| 携帯サイト  | 感想  | レビュー  | 縦書きで読む [PDF/明朝]版 / [PDF/ゴシック]版 | 全話表示 | 挿絵表示しない | 誤字脱字報告する | 誤字脱字報告一覧 | 

わりとよくあるイレギュラーなネギま!

しおりを利用するにはログインしてください。会員登録がまだの場合はこちらから。 ページ下へ移動
 

聖誕
  7話 ヨシュアVS麻帆良の魔法使い

 オレはタカミッチーの後ろに隠れながら、世界樹前広場に向かう。
おー、予想のとおり雰囲気悪いな。

「さて、ヨシュア・キリストリアルくん。釈明をお願いできるかな?」
「あーガンバルカン先生でしたっけ? オレはなーんもしてないっす」

 と、タカミッチーシールドを使いながら、色黒の先生に言い訳を始める。

「そもそもですね。オレは普通の魔法は使えないって知ってるっすよね?」
「……君は、まずはそのふざけた態度をなおしたほうがいい」
「ご助言あしゃーす」
「いい加減にしたまえ!」

 お、怒った怒った。これで、怒りの矛先はエヴァンジェリンからオレに移行することだろう。なんで登校地獄の呪いが軽減されたか知らないが、エヴァンジェリンのような異物がいたんじゃ、排除したくなるのが、人間の本質だ。
 異端、異物、嫌い……だもんな。立派な魔法使い(マギステル・マギ)を目指す人たちは、特にソレが強いだろう。まあ、エヴァンジェリンが、人を沢山殺した過去は本当だからな。
 だが、ネギの師はエヴァンジェリンしかいない。彼女をここで舞台から退場させるわけにはいかんのだ。

「タカミッチー。説得してくれよ~。オレの変な体質のことは知っているだろ」
「あ~。みなさん、実はヨシュアくんはですね――」

 瞬間、オレは色黒の先生の前に高速で移動して、眼鏡を奪う。

「ガンドルフィーニ先生。オレがその気だったら、目、潰れてましたよ」
『な!?』

 オレはタカミッチーの後ろで、気をじっくりと練っていたのだ。

「オレの前情報や雰囲気で、油断をしましたね」

 魔法先生と魔法生徒は臨戦態勢に。
 直後、刀を持った美人の女性、葛葉(くずのは)刀子(とうこ)先生がオレの後ろに回り込んで首に斬撃を行ってきた。
 オレは、魔法を使えないが気は使えるし、様々な道具や第六感(シックスセンス)がある。
 第六感は簡単に説明すると直感のようなものが発動する。
 ゆえに、オレは死角からの攻撃を、紙一重で次々と躱していく。
 葛葉先生は、しだいに太刀筋が雑になっていった。
 オレは、隙の大きい大ぶりの一太刀(ひとたち)を、気で強化した腕でそらして、心臓に向けて蹴りを行った。
 動揺する、魔法先生と、魔法生徒。
 今しかチャンスはない。
 オレは『ÄRM(アーム)』の『オクトパス』を発動させる。『オクトパス』は先端が槍状になった、タコの足に似た8本の鞭。しかも再生能力つきだ。
 オレは、魔法を発動しようとしている、魔法先生たちの首筋に『オクトパス』を突きつけた。

「そこまでじゃ」
『が、学園長!』
「学園長、あんた、オレの実力を測るために、この戦いを仕組んだだろ?」
「お見通しか……いや、完敗じゃよ。ヨシュアくん」
「これで、オレの実力はだいたい分かっただろ。エヴァンジェリンが暴挙に出れば、オレが止める」

 静まりかえる、面々。

「流石に納得しないか?」
「いや、完敗だよ。ヨシュアくん。ネギくんがそばに置くだけのことはある」

 頭が固いと思っていた、ガンドルフィーニ先生は冷静だった。
 だが――。
 
「私は納得していませんよ! 先ほどは、少し冷静さを失っていましたが、今やれば必ず勝てます。学園長、許可をください。どのみち本気の私に勝てないようでは、闇の福音を止められません」
「葛葉先生はバトルジャンキーだな。いいだろう、オレも剣でお相手しましょう。ただし、オレが勝てば、エヴァンジェリンには不干渉の約束を」
「万に一つもソレはない! 京都神鳴流(きょうとしんめいりゅう)剣技(けんぎ)で勝つことなど不可能です」

 オレは水をバッグから取り出すと『魔道具(まどうぐ)』の『閻水(えんすい)』にかける。

「我が剣技の名は、氷紋剣(ひょうもんけん)。いざ、いざ!」

 ホントは、剣技じゃなくて忍術だけどな。
 葛葉先生の刀を、我ながら見事に捌いていく。

「この、この!」

 オレはステップで距離をとり、必殺技を放つ。
 
「甘い、水成る蛇」

 水の蛇が葛葉先生の眼前に。

「き、きゃあー!」

 オレは直前で水成る蛇を水蒸気に変える。
 その後、葛葉先生の鳩尾に柄で、攻撃。葛葉先生は、膝を付き、動けないようだ。

「解せない。それ程の力がありながら、なぜ、無能の振りをするのですか?」
「オレには守るべき人たちがいる。世間の評価なんて邪魔なだけだ。学園長、エヴァンジェリンの呪いの軽減は、悪気があったわけじゃない。許してくれると助かります。ただ、彼女にも幸せになる権利があるはずだ」

 魔法先生と魔法生徒は、ガヤガヤと話し合っている。
 その時――。

「私は、彼を信じます」
「シスターシャークティ……なぜじゃ」
「うまくは説明は出来ません。ただ、私には彼が……いや、何でもないです」

 よし、うまくいったぞ。

「タカミッチー、奥の手を使わなくてもよかったよ」
「いや、君のは僕の咸卦法(かんかほう)とは別物だからね」
「え? アレ、咸卦法じゃないの?」
「絶対に違う。アレはなんていうのかな……そう、聖化法(せいかほう)ってところじゃないかな」

 さよけ。まあ、名称とかどうでもいいか。
 あ、そろそろ9時だ。ネギたちには夜のさんぽだって言ってきたから、そろそろ帰らないと。

「では、皆様。オレはこれにて」

 アスナたちの部屋に帰る。
 ドアを開けると、ネギが、アスナとこのかと興奮した様子で話していた。

「ヨシュア、口は悪いんですけど、ホントはすっごく優しいんですよ~。ボクが溺れたときも助けてくれたし、ある事件があった時も、命がけでボクを救ってくれたんです」
「え~、それホント?」
「ネギちゃん、今日の様子からは想像できひんよ」

 おい、ネギをちゃん付けで呼ぶなよ。

「このか、ネギの事情は複雑だ。学校では、ちゃんと先生と呼べよ」
「あ、ヨシュア。お帰り~」
「出たよ、変態」
「もう少し、真面目ならよかったのに」
「うるせーよ。さて、アスナ。細工の練習をするんだろ? 道具は貸してやる」
「あ、そうだった。でも、私って思えば大雑把だし、うまく出来るのかな?」
「出来るか、出来ないかは関係ない」
「……え?」
「やるんだよ」
「あ、う、うん。後、顔が近い……私は高畑先生が好きなはずなのに――」
「何か言ったか?」
「な、何でもないわよ!」

 アスナ、頬が少し赤いぞ。どして?
 まあ、オレはこれからも最善を行うのみ。

  
 

 
後書き
おまえの作品、嫌いじゃないぜ。
応援してやるから頑張りたまえ。
などなどを少しでも思ってくださった方は「お気に入り登録」や「評価」をしてもらえると嬉しいです。
感想もまってます。
皆様の応援でモチベーションがあがります。 
ページ上へ戻る
ツイートする
 

感想を書く

この話の感想を書きましょう!




 
 
全て感想を見る:感想一覧