| 携帯サイト  | 感想  | レビュー  | 縦書きで読む [PDF/明朝]版 / [PDF/ゴシック]版 | 全話表示 | 挿絵表示しない | 誤字脱字報告する | 誤字脱字報告一覧 | 

わりとよくあるイレギュラーなネギま!

しおりを利用するにはログインしてください。会員登録がまだの場合はこちらから。 ページ下へ移動
 

聖誕
  12話 買い物とネギちゃんの変化

 ぱしぱし、ぱしぱし。
 なんだ? 

「ダンナ、オジョウ。オキテクダセェー」
「うーん。誰だよ、朝っぱらから……」

 オレは抱きついているネギをどけて、にょろりと身体を起こした。
 ソコには白いイタチがいたのだ。

「うん……なんだっけおまえ? ああ、確か猫の妖精(ケット・シー)を目の敵にしている、アルミール・カモベールだったな」
「俺っちはアルベール・カモミールでい! いつになったらちゃんと名前を覚えるんだよ!」
「冗談だ、カモ。久しぶりだな。おまえはいつもテンションが高くて面白いな~」
「ダンナ! これはどういうことなんでい!」

 カモのヤツなにを興奮しているんだ?
 こいつはカモミール。昔、罠にかかっているのを助けてやった時から、オレとネギのダチだ。おこじょ妖精の漢と言い張る変態野郎。
 だが、ガチで有能。おこじょのくせにパソコンを使えるのだ。

「カモ、おまえがきてくれてうれしいよ」
「ダ、ダンナ……じゃねえ! なんだこの状況は! 女の(その)に男がひとり! うらやま、おほん! けしからん!」
「おい、声でけーよ。ネギたちが起きるだろ」
「むしろ、オジョウを早く起こせよ! それに俺っちをそこのプリティーな女の子たちにも紹介しろ!」
「……分かっているよな? もし、昔みたいにネギに変態行為をはたらいたら――」
「……じょ、冗談っすよ。冗談。俺っちは紳士なんでい。オジョウの秘密だってちゃんと守っているっすよ」
「じゃあ、まずその『オジョウ』はオレとネギだけの時にしろよ。そっちのアホヅラは、魔法のことを知っているんだ」
「ええ!? あ、だ、ダンナ……起きちゃってますよ」
「はあ? 誰が?」

 途端にオレの第六感(シックスセンス)が危険を教えてくれた。
 オレは首をひょいっと動かして、ソレを避ける。

「避けんなバカ!」
「おー、アスナ。おはよー」
「おはよー……じゃない! あんたさっきのアホヅラって私のことでしょ!」
「なんだ、自覚があったのか」
「――殺す」

 オレはアスナの猛攻を片手ですべて(はじ)いていく。
 
「今のおまえじゃむりだって。さて、ネギ~。朝だぞ~。起きろ」
「う~ん……ヨシュア、おはよーのちゅーをして~」

 刺さる冷徹なる空気の氷柱。

「ダンナのロリコン」
「あんた……最低ね」
「あのな……ネギはオレにちょっとだけ甘えているだけだ。考えてみろよ。両親は行方不明。おまけにまだ10歳だぞ?」
「ダ、ダンナ。ソレ違う。大変なことになるっすよ。俺っちのセンサーが危険信号だしてますぜ」
「あんたさ……実は気づいてんでしょ? ネギはあんたのことを――」
「――言うな! ……ソレをオレが知っているとネギが理解すれば、ネギはきっと性別を隠さなくなる。アスナ、カモ。今はダメだ」
「ダンナ……でもっすよ、オジョウがかわいそうですぜ」
「……そこのイタチ。もう、やめときなさいよ。こいつはバカだけど考えなしじゃないから。ソレにライバルは――」

 うん、ライバル? アスナのヤツなに言ってんだ?
 で、その後、カモのことをネギのペットだとクラスのやつらに紹介。
 表面的にはカモはカワイイからすぐに人気ものになった。
 少し時が経ち、修学旅行の話がちらほらと出てきた。
 オレはネギの両親の別荘が京都にあるらしい的なことを告げる。
 ネギの喜びようは微笑ましい。
 その後、学園長が親書をネギに託す。この辺りは漫画と一緒だった。
 そして修学旅行の前の休日。
 オレ、ネギ、このか、長谷川(はせがわ)は、麻帆良(まほら)の外に買い物に来ていた。

「まずは携帯で、そのあとでネギたちの用事だ」

 その時。

「やーお兄さん。スタイルとかいいですね。外国人ですか?」

 なんだこいつ?

「率直に聞きますよ。どちらかの女の子と付き合ってるんですか?」
「……なれなれしいぞ。付き合ってはいないが、この子たちはオレの大切な人だ。それが答えでいいか? わかったらうせろ、(がく)ラン野郎」
「し、辛辣。ちょっと、ヨ――」
『わぁ――』

 何故かクロギャルに連れ去られる学ラン野郎。
 まあいいか。オレたちは買い物を続ける。
 長谷川にささっと、携帯電話を選んでもらう。

「さて、昼飯でも食べるか。3人ともおごってやるぞ」
「ボク、ラーメンがいい!」

 ネギはラーメンを食べたいようだ。

「おまえらもラーメンでいいか?」
「ウチはかまへんよ」
「まあ、ガキのワガママぐらいどうってことねー」
「……ありがとな」

 オレは2人の頭をそっと撫でる。

「あ、あかんて!」
「おまえ、そーゆーとこだぞ!」
「は?」

 何故か顔を赤面させる2人。
 その後、長谷川が調べた情報の元、うまいと評判のラーメン屋に。
 オレたちは4人用テーブルに座り、おすすめの醤油ラーメンを食べる。

「う、うめぇ」
「あ、ホントだ! ジャパニーズソウルフード!」

 興奮気味のネギとオレ。しかし、ラーメンはジャパニーズソウルフードなのか?
 そのあとも、オレたちの買い物は続く。
 買い物をすませたオレたちは、なんか大きな建物近くの階段で談笑を行う。

「ちうはさ。ネット関係詳しいじゃん?」
「ちうっていうなこのチャラゾウが!」
「オレとおまえの仲だろ?」
「どんな仲だ! この脅迫野郎が!」
「あははは。メンゴメンゴ」

 オレが長谷川をからかっているとき。

「ヨシュアさん。ネギくん、うとうとしてるで」
「このか、ありがとな。ネギ、こっちにこい」

 ネギはよろよろとオレにしなだれかかる。
 オレはそっとネギの体勢を変えて、抱きかかえる。

「こいつ、寝ていると女の子みてーだな」
「まあ、ネギは抽象的だからな」
「……ヨシュアさん。そろそろ限界と違うん?」
「なんでだよ、このか?」
「ネギちゃんな。この前、ウチに相談にきたんよ。お腹痛いって」
「うん? 下痢?」
「おい、ちょっと待て。話に付いていけない。なんだよ、じゃあネギ先生って実は――」

 なんかこのかと長谷川が深刻そうにしている。
 その時。

「ヨシュア・キリストリアル! あなたまたネギ先生に不埒なことを! 限度がありますわよ!」

 あやかにアスナ?

「なにをしているんですかあなたは! まったくもう!」

 プッチンしているあやかと、何故か複雑そうな顔のアスナ。

「あ~、いいんちょ。そんなにヨシュアさんを怒らんといてあげて……実はな、ネギくん。ホントは女の子なんや」
「……え?」
「ちょっ、このか!」
「もうむりなんよ。ネギちゃんはこれから本格的に、女の子に成長していくんやから」

 ど、どういうこと?
 なんでこのタイミングであやかに明かすの!

「このか、秘密にしてくれって言っただろ!」
「だまりゃ! この唐変木!」

 このかは、あやかとアスナ。後、何故かいた、柿崎(かきざき)釘宮(くぎみや)椎名(しいな)にこそこそと何かを告げている。
 みんなの顔が鬼神(きしん)のごとく変化する。

『このクソロリコン!』

 オレはみんなから張り手をくらってしまった。
 だが、ネギが起きないように身体の揺れは最小限。
 その後も、鬼神たちの怒りはおさまらずにオレは怒られ続けて、結局、ネギも起きてしまった。

「あ、アスナさんだ。あの……これ」
「……え?」
「アスナ。明日が誕生日だろ。オレのはあっち(・・・)のほうのアクセサリーだ。今日の夜、使い方を教える」

 これで万事解決!

「ヨシュアさん。後でお話があります、ネギ先生のお身体のことで」
「あやか、なんでこめかみピクピクしているの?」
「この……ドクズ!」
「ガッパ――ッ!?」

 オレの知らないところでなにかがおきている?
 いったい何事なんだよー!
  
 

 
後書き
おまえの作品、嫌いじゃないぜ。
応援してやるから頑張りたまえ。
などなどを少しでも思ってくださった方は「お気に入り登録」や「評価」をしてもらえると嬉しいです。
感想もまってます。
皆様の応援でモチベーションがあがります。 
ページ上へ戻る
ツイートする
 

感想を書く

この話の感想を書きましょう!




 
 
全て感想を見る:感想一覧