| 携帯サイト  | 感想  | レビュー  | 縦書きで読む [PDF/明朝]版 / [PDF/ゴシック]版 | 全話表示 | 挿絵表示しない | 誤字脱字報告する | 誤字脱字報告一覧 | 

黒猫鉄火面2022:鳩山や小泉をどう殺すか?(外患罪とテロ準備共謀罪で死刑、地獄刑罰で無限虐殺)/「亡国平成プロ知識人死亡集」「異常裁判官処刑審問」編

しおりを利用するにはログインしてください。会員登録がまだの場合はこちらから。 ページ下へ移動
次ページ > 目次
 

あとがき3 余命地蔵と佐藤一斎/補足に一言二言

 苛立ち紛れにもっとボロクソ書いてやろうかと思ったのだが、どのみち死刑や断罪・粛清が目前の連中にそんなことをしても、二度手間で無駄な労力な上にかえってシャレにすらならないだろう。
 この一連の落首を書いた自分(筆者)としては、あとは無事に恍惚と廃人して推移と顛末を見守りたい(健全・建設的にものを考えることすら二度と不可能、とっくに脳が壊れたw)。敵方(反日利権勢力)の度しがたさだけでなく、味方・国民同胞についても「なんだ、こいつら?」と愛想を尽かしている面もあったりするのが本心。
 特にプロ知識人の連中の大勢については心底に蔑み果てていたりする(江戸時代の学者・佐藤一斎の一冊でも読めば、今の彼らこそ形骸化・腐敗した悪しき知識層の典型だとわかるはず)。日本人大部分が一般的に「とても素直で信じやすくて謙虚で従順な性格で、協調性・正常性バイアスでロボトミーじみた優良な羊や、真面目で勤勉な良く出来た馬ロバ、生産性と物わかりの良い温厚有益なだけのアルパカと便宜主義の物わかりの宜しい豚ばかり」でなかったら、(知識人詐欺パヨク・無責任茶坊主の大軍は)とっくに行列で片っ端から「国民の怒り」で頭叩き割られてそう?(じきにそうなるだろうけれどもw) 
 普通の意味での人間的なまっとうさ・立派さ・美徳と知力・騙し合い・悪知恵や狡猾さとかの能力は「全く別次元の問題」だという素朴な真理の典型的事例(普通の人間がヤクザや組織犯罪者に勝てない理屈)。だが、いかに狼が羊の群れを相手に暴力無双していても、獰猛な大型猟犬・闘犬とか象やトリケラトプスが羊側で参戦して来たらそれでお終いだw

 それからついでに一言付言するなら、運営の手間と費用がかかる「余命神社」よりも、むしろ「余命地蔵」を作って靖国や各地の神宮・大社などに奉納・安置して貰った方が現実的であるように思われる。他に政治的アイデアで有効有益と思ったものは、これまでに余命(ミラーサイト)や安倍元首相などにメールもしてある。
 私としては「ここまで」。 
次ページ > 目次
ページ上へ戻る
ツイートする
 

感想を書く

この話の感想を書きましょう!




 
 
全て感想を見る:感想一覧