| 携帯サイト  | 感想  | レビュー  | 縦書きで読む [PDF/明朝]版 / [PDF/ゴシック]版 | 全話表示 | 挿絵表示しない | 誤字脱字報告する | 誤字脱字報告一覧 | 

曇天に哭く修羅

しおりを利用するにはログインしてください。会員登録がまだの場合はこちらから。 ページ下へ移動
 

第一部
  殺意の壁

 
前書き
キャラ設定を先に出すか後に出すか。
_〆(。。) 

 
「【音隼(おとはや)】は【魔晄(まこう)】を背部から放出して推進力を得る技術。これに限らず【練氣術】はイメージが大切だから気を付けるんだよ」


《黒鋼焔》は《永遠レイア》に実演を頼む。

先に焔が見せた見本の発展形をするらしい。

焔はリモコンでピラミッドの高さを下げた。

それをレイアが跳び越す。

すると焔が高さを上げる。

その繰り返しだ。

やがて人間では跳べない高さになるとレイアは音隼を使って飛び越えてきた。


「あんな風に何度も跳んで浮遊や飛行の感覚を掴んでもらうというわけさ」


焔はピラミッドの高さを最低にする。


「緊張しなくて良い。僕が思うに紫闇は音隼を修得する為に必要な条件を満たしてるから。遅くても一月あれば覚えられるよ」


レイアは紫闇の肩を叩いて緊張をほぐす。

彼の言葉を信じて技のイメージ。


(背中にブースター。そこから魔晄の噴射。それにより推進力を得て飛行)


ピラミッドに向かって跳んだ紫闇は何かが開き跳躍とは違う感覚を得た。


「……一発で修得するとは思わなかったよ」


焔はドキドキしてしまう。


「僕どころかエンドですら初見では音隼を使えなかったんだけどなぁ……」


レイアも驚いている。

しかし二度目は制御できず、道場の天井にぶつかりそうなところをレイアに助けられた。


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


「ところで紫闇は疲れてない?」

「大丈夫だよ」


紫闇は焔の問いに余裕を見せる。


「僕の知る限り紫闇は昔から普通の【魔術師】と比べて魔晄の総量が多いんだ。肉体はそれなりに出来てるから黒鋼流体術に適した作りに変えてしまおう。取り敢えずは『喰牙/くうが』を覚えてもらおうかな」


そう言うとレイアは受け手に回って焔と組手を行い紫闇に喰牙を見せることにした。

レイアが踏み込むと『ガッ』、『ベキリ』という音がしてレイアは地面に転がる。


「喰牙っていう強そうな名前だけど別に何も面白くない技だろう? 先ずはこれを」

「焔、紫闇の動体視力じゃ見えなかったみたいだ。紫闇、魔晄で身体能力を上げておいて。それなら何をやったのか解る筈だ」


紫闇は現時点で身体能力の最大強化をしても恐らくは通常の2倍程度だろう。

そもそも殆どの魔術師はそれに頼らず魔晄防壁の防御力に重点を置いている。

なので紫闇でも銃弾を弾く位は楽勝だ。

しかし回数を重ねる度に速度を落としてくれている組手を見てどういう技か理解した。


(相手の突きに合わせて相手の側面に回り込む。そして伸びきった相手の腕に自分の腕を絡める。次に肘の関節を極めることが出来たら[脇固め]の形に持っていく)


問題はそこから。

その状態から肘を折りながら相手を地面に倒し伏せて頭に足を落とす。

下手をすれば死ぬ。

相手が死んでも良い古流の実戦技。


(人を殺せる技を見て興奮してるのか俺?)


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇


紫闇はレイアと焔から喰牙の動き方を一工程ずつ説明してもらい、反復練習。

その後に喰牙(くうが)の修得に入る。


「実戦だと男女は関係ないけど最初はやり辛いだろうからね。僕に技をかけてみよう」


レイアの突きを(かわ)した紫闇だが技は失敗。


「この技に力は要らないよ。リラックスリラックス。体は羽毛のように軽くを意識して」


焔の言葉に紫闇は何度も練習する。


(やっぱり俺は運動の才能ねーな)


しかし根気良く続けたことで全体の流れや技の8割方は問題が無くなってきたので事実上は修得できたと言えるのではないだろうか。

だが焔は不満だったらしい。


「何で腕を折らないの? 転がした後の踏み付けも寸止めしちゃってるし」


彼女の冷めた声に怒りを感じる。

子供を叱るような。


「折らなきゃ駄目なんだよ紫闇。大事なことを教えるから覚えておいて。強くなりたいのなら『笑って』殺せるようになれ。でなければ上に行けないから」


レイアの言葉に紫闇は目を見開く。

紫闇は焔を失望させ破門になることを恐れた。

今の彼女はそう思わせる凄味が有る。


「出来ないなら僕が鍛えるか[改造]するしかないけどオススメはしない」


レイアの言う改造とは何なのか。

得体の知れない恐怖が襲う。

紫闇は覚悟を決めた。


(せっかく修業が始まったばかりのところだって言うのに終われない)


レイアが腕を伸ばすと紫闇の腕が絡まり肘を極めたままへし折られてしまう。

その感触に紫闇の脳が痺れる。

しかしこれで終わりではない。

続けてレイアの体が地面に引き倒されると潰すかのように頭が踏み付けられた。


(何だこの爽快感? 笑ってるのか俺?)


紫闇は心の奥から何かが流れ込み、自分が別の何かに変わってしまう。

そんな感覚に(とら)われる。


「良いね。その笑顔だ。一通り黒鋼を修得できた人間はみんなそんな風になる。例外は兄さんとエンドくらいだけど、それでも黒鋼一族(こっちがわ)の気は有るからね」
 
 

 
後書き
黒鋼の技は名前や読みが原作と変わっていることが多くなりそう。

オリキャラの大半は自身の最低と最高の範囲内で強さを調節することが出来ます。

やらないと紫闇がレイアの腕を折れない。
_〆(。。) 
ページ上へ戻る
ツイートする
 

全て感想を見る:感想一覧