| 携帯サイト  | 感想  | レビュー  | 縦書きで読む [PDF/明朝]版 / [PDF/ゴシック]版 | 全話表示 | 挿絵表示しない | 誤字脱字報告する | 誤字脱字報告一覧 | 

わりとよくあるイレギュラーなネギま!

しおりを利用するにはログインしてください。会員登録がまだの場合はこちらから。 ページ下へ移動
 

聖誕
  5話 なんでクラスの人数が32人なの?

 うわー。クラスの女性陣よ、そんなギラギラした目で見るんじゃねえ。
 オレの見てくれは確かにいいが、今はそんな場合じゃないんだ。
 あのエヴァンジェリン・A・K・マクダウェルがスゲー形相でオレを睨んでいるからだ。
 オレおまえにナニカした?
 後、気になるのは(ちゃお)の驚いた顔とクラスの人数。
 人数が32人。つまり1人多いんだ。
 こいつだ――湯田(ゆだ)夏凜(かりん)
『ユーキューホルダー!』のカリンと見た目がそっくりなんだよな。でも、あいつは『魔法先生ネギま!』には登場しない。
 そっくりさんか、オレと同じ転生者か?
 ひとまず、ネギの自己紹介。
 もみくちゃにされるネギ。
 今のところは大きなトラブルはなし。
 で、オレの自己紹介。

「ネギ先生の兄的存在のヨシュア・キリストリアルと言います。この銀細工等は宗教的な理由があるので、あまり深く詮索はしないでください。私はネギ先生のサポートですが、気軽に話しかけてくださいね」

 こんなもんでどうだ?
 先ほどまでネギのことで騒いでいたのに、クラスはシーンとしている。
 どして?

「すみません、なにかまずかったでしょうか?」

 なぜ、全員顔を伏せる!
 アスナ、さっきまでの対応どこいった!
 こっちは礼節をとって対応しているのに。
 その時。

「ぷは、あははははは! ヨシュア、気持ち悪いよ~」
「……ネギ、テンメー! このナイスガイに向かって気持ち悪いだと! またあそこ(・・・)に閉じ込めるぞ!」
「あわわわ! またボクに酷いコトする気でしょ! この変態!」
「お、おい。待てよ。なんでそこで変態になるんだ。こっちはよかれと思ってだな――」
「いきなりだった! ボクの許可もなく! 痛かった、痛かったよ!」

 瞬間、女性陣から向けられる雰囲気が明確に変わる。

「変態」
「クズ」
「カス」
「ゴミ」
「ショタコン」
「童貞」

 オレは天元突破した。

「おい、ショタコンって言ったやつと、オレを童貞呼ばわりしたやつ前に出ろ!」

 前に出てきたのは雪広(ゆきひろ)あやかと、エヴァンジェリン・A・K・マクダウェルだった。
 オレはやつらを睨みつける。
 う、周りの視線が痛い。
 ヨシュアよ、大人になれ。相手はまだ中学生だ。こっちのババアは違うけど。

「君たち、そんな言葉を使ってはいけないよ。君たちは可憐な中学生なのだからね」
「少しは紳士な御方かと思っていましたが、外見だけのアホでしたか。かわいいネギ先生に引っ付く害虫が!」
「あ? おまえ、ケンカ売ってんの? ネギに気持ち悪い表情で近づくなよ。おまえのほうがショタコンだろうが!」
「な、なんですって! このド変態のドスケベ!」

 その時だった。

「無礼者! この御方をどなただと思っている! 言葉を慎みなさい、雪広!」
「なんですか湯田さん? いつもエヴァンジェリンさんとしか、話さないあなたが。いきなりなれなれしいですわよ」
「雪広! (こうべ)()れ、許しを請え! しないのならば――」
「カリン、黙れ!」
「し、しかし」
「今はその時ではない。分かったな」
「は、はい」

 なんぞこれ? オレのせい? 湯田の言っていることも意味不明だし、どうしよう。
 場の空気をどうやってあたためるか?
 そうだ。童貞の話をしよう。
 こいつらは思春期だ。エロを話せばまちがいない!

「おい、ちみっこ。さっきオレを童貞呼ばわりしたよな?」
「それがどうした? 本当のことだろ。くさいんだよ、鼻が腐る」

 よし、のってきた!
 後は、こいつをからかえば……いや、やめておこう。

「どうした、童貞。言い返してみろよ童貞……おい、聞いているのかこの童貞が!」

 思えばこの子も不幸だよな。
 オレは子犬を撫でるように、エヴァンジェリンの頭をワシワシと撫でた。

「大丈夫だ。怖くないよ。きっと君も幸せになれる。エヴァンジェリンさんに光あれ!」
「ぎゃあー! 登校地獄が変化する!? こんな場所でホイホイと奇跡を使うなぁ――っ!」

 本当に光っちゃったよ……ど、どうしよう。
 ネギ、サポートを。オレはネギにアイコンタクトを行う。

「あははははは! どうていって何か知らないけど、ヨシュアをバカにするからだ!」
「おい、ネギ! それじゃあオレが何かをしたみたいだろうが! それに湯田も泣いてんじゃねよ! クソ、エヴァンジェリンさん? ……エヴァンジェリン! 返事をしろ!」
「何か知らないけど、最低」
「ここまでのクズはみたことないです」
「あわわ、ハルナ、夕映(ゆえ)! そんなにホントのことを言っちゃダメだよ!」

 オレの膝がガクガクと揺れる。だ、大丈夫、まだ慌てる時間じゃない。
 さっと、エヴァンジェリンを抱きかかえる。

「オレ、エヴァンジェリンさんを、保健室に連れて行ってくる……なんだよ。なんだその目は! オレがいかがわしいことでもすると思っているのか!」
『うん』
「おふ」 

 オレは漫画『1時間目』の序盤から、やらかしてしまったようだ。
 この先どうしよう。
 いや、オレはオレの最善を行うのだ!
 決めろ、かっこいいぽーず!

「ドジャーン!……おい、何とか言えよ。……お願い! ワザとじゃないの! 何か急に光ったの! 信じてくれ!」

 オレはそれは綺麗な土下座を行う。

「あの……みなさん。ヨシュアは、ホントはすごく素敵な人なんです。それにさっきのは、ヨシュアの得意技のマジックですよ。ボクも出来ますよ。見ててください」

 ネギよ、なんていい子に育ったんだ。オレは嬉しいぞ。

「このなんの変哲もない、ボクのアクセサリーが……蛇に似たアクセサリーに変身!」
『え、えええ!? ネギ先生、すごい!』

 この前、作ってやった『ÄRM(アーム)』の『パイソンウィップ』をドヤ顔で見せびらかすネギ。
 ネギはオレにアイコンタクトを行った。

「よ、よし。ネギ、後は任せた。オレはエヴァンジェリンさんを運ぶ……うん? なんだ、茶々丸(ちゃちゃまる)さんに夏凜さん?」
「ご一緒します」
「ずいぶんと性格がお変わりになって、私のせいですよね。ごめんなさい、ごめんなさい」

 やばい、頭と心臓が痛い。なんだこれは?

「謝るな。カリン、おまえは最善を行っただけだ。確かに私は……あれ? なんだっけ? ひとまず、エヴァンジェリンさんを保健室に」
「了解」
「御意」

 なんだよ『了解』に『御意』って。
 オレはどこかのお偉いさんか!
 
 
 
 

 
後書き
おまえの作品、嫌いじゃないぜ。
応援してやるから頑張りたまえ。
などなどを少しでも思ってくださった方は「お気に入り登録」や「評価」をしてもらえると嬉しいです。
感想もまってます。
皆様の応援でモチベーションがあがります。 
ページ上へ戻る
ツイートする
 

感想を書く

この話の感想を書きましょう!




 
 
全て感想を見る:感想一覧