| 携帯サイト  | 感想  | レビュー  | 縦書きで読む [PDF/明朝]版 / [PDF/ゴシック]版 | 全話表示 | 挿絵表示しない | 誤字脱字報告する | 誤字脱字報告一覧 | 

機龍の征服者

しおりを利用するにはログインしてください。会員登録がまだの場合はこちらから。 ページ下へ移動
 

ずる賢い手口

したがって、ずる賢い手口で成り上がる他に救いはない。他人を俯瞰する立ち位置で不幸な過去と一線を画せばよい。
「そのために生贄を捧げるんだよな。全人類と地球を」
バーグマンは思い出した。ゲーム山場に来るバッドエンドの一つである。
「ああ、あいつも同じ考えだろうよ。ワイバーンロード・ホライズンズをどう味付けしようが糞ゲーは糞ゲーだ。マーケターの目は誤魔化せない。化けの皮が剝がれて会場から退却する前に奴は手を打つはずだ」
「何を言っているのか、さっぱりわからん」
「ダークブラウン卿だ。場末の辺境伯は生娘を捧げようとしていた。カルバートなら絶対に目をつける。利用するはずだ」
「なるほど、よくわからん」
「最後まで聞いてくれ、バーグマン。奴は俺の黒歴史、いやドラゴン・イコライザーを悪魔に捧げたんだ。ワイバーンロード・ホライズンズを成功させるために」
「落ち着け、悪魔なんかどこにいるよ」
「物忘れが激しい奴だな。ゴードンだよ。辺境伯の宴で生娘を値踏みしていたが、正体を隠して奴に接近する筋書きだったろう」
「ゴードン…って、まさか?」
D席の男だ。あの時、二人の前に雷龍が現れた。いや、召喚して見せたのだ。
「そのまさかだ。D席野郎の素性はわからん。というか今は表の顔なぞどうでもいい。凡人が龍を目の当たりにして平気でいられるか?」
確かに、パニック状態に陥るでもなく、威風堂々とアルバートを睨んだ。
「ますますもって意図がわからん。カルバートとゴードンはこんな状況を俺たちに見せて何がいいたい?」
バーグマンはもう一度、おそるおそる扉の隙間から道路を垣間見た。石畳が大の字にくすぶっている。
「お前の愚かさを——ルルティエの禁忌に触れたドジと——俺の無力さを自覚させるためだ」
アルバートはそういうとわずかな荷物をまとめて螺旋階段を下りた。
「おい、何処へ行く」
あわてて後を追うバーグマン。
「女を探そう」
「探すったって」
「イースターエッグを仕掛けた女だよ。そこに転がってる焼死体はたぶんダミーだ。逆らえばこうなるというカルバートなりの脅しだと思う」
「生きてるというのか」
「ああ、そうだろうな。殺しているならリアルな死にざまを俺たちの前で再現すればいい。説得力が違う」
「カルバートですら、どうにもならない?」
「そういうことになるな。だから俺たちに探させようというんだろ」
「先回りして、抹殺…か!」
バーグマンがバチンと両こぶしを打ち鳴らした。
「ああ」
東の空が茜色に染まっている。そして、崩れ落ちた摩天楼が遠くに霞んでいる。
「これもルルティエの所業か」
バーグマンが憎々しげに言い放った。

世界は瞬く間に一変した。大通りに人影はなく、遠くに見える摩天楼の灯りも電飾も消えている。まるで街全体が暗黒面に墜ちたようだ。
「来てみろよ」
アルバートは戸惑う相方の背中を無理やり押した。手を引いて少し離れた幹線道路に出てみる。
あちこちで車が横転したり衝突して炎上しているものの、大半は渋滞をなしたまま停止している。
運転手を失った車列は赤信号のまま、アクセルが踏まれる時を待っているようだ。
「もしかして、最終戦争でも起きたのか?」
信じられない、と何度もバーグマンがかぶりをふる。しかし、いくら見渡せど人っ子一人いない。
「ああ、ご覧のありさまだよ」
アルバートは彼が事態を受け入れるまで辛抱強く待った。
日に照らされるビルに朝焼け雲が映えている。鮮やかなオレンジ色は一日の活力でなく、死んだ世界を火葬する炎に見える。
そして、雲間をいなびかりが渡っている。
「ルルティエだ。奴がゲームチェンジャーだ」
プログラマーは暗澹たる思いで空を見上げた。

★ 第二章:終末世界線上のカナリア

歩いて五分ほどのショッピングモールが丸ごと廃墟と化していた。
「まるでハッサーの市場だな」
バーグマンはドラゴン・イコライザーの序盤に登場する遺跡を思い出した。
ハッサー市場はかつて王国随一の商業施設だったが経営者の奢りとなりふり構わぬ事業拡大で破綻した。
プレイヤーキャラクターは定石通り、そこで冒険の支度を整える。ご都合主義の要請とはいえ、無料で手に入る装備は限られている。
「弾は持てるだけ持っていこう」
銃砲店を物色していたアルバートは自動小銃を数丁と弾薬ケースを床に山積した。
「バカ。これ他にも運ぶものがあるだろう」
バーグマンが持っていくべき武器弾薬を仕分けした。二人の体力を勘案したうえで、リュックに食料を詰め込む。
「持って2,3日と言ったところだ。その間に最初のステージをクリアしなくちゃいけない」
「ああ、アルバート。お前が頼りだ。”彼女”を探す当てはあるんだろうな?」
「もうわすれたのか?」
彼はうんざりした様子で装備を拾い上げた。
泳がされている。カルバートの真意を百パーセント測りかねるが、概ね一致しているだろう。
ワイバーンロード・ホライズンズの失敗を悪魔的存在に支援してもらう代償に全世界を生贄した。
ならば、陰謀論的人口削減工作者の駒として突き進むしかない。
わざわざ飛んで火にいる夏の虫になるのか、とバーグマンは渋った。
「勝手にしやがれ。俺は西へいく」
アルバートは躊躇する相方を見捨ててでも”彼女”を救出する腹積もりだった。
先の見えない旅路ではない。食糧が尽きる範囲にゴールがある。
そこでカルバートは自分を待ち受けているに違いない。なぜなら、彼が黒歴史の著者だからだ。
悪魔と一体化した者でも”彼女”を始末できない。
ならば、その処分方法を知る唯一の人間を呼び寄せて、代行する。
「西だ」
アルバートは銃口をハッサー市場のホールへ向けた。
通路の先で電光が瞬いた。

五、六人。いや、もっとだ。老若男女が瀬戸際の攻防を繰り広げている。初老の紳士と見るからに格闘家っぽい男が曲がった鉄筋を振り回している。
柱の陰で老婆と母娘連れが縮こまっている。彼らの脅威は見えない敵だ。ターコイズブルーの蛍が龍の形相を隈取っている。
玄関ポーチの丸電球っぽい眼球。よれよれのナマズ髭。そして、歯並びのよい口が忙しく開閉している。
それは日本の獅子舞のごとく獲物に向けてカウンターパンチを繰り出したり、無駄に虚空を噛んで見せる。
男たちは龍を打ちのめそうと鉄筋を揮うが、空振り三振の連続だ。
アルバートは彼らが最後の生存者であることを悟った。通路のそこかしこに焼死体が散乱し、今にも塵に帰さんとする人がいたからだ。
女が髪をなびかせて振り向く。二言三言、嘆願しているが、もう手の施しようがない。
やがて美しい顔が頭蓋骨と化して崩れ落ちた。
「どうやって助けるんだよ」
なすすべもないまま、遠巻きに見守るバーグマン。
「うろたえるしか能がないなら、どこかに潜んでくれないか」
チッ、と舌打ちするも、言われるままに男は物陰に隠れた。
「おぅい、そこの二人」
何を思ったのか、アルバートは身振り手振りで戦う男たちに避難を呼びかけた。
しかし、彼らは一心不乱に素振りを続けている。
「仕方ない」
アルバートは切り替えの早い男だ。瓦礫伝いに身をかがめ、小走りで女性陣に駆け寄る。
「逃げてください。勝ち目はない」
いきなり話しかけられて老婆はすくみ上った。
「何なんです?貴方」
「主人と祖父を連れて行かないと」
「パパ―!」
三人は異口同音に異論を唱えた。しかたなく、バーグマンと一緒に声を張り上げるが、男二人は振り向かない。
呼びかけは届いているはずだ。アルバートはルルティエのスペックを思い出した。
魅了する機能を持っている。彼は守護神なのだから。臣民に愛されなくてはならない。
「助けている暇はない。早く」
アルバートが促す。しかし、いくらなんでも大切な家族を放ってはおけないだろう。
そうこうしているうちに祖父が力尽きた。棒を振り下ろし、肩で息を整えている。一瞬の隙を突かれた。
くわっとターコイズブルーのあぎとが老人の右足を救い、逆さづりにする。
そして小さい触手のような電光がふくらはぎから膝まで駆け上がり、そこから塵に変わった。
「おお、ヘンリー!」
老婆が泣き崩れる。
「リチャード! あなた!!」
妻が格闘家を説得するが、逆にスイッチが入ってしまたようだ。
「この野郎!」
夫は渾身の一撃をルルティエに叩き込んだ。
ギャッと短い悲鳴をあげて、黒人は光の粉に成り果てた。
「だから、逃げろと言ってるだろうが!」
アルバートは女三人を焚きつけた。

大の男二人を屠った雷竜はくるりと鎌首をこちらに向けた。
「つべこべ言わずに来るんだ」
アルバートが未亡人のアンジェラを引き連れ、バーグマンが娘のリズを抱きかかえる。
マーサは舅を弔うと言って動こうとしない。
「おばあちゃんが」
リズの要求をかなえてやる時間がない。ルルティエは五人の存在を把握し、攻撃のタイミングを見計らっている。
「こっちに非常口がある」
バーグマンが壁の鉄扉を叩く。従業員専用と注意書きしてあるが、今は非常時だ。
「待ってくれ。こっちから行こう。いろいろとまだ必要なものがある」
アルバートが家電製品売り場を指さす。ルルティエを迂回して反対側の通路だ。
「お前だけ死ね」
バーグマンは二人の女の命運を握ることになった。
とはいっても、アルバート抜きでどうしたものか。凡人なりに知恵を巡らせる。
熟考している猶予もない。敵のセンサーを出し抜く方法を発見する前に餌になる。
「鉄だ! 金属製の扉だ」
雷竜の五感がどういう性能かは知らぬ。だが、金属は避雷針になり得る。。
反射的にノブを引っ張った。不幸中の幸い、鍵が開いている。
尻込みする二人を急きたてて、最後にバタンとドアを閉める。 
ページ上へ戻る
ツイートする
 

全て感想を見る:感想一覧