[同盟上院議事録~あるいは自由惑星同盟構成国民達の戦争~]の小説情報

あらすじ
 メリトクラシーの名を騙る寡頭専制主義と人治主義国家であるゴールデンバウム朝銀河帝国に対抗し、人類の生存圏を二分する自由惑星同盟。
その成り立ちは、その名の通り独立した国家群による国家間の経済・治安の互助を目的とした条約であった。
 やがて、それは強力な軍閥連合である貴族とそれを束ねるカイザーが送り込む星間機動戦力に対抗する為、国家と国民の主権擁護の為の条約機構となり、戦時下の必要性に応じ、自由主義と民主主義――それについても多様な解釈があるが――とハイネセン神話を象徴としたナショナリズムプロパガンダによって国家意識が形成されるに至った。
 だがそれは共和国の主権を否定するものではない。自由惑星同盟の歴史において改革論者であろうと保守主義者であろうと最高評議会の最大抵抗勢力として上院が立ちはだかった事がその証明である。
 上院は下院よりも歴史が古く正式名称はGeneral Assembly of the Aliance Commissioners……同盟弁務官総会である。
彼らは同盟憲章制定の為の加盟共和国利益代表者たちの集まりとして産まれ。その性質上、彼らは【同盟の民意】ではなく【加盟共和国の利益】の代表であった。
彼らは常に戦時下において増長する中央政府と地方政府間の闘争を行ってきた。辺境を盾にしたバーラト・エリートの嘯く【距離の防壁】論への猛抗議を辺境星系の議員達が行い。国粋主義に対してフェザーン航路星系の亡命者二世が異議を唱え。軍事への無制限の出費に中枢都市星系が反発した。
 上院が常に一致団結するのは構成国の権利への侵害のみであり、それ以外については選挙でどれほど特定の党派が大勝しようとも、意見が一致したことはなかった。彼らは加盟国民より公選された外交官であり、党派主義以上に地域主義の伝統に対し忠誠を誓っているからだ。
 イゼルローン要塞が陥落し、構成国と主権者達に選択肢が選ぶ余裕が生まれ、自由惑星同盟はその在り方を問われている。
【共和国の外交官】達は長い戦争の合間に訪れた政治の季節に向け、動き始めていた――。

※この小説はらいとすたっふルール2015年改訂版に従って作成しています。
即ちその二次的著作物が特定の宗教・思想あるいは政治団体の宣伝もしくはそれらへの批判を目的としたものではない点を強調させていただきます。
種別 連載〔全9話〕
年齢制限 なし
文字数 42,110文字
1話当たりの平均文字数 4,678文字
掲載日 2020年 08月 25日 22時 17分
最終投稿日 2020年 10月 18日 00時 05分
感想 5件  ⇒感想ページを見る
総合評価(話別評価除く) 38pt
総合評価 79pt
作品(文章)評価 平均:4pt 合計:8pt (2人)
作品(ストーリー)評価 平均:4pt 合計:8pt (2人)
話別評価 平均:4pt 合計:41pt (12人)  ⇒話別評価内訳を見る
お気に入り登録 11件
完結設定 連載中
警告キーワード オリ主
キーワード 政治家 議員 民主主義 趣味 練習
原作 銀河英雄伝説
ジャンル SF
作品の傾向・要素 国家/民族 
時代/世界/舞台 未来 
主要登場人物 サラリーマン