| 携帯サイト  | 感想  | レビュー  | 縦書きで読む [PDF/明朝]版 / [PDF/ゴシック]版 | 全話表示 | 挿絵表示しない | 誤字脱字報告する | 誤字脱字報告一覧 | 

冥王来訪

作者:雄渾
しおりを利用するにはログインしてください。会員登録がまだの場合はこちらから。 ページ下へ移動
 

ミンスクへ
  青天の霹靂

 
前書き
いろいろ思うところあったのですが、史実で建造済みのモスクワ級航空巡洋艦にしました 

 
1978年3月1日、未明
事態は動く
ソ連、セバストポリ軍港
同地との通信途絶との連絡が深夜2時、ハバロフスクの軍司令部に届く
即座に、近隣の軍管区から出せるだけの兵力を出して制圧に向かわせる

雷鳴のような音を(とどろ)かせ、艦砲が(うな)
セバストポリ市内のBETA群に向けて、雨霰(あめあられ)と砲撃が繰り返される
ロケット弾が地表すれすれに飛び交い、周囲を焼く
街は数里先からも赤く燃え広がっているのが見え、絶え間なく爆音が(ひび)
市中を制圧した化け物共に、洋上に鎮座(ちんざ)するモスクワ級航空巡洋艦や改造タンカーの艦載戦術機から爆撃を仕掛けるも失敗
市街に近寄るも、突如として現れた光線(レーザー)級に()熾烈(しれつ)な対空砲火でほぼ全てが未帰還
6個大隊相当の戦術機と衛士が失われる結果に総参謀部は(あわ)てた
12時間続いたBETAの攻勢は、洋上よりミサイル巡洋艦や潜水艦からセバストポリ市への核飽和攻撃で一時的な事態の終結へと向かった

一部始終を黒海洋上から米海軍の電子調査船は見ていた
暗号の掛かっていない膨大(ぼうだい)な通信量からソ連軍の混乱ぶりが判る
撃ち落される衛士の阿鼻叫喚(あびきょうかん)や恨み言がレコーダーに記録され、通信員の耳に(ひび)
艦内の電装表示を見る艦長が(つぶや)いた
「どういうことだ……」
 3か月後に控えたパレオロゴス作戦の主力部隊を務めるソ連軍の敗退
幾らミンスクハイヴより千数百キロ離れた黒海とはいえ、既にあの禍々(まがまが)しいBETA共は侵食(しんしょく)しつつある
 望むならこのまま終わってほしい
彼の心からの願いでもあった


 カシュガルハイヴが崩壊して周囲数千キロに化け物共が居ないのが幸いしたのか……
極東は非常に安定した情勢に戻りつつあった
数年来の天候不順と混乱で物不足に悩む欧州を横目に日本にも欧州の大企業の移転話が出始めていた
後方基地として(いささ)か遠いが、商機を逃さないようにとの考えから進んで各種戦術機の大規模メーカーや部材を作る機材が持ち込まれる
 大陸で行われている対BETA戦は、宇宙開発競争で疲弊(ひへい)した帝国経済を立ち直らせる契機(けいき)になり、極東の軍需(ぐんじゅ)や、欧州の軍備拡張を背景とする輸出で、生気(せいき)を取り戻し、好景気を支えにした株式市場は沸いた


 その様な矢先での、ソ連・ウクライナ地域の混乱
同日、帝都に近い大阪証券取引所では、主力株や軍需関連株を中心に売り物が殺到し、数年ぶりの本格的な株価大暴落に見舞われた
 

後にこの日の事を報道機関は、「漆黒の水曜日」と呼んだ


 
 地獄絵図のような光景を潜入したCIA工作員がカメラに収める
ソ連風支度をして、トルコ支局より同地に入る
薄汚れた茶色の綿入服(テログレイカ)を着て、耳付防寒帽(ウシャンカ)を被り、その惨状(さんじょう)を見つめる
「カンボジア戦線でも、これほどの地獄は見た事は無いぞ……」
脇に居る着古しの両前(ダブル)合わせの外套の男の方を向く
広いつばの中折れ帽を被り、フィルター付きタバコを吹かしながら、彼に応じる
「全くだ……。10年前の新春(テト)攻勢の際が極楽に思える。
順化(フエ)市中の包囲戦で匪賊(ゲリラ)狩りをした時よりも酷い」
男は懐中より革で包まれたアルミ製の水筒(スキットル)を取り出す
キャップをひねり、開けると彼に差し出す
「一杯やれよ。少しは楽になる」
彼は、男より水筒を取ると中にある蒸留酒を味わった
芳醇(ほうじゅん)な香りと味が彼の五感を通して脳に伝わる
その一杯で居心地の悪い現実から逃げようとしたのだ
 
 カメラを持つ手が止まり、男は言葉少なに語る
「この仕打ちはあるまいよ……」

怪物は、市中で暴虐の限りを尽くし、無辜(むこ)の市民を蹂躙(じゅうりん)し、そして(もてあそ)んで殺した
彼等の足元には、遺体が複数転がる
およそ確認できるだけで、120体を下らない数……
恐らく生きた(まま)(ほふ)られたのであろう
静かに心の中で、神仏に冥福(めいふく)を祈った



場所は国家保安省本部の会議室
一人の男が、数名の男たちを前にして冷笑(れいしょう)する
《褐色の野獣》と称される保安省少佐はソ連の悲劇を本心から喜んだ
手にした報告書には、数日前にあったソ連西部での惨事(さんじ)が記されていた
「これで、私に有利な舞台がそろったと言う事だよ。
あとは役者の配置を待つばかりだ」
若い金髪の少尉が、その優男に問う
「ベルンハルト達は如何(いかが)(いた)しましょうか、同志少佐」

「何、3人を捕まえてきて、私が代わる代わる遊んでやっても良い……」
暗に男女を問わず(はずかし)めることを匂わせる
その様な態度から彼は省内外から倒錯(とうさく)者として見られていた
最も当人に至っては馬耳東風(ばじとうふう)(ごと)く無視していた 

 小柄な少尉は、再び問うた
「同志少佐、ボンの兵隊共にバラバラにして売り渡すのは如何でしょうか」
彼に対して、一人づつ人質として売り払うことを提案したのだ
「君も中々の 嗜虐的性向(サディスティック)な事を言うではないか……」
男の顔が(ほころ)
「貴方様の御仕込(おしこ)みで、この様な姿になりました故」
室内に男たちの高笑いが反響する
 
 彼は机の下から醸造酒(ワイン)を取り出す
「これは安酒ではあるが、前祝だ。
景気づけに一杯やろうではないか」
1977年のボジョレー・ヌーボーを、机の上に置く
ビニール袋に入れたガラス製のコップを取り出して、並べる
普段よりつけている化学繊維製の白手袋を取ると、コップを持つ
少尉は、彼のコップに酒を並々と注ぐ
《褐色の野獣》が音頭(おんど)を取る
「では、諸君らの健康を祈って、乾杯」
一同が、乾杯の音頭を返す
そして一息に(あお)

奥で黙っていた曹長が少佐に質問する
「同志少佐、ベルンハルト嬢も中々の美女です。安く売って雑兵(ぞうひょう)一夜妻(ひとよづま)などにするのは勿体無(もったいの)う御座います。
この際、ボンに(くだ)る手土産として高級将校やCIA工作員へ、細君(さいくん)として差し出すのも策の一つではありませんか。
その方が、あのいけ好かない小僧(ユルゲン)身悶(みもだ)えします(ゆえ)
 彼は、顎に手を当てる
「敵国の支配階層へ、特権階級(ノーメンクラツーラー)美姫(びき)として差し出すか。
それ相応(そうおう)化粧(けしょう)をして、忠を示す貢物(みつぎもの)とする。
ブルジョア趣味としては良いかもしれぬ。
同志曹長、君が(たくら)みに私も乗ろう。
私も、早速下準備に入るとするか」
彼は、脇に立つ少尉を抱き寄せる
「打ち(ひし)がれたあの男を、私が(なぐさ)めるのも良いかもしれぬな」
頬を赤く染めた少尉は、彼の右腕を服の上から(つね)
「美姫に飽き足らず、美丈夫(びじょうふ)までとは。
相変わらず手が早いですね」
彼は右手の方を(のぞ)
「下品な物言いは、君らしくないぞ。
同志ゾーネ少尉。
その際は、あのブレーメ嬢を私と彼の眼前で(もてあそ)ぶ様を見せて欲しいが、どう思うかね」
白髪の大尉が応じる
「結構な趣味ですな」
右脇にゾーネを抱えながら、彼は大尉に返す
その大尉は《ロメオ》諜報員と呼ばれる婦人専門の色仕掛け工作員であった
「何、私は寝取(ねと)りの趣味は無い。
間男(まおとこ)生業(なりわい)ばかりしている君とは違うがね」
再び室内に男たちの高笑いが反響(はんきょう)する
(あえ)て、奴らを結婚させてから引き裂く。
父と同じ道を歩ませる……、一興(いっきょう)であろう。
幼妻(おさなづま)というのも良いやもしれぬ」
空になったコップにゾーネが酒を注ぐ
秘蔵(ひぞう)の酒を(またた)く間に飲み干してしまう
「いや、実に甘い酒ですな」
へべれけになった曹長が応じる
大尉は胸からCASINO(東ドイツ製のタバコ)の包み紙から、シガレットを取り出す
火を点け、吹かし始める
「後は、女さえあれば……」
「そうだ、あとは女」
ほろ酔い気分になった彼は、部下を一瞥(いちべつ)するとこう締めくくる
「諸君、今日はお開きだ」
彼等は、その場を後にした





 
 

 
後書き
40年ほど前の日本でも官公庁の中で定時以降の飲酒はザラでした
その様な事を考慮し、今回の描写に反映しました

ご意見、ご感想、よろしくお願いいたします  
ページ上へ戻る
ツイートする
 

感想を書く

この話の感想を書きましょう!




 
 
全て感想を見る:感想一覧