| 携帯サイト  | 感想  | レビュー  | 縦書きで読む [PDF/明朝]版 / [PDF/ゴシック]版 | 全話表示 | 挿絵表示しない | 誤字脱字報告する | 誤字脱字報告一覧 | 

爆笑!打ち首マンザイの番組収録後に斬首刑執行のコペルニクス日光帳

しおりを利用するにはログインしてください。会員登録がまだの場合はこちらから。 ページ下へ移動
 

フレッシュトマト百選

篠田明之さんは、演技が上手いとか嘘をつく必要はない。むしろ、「演技が下手。もっと上手にならないと」などと言う人が大半を占めているのは事実なんです。

『誰が演技でこんなに苦労するのか』という話も出てきています。『演技が上手い』と言う人が、『下手だ』と言う人に道を譲る意見もあります。

その点、篠田明之さんは、誰もが認める良き役者です。

『誰が演技でこんなに苦労するのか』という点で『良き俳優』なのです。『良い役者』のイメージだけでは、その演技が『悪い』と判断されるものなのです。それは、『俳優』の限界です。『俳優』の限界を越えないこと。それが演技の『良き』なのです。

■打ち首を悔やむ反面、裁判官を打ち首すべきだったという擁護も。
「裁判長はやりすぎだろ」
「打ち首は酷すぎる」
「裁判長の独断専行だったんだろうなぁ……」
「裁判官の判断ミスだと思うけどね。
だって、この判決が出た時点で、 被告人はもう、死刑確定なんだから。
いくら、酔っていたとはいえ、 あれだけはっきりした物的証拠があった以上、 どうしようもないよ。
まあ、裁判制度そのものが問題だけどさ。 
ページ上へ戻る
ツイートする
 

全て感想を見る:感想一覧