小説検索

 
※作者様のニックネームでその作者様の作品を検索できます。
  •  R-15 
  •  オリ主 
  •  神様転生 
  •  BL 
  •  百合 
  •  残酷な描写 
  •  アンチ 
  •  ヘイト 
  •  短編 
  •  長編(連載中) 
  •  長編(完結) 
  •  多作品の作者の小説 
  • [多作品の作者とは?]
  •  R-15 
  •  オリ主 
  •  神様転生 
  •  BL 
  •  百合 
  •  残酷な描写 
  •  アンチ 
  •  ヘイト 
  •  短編 
  •  長編(連載中) 
  •  長編(完結) 
  • 話数
  •  / 
  • 文字数 文字
  •  / 
  • 1話当たりの平均文字数文字
  •  
 
 
 
< previous12

Page 1 of 2, showing 10 records out of 15 total, starting on record 1, ending on 10

 
志士の怪談 完結(全 4話)
(作者:坂田火魯志
最終掲載日時: 2023年 01月 30日 22時 54分
前日PV: 4 /  前日UA: 4 /  当日PV: 0 /  当日UA: 0 /  累計PV: 2,328 /  累計UA: 1,824
作品評価: 0pt (0人) +  お気に入り評価: 0pt (0人) =  総合評価: 0
作品評価: 0pt (0人) +  総各話評価: 0pt (0人) +  お気に入り評価: 0pt (0人) =  総合評価: 0
文字数: 3,882 / 1話当たりの文字数: 970
一般: 歴史  / 文学  / 江戸時代  / 志士  / 怪談  / 幽霊  / 妖怪  / ほのぼの  / 京都 
 西郷隆盛が都の怪談の話の多さと種類に大いに驚きその後で坂本龍馬と会った時に話すことは。幕末の変わったお話です。
恐怖を味わった高校生 短編(全 1話)
(作者:南 秀憲) (原作名: オリジナル作品
最終掲載日時: 2018年 02月 19日 22時 07分
前日PV: 18 /  前日UA: 14 /  当日PV: 0 /  当日UA: 0 /  累計PV: 896 /  累計UA: 834
作品評価: 0pt (0人) +  お気に入り評価: 0pt (0人) =  総合評価: 0
作品評価: 0pt (0人) +  総各話評価: 0pt (0人) +  お気に入り評価: 0pt (0人) =  総合評価: 0
文字数: 12,538 / 1話当たりの文字数: 12,538
一般: ホラー。怪談。幽霊。短編。霊。死人。超能力。地縛霊。テレパシー。怪異。 
エブリスタ、カクヨムに投稿。  瞬きをした瞬間、勉には見えたのだ。司書の吉田さんの隣に、両目が胸元まで落ち体が半分以上溶け出した異様な姿の人間が、座っている。皮膚が溶けて赤い筋肉組織が露出し、かすかに骨すら見えている。勉の隣には、すでに骨だけになっていて、クモの巣に覆われた骸骨が座っている。二人とも美味しそうに生温い水を一気に飲み干し、満足げに椅子の背にもたれているのだ。 気味が悪いが、無視することにした。 (二人の死人は、何の目的があってここに座っているのだろう?) ……勉の思考は、ここで唐突にさえぎられた。吉田さんのなせる超能力だろうか? 彼女は、右側が少し上に歪んでいる口を動...
俺の見る悪夢 短編(全 1話)
(作者:南 秀憲) (原作名: オリジナル作品
最終掲載日時: 2018年 02月 19日 17時 25分
前日PV: 17 /  前日UA: 13 /  当日PV: 0 /  当日UA: 0 /  累計PV: 768 /  累計UA: 747
作品評価: 0pt (0人) +  お気に入り評価: 0pt (0人) =  総合評価: 0
作品評価: 0pt (0人) +  総各話評価: 0pt (0人) +  お気に入り評価: 0pt (0人) =  総合評価: 0
文字数: 6,529 / 1話当たりの文字数: 6,529
一般: 悪夢。死体。短編。怪談。幽霊。悪魔さん。恐怖 
小説家になろう、エブリスタ、カクヨムに投稿。  俺は、誕生日からきっかり九日間、昼間でも夜でも眠ると必ず悪夢を見てしまう。 でも、悪夢は定期的ではなく、俺が忘れてしまった頃をまるで見計らったように、突如として訪れるのだ。 二十九歳で独身の今の俺に、悪夢の魔の手が及んだのだ。 地下鉄に乗っていた俺の瞳に映ったのは、何かにおびえて、両手を頭の上に突き出し、カーと充血した眼をこれ以上は無理なぐらいに見開き、何かを訴えるような半開きの口をしている死体になった乗客達だ。  パニクり恐怖で気が動転している俺は、新大阪駅で降りて、長い商店街を死体に足をとられ、転倒しながら走り抜け、気が狂...
二度も殺されたタクシー運転手 短編(全 1話)
(作者:南 秀憲) (原作名: オリジナル作品
最終掲載日時: 2018年 02月 19日 16時 05分
前日PV: 17 /  前日UA: 14 /  当日PV: 0 /  当日UA: 0 /  累計PV: 894 /  累計UA: 870
作品評価: 0pt (0人) +  お気に入り評価: 0pt (0人) =  総合評価: 0
作品評価: 0pt (0人) +  総各話評価: 0pt (0人) +  お気に入り評価: 0pt (0人) =  総合評価: 0
文字数: 5,737 / 1話当たりの文字数: 5,737
一般: ホラー  / 、恐怖、  / 殺人、  / 真面目な人、  / 幽霊、  / 怪談、  / 怪異  / 、万人向け、  / 短編 
小説家になろう、エブリスタ、カクヨムに投稿。  私は悲しいことに六十三歳である。何が悲しいのかと言うと、六十三を六と三に分解すれば【むざん】と読めるからだ。  縁起でもない嫌な語呂合わせだ。  私は、二人組のタクシー強盗をどうしても許せなかった。そこで、自ら鳥取警察署に出向いて、彼らの行状を目撃者として訴えてやると、四日後に米子≪よなご≫でお縄になったと、駅前で買った新聞に大きく顔写真入りで掲載されていた。どこで手に入れたのだろうか、私の三十代の顔写真も一緒に……。というのも、私の属するタクシー会社には、不鮮明な顔写真しか出せていなくて、何度も、鮮明な顔写真を提出するように言われてい...
アルバイトで自分自身に遭遇した大学生 短編(全 1話)
(作者:南 秀憲) (原作名: オリジナル小説
最終掲載日時: 2018年 02月 14日 12時 05分
前日PV: 18 /  前日UA: 15 /  当日PV: 0 /  当日UA: 0 /  累計PV: 997 /  累計UA: 947
作品評価: 0pt (0人) +  お気に入り評価: 0pt (0人) =  総合評価: 0
作品評価: 0pt (0人) +  総各話評価: 0pt (0人) +  お気に入り評価: 0pt (0人) =  総合評価: 0
文字数: 4,890 / 1話当たりの文字数: 4,890
一般: 怪談、恐怖、ドッペルゲンガー、アルバイト、短編、ホラー、自分自身に遭遇、 
 小説家になろう、エブリスタに投稿。   僕は、まだこの仕事をして四ヶ月なのに……。どの企業に行っても、同じようなことを聞き始めた。 「二年前にも、君はきたじゃないか!」 大阪営業所は二年ほど前にできたらしいので、そのころからいる人達に、僕に似た人がいませんでしたか、と尋ねても、皆、首を横に振って否定した。 僕は、三ヶ月ほど前に訪問した企業も再度アポとりに挑戦したのだ。だが、どこの企業でも、 「君が去年きた時にはっきり断ったのに!」 と、けんもほろろに馬鹿にされた。三日目には、入社して間もない頃に、数多アポをとれた新大阪付近の企業に行ってみると、「つい三十分ぐらい前にきた...
サメに手足を食いちぎられた恐怖の魚釣り 短編(全 1話)
(作者:南 秀憲) (原作名: オリジナル小説
最終掲載日時: 2018年 02月 14日 11時 21分
前日PV: 18 /  前日UA: 15 /  当日PV: 3 /  当日UA: 3 /  累計PV: 1,128 /  累計UA: 1,089
作品評価: 0pt (0人) +  お気に入り評価: 0pt (0人) =  総合評価: 0
作品評価: 0pt (0人) +  総各話評価: 0pt (0人) +  お気に入り評価: 0pt (0人) =  総合評価: 0
文字数: 7,519 / 1話当たりの文字数: 7,519
一般: 怪談、恐怖、怪異、釣り、殺される、サメ、怪談、短編、ホラー 
小説家になろう、エブリスタに投稿。  ギャアァアァァァァ……」  大谷君の腹の底から絞りだしたような甲高い絶叫が、周囲にとどろいた。その絶叫は、耳をつんざく悪魔の雄叫び以上に、周囲の空気を突き破る声だった。  全員が、彼の所に集まり目にしたものは……。  辺りに飛び散っている大谷君の手首と、手から飛びだした血飛沫≪ちしぶき≫だった。  彼は、出血多量のためだろう、早くも唇が異様に青白くなっており、しかも、赤い肉の中から骨さえ見えた。彼は、猛烈な痛さと恐怖であちこち走り回って暴れた末に、階段の反対側の海に転落した。泳ぎに自信を持っている船の所有者である吉岡君が、大谷君を助けようとし...
霊感体質の若者を襲う恐怖 短編(全 1話)
(作者:南 秀憲) (原作名: オリジナル小説
最終掲載日時: 2018年 02月 14日 11時 00分
前日PV: 14 /  前日UA: 11 /  当日PV: 0 /  当日UA: 0 /  累計PV: 946 /  累計UA: 912
作品評価: 0pt (0人) +  お気に入り評価: 0pt (0人) =  総合評価: 0
作品評価: 0pt (0人) +  総各話評価: 0pt (0人) +  お気に入り評価: 0pt (0人) =  総合評価: 0
文字数: 15,790 / 1話当たりの文字数: 15,790
一般: 短編、怪談、ホラー、幽霊、悪霊、自殺、霊感、怪異、 
小説家になろう、エブリスタに投稿。   霊感のある俺は、大学へ行く電車の中で死神を見るが、その矛先を他人に向けたので、彼は死神にむごたらしい方法で惨殺され、車内は地獄絵図のような状態になる。これ以後も、俺は死神にあう。  更に、大学に向かう二つのうちの一つの坂で、いつも、おぞましい二つの怨霊に遭遇し、悪寒が背筋を走る。もう一つの坂道を登った所にある屋敷の近くで、図体が四メートル近くもある大きな怨髪にあう。 毛はザンバラ、半分ミイラ化した顔、目のない眼窩からは強烈な怨念が周囲に漂っている霊だ。この屋敷の主人か、この屋敷に住んでいる誰かに激甚な恨みを持つ自縛霊だ。その悪霊に捕まり恐ろしい...
竜宮城に行けた男 短編(全 1話)
(作者:南 秀憲) (原作名: オリジナル小説
最終掲載日時: 2018年 02月 11日 10時 40分
前日PV: 19 /  前日UA: 15 /  当日PV: 0 /  当日UA: 0 /  累計PV: 1,144 /  累計UA: 1,087
作品評価: 0pt (0人) +  お気に入り評価: 0pt (0人) =  総合評価: 0
作品評価: 0pt (0人) +  総各話評価: 0pt (0人) +  お気に入り評価: 0pt (0人) =  総合評価: 0
文字数: 31,749 / 1話当たりの文字数: 31,749
一般: 乙姫、怪談、恐怖、短編小説、バッドエンド、死神、 
『小説家になろう』、『エブリスタ』に投稿。  いかなる困難も必ず乗り越えて、竜宮城にたどり着き乙姫様に会い、幾重にも漆を塗り重ねた朱色に薄暗く輝く玉手箱を持って帰りたいと、幼いころから切望し続けていた養護施設の前に放置された私。 ルーテル教会の創始者でもあるマルチン・ルターの信奉者で、頭のてっぺんから足のつま先に至るまで、ガチガチのプロテスタントを標榜している土色の細長い顔をした施設長に孤児院で育っ。 会社勤めをしながら、時空連続帯を破って過去に遡行する実験は、何度も何度も、試行錯誤を繰り返しながら行っていたが、本格的に時間遡行する。 昭和、明治、江戸時代等をタイムトラベルをし...
ある経営者の後悔 短編(全 1話)
(作者:南 秀憲) (原作名: オリジナル作品
最終掲載日時: 2018年 01月 15日 09時 52分
前日PV: 20 /  前日UA: 17 /  当日PV: 0 /  当日UA: 0 /  累計PV: 508 /  累計UA: 486
作品評価: 0pt (0人) +  お気に入り評価: 0pt (0人) =  総合評価: 0
作品評価: 0pt (0人) +  総各話評価: 0pt (0人) +  お気に入り評価: 0pt (0人) =  総合評価: 0
文字数: 4,866 / 1話当たりの文字数: 4,866
警告: 残酷描写  一般: カンバリズム。残酷。料理。恐ろしい出来事。恐怖。ありえない。ホラー。怪異。怪談。 
「小説家になろう」に投稿している。  あらすじ:自分が経営する不振店を繁盛店にするのを毎日考えていた。  すると、良いアイデアが浮かんだ。それは――肥えて大きな女の子を集めて、料理しメニューにだす事だった。  料理人達に高給を払い、冷凍してある女の子をホルモン料理としてお客様に提供すると、大変おいしいとの評判がたち行列のできる繁盛店になったが・・・。
学校の怪談〜宮ノ下さつきとフォークロア〜 連載中(全 1話)
(作者:コバトン) (原作名: 学校の怪談
最終掲載日時: 2017年 09月 27日 12時 27分
前日PV: 0 /  前日UA: 0 /  当日PV: 0 /  当日UA: 0 /  累計PV: 1,233 /  累計UA: 1,181
作品評価: 0pt (0人) +  お気に入り評価: 2pt (1人) =  総合評価: 2
作品評価: 0pt (0人) +  総各話評価: 0pt (0人) +  お気に入り評価: 2pt (1人) =  総合評価: 2
文字数: 4,470 / 1話当たりの文字数: 4,470
警告: R-15 / 残酷描写  一般: 101番目の百物語  / 学校の怪談 
母を亡くして父と共に引っ越してきた小学5年生の宮ノ下さつきと弟の宮ノ下敬一郎は、両親も通ったという天の川小学校に転入してきた。その道中、謎の少女から『Dフォン』と呼ばれる黒い携帯電話を手渡される。 不思議な体験をした翌日、さつきは弟や新しいクラスメイト達と学校の旧校舎に迷い込み、そこで妖怪たちに襲われてしまう。逃げ回るさつき達は旧校舎にある校長室でさつきの母親が遺した「オバケ日記」を発見し、それに記された方法に従って通称『ロア』と呼ばれるとある妖怪を撃退しようとするが…… ハーメルンにも掲載してます。

Page 1 of 2, showing 10 records out of 15 total, starting on record 1, ending on 10

< previous12