| 携帯サイト  | 感想  | レビュー  | 縦書きで読む [PDF/明朝]版 / [PDF/ゴシック]版 | 全話表示 | 挿絵表示しない | 誤字脱字報告する | 誤字脱字報告一覧 | 

曇天に哭く修羅

しおりを利用するにはログインしてください。会員登録がまだの場合はこちらから。 ページ下へ移動
 

第一部
  人か、鬼か

 
前書き
_〆(。。) 

 
「敢えて時間をかけてるね」

「【異能】も【超能力】も出してない」

「普通に戦るだけで十分だからな」


立華紫闇(たちばなしあん)》と《江神春斗(こうがみはると)》の戦いを眺めていた《黒鋼焔(くろがねほむら)》、《的場聖持(まとばせいじ)》、《エンド・プロヴィデンス》は両者の実力差から紫闇に勝ち目が無いことを判っていた。

それでも焔は現時点で紫闇を春斗と戦わせることに意味を見出だしている。

春斗の戦闘情報を集めるというだけではなく、紫闇が身を以て春斗の強さを味わい心を揺らがすこと無く居ることが出来るかどうか。


(そういう部分も見てるからね)


当の本人達はというと、春斗が吹き飛ばした紫闇の姿を見ながら両腕を垂らして一息ついている。


「どうする立華紫闇。まだ戦るか?」


紫闇が床に手を突き上半身を浮かす。

その顔は牙を剥くように笑っていた。


「へっ、ここからが本番だぜ。『今の俺』じゃあ無理なのは解ってる。どうしようもない。けど『別の俺』ならこの状況が変わる」


紫闇は左手の中指を右手の親指で押さえた。


「焔さん。あれってルーティーン?」


聖持が尋ねたもの。

それは特定の活動を行う中で自分の行動に自然と組み込まれることにより、普段の限界を超えたパフォーマンスを発揮する為の動作。


「江神春斗。俺は黒鋼で修業したこの一月半負け続けた。何度もな。弱音を飲み込んで諦念を跳ね除けてきた。その末にかつての自分を殺して乗り越えたんだ……。俺はお前に並ぶ為に地獄の底から這い上がってきたんだよッッ!!」


血まみれで叫ぶ紫闇は右手の親指に力を込めることで左手の中指を鳴らす。

関節のバキリという音が響いた途端、過去の記憶が、修業で[禍孔雀(かくじゃく)]を会得した時の記憶が紫闇の脳裏を(よぎ)る。


(あの時の俺は強くて恐ろしかった)


紫闇は自身の根幹から黒い狂気が噴出し、真っ当な心を染めるのを感じたが拒絶しない。

有るがままに受け入れる。


「ふぅぅぅぅぅぅぅ……」


紫闇の【魔晄(まこう)】はみるみる内に普通の銀色から黒色に変色していく。


「黒って言うよりどす黒いな」


エンドの指摘した通り。

同じ黒でも邪悪さを放つ。

そんな紫闇はまるで生まれ変わるように(うな)りながら立ち上がってきた。


(空気が違う。あれだけの傷でダメージが無いかのように振る舞えるとはな。これが奴の、立華紫闇という闘技者の抱えている『鬼』か)


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


紫闇は折れた鎖骨が有る部位を撫でながら面倒臭そうにぼやき始める。


「はあぁ~痛ってぇなぁー。痛ぇ痛ぇ痛ぇ。江神~、確かにお前の攻撃は凄ぇしパワーもスピードも有って痛ぇんだけどよぉ。体に響く割に心には響かねぇんだよなぁ~」


彼は迷い無く歩を進める。

そして春斗の斬撃範囲に入った。

半円を描く刃が折れた鎖骨の有る部位を打つも紫闇は何も感じていないかのよう。


「だからさぁ。響かない(・・・・)んだって」


今の紫闇に痛いだけの攻撃は通じない。

魔晄防壁を越えるだけの威力が有ろうと。


「前に焔が言ってたのを思い出したよ。江神はさ。『人』なんだろ? 俺等とは違うんだ。だから攻撃に明確な殺気が(こも)らない」


にいっと笑う紫闇に春斗は困り顔。


「その通りだ。俺は『鬼』の域へと到っていない。歴代の[魅那風流剣術]を継いだ者は黒鋼と同じく皆一様に鬼だったのにな」

「言っとくがな江神。俺は馬鹿にしてるんじゃないぜ。技量はお前が遥かに上なわけだしな。ただ一線を越えてほしいだけさ。でなきゃあ折角の勝負が味気ない」


再び紫闇が前に出る。


「俺で覚えろ。一線越える感覚を」


もっと間合いに踏み込む。

春斗の袈裟懸けを右腕に装備された籠手のような【魔晄外装】で受けて蹴りを放つ。

春斗は一歩退いて回避。

それを追う紫闇は左拳が金に輝く。

禍孔雀が振るわれた。

しかし先読みしていた春斗は顔に迫る拳に対して首を捻ることで回しカウンターの一閃。

が、紫闇は喰らいながら前に出る。

右拳が繰り出された。


(馬鹿の一つ覚えも使い(みち)が有るが)

「ここでは悪手だったな『鬼の子』」


春斗が近付く右腕を鞘で弾く。

斬る、斬る、斬る。

そこからは一方的な展開。

攻撃を(かわ)しながら斬り、先手を取って斬り、攻撃を攻撃で押し切って斬る。

面白いように紫闇へ当たった。

先に春斗が出した魅那風流の[飛車斬り]という乱撃技に劣らぬそれに紫闇の体はあちこちから血が噴き上がっていく。


「立華紫闇。悪いが俺は『鬼』になるつもりは毛頭ないのだ。鬼にならずとも『人』のまま強く在れることを証明してくれた人が居る。俺はあのようになりたい。故に今のお前に負けてやるわけにはいかん」
 
 

 
後書き
_〆(。。) 
ページ上へ戻る
ツイートする
 

感想を書く

この話の感想を書きましょう!




 
 
全て感想を見る:感想一覧