| 携帯サイト  | 感想  | レビュー  | 縦書きで読む [PDF/明朝]版 / [PDF/ゴシック]版 | 全話表示 | 挿絵表示しない | 誤字脱字報告する | 誤字脱字報告一覧 | 

魔王の友を持つ魔王

作者:千夜
しおりを利用するにはログインしてください。会員登録がまだの場合はこちらから。 ページ下へ移動
 

§5 課題山積みの魔王

「あれ?」

「……マスター、暗い中でそんなことすると目が悪くなりますよ」

「うん…… っーかテレビつかない……」

 無人の部屋に帰宅した黎斗。「ただいまー」と虚しく声を響かせつつ彼は首を傾げて尋ねる。

「エルー? ブレーカー落ちてる?」

「んなもん私にわかるわけないじゃないですか。マスター調べてくださいよ」

 このアパートはブレーカーが各自の台所上にある。キツネであるエルに判別できないのはしょうがない。

「やれやれ……」

 ブレーカーは落ちていない。となれば、停電か。窓の外も、軒並み真っ暗だ。視界を魔力で増強しなければ歩くことすらままならない。

「停電とかついてないなぁ……」

 静寂が支配する闇の中、突如携帯電話から軽快なテンポの曲が流れ、暖色系のランプが点灯した。深紅のランプは恵那のものだ。

「エル、恵那からメール。今日明日は合宿だって。言うの忘れててゴメン、だと」

 恵那としても黎斗のアパートに住み込むことが決まったのも突然だったわけだし連絡を忘れるのもしょうがないか。ちゃんと連絡くれただけ御の字だと黎斗は彼女に感謝した。

「恵那さん今日は居ないんですか…… やっぱり少し寂しいですね」

 恵那が居れば停電して暗い雰囲気でも明るくしてくれたかもしれない。そんなことを思いつつ再び外に意識を向け、彼はようやく気がついた。

「ははっ…… ホント情けないなこりゃ」

 思わず自嘲してしまう。

「? マスター?」

 こんなにも、明確な気配を見逃していたことに。

「エル、外の気配、探ってみ」

 呪力、魔力、神力の濃厚な気配。かなり、いや、すごく強い。意識を研ぎ澄ませれば圧倒的な死のオーラを感じ取れる。
 これに今に至るまで気付かなかった自分は本当に平和ボケしすぎている。

「……!?」

 絶句するエル。

「明日から二人。仲良く修行ね」

「そうですね…… 正直、鈍りすぎてて笑えません……」

 索敵がこれだけ出来なくなっていると、黎斗にもし「流浪の守護」が無ければ、つまり相手に対し絶対的な隠密能力を持っていなければ。相手に容易く奇襲を許してしまいかねない。
 決意してから数時間と経たないうちにこの有り様。まったくもって、笑えない。
 だが、今は反省している場合ではない。
 闇の中目立たないように紺色の服とジーンズに着替え、更にその上からバレないように冬物の黒いコートを羽織る。エルを肩に飛び乗らせ扉をしっかり施錠する。防犯は大切です。準備万端。監視の目が無いことを一応確認し彼は夜空へ飛び立った。
 認識阻害と消音。二つの術をかけた黎斗は、忍者よろしく屋根の上を疾走する。消音の呪のおかげで、音は気にしなくてすむ。ソニックムーブを起こさないギリギリの速度で気配を強く感じる方向へ。状況が掴めない今、権能の発動は抑える必要がある。移動は自らの足で行った方が安全だろう。

「まぁ、順当に考えれば今ドンパチやってるのは護堂とアテナかな」

 護堂が何の神の権能を簒奪したのか、黎斗は知らない。しかし最近と聞いているので、おそらく一柱。果たしてあの女神を倒せるのか。黎斗は否と考える。彼女は新米のカンピオーネの相手にしては強大すぎる。手負いだったとはいえ、複数の権能を持っていた黎斗ですらかつてはあの女神を前に逃亡を余儀なくされたのだ。

「あの金髪の女の子も、かなりの手練れだと思います。アテナ様が本気で挑まない限り、あの方々は敗北なさらないでしょう」

 アテナ。昨日すれ違ったときのあの違和感はいったい何だったのだろう?今でこそ感じられないが、あの時感じた妙な気配が気になる。エルと会話しながらも黎斗の焦点はそこにあった。

「会って、確かめるしかないか」

 




 黎斗は足の裏に魔力を込め、跳躍。この事件の火消しに奔走しているらしい人間達(役人なのだろうか?)を眼下にひと息で越える。電柱の上を跳ね、ビル群を易々と飛び越え、壁を垂直に爆走する。その速度、方法共に常軌を逸していた。
 故にエルは思う。特撮物の撮影と誤解されかねないこの非常識な行動。もしかしたら認識阻害をする必要はないのではないだろうか。この光景を見た人間全てが自分の目を疑い、まばたきをする頃には黎斗はもうその場にはいない。よって彼らは自らが見た光景を目の錯覚として処理するだろう。
 更に黒いコートを羽織っておりご丁寧にフードまでした黎斗の顔を見ることは至難の技だろう。術者にしたところで黒コートの怪人、という認識で済むような気がする。黎斗=黒コートの怪人、と推測するのは厳しいだろう。わざわざ認識阻害なぞしなくてよい、と。
 黎斗曰わく警察の能力を舐めたら足下をすくわれる、らしいが本当に黒のコートという手がかりだけで犯人を絞れるものなのだろうか。生のほとんどを幽世で過ごしてきたエルにはそこの感覚がわからなかった。必要ないと思い話してもなお主が必要と判断したということは、きっと必要なのだろう。エルには強引に納得する他はない。自らのマスターたる黎斗にエルは全幅の信頼を置いている。

「……認識遮断、もうワンランク上げるよ」

「マスター、わざわざそこまでなさらなくても」

「こっから先にいる術者はそれなりに強いっぽい。現状で突破しようとすれば多分彼らも違和感を感じる。違和感与えるのは得策じゃないかなと思ってさ」

 どうやら主は完全に自身の情報を秘匿したいらしい。魔王らしく堂々介入すればいいのに、と思いながらも返す言葉は決まっている。

「わかりました。全てはマスターの望むがままに」




 「ありがと」と声を発した黎斗は認識遮断を一段階上昇させ、速度も更に上げて走る。ソニックブームを防ぐ術を知らないため、風操作の術で代用。ただし使い慣れないため調子に乗ってスピードを出し過ぎるわけにはいかない。
 術者の真後ろを何回か通ったがそよ風すら吹かず認識不可とあれば彼らが気付かぬのも無理はない。
 川上を走り足に魔力をこめる。壁を踏みしめひときわ高いビルの屋上に飛び降りた。

「やーっと、見つけた……」

 魔王の見下ろす先にいるのは、新しき魔王と戦の女神。

「あぁ、あっちに他の皆様はいらっしゃるのね」

「あちらの方々が神と魔王の戦いに介入するのは些か厳しいかと」

「だよねぇ…… やっぱバレるの覚悟で援護するか……?」

 折角ここまで気付かれずに来たのだから最後まで影でありたい、と思うのだがそんなちっぽけな願望のために友達をほったらかし周辺地域の被害を無視するというのは外道だろう。

……「来い、古より畏れられし神殺しの神槍」

 言葉が紡がれると同時に、黎斗の影が水面のように揺らめいた。影の中に棒が浮かび上がる。彼によって引き抜かれたソレは幾星霜もの時を経て、すっかりボロボロになってしまった長い木の棒にしか見えない。呪力など欠片も発さず、軽くふっただけで壊れそうだ。

「思い出したまえ。呪われしものどもを罰し」

 黎斗が言葉を発するたびに、棒に亀裂が入っていく。

「主、憐れみたまえ」

———瞬間、棒が砕けた。内部より漆黒の長柄物が現れた。数世紀の時を越え再び神殺しの槍が顕現する。

 飾りの全くない質素な槍が黎斗の手に収まる。二メートルくらいだろうか。流浪の守護を展開してさえいなければ地上の二人も気づいたであろう、凶悪な程の呪力。所有者に栄光をもたらすと伝えられるそれは名をロンギヌスという。

「……流石にメンテ必要だったか。まさか棒きれに戻ってるとはね」

 苦笑いをしながら、ロンギヌスを軽く振り異常が無いことを確認する。

「少なくともここ四百年は使っておられませんでしたししょうがないと思います」

「さて、いきま……え?」

 いざ行かんと下を眺めた黎斗は予想外の光景に目を丸くした。

「光の……剣?」

「……あれ絶対ヤバいですよ。傍目に見てこれだけ危険なんだから…… あれ? もしかしてアテナ様負けた?」

「流石にそれはない……だろう、うん。大打撃受ける程度じゃないかな? 多分。なにあの剣……」

 顎が外れたように見つめることしか出来ない主従。いざ援護しようとした矢先、意味不明な剣により戦局がひっくり返りそうな気配だ。神や魔王の戦いは不条理であるとはいえ、目の当たりにすると驚きを通り越して呆れてしまう。

「神力を直接攻撃したのか? ゲームで言うならMP攻撃? それとも特殊能力破壊?」


 幽世で引きこもりをやっていた黎斗は、まつろわぬ神と戦った事は数あれど、同族たるカンピオーネが戦うのを噂で聞いたことはあっても、傍観者として見るのはこれが初めてだ。やっぱり傍観者になってみると迫力が凄い。最初に見た他人の権能が非常に強力であったが故に、我を忘れて二人の戦いに見入ってしまうことになってしまった。





「護堂、強いね」

 我を取り戻し、感心したように呟く黎斗。何の権能か依然彼にはわからないが光り輝く剣がアテナの神力を大幅に減らしてしまったことにより互角の争いを繰り広げる両者。急いで来る必要なかったのではなかろうか。なんとかなりそうだ。そう思いながらアテナの方を見る。流石と言うべきか、予想以上にしぶとかった。

「あー、アテナの方が余力あるっぽいなこれ」

「護堂様は善戦なさっていると思います。しかしアテナ様は闘神でもあらせられる。一枚上手なのはやむを得ないかと」

 介入するか。黎斗は考える。いくら鈍っていたとしても、ここで彼が参戦すればおそらくアテナには勝てる。だが、それでよいのか。

「護堂にも強くなってもらった方がいいよねぇ。なんかこれからも多くのトラブルに巻き込まれるような気がするし」

「正体がバレるのがイヤだから介入しない、とは流石に言われませんね」

 どことなくからかうようなエルの声。

「あたりまえですー バレたら幽世に戻るだけで済むっつーの。そんなことで友達見捨てませんー」

 方針はここに決定した。傍観である。ただし護堂が危なくなったら即座に介入する。彼にはこの先生き残るため、まつろわぬ神を安定して倒すための戦闘経験が必要だろう。
 アテナが有利な状態を維持し続けられるか、護堂が会心の一撃を与えるか。パッと見、前者に見える。
 先に動いたのは、護堂。なにかを呟いた、と思えば突如空が明るくなり、天から太陽が降ってきた。

「え? えー!?」

 慌てる黎斗。護堂は一柱の神から権能を簒奪したのではなかったのか。

「複数を扱うタイプの権能ですか…… 条件型? 代償型? 複数タイプでこれだけ強大ならノーリスクなんて甘い話はないでしょうし」

 これでノーリスクだったら酷すぎる。光り輝く剣とこの太陽を乱発されれば黎斗だって負けかねない。とくにあのチートじみた剣。しかし剣を連続使用してこないあたり一回使ったらインターバルが何日か必要なのだろう。

「っはー…… マジかよ、あの女神サマ太陽防いでるよヲイ…… この人たちこわい。苦手だろうになんで防げんのよ」

 アテナが必死に防いでいる様子を見る限り、これが正念場なのだろう。護堂も流石にこんな大火力技を複数持ってはいないだろう。というか、持っていたら自分の立場が無い。黎斗は大火力を一つしか持っていない。

「この調子だとアテナが防ぎきって護堂の負け、か。……悪いねアテナ。介入させてもらうよ」

 七大天使・サリエルの権能、「我が前に邪悪無し(オンリー・ザ・シャイニング)」を発動する黎斗。エルが面白がってつけた名前だが、長くてかなわないため結局黎斗もエルもこの名で呼ばない。サリエルが邪眼を持つ天使として有名なため邪眼で意味が通じるからだ。「名付ける意味ありませんでしたね」とエルが苦笑いをしたのは懐かしい記憶だ。黎斗が二番目に――この世界に来てからは最初だが――に手に入れた権能である。
 能力は明快。視界内の呪術の一切を無効化。任意で無効化の対象から外すこともできるが基本的に無差別無効化だ。多くの権能は莫迦らしいほどに強大すぎるため、無効化こそできないものの視界内に捉えている限り弱体化させ続ける。手軽で単純、特に魔術師に対し凶悪な効果を発揮するので使い勝手がよい。守りの鬼札。「流浪の守護」のおかげで権能を発動させても他者に気付かれることはない。この程度の神力なら流浪の守護で隠蔽が可能なのだ。
 狙うは、アテナが現在進行形で展開している闇の守り。






「ははっ・・・!! 勝負あったな、草薙護堂よ、妾の勝ちだ!!」

 額に汗を浮かべながらも、アテナは高らかに宣言する。敵の真の切り札が"白馬"であることなど叡智の女神たる彼女にはお見通しだ。防ぐのに十分すぎるほどの余力を残してきた彼女は、その力をもって太陽を防ぐ。
 今でこそ敵は猛攻を仕掛けてきてはいるが、これさえ耐え凌げば敵にもう彼女への有効打が存在しない以上勝利は決まったも同然。敵の従者が持つ剣も余裕を持って防ぎきれる。この太陽もじきに弱まり消滅する。その時が最大の勝機。
 アテナの読みと判断は正しい。
———この場に水羽黎斗という存在がいなければ。

「……!?」

 背筋に突如、悪寒が走った。誰かが、自分を見ている。この感覚は昔にもあった。忘れもしない、自分の前から平然と逃亡したあの神殺しの時と同じもの。たしかこの視線は術を弱体化させてしまう。
 支える足場が、少しずつ、少しずつ崩れていくような、そんな不安な気分にさせられるこの感覚。自身を纏う力が、だんだん消失していく。

「この感覚は、まさかッ……!?」

 思い出すのは、ディオニュソス(みうち)の力で自身を蹂躙した最悪の少年。彼が、居る?

「これで終わりだ!」

 思わず戦場の外へと意識が飛ぶ。そしてそれを逃すほど草薙護堂は甘くない。

「……しまった!!」

 アテナの思考はそこまでだった。
 いつの間に刺さったのだろう? 胸を貫くのは獅子心王の剣。しかし、それはあくまで切り札を通すための布石にすぎない。
 均衡を保っていた太陽と闇。そのうちの片方が弱体化したらどうなるか。均衡が崩れたことにより莫大な熱量が彼女を襲う。
 アテナを、太陽が飲み込んだ。その輝きは辺り一面を焼き尽くさんばかりに眩く、誰も目をあけていられない。






「……まぶしー。なにあのふざけた太陽。代償支払った形跡ないっぽいしケンカ売ってんの?」

 どことなく拗ねた口調の黎斗。彼の戦闘系権能は単純な破壊力なら先ほどの太陽を上回るものもあるものの代償が洒落にならない。使いどころを間違えただけで死亡しかねないハイリスクハイリターンな力。ノーリスクである(ように見える)護堂の権能を見て理不尽を感じるのはやむなしといったところだろう。

「でもまぁ、これで終わったね。……しっかし鈍ったなぁ。ヤバいかも」

 苦虫を踏み潰した表情の黎斗。原因は邪眼だ。
 邪眼の消去効率が悪すぎる。現役時代の半分にも満たないのではないだろうか? おまけに視界内の全てを無効化する筈が対象のみの無効化、と性能自体も全盛期とは雲泥の差。これでは凹んでも無理はない。

「須佐之男命様との試合では大抵能力使用しないで戦っていらっしゃいましたものね」

 エルはある程度この状況を予想していたらしい。言葉に淀みがない。

「サリエルでこれなら他も推して知るべし、か…… アーリマン、ツクヨミ、ディオニュソス辺りはリハビリだなこりゃ」

「ですね。でもスーリヤ様、テュール様みたいな代償が致命的なのはどうなさるおつもりですか?」

「うーん、昔の勘を取り戻せたらなんとかなると信じよう、うん」

 黎斗が挙げた権能はエルが口にしたものと異なり制限が無い、又は比較的軽いものばかり。これらから少しずつ実力を取り戻していこうと心に決める。現状では武術でこそ勝てても権能が原因でまつろわぬ神に負けかねない。

「まったく、今日は反省が多いなぁ。課題も山のように見つかるし散々」

「気づかないよりはよろしいかと」

 エルの言うとおり発見できてよかったのだろう。戦闘中の誤算は敗北に直結する。即ち、死。そう思い直した黎斗はロンギヌスをしまい未だ騒がしい現場を眺める。

「……護堂、お疲れ様」

 最後に一言呟き、黎斗は踵を返す。見られないように帰る必要があるのだ。無事帰宅できるまで、気を抜くことは許されない。更にこの場には実力者が犇めいているのだ。難易度は到着時よりも跳ね上がっていてもおかしくはない。認識阻害を念入りにかけ、慎重に、しかし迅速に。
 あらゆる建築物倒壊し、融解し、粉砕され、クレーターが出来てしまった戦場を背景に、一人と一匹はこっそりその場を後にする。









「……マスター」

「ん?」

 エルの声に上機嫌な声音で返事する。よくよく考えれば100%望んだ通りとは言わないがそれなりに望んだ結果を手に入れたので気分は爽快だ。

「夜、あけますね」

「あぁ、そうだね」

 やっぱり、夜明けは綺麗だ。太陽が夜闇を切り裂き万物を照らす。ああ、今日も新しい1日が始まる。

「新しい、一日……?」

 頭から冷や水をぶっかけられたかのように、瞬間的にテンションが下がった。顔色がどんどん悪くなっていく。

「て、徹夜……?」

 そんな馬鹿な。せいぜい数時間の筈だ。いつの間にこんな時間が過ぎた?

「マスターが迷子になった時間、プライスレス。夜の町、しかも見知らぬ地域なら仕方ないかもしれませんがカイム様の権能を使えばよろしかったでしょうに。妙な意地はるから……」

 エルの声も耳に入らない。このままだと、授業で寝てしまう。というか、宿題が終わっていない。———それ以前に現在何処にいるのかすら、わかっていない。

「いやああぁ!!!?」

 雄鶏の鳴く直前、黎斗の絶叫が周辺地域に響き渡った。 
ページ上へ戻る
ツイートする
 

全て感想を見る:感想一覧