| 携帯サイト  | 感想  | レビュー  | 縦書きで読む [PDF/明朝]版 / [PDF/ゴシック]版 | 全話表示 | 挿絵表示しない | 誤字脱字報告する | 誤字脱字報告一覧 | 

爆笑!打ち首マンザイの番組収録後に斬首刑執行のコペルニクス日光帳

しおりを利用するにはログインしてください。会員登録がまだの場合はこちらから。 ページ下へ移動
 

小さな声から届けよう!

「はい。最初はびっくりしました。でも、今は少し落ち着いています。今回の裁判は、裁判員制度で審理された裁判だったので、裁判員の方々の意見が反映された結果だと思います。裁判員制度が始まってから初めての裁判だったからこそ、裁判員のみなさんは慎重に考えてくださったのだと思います」
■ 裁判の結果をどう受け止めているのか。
「はい。今回の裁判を通して、飲酒運転がどれだけ危険な行為なのかを改めて実感することができました。裁判を通じて、自分が何をすべきなのかを考えるきっかけになったので、とても意義のある裁判でした」
「はい。飲酒運転は本当に危険です。飲酒運転は犯罪です。飲酒運転で事故を起こしたら、罪は重いです。飲酒運転で人を轢いてしまっても、相手が軽傷で済んだからといって安心できません。もし、相手に大怪我を負わせてしまったら、殺人未遂になるからです。飲酒運転はそれだけの重罪です」
「はい。飲酒運転は絶対ダメです。飲酒運転をする人はクズだと思います。飲酒運転は法律で禁止されています。飲酒運転はダメなんです。飲酒運転は許せません」 
ページ上へ戻る
ツイートする
 

全て感想を見る:感想一覧