| 携帯サイト  | 感想  | レビュー  | 縦書きで読む [PDF/明朝]版 / [PDF/ゴシック]版 | 全話表示 | 挿絵表示しない | 誤字脱字報告する | 誤字脱字報告一覧 | 

フルメタル・アクションヒーローズ

しおりを利用するにはログインしてください。会員登録がまだの場合はこちらから。 ページ下へ移動
次ページ > 目次
 

第186話 良いも悪いもロリコン次第

「ジェッ……ジェリバン将軍っ!?」

 予期せぬタイミングでの来客に、救芽井は思わず声を上げる。他の皆も、少なからず驚いているようだった。
 突如眼前に現れた、ブラウン色のスーツを纏う大男は彼らの様子を一瞥すると、病室の中へ静かに進み出る。

「――失礼する。さ、姫様」
「う、うん」

 その後ろでは、小柄な長髪の美少年――じゃなくて美少女が続いていた。最初に会った頃の活発そうな振る舞いとは裏腹に、今の彼女はまるで、お通夜に参列しているかのように暗い。まぁ、実際お通夜になる寸前ではあったんだけどな。

「道が空いているおかげで、予定より随分と早めに着いてしまってな。驚かせてしまったようで、申し訳ない」
「……いや、別にいいさ。それより、決闘がもう必要ないってのは、どういうことなんだ」
「その前に私個人としては、身を挺して姫様を救って頂いたことについて御礼を申し上げたかったのだが――どうも貴殿にとっては、それよりも決闘の件の方が余程重要なことであると伺える」
「済んじまったもんをいつまでも引きずったって、過去は変えられないからな。ダウゥ姫をあの時助けられたと言っても、次の再試合であんたに勝たなきゃ意味がなくなる」

「……ないのだよ。再試合など」
「なんだと?」

 俺から視線を外し、ジェリバン将軍は天を仰ぐ。
 再試合がない。その言葉が意味するところを理解した瞬間、俺は自分の身体が赤みを帯びた鉄板のように、徐々に熱くなっていく錯覚を覚えた。

 将軍本人に、もう一度戦おうという意思がない。つまり、決闘による判断が無意味になったということか。
 ラドロイバーとやらの存在が発覚したことで、それどころではなくなった? いいや、それなら彼女の件が片付いた後に再試合を行えばいい話じゃないか。
 彼女を捕まえれば決闘をせずともダスカリアンは平和になる? 違う、彼女を取っ捕まえたところで、民衆の憎しみの矛がアメリカ陸軍に向かうだけだ。そんなことになったら、世界最強の軍を相手にした国際紛争に発展する危険性すらある。ダスカリアンに、勝ち目などない。
 それに、この決闘の主旨は「単騎で将軍を超える存在が日本にいることの証明」なのだから、俺と将軍が戦わなくちゃ意味がない。将軍だって、それはちゃんとわかっているはずだ。

 ……要するに。

「不戦勝で終わりにするつもりなのか、あんたは」
「当然だろう。貴殿の身体のことや御家族が負った痛みを鑑みても、そうするのが自然だ。それに、我々は非常に金欠でな。ラドロイバーという女が捕まるまで、静かに待っていられるような滞在費は持ち合わせてはおらん」
「ふざけっ――ゴ、ガハッ!」
「りゅ、龍太っ!」
「ダメよ龍太君ッ!」
「先輩ッ!」

 身体の芯から熱くなっていく感覚に身を委ね、将軍につかみ掛かろうとした俺は――喉の奥から込み上げる吐き気に襲われる。そして、ふらついたところを救芽井と矢村、四郷の三人に支えられながら、咄嗟に口に当てた両手には――赤い液体が花のように広がっていた。

 ……滞在費が足りないなんて、口実だ。そんなもん伊葉さんにたかれば、いくらでも手に入るはずなのに。
 結局のところ、不完全な人工臓器で辛うじて生かされている程度の俺など、相手にできないということか。それで、将軍の判定勝ちで終わりにしようってのか。
 ――そんな馬鹿なことが、あるか!

「ゴホッ、オゥッ……!」
「龍太君っ、動いちゃダメよ……お願いだから、ねっ?」
「先輩、しっかり……」
「あうぅ、龍太、龍太ぁ……」

 救芽井は俺の背中を摩りながら、優しく諭すように語りかけて来る。俺をリラックスさせようと必死に笑顔を作っているようだが――強張った顔と、背中の手から感じる震えを隠せるだけの余裕はないらしい。
 四郷も俺の胸を撫でて落ち着かせようとはしているが、たどたどしい手つきを見るに、彼女も動揺を隠し切れていないと見える。
 一方、矢村の方はそういう「形」を作れるだけの余力もないらしく、大粒の涙をとめどなく流しながら、懸命に俺の口元を紙で拭っていた。
 「誰かを助けに行くため」のレスキューヒーローがこんな腫れ物扱いじゃあ、確かにもう一度戦おうなんて意思はなくなっちまう……かも、な。

 ――だけど。それでも、だ。

「ハァッ、ハッ……お、俺を誰だと思ってる。誰だと思ってやがる。あんたが勝てなかった瀧上を倒した、『救済の超機龍』なんだぜ。こんなもん、ちょっと休んで治したらちょろいもんさ」
「その『ちょろい』という怪我は、最新鋭の医療システムを以って、一ヶ月以上もの時間を掛けて集中治療を行っても癒えぬものなのか? 貴殿の人となりはそれなりに聞き及んでいるつもりでいたが、これは想像以上だな」
「ハッ、褒めてるんだかバカにしてるんだか」
「褒めているともさ。貴殿が我が国の兵ならば、勲章二つでも足りない程にな。それゆえに私は、その身を犠牲にし過ぎる精神を良く思うことが出来んのだ」

 将軍はあくまで、俺と戦うことを避けるつもりでいるらしい。
 ……確かに、今の俺じゃあまともな勝負を成立させることも難しいだろう。でも、だからって、こんな終わり方ッ……!

「さて……カズマサ殿。イチレンジ殿に重傷を負わせた、あの鉄骨の元凶――以前聞かせて頂いた人物に間違いないのか?」
「うむ。既に彼女によるものと思しき情報は出揃っている。この町に潜伏している可能性も高い」
「――エルナ・ラドロイバー、か。真に討つべき敵が、ようやく見えたということだな。我が国が消え行く前に是非、私にも一矢報いさせて頂きたい」
「気持ちは尤もだが……しかし」
「民の無念を僅かでも晴らすためだ。それに、姫様を残して果てるつもりはない」
「『銅殻勇鎧』をあなたに渡したのが陸軍の部隊だったのなら、彼女が絡んでいたことも考えられるわ。……あなたのデータは、ほぼ筒抜けだと思った方がいいわよ」
「……構わんさ。データなどという、机上の空論ごときに簡単に負けるつもりはない」

 ――と、俺が憤る一方で、将軍はラドロイバーとの対決を決意していた。もう俺との決闘など、とうに忘れてしまったかのように。

「イチレンジ殿。決着こそ付けられなかったが……貴殿という武士(もののふ)と戦えたことを誇りに思う。これからは、私達よりも救うべき人々のために――その力を尽くして欲しい」
「……そう、だよ。もういいよ……いんだよ、ジャッ――イチ、レンジ」

 既に本人の中では「終わったこと」という扱いなのか――こちらに向き直る将軍の顔は、やけに穏やかだ。とても、これからもう一度戦う相手を見る目とは思えない。
 その将軍の傍で、敵意を感じさせない表情を見せるダウゥ姫も、いつしか俺をジャップと呼ばなくなっていた。上目遣いでこちらを見つめるその姿は、戦いを止めることを哀願しているようにも伺える。
 ――そんなに、俺が哀れか! そんなに、戦おうとする俺が見苦しいのか! だけどな、それでも俺はッ……!

「どうしても、もう一度決闘をやり直したい――きちんと強さを証明して、ダスカリアンの崩壊を阻止したい。それが、あなたの意思なのね?」

 その時。
 無様に決闘を続行しようとしていた俺に、鮎美先生はゆっくりとした口調で問い掛ける。一つ一つの文言を、確実に伝えようとするかのように。

 俺はその問いの意味を考えるために数秒の時間を掛け――やがて、言葉通りに受け取ることに決め、深く頷いて見せた。
 彼女はそんな俺に食い入るような眼差しを真っ向からぶつけて、その意思を確固たるものと認め――次に、妹の方へと視線を移す。姉の真摯な瞳を目の当たりにして、四郷の表情もより引き締まったものになった。

「鮎子。あなた、龍太君のこと――好き?」
「……ッ! ……す、好き。それが何?」
「龍太君のためなら、何でも出来る?」
「……出来る。先輩のためなら、命だって上げられる。ボクの全部、先輩に捧げられる」
「本気ね?」
「本気よ」

 ほのかに頬を赤らめる妹と、その意思を深く問い詰める姉。そんな姉妹のとんでもないやり取りに、救芽井と矢村は揃って顔を赤くして眉を吊り上げ、伊葉さんと古我知さんは何事かと顔を見合わせ、久水先輩は深くため息をつき、将軍はあわあわと真っ赤な顔で視線を泳がせるダウゥ姫の隣で、静かに成り行きを見守っていた。
 俺が好きとかどうとか、それが決闘の話にどう繋がるというのだろうか。ていうか、ここでそんなカミングアウトされても俺はどんな顔をしたらいいかわからないんだが。笑えばいいのか? いいわけあるか!
 だいたい、俺が今の四郷とそんなことになったら絵面的には完全犯罪――

「そう。なら、十分だわ。あなたはなにがなんでも、龍太君のために生きたい。そういうことなのね」
「……当然。でも、それが何……?」
「龍太君。あなたの身体から失われた耐久力を、急ごしらえでも十分にカバーできる新装備があるわ。ラドロイバーに対する自衛も、将軍との再試合も……まぁ、形だけなら可能になるはずよ」
「なッ!?」

 ――というところで、再び四郷から俺へと視線を戻した鮎美先生は、思いがけない話を持ち込んできた。将軍との再試合ばかりか、ラドロイバーとの戦いも可能になる……だと?
 ありがたい話ではあるが――まさかこの期に及んで、「救済の超機龍」に兵器を取り付けようって寸法じゃないだろうな?

「そんな顔しないで頂戴。兵器になりうるかどうかは、あなたの運用次第よ。将軍も、龍太君が『瀧上を倒した者として恥ずかしくない強さ』を持っていれば、決闘をナシにする理由はなくなるのよね?」
「む……確かに。しかし、そんな装備をすぐに用意できるのか? ラドロイバーとやらの次の襲撃が、いつになるのかもわからないというのに……」
「前々からの『作り置き』があるのよ。憎たらしくて、何度でもスクラップにしてやりたくなるような、『作り置き』がね」

 そんな俺の意図を顔色から読み解きながら、鮎美先生は将軍の返答に対し、バツが悪そうな表情を見せる。
 そして、俺に向かって仁王立ちになると――改まった面持ちで、高らかに宣言するのだった。

「こうなったらスクラップにする前に、使い物にならなくなるまで使い潰すわよ。……『二段着鎧(にだんちゃくがい)』を、ね」
 
次ページ > 目次
ページ上へ戻る
ツイートする
 

感想を書く

この話の感想を書きましょう!




 
 
全て感想を見る:感想一覧