| 携帯サイト  | 感想  | レビュー  | 縦書きで読む [PDF/明朝]版 / [PDF/ゴシック]版 | 全話表示 | 挿絵表示しない | 誤字脱字報告する | 誤字脱字報告一覧 | 

魔法絶唱シンフォギア・ウィザード ~歌と魔法が起こす奇跡~

作者:黒井福
しおりを利用するにはログインしてください。会員登録がまだの場合はこちらから。 ページ下へ移動
次ページ > 目次
 

魔法絶唱しないフォギア無印編
  今はまだ恋人で

 
前書き
どうも、黒井です。

今回は何時ものサイクルを無視しての投稿。本作のメインヒロイン、奏の誕生日記念SSとなります。

無印編まだ終わってないのに書くのはどうかと迷った結果、奏の誕生日を過ぎての投稿となってしまいましたがそこはどうかご勘弁ください。

時期的にはルナアタック事変からフロンティア事変の間の話になります。 

 
 颯人は今、自室で机に向かって人生で五本の指に入るほどの集中力を発揮していた。

 彼が集中を向けている先は、自身の手の中にある物。彼はそれを削り、刷毛で払い布で磨く。

「イテッ!?」

 と、その時。一瞬の気の緩みからか、手元が僅かに狂い鑢で指先を傷付けてしまった。傷口から血が滲むが、彼はその指を軽く舐めて血を拭うと作業を再開する。

 全ては来るべき時の為に…………。

――待ってろよ、奏――

 胸に最愛の女性の姿を思い浮かべながら、時が経つのも忘れて颯人は作業に没頭するのだった。




***




 その日、7月28日はある人物にとって特別な日だった。

 何を隠そう、彼女…………天羽 奏の誕生日なのだ。

 ルナアタック事変終息後、機密保持の為に行動制限を受けていた颯人達だがそれも解除された。それまで窮屈な生活を強要していたので、気晴らしと日頃頑張ってくれている装者達への労い、勿論純粋に誕生日を迎えた奏を祝う事も含めて、彼女の誕生日は司令部機能を移した潜水艦の仮説本部で盛大に祝われた。

 パーティーは勿論サプライズ。奏には内密に準備が進められ、何時も通り何気なく仮説本部に顔を出した奏を弾けるクラッカーが出迎えた。

「お誕生日おめでとう、奏!」
「奏さん、お誕生日おめでとうございます!」
「わっ!? え? あ、そっか……今日アタシの誕生日だった」

 奏は突然の事に面食らった。それもその筈で、今回のサプライズでは颯人が大いに助力しとにかく奏に誕生日と言うものを意識させないように努めたのだ。お陰で奏は、日々のノイズとの戦闘の事も手伝って今日が誕生日だという事を完全に忘れていた。

 呆ける奏の背を、颯人が優しく小突いた。

「何ボケっとしてんだよ? トップアーティストがこの程度で呆けんなって」
「う、うるさいな! いいだろ、少しくらい」

 情けない姿を見られたからか、少し不貞腐れる様にそっぽを向く奏。彼女の様子に颯人はクスクスと笑いながら、彼女をパーティー会場の中心に誘った。

「ほれ行くぞ奏!」
「わ、分かったって!」

 それから、パーティーは賑やかに進行した。誰もが料理を楽しみ、余興として披露された颯人のマジックショーは大いに盛り上がった。この日の為にと用意したマジックは何時にないキレを誇り、奏だけでなく二課の者全員を楽しませた。

 だがやはり、誕生日パーティーのメインと言えばやはりプレゼントの贈呈だろう。響は待ってましたとばかりに、奏に用意したプレゼントを渡す。

「奏さん! これ、私からのプレゼントです!」
「お、ありがとう響」
「奏。私からは、こ、これ……」
「翼、ありがとう。嬉しいよ!」

 その後も一通りプレゼントを受け取り、残るは颯人だけになった。彼は敢えて自分の番を最後に回したのだ。

「最後は俺だな。誕生日おめでとう奏、こいつが俺からのプレゼントだ」

 颯人が皮手袋に包まれた手で持ったプレゼントを奏に渡す。彼からのプレゼントを奏が受け取り開けようとするのを、翼達は少しハラハラしながら見守っていた。と言うのも、これまでの事からあれがビックリ箱である可能性が少なからずあったからだ。

 だがそんな心配に気付いていないのか、奏はするすると包装を解き箱を開けた。
 果たして、その中身はビックリ箱などではなかった。入っていたのは銀色の髪飾りだ。鳥の羽を模した銀色の髪飾りで、中央にはオレンジ色の宝石――サンストーンが埋め込まれている。

「わ、綺麗!」
「って言うか、ビックリ箱とかじゃなくてちゃんとしたプレゼントだったってのが驚きだ」
「あのね、クリスちゃんや? 俺だってTPOは弁えるよ」

 クリスからの茶々に颯人が苦笑いしながら返している中、奏はもらった髪飾りをしげしげと眺めると徐に颯人に問い掛けた。

「これもしかして、颯人の手作り?」
「ん? 何でそう思った?」
「じゃ、その手袋外して」

 奏にそう言われると、颯人は降参だとでも言いたげに手を上げ皮手袋を外した。すると手袋の下にあった彼の手は、あちこちに生傷や絆創膏が貼られていた。

 響達が驚く中、颯人は苦笑して自分の手を見つめながら口を開く。

「やれやれ、情けないもんだぜ。見様見真似じゃ上手くいかないもんだな」
「え? どう言う事奏?」
「あぁ皆は知らないのか。颯人のお母さんは工芸家だったんだ」
「主に指輪なんかのアクセサリー作りが得意でね。俺もそれを間近で見る機会があったんで、色々と覚えてたんだが……久々すぎて随分と鈍っちまった」

 そう言って右手を左手で包む颯人を見て、奏は再び手の中にある髪飾りを見る。彼はあんな事を言うが、これの出来はそこらの店で売っている物に全く負けていない。
 何より、颯人が手品師の魂でもある手を傷付けながらも必死に手作りしてくれたという事が奏の胸に響いた。

「確かに……昔見たアリスおばさんの作ったアクセサリーに比べたら、まだまだかもね」
「ちょ、奏――」
「まぁ待て翼」

 折角のプレゼント、それも見事な出来のそれに文句をつけるかのような奏の口ぶりに翼が嗜めようとするが、弦十郎がそれを宥めた。

「でも、颯人が珍しく一生懸命作ってくれたって思うと、それだけで凄い嬉しい」

 奏は髪飾りを付けると、普段みせるのとは違う花が咲いた様な笑みを浮かべた。

「だから……ありがとう!」
「ッ!? あぁ」

 普段見られない笑みを向けてくる奏に、颯人も屈託のない笑みで返した。




***




 その後、奏の誕生日パーティーは何事もなく終了。会場には片付けを担う者だけが残り、颯人と奏を始めとした戦闘要員はいの一番に解散となった。

 奏は颯人のマシンウィンガーで送られ、自宅のマンションの前に降ろされる。

「んじゃ、また明日な」
「あぁ…………なぁ、颯人?」
「ん?」

 何事も無く去ろうとする颯人を、奏が呼び止める。彼が足を止めて奏の方を見ると、彼女は何処か期待したような目を彼に向けていた。

「えっと、その…………うん。颯人」
「何だ?」

 暫し何か悩んでいた奏だが、考えが纏まったのか再び颯人の名を呼んだ。

「店で買った奴じゃ、受け付けないからな」

 脈絡もない事を口にする奏だったが、颯人はその言葉の意味が分かったのか小さく噴き出すと踵を返して奏に近付き、徐に口付けをした。触れ合うだけのプレッシャーキスを、奏は嫌な顔もせず受け入れる。既に彼からの告白を正式に受け入れた奏にとって、この程度の事は挨拶も同然だった。

 それでもいきなりやられるとやはり顔が赤くなるのは止められなかったが。

「予約、確かに承ったぜ。こいつは前金な」

 どこか誇らしげな顔でそう告げると、今度こそ踵を返して愛車に跨り去っていく颯人。
 奏はそんな彼の背を、唇に指を這わせながら暫し見つめ、彼の背が見えなくなると微笑みを称えながら自宅へと向かうのだった。

 一方、奏の元を去った颯人は適当な所で愛車を止めると懐から小さな箱を取り出しそれを開けた。
 中には一つの指輪が入っている。ウィザードリングではない。なかなかに凝った装飾が施され、それでいて派手さは抑えられた指輪だ。

 彼はそれを取り出し、指先で掴んで出来栄えを確かめる様に月明かりに翳した。

 月の優しい光に照らされた指輪を、颯人は愛おしそうに眺める。

「――――もう作ってるって言ったら、奏の奴どんな顔するかなぁ?」

 その場合の奏の反応を予想し、楽しそうに笑うと颯人は指輪を大切に箱に入れ懐にしまい込んだ。

「ま、もう暫くは恋人気分を満喫しようぜ。プロポーズはもう少しの間お預けって事で」

 この場に居ない奏に向けての言葉は、誰の耳に入る事も無く夜の帳が下りた街の中に消えるのだった。 
 

 
後書き
今回は(普段もか)多くは語りません。

ただ一言、ハッピーバースデー奏! 
次ページ > 目次
ページ上へ戻る
ツイートする
 

感想を書く

この話の感想を書きましょう!




 
 
全て感想を見る:感想一覧