| 携帯サイト  | 感想  | レビュー  | 縦書きで読む [PDF/明朝]版 / [PDF/ゴシック]版 | 全話表示 | 挿絵表示しない | 誤字脱字報告する | 誤字脱字報告一覧 | 

異世界ほのぼの日記~日本に似て便利な世界でぷらぷら生活~

作者:佐行 院
しおりを利用するにはログインしてください。会員登録がまだの場合はこちらから。 ページ下へ移動
 

 
前書き
 犯人逮捕の後・・・。 

 

-㊷警察と王国軍、そして国民の友好関係-

林田「では将軍、宜しくお願い致します。」
将軍「かしこまりました。林田警部、お勤めご苦労様です。」

 将軍の先導で冒険者達が王宮の下にある牢へと運ばれる、この国では刑務所や拘留所は王国軍の管理下となっているので常に連携を強く保っているのだ。

将軍「そうだ、思い出しました。林田警部・・・、ちょっとお耳を・・・。」
林田「どうしました?」

 林田が将軍に耳を貸す、将軍が耳打ちで何かを伝えると林田警部は顔をニヤつかせ了承した。

ドーラ「あの2人ったら・・・、相変わらずね。」

 呆れた表情をしているドーラをよそに林田と共にニコニコしながら将軍が大隊長に犯人の連行を指示し、周辺で静かにしていた冒険者に向けて一言。

林田・将軍「皆さん、お騒がせしました。今日は私たちの奢りです、じゃんじゃん呑んで下さい。」
冒険者達「流石だぜ、いつも気前がいいな。2人に乾杯!」

 冒険者達は片手に持ったジョッキを2人に向けて振り上げた。張り詰めていた空気が一気に朗らかになる。
 ギルドの従業員からジョッキを受け取った林田はビールを飲み干した。

将軍「林田警部、この後お仕事では?」
林田「いや、休日出勤です、全く・・・、優秀な犯人ですよ。ねぇ、ノーム刑事・・・。」
ドーラ「あ、いや、あの・・・、空いたジョッキ回収しまーす。」

 警察署直通のベルと押し間違え、どうやら休日を満喫しようとしていた上司を呼び出してしまったと思われるその犯人のエルフはそそくさとした様子で客席へと逃げて行った。
 
女性「ニコフ、あんたも休みなんだろ?遠慮しないで吞みなって。」

 女性の声に引かれる様に役目を終えた私服の将軍、ジェネラルのニコフが涙目になりながら振り向くと、パン屋で働く鳥獣人族で、光の同僚であるキェルダがいた。仕事終わりにドーラから連絡を受けた光が林田の奢りで一緒に呑もうと誘っていたのだ。

光「ニコフって・・・、キェルダ!!いくら何でも将軍に失れ・・・。」
ニコフ「キェルダ・・・、会いたかった・・・。デート行けなくてごめん!」
光・林田「え?!」
キェルダ「こいつ・・・、あたしの彼氏。」
ニコフ「ど、どうも・・・、お初にお目にかかります。お、王国軍でニコフをしてます、将軍と申します。いつも彼女と林田さんからお話を伺っており・・・。」
キェルダ「何であんたが硬くなってんの。」
ニコフ「林田さんと同じで異世界から来た人なんだろ?緊張するって。」

 緊張をほぐす為、林田がニコフの口に一気にビールを流し込んだ。いきなりすぎたのでニコフは鼻から少量出してしまった。

ニコフ「だっしー、お前やめろってー。鼻に入っちまっただろうが。」
林田「ニコフは堅苦しいの、休みなんだから呑めよー。」

 先程までの格好よかった2人はどこへやら。改めてジョッキを受け取ったニコフは林田と乾杯した。どうやらこっちが本来の2人での姿らしい。普段から飲み仲間だという。いつもは林田とニコフ、そしてキェルダの3人で呑んでいるそうだ。
 そこにマックとウェインが肩を組みながら入ってきた、少し顔が赤くなっている。

キェルダ「兄貴達、今日仕事だろ?!」
ウェイン「ラリーが商売あがったりだからもう上がって良いって言ってたもーん。」
キェルダ「全然上手くない・・・。」

 呆れるキェルダの隣で先程とは全く別の表情をしたニコフがマックとウェインに向かって頭を下げている。

ニコフ「お・・・、お義兄さん、お疲れ様です。」
マック・ウェイン「お義兄さんはまだ早い。俺らはまだ認めてねぇ。」
マック「どうしても認めて欲しいなら・・・。」
ニコフ「へ?」 
 
 

 
後書き
 ニコフに突き付けられた運命とは・・・。 
ページ上へ戻る
ツイートする
 

全て感想を見る:感想一覧