| 携帯サイト  | 感想  | レビュー  | 縦書きで読む [PDF/明朝]版 / [PDF/ゴシック]版 | 全話表示 | 挿絵表示しない | 誤字脱字報告する | 誤字脱字報告一覧 | 

爆笑!打ち首マンザイの番組収録後に斬首刑執行のコペルニクス日光帳

しおりを利用するにはログインしてください。会員登録がまだの場合はこちらから。 ページ下へ移動
< 前ページ 目次
 

ラボルバピストン静脈

「爆笑!打ち首マンザイ」の最終覇者に有罪判決が下り、打首獄門にされた件に納得できません。SNSでは正論多数ですが、せっかあく生き残った人を番組終了後に打ち首するなんて理不尽すぎると思いませんか。せっかく生きて家族に会えると思っていた人に打ち首は残酷な仕打ちです。共感できない私が悪いのでしょうか?おかしいと思いませんか。



篠田昭如氏には何の罪もなく、冤罪である。もし、法律にのっとって有罪になっていたら、斬首刑にされていたかもしれない。裁判長は、彼が飲酒していたことを考慮すべきだった。もし飲酒していたなら、裁判官は斬首刑を宣告すべきだった。

斬首刑はあまりに理不尽だと思う。

裁判官の対応は言語道断だ。

おっしゃるとおり、篠田明之は飲酒の罪を犯しています。裁判官は斬首刑を宣告してもおかしくない立場だったのです。

篠田は、実は本当にいい役者なんです。

その演技は実に良く、実に良く、演技が出来ます。しかしながら、これはあくまで『好み』の問題に過ぎないのです。演技に『良い』と言う意見があるなら、何で篠田が認められましょうか。それが演技ではないなら、『良い』と言った方が良いです。
 
< 前ページ 目次
ページ上へ戻る
ツイートする
 

全て感想を見る:感想一覧