| 携帯サイト  | 感想  | レビュー  | 縦書きで読む [PDF/明朝]版 / [PDF/ゴシック]版 | 全話表示 | 挿絵表示しない | 誤字脱字報告する | 誤字脱字報告一覧 | 

爆笑!打ち首マンザイの番組収録後に斬首刑執行のコペルニクス日光帳

しおりを利用するにはログインしてください。会員登録がまだの場合はこちらから。 ページ下へ移動
次ページ > 目次
 

人力文学で世界は軽くなる

■打ち首マンザイについて。「僕は、打ち首マンザイが嫌いでした。あんなものは必要ないと思っていました。だけど……、僕は間違っていたのかもしれない。打ち首マンザイは必要なものだったのかもしれません。あのパフォーマンスによって救われる人がいるのなら……」
■打ち首マンザイロスに苦しむファンたちへのアドバイス。

「打ち首マンザイが法規制されることになって拠り所を失ったファンが苦しんでいます。打ち首マンザイロスを乗り越えるために励ましのメッセージをひとことおねがいします」
■最後に一言。「僕は今回の判決でショックを受けています。でも、まだ終わりじゃない。僕はあきらめない。いつかきっと、この世界に笑いを取り戻してみせます。待っていてください」
■ 篠田昭之さんは、今回の裁判によって、 大きな自信がついたようだ。 
次ページ > 目次
ページ上へ戻る
ツイートする
 

全て感想を見る:感想一覧