| 携帯サイト  | 感想  | レビュー  | 縦書きで読む [PDF/明朝]版 / [PDF/ゴシック]版 | 全話表示 | 挿絵表示しない | 誤字脱字報告する | 誤字脱字報告一覧 | 

ハイプレッシャー・ヒット座衛門

しおりを利用するにはログインしてください。会員登録がまだの場合はこちらから。 ページ下へ移動
 

スイカに呪い

スイカのせいだ。スイカのせいだ。スイカのせいだ。スイカのせいだ。スイカのせいだ。スイカのせいだ。スイカのせいだ。スイカのせいだ。スイカのせいだ。スイカのせいだ。スイカのせいだ。スイカのせいだ。スイカのせいだ。スイカのせいだ。スイカのせいだ。
「お前なんか死ねばいい」
俺がスイカに呪いの言葉を吐くと、スイカは俺を嘲笑った。そして、スイカは俺を馬鹿にする様に、ぐにゃりと形を変えて地面に落ちていった。
俺は、その光景を見て、ただ、ひたすら、呆然としていた。
俺も、いつかはああなるのだろうか? 俺は、今、スイカを憎んでいる。
スイカが俺を馬鹿にしている様に見える。
俺は、スイカが嫌いになった。
スイカは美味しかった。俺がスイカを好きな気持ちは変わらない。
俺がスイカを憎む事はない。
俺がスイカを好きな気持ちは変わらなかった。
俺がスイカを好きな気持ちは変わっていなかった。
俺は、スイカが大好きなんだ。
俺はスイカが好きだ。スイカが俺を見下している気がする。
俺は、スイカが嫌いになれなかった。
俺は、スイカが好きなままだった。
俺はスイカを愛していた。
俺はスイカが大切だった。
俺はスイカに守られていた。俺は、スイカが好きだ。
俺はスイカに恋をしていた。
俺は、スイカを愛したんだ。
俺は、スイカを守りたかった。
俺は、スイカに救われた。
俺は、スイカが好きだ。
俺は、スイカと共に生きてきた。
「ありがとう、スイカ」
「こんにちは」
「こんにちは」








"皿うどんのおかわり "の要求が聞けなくなるだろう。
顔の長い男は言った、「あなたたちは私たちを救ってくれるの?私たちに料理を渡してくれるの?」
顔の長い男は言った、「私たちに料理を届けてくれるの?」、
"彼らに料理を届けてくれるか?"
"料理 "をどうやって取り返すか?
「私は、あなたのことを尊敬しています。」
顔の長い男が言った、「私は、あなたを尊敬するよ」、 顔の長い男が言った、「私に敬服してくれますね」
顔の長い男が言った、「君は私の言うことを聞いてくれるよね」

「私は、あなたのことを尊敬しています。」
顔の長い男が言った、「"私は、あなたを尊敬するよ"」
顔が長い男の顔は、だんだん大きくなって、やがて、顔がどんどん小さくなった。そして、顔は、顔の長さが半分になった。彼は、彼の顔を、
「私は、あなたのことを尊敬しています。」
顔がどんどん大きくなった。
顔は、顔の大きさが半分になって、顔が小さくなり、 顔がだんだん小さくなっていった。
顔が、顔の長さが半分になり、顔がますます小さくなる。
顔が、
「私は、あなたのことを尊敬しています。」
顔が、
「私は、あなたのことを尊敬しています。」
顔が、
「私は、あなたのことを尊敬しています。」
顔が、顔は、
「私は、あなたのことを尊敬しています。」
顔が、「私は、あなたのことを尊敬します。」
顔は、
「私は、あなたのことを尊敬しています。」
顔は、顔は、
「私は、あなたのことを尊敬します。」
顔は、
「私は、あなたのことを尊敬しています。」
顔は、「私は、あなたのことを尊敬します。」
顔は、顔は、
「私は、あなたのことを尊敬しています。」
顔が、
「私は、あなたのことを尊敬しています。」
顔が、
「私は、あなたのことを尊敬しています。」
顔が、ほころびた。ニヤッと笑う。鏡の顔もニヤッと笑う。
「私もまんざらではありませんね」
顔が、顔が、顔が、顔が、顔が、顔が、顔が、顔が、顔が、顔が、顔が、顔が、顔が、顔が、顔が、顔が、顔が、顔が、顔が、顔が、カカオ・チョコレート。
顔が、顔が、顔が、顔が、顔が、顔が、顔が、顔が、顔が、顔が、顔が、顔が、顔が、顔が、顔が、顔が、顔が、顔が、顔が、顔が、顔が、顔が、顔が、顔が、顔が、顔が、顔が、顔が、顔が、顔が、顔が、顔が、顔が、顔が、顔が、顔が、顔が、顔が、顔が、
「あなたは、私が誰だか知っていますか?」
「私は、あなたが誰だか知っている。」
「私は、あなたが誰だか知っていてよ」と、顔が言った。
「あなたは、私が誰だか知っているかしら?私の名前は、金太郎。」
「あなたは、私が誰かを知っていて?私の名前は、金太郎。」
「私は、あなたが誰かを知っている。」
「私は、あなたが何者か知っていてよ」と、顔が言った。
「私は、あなたが何者か知っている。」と、顔が言った。「知っている。鼻の恋人さるぐつわだ」
「私は、あなたが誰かを知っている。」
「私は、あなたが誰か知っている。」
「私は、あなたが何かを知っている。」
「私は、あなたが何であるかをしっている。」
「私は、あなたがどんな人なのかを知っていた。」
「私は、あなたが何をしたいのかを知っていた。」
「私は、あなたがなぜそうするのかを知っていた。」 
ページ上へ戻る
ツイートする
 

全て感想を見る:感想一覧