてみますよ。もうこの町でのおれの仕事は済みましたんで!」
「そうか。それは助かる……」
そう言うなり、ルカはユウリの返事も聞かぬまま、電光石火のごとく再び外に飛び出した。彼のこういうところは相変わらず直らないのが玉に瑕だ。
「……と、とりあえず、お城に行こうか。多分ルカなら大丈夫だよ」
この町に詳しいルカならむしろ任せてしまった方がいいだろう。気を取り直し、私たちはこの町を統べる女王様に会うため、宿を出ることにした。
 
ページ上へ戻る
ツイートする
 

感想を書く

この話の感想を書きましょう!




 
 
全て感想を見る:感想一覧