| 携帯サイト  | 感想  | レビュー  | 縦書きで読む [PDF/明朝]版 / [PDF/ゴシック]版 | 全話表示 | 挿絵表示しない | 誤字脱字報告する | 誤字脱字報告一覧 | 

おっちょこちょいのかよちゃん

しおりを利用するにはログインしてください。会員登録がまだの場合はこちらから。 ページ下へ移動
 

30 夏のプール授業

 
前書き
《前回》
 かよ子の母・まき子と友人の奈美子は戦後の混乱が落ち着き始めてきた時、御穂津姫と再会する。そして彼女によって連れてこられた異世界の人間・フローレンスによって杖と護符を封印する事を約束される。その目的が日本が戦争への道を進みそうな時、それぞれの子供に受け継がせる事であると知ったかよ子は日本を間違った方向に進ませる者に打ち勝ち、好きな男子に相応しき女子になりたいと改めて思うのだった!!

 今回からは前回のエピソードでも言及されたかよちゃんの隣の家のおばさんが持っている護符についてより掘り下げたいと思います。そして、7話で名前のみ出てきたおばさんの娘の一人を登場させたいと思います! 

 
 今年の梅雨は続く。だが、雨が一旦休止すれば晴れるが、これもまた大変である。何しろ雨水が浸透された地面から日射によって水分が蒸発していく。そうなると、湿度が非常に高くなり、汗もかきやすく、それによって体力を奪われる人も多いのだ。
 7月の初めとなり、久々に3日続けて晴れた。三河口が通っている高校はやっとプールの授業が久々にできるのだ。
「プール久々だな」
 三河口のクラスメイトである濃藤がそう呟いた。
「俺、どうせ雨だから海パン持ってこなくてもいいか思ったがな」
 北勢田はそう言った。
「そしたら晴れた日にプール入れないじゃんよ」
 濃藤はそう突っ込んだ。
「だな」
「ちなみに俺は海パンを予め先週のうちに持っていったよ」
 三河口が言った。
「そこまでするのか?」
「ああ、俺小学生の頃、すぐ忘れ物するからね、こっちに来てからら念入りに準備しようとしてんだ」
「小学生の頃、ね・・・」
 濃藤と北勢田は三河口自身が小学生の頃までは実家暮らしだったとは聞いていたものの、清水に移住した理由は二人にとっては訳の分からないものだった。本人の話では三河口は小学生の頃、不良で学校からかなりの問題児とされた為、半ば強引に実家のある町から追い出される形で親戚の家へ居候になったと聞く。また、三河口の実の親は本気で息子を少年院に引き渡す事も考えていたという話もあるらしい。
 だが、今の彼にはそのような素行の悪さは見られない。むしろ好少年だった。
 プールの授業はこの日は準備体操をして、その次にクロールで一班五人のリレーをやる。リレーの班はホームルーム中にくじ引きで決めていた。体育は通常は男女別にやるのだが、この水泳に限っては男女合同だった。
 三河口は濃藤や北勢田とは別の班だった。
「あ、三河口君も一緒なんだ・・・」
 三河口に話してきたのはクラスの女子、徳林奏子(とくばやしかなこ)だった。
「ああ、奏子ちゃん」
「それじゃあ、始めるぞ」
 体育教師の声で始まった。奏子は最初に泳いだ。そして二人目の、三人目の、そして三河口は四人目だった。その三河口の泳ぎはとても早い。マグロの泳ぎのようにスイスイ進む。そしてアンカーのにバトンタッチ。6班ある中で最初は5番目だったが、三河口の泳ぎの速さで結果は2番目だった。
「三河口君、凄い速かったね・・・」
「ああ、泳ぐの好きだからね」
 奏子は三河口に話しかけたくて、質問した。
「そうなんだ・・・」
 その後、授業は続いた。

 かよ子の小学校でもプールの授業だった。この日はまずビート板で泳いでいた。大野と杉山が泳ぎを競い合っている。
(す、杉山君・・・)
 かよ子は杉山の泳ぐ姿に見惚れていた。
「ねえ、ねえかよちゃ〜ん」
 不意にまる子から呼ばれた。
「え!?ま、まるちゃん!!」
「杉山君に見惚れてんでしょ〜?」
「そ、そんな事ないよ!!」
 かよ子は慌てて否定した。後退りすると、丁度そこで泳いでいたブー太郎とぶつかってしまった。
「あ、ブー太郎、ごめん!」
「気をつけろよブー」
(はあ、またおっちょこちょいか・・・)
 かよ子は己に呆れた。異世界からの襲撃者を撃退した事があってもおっちょこちょいは結局は治らぬままである事に。
「まあ、まあ、かよちゃん。気を取り直しなよ〜」
「そうだよ、杉山君だってきっとかよちゃんの事見直してるよ!」
 一緒にいたたまえもかよ子を励ました。
「う、うん。そうだよね・・・!!」
 その時、ホイッスルがなった。
「そこ、お喋りが長いぞ!ちゃんと泳げ!!」
 三人は体育の先生から叱られてしまった。
「ご、ごめんなさ〜い!」
 かよ子は持っているビート板で泳ぎ続けた。少しして体育の先生は皆にタイル拾いのゲームをやらせた。
 かよ子はタイルを水の中に潜り、プール内のタイルを探す。そして、一枚見つけた。
「あ、あった!」
 その緑色のタイルは彼女にとってやっと見つけたタイルだった。かよ子はタイルを拾い上げた。と、その時・・・。
「やるな、大野!もう4枚もとったのかよ!」
 杉山の声が響いた。
「おう、お前も3枚じゃねえか!」
「よし、逆転してやるぜ!」
 ちなみにこの時かよ子は杉山の声で振り向いた隙にタイルを手から放してしまった。
「あっ!」
 かよ子はまたおっちょこちょいをやってしまった。結局自身は落としたタイルは拾えずに終わってしまった(ちなみに大野と杉山はそれぞれ5枚も拾っていた)。
「よし、そろそろ終わりの時間だ〜!」
 体育教諭が皆にプールから引き上げるよう命じる。かよ子はプールから出た・・・、と思いきや、プールサイドのはしごから足を滑らせてプールの中へ落ちてしまった。
「かよちゃん、大丈夫?」
 かよ子の次に上がろうとしていたとし子が心配した。
「う、うん、大丈夫だよ・・・!」
 運の悪いことに、その醜態は好きな男子に見られてしまった。かよ子はその後、杉山から呼ばれた。
「よっ、山田。相変わらずのおっちょこちょいだなあ!」
「す、杉山君・・・!」
 かよ子は自分がみっともなく見えてしまった。
「でも、それがお前らしいかもな」
「う、うん・・・。でも、絶対におっちょこちょい治してみせるよ・・・!!だって、いつも杉山君達に頼ってばっかりじゃ悪いし・・・」
「山田・・・」
 杉山自身もかよ子が自分を変えようと努めている事には気づいていた。その時、冬田の声が聞こえた。
「大野くうん、泳ぐ姿かっこよかったわあ~」
 冬田は大野にくっつこうとしている。
「ああ、サンキューな、冬田・・・」
 冬田の猛アタックに何も言えないかよ子と杉山だった。

 七夕が近くなった為、どこのクラスの教室にも笹が飾られるようになった。
「かよちゃんも短冊に何か書こうよ」
 たまえが提案した。
「え?う、うん、そうだね・・・」
 しかし、かよ子は何をお願いすればいいのか悩んだ。「杉山君と結婚できますように」と考えたが、恥ずかしい。「おっちょこちょいを治せますように」でも現実的だが、どこかもったいない気がした。
「あらあ、山田さあん、何書くか迷ってるよお?」
 冬田が現れた。
「う、うん・・・」
「正直な事書いた方がいいと思うわよお〜」
「冬田さんはなんて書いたの?」
「もちろんこれよお」
 冬田が持っている短冊には「大野君と両想いになれますように」と書いてあった。たった今恥ずかしく思ったように自分には恋愛の願い事など書けない。流石乙女チックな冬田らしいとかよ子は思った。
(私は・・・)
 かよ子は思い切って書いた。「清水の平和が守れますように」と。どこかの特撮ヒーローみたいな願い事かもしれないが今考えられる最も切実な願いはこれだ。
(また、この清水を襲う人が来るかもしれないからね・・・!!)
「へえ、かよちゃんの願い事、とってもかっこいいね!」
 たまえが褒めた。
「たまちゃん、あ、ありがとう・・・」

 三河口は居候中の家へと帰宅した。
「只今帰りました」
「ああ、健ちゃん。いいところに」
「え?何かあるんですか?」
「ああ、たった今、名古屋にいるさりから電話があってね」
「さりちゃんから?」
 さりというのは羽柴家の三女・さりの事で、つまり三河口の従姉である。
「今度帰ってくるって」
「そうですか・・・」
 三河口は従姉との再会がなぜか楽しみになった。彼が中学生になると共にこの家に来た時はさりだけは独立した他の二人の姉と異なりまだ家におり、なんだかんだで仲良くしてもらえたからだろうか。
(今どうしてんだろ?専門学校出てからは遊んでるとか言うけど・・・)
 三河口は従姉の近況が気になった。 
 

 
後書き
次回は・・・
「帰って来た従姉」
 三河口は居候している家に従姉・さりが帰って来た。さりは隣のかよ子達にも声をかける。だが、その遠く離れた場所でまた「新たな敵」が清水へと向かう・・・。
  
ページ上へ戻る
ツイートする
 

感想を書く

この話の感想を書きましょう!




 
 
全て感想を見る:感想一覧