| 携帯サイト  | 感想  | レビュー  | 縦書きで読む [PDF/明朝]版 / [PDF/ゴシック]版 | 全話表示 | 挿絵表示しない | 誤字脱字報告する | 誤字脱字報告一覧 | 

すのもの:フランス軍の大研究

しおりを利用するにはログインしてください。会員登録がまだの場合はこちらから。 ページ下へ移動
< 前ページ 目次
 

ポルトガルの金属帳

「心臓発作だ!チャンピオン砦」これはある考古学者のダイイングメッセージである。博士はホテルの密室で溺死していた。風呂のない密室でどうやって溺死したのか。またチャンピオン砦とは何か。砦がチャンピオンなのか、チャンピオンが建てた砦なのか皆目見当がつかない。犯人の正体も意図もわかっていない。


2. シャンピオン砦は、フランス軍が使っていた軍事基地の跡地に建てられました。砦を作った兵士たちは、近くの村で働いていたことでしょう。彼らは砦の上に村を持っていただろう。サンピエール島に軍事基地があったはずだ。この島を守るために建てられた砦にちなんで、フォート・チャンピオンと名づけられた。また、Fort Championという名前は、フランス人がこの島を自力で発見した後に付けた可能性もある。フランス人はこの島をキングスアイランドと呼んでいたかもしれない。フランス兵が海賊から島を守るために砦を築いた可能性もある。

3. 3. チャンピオン砦に本当に軍の基地があったのなら、おそらく1720年代か1730年代に砦を建設したのだろう。チャンピオン砦の歴史的な意義については、推測するしかない。もし、チャンピオン砦が軍事拠点であったなら、独立戦争中に使われた可能性はないだろうか。当時、イギリスはフランスと戦争中だった。フォート・チャンピオンはフォート・デュケインと同じ地域にありました。もしかしたら、イギリスはフランスの攻撃から砦を守るために、要塞を建設していたのかもしれません。しかし、もしチャンピオン砦が軍事基地として使われていたのなら、なぜイギリスはナポレオン戦争の時にこの基地を使わなかったのでしょうか?この件に関する歴史的な情報はありません。

4. 他に要塞はないのですか?いくつの要塞があったかはわかりませんが、もうないと思います。この地域には小さな墓地があり、フランス人が建てた教会もあることがわかっています。この地域の墓地は、砦の北(1マイルほど北)にあります。教会は1777年に完成した。アメリカ独立戦争(1775-1783)の際、教会は軍事基地として使用された。教会の正確な建設年代はわかりません。戦後、教会は再建された。1906年の大火災で焼失。教区の記録では、1929年に再建されたことになっています。この教会は、軍の基地として使われたことはありません。この地域にはもう要塞はないと思われる。

参考文献

ニューヨーク・タイムズ』2011年3月30日号、「キングス島の要塞」リチャード・A・ヴェネチア著。

1819-1893年、ペンシルバニア州セントメアリーズ郡、フォート・チャンピオン。

ペンシルベニア州フォートピット、フォートチャンピオン、1818-1883年

●第二話 チャンピオン砦のたたり

「心臓発作だ!チャンピオン砦」これはある考古学者のダイイングメッセージである。博士はホテルの密室で溺死していた。風呂のない密室でどうやって溺死したのか。またチャンピオン砦とは何か。砦がチャンピオンなのか、チャンピオンが建てた砦なのか皆目見当がつかない。犯人の正体も意図もわかっていない。同じ階の宿泊客マチュはピラニア専門の探偵である。ある料理店からホテルに関する調査依頼があった。ピラニアを不当に安く仕入れているというのだ。このままでは商売あがったりだ。マチュは内偵を続けていた時事件に巻き込まれた。「現場は88階だ。エレベーターを使った形跡もない。すると加害者はバケツリレーで水を運んだ事になる。チャンピオンでもあるまいし」そのころアマゾンの支流で博士の助手であるピチュの遺体が見つかった。プロペラ機で調査中に墜落死した。機体の残骸にはチャンピオン砦行$100と書いてあった。ピチュはガイドをしていたらしい。研究所の給料はいいのになぜバイトする必要が?。マチュが棺桶に縋って泣いていたころ例のピラニア料理店が何者かに襲撃された。店内は破壊され「心臓発作だ!」と落書きしてあった。これはどういう意図だろう。博士の次になぜ料理屋が襲われたのか。マチュはピチュの仇討を決意するがあざ笑うように第三の事件が起きた。ホテルがピラニア不当仕入れの件で文春砲を撃たれ炎上している。またマチュが料理屋に頼まれてホテルに嫌がらせをしたり博士を殺したという噂がSNSで拡散していた。

Output text: 
< 前ページ 目次
ページ上へ戻る
ツイートする
 

全て感想を見る:感想一覧