| 携帯サイト  | 感想  | レビュー  | 縦書きで読む [PDF/明朝]版 / [PDF/ゴシック]版 | 全話表示 | 挿絵表示しない | 誤字脱字報告する | 誤字脱字報告一覧 | 

ドラゴンボールZ~孫悟空の娘~

作者:setuna
しおりを利用するにはログインしてください。会員登録がまだの場合はこちらから。 ページ下へ移動
 

第71話

 
前書き
悟空とベジータが独自の進化をするなら悟林も負けませんと言うか負けさせません。

滅茶苦茶体を酷使させますがね 

 
トッポは目の前の現状を受け入れることが出来なかった。

自分にとって必殺の一撃がまさか敵の餌となり、敵の進化を促してしまうなど信じたくない光景であっただろう。

「何だ…その姿は…!?」

トッポの破壊神化は肉体が筋肉質になったりなどの変化はあったが、ベジータ程の変化はなかった。

つまりあの姿はサイヤ人と破壊神の力が結び付いた姿だと言うことだろう。

「カカロットが天使の身勝手の極意ならば、俺は我儘…我儘の極意とでも言おうか…身勝手の極意は俺向きではなかったが、これなら俺のやり方で強くなれる。さて、感謝の印に痛い目に遭わせず落としてやろうか?破壊神候補さんよ」

ゆっくりと距離を縮めてくるベジータにトッポは無意識のうちに後退りし、武舞台の端にまで追い込まれていた。

それに気付いたトッポは己を恥じてベジータに殴りかかるが、ベジータは敢えて拳を顔面に受けた。

「!?」

「馬鹿が…我儘の極意の真価を見せてやろう」

すると先程よりも気が膨れ上がり、ベジータは獰猛な笑みを浮かべる。

「お、己!破壊!破壊!破壊!!破壊!!!」

破壊玉を何度もベジータに放つが、圧倒的なまで実力差があるベジータには最早トッポの破壊エネルギーなど足止めにもなりはしない。

「教えてやる、今の俺は攻撃を受ける度に…闘争心を高めることでどんどん強くなる!破壊神の力を得た戦闘民族サイヤ人の力を舐めるなよ!!」

「う…あああ…」

「貴様の空っぽの正義を捨てたところで何も守れん。自分のプライドさえ守れん奴は消えろ!!」

恐怖しているトッポにベジータの渾身の拳が炸裂した。

一方、悟空は身勝手の極意を発動させながらジレンと闘っていた。

最初はある程度最適化された動きと攻撃でジレンと渡り合っていたが、後に互角の打ち合いとなる。

確かに超サイヤ人ブルー界王拳で闘っていた時よりも良い勝負をしていた。

攻撃に対して回避も防御も勝手に行われる身勝手の極意だが、まだまだ未完成なせいもあって精度が低いせいで回避が間に合わず、防御の際にダメージを受けてしまっている。

攻撃もまた攻撃する一瞬にいくつもの考えが生じてしまい、本来の威力が出せずにいた。

「確かに先程のお前より遥かに手応えがある。だが、その程度では俺を倒せん!!」

「ぐはっ…!!」

ジレンの拳が悟空の腹にめり込む。

身勝手の極意によって勝手に防御のために気が集中していたが、気が足りなかったようで吹き飛ばされてしまう。

「ぐっ…畜生…まだオラには使えねえのか…!?」

力を使い果たしたのか身勝手の極意が解除されてしまう。

「残念ながら本物の身勝手の極意ではなかったようですね。身勝手の極意はそう簡単に極められるものではありません。さっきの悟空さんは1つのきっかけを見つけたに過ぎないのでしょう。先程の悟空さんの姿は身勝手の極意“兆”と言ったところでしょうか」

ウイスが先程の悟空の姿をそう説明すると、ジレンがとどめを刺そうとするが、悟林がジレンを蹴り飛ばして阻止する。

「交代だよお父さん」

「悟林…」

「50倍究極界王拳!!」

フルパワーでジレンに突撃する悟林。

ジレンの見えない拳を数発喰らっても構わずにジレンを殴り返した。

「な…っ!」

「よ、よし…当たった…!」

ジレンは少しよろめいた程度だが、悟林のダメージは相当な物で口から血を吐いていた。

「…なるほど、孫悟空よりは手応えがありそうだ」

「50倍の究極界王拳のパンチでその程度のダメージなんて…ヤバいかもね…でも、私達はここで負けるわけにはいかない!!」

「来い」

悟林とジレンが高速で移動しながら打撃の交換をする。

しかし、拳と拳、蹴りと蹴りがぶつかるごとにダメージが蓄積していくのは悟林の方であった。

「痛っ…!」

「確かにお前も強い…それは認めよう。だが…」

「ごふっ!?」

ジレンの拳が悟林の顔面に叩き込まれ、悟林は仰け反る。

「それでも俺は倒せん」

組んだ拳を叩き込まれ、悟林は地面に激突した。

「ぐうう…何て強さなの…?究極界王拳を60倍にしてもあいつには通用しそうにないし…体が壊れるかもだし…」

「何を情けない面をしてやがる」

「え!?ベジータさん…随分おっかない顔になったね」

「ふん、破壊神の力を使ったらこうなるんだ。随分と情けないことを言いやがって、昔の貴様なら体が壊れることなんて関係なく力を引き出しただろうが、神の気を使えるようになってから手を抜くようになりやがって。ジレンは俺がやる、貴様はここで隠れてやがれ」

「ちょっ!ベジータさん!?」

「今度は俺が相手だ」

「その力…ベルモッドと同じ破壊神の力か…」

「少し違うな、これはサイヤ人と破壊神の力が結び付いた俺だけの力だ。貴様にも我儘の極意の真価を見せてやるぜ」

ベジータとジレンが激突する。

ジレンの蹴りがベジータの顎を蹴り上げるが、そのダメージによってベジータのパワーが上がる。

「む…!」

「さっきの破壊神候補との闘いを見ていなかったようだな…今の俺はダメージを受ければ受けるほど…闘争心を高めて強くなる…!貴様との闘いで俺は更なる高みへ行く!!宇宙一はカカロットでも、悟林でも貴様でもない。この俺だーーーっ!!」

ジレンを殴り返すベジータ。

それによってジレンの口の中が切れたのか口から血が流れる。

「っ!ジレンにダメージが入ったぞ!!」

「そうか!今のベジータはダメージを受ければ受けるほど強くなる。凄まじいパワーを誇るジレンの相手にはうってつけだ!」

「よしっ!良いぞベジータ!!ジレンの攻撃を利用してジレンを超えろーーーっ!!」

クリリンと天津飯がようやくジレンにまともなダメージを受けたことに希望を見出だす。

ビルスも拳を握り締めて叫ぶが、ウイスの表情は厳しい。

「どうでしょう?確かに今、ジレンと闘えるのはベジータさんですが、いくら我儘の極意で戦闘力を上げようが体にダメージは蓄積していきます。ベジータさんがジレンを超えるまで果たしてベジータさんの体が保つかどうか…」

ベジータの我儘の極意は言ってみれば肉を切らせて骨を断つを体現した技だ。

いくらパワーアップしても肉体に蓄積したダメージが回復するわけでもない。

如何にダメージを抑えつつ闘争心を高めるかが、ジレンを倒す鍵となるだろうが、初めて使った技でそこまでの気配りが出来る訳がない。

実際に最初はジレンからダメージを受ける度にある程度パワーアップして反撃していたが、ウイスの目には分かる。

ベジータの攻撃のキレが悪くなってきていることに。

「なるほど、確かにお前は先程の2人よりは強い。それは認めよう。だが…」

拳に気を集中させたジレンがベジータの腹に叩き込むと血反吐を吐いたベジータの我儘の極意を解除させる。

「がっ!?」

「お前が俺を超える前にお前の肉体が保つかは別問題だ」

「やはりベジータさんの我儘の極意も不完全だったようですね。悟空さんの身勝手の極意“兆”に合わせて、我儘の極意“兆”と言ったところでしょうか」

「ぐっ!!」

ベジータは咄嗟に超サイヤ人ブルーフルパワーに変身する。

今の我儘の極意はトッポの破壊エネルギーを吸収したことで発動したもの。

まだ自力ではそこまで至れてないベジータには最早蒼神化フルパワーの状態で挑むしかない。

「まだ諦めないのか」

「諦めるわけがないだろうが…我儘の極意が使えなくとも…貴様と刺し違えてでも落としてやる。俺達サイヤ人は強敵との闘いで命を燃やす度に強くなるんだ!!」

ダメージが蓄積して疲弊しているのに決して諦めないベジータにジレンは目を閉じながらベジータのラッシュを防いだ。

「見事だと言っておこう。第7宇宙の誇り高き戦士よ」

顎を殴り上げ、そしてがら空きになった腹に気功波を直撃させるとベジータを場外に落とした。

「ぐっ!」

「ベジータ!」

「おい、仙豆だ!」

天津飯が仙豆をベジータに与えるように言うとクリリンはすぐにベジータに仙豆を食べさせた。

「…すまないビルス様。破壊神の力を使いながら負けてしまった」

「なーにを言ってる。お前の我儘の極意と言ったか?お前の破壊神の力なんて本物の破壊神の神の技の完成度には程遠い。これを期にもっと精進するんだな」

「…ああ」

「不器用ですねビルス様、ですがベジータさんの闘いは悟空さんや悟林さんの起爆剤になるはずですよ」

ジレンは早速残った第7宇宙の選手を狩りに行き、まずは18号と17号に向かう。

「「なっ!?」」

一瞬で距離を詰められた2人はジレンの軽い拳打で吹き飛ばされた。

防御していたにも関わらず、ダメージを受けたことに18号は痺れる腕を押さえながら悪態を吐く。

「くそ、こんな化け物が出てるなんてね…2億ゼニーじゃ安すぎるよ…!」

「お前も相変わらずがめついな。義兄さんに呆れられるんじゃないか?まあ、がめつさが無くなったら無くなったで恐ろしいが…」

「17号、後でぶっ飛ばすよ!」

18号と17号は双子なだけあってコンビネーションは抜群である。

殺しが禁止のルールなのでジレンは全力で攻撃することが出来ないため、互いの隙を埋めるような連携でジレンに連続攻撃を浴びせるが、やはりジレンにはまるでダメージがない。

「参ったね…これは金属を殴ってるみたいだ」

「殴ったこっちの手が痛むなんてな…」

攻撃をかわしつつ反撃しているのに2人の拳が傷つくだけである。

ジレンは17号を殴り飛ばして瓦礫に叩き付け、18号は気合で吹き飛ばされて場外行きに。

そして悟飯、ピッコロ、セル、フリーザの元に突撃する。

「「「「っ!?」」」」

あまりの速さに4人は対応出来ずにピッコロが殴り飛ばされ気絶してしまう。

「ピッコロさん!!」

そしてそのままジレンに場外に放り投げられてしまい、観客席に。

「おやおや、私達を同時に相手をしようと言うのですか?あまりお調子に乗るんじゃありませんよ!!きええええっ!!」

「はああああっ!!」

フリーザとセルは即席ながら連携を取ってジレンと闘うが、いくらゴールデンフリーザとなったフリーザやブルーセルとなったセルでも実力がかけ離れ過ぎており、ジレンに無数の気弾を浴びせるものの、気合で掻き消された挙げ句見えない拳による乱打で打ちのめされてしまう。

「ぐあっ!!」

「ぬあっ!!」

「フリーザ!セル!!」

自分よりも遥か上の実力を持つ2人があっさりと打ちのめされてしまった事実に悟飯は驚愕する。

「お、己…まさかここまでとはな…流石の私も笑えんよ」

「化け物ですよあれは…」

「終わりだ」

「魔閃光ーーーっ!!」

とどめを刺そうとするジレンに悟飯が魔閃光を放ち、気功波は弾かれたものの、気を逸らすことには成功した。

「おやおや、これは孫悟飯さんじゃありませんか。私達を助けてくれたんですか?」

「お前もセルも今は同じ第7宇宙の仲間だからだ」

「良いんですか?私達を助けたりなんてして…隙を見てあなたを殺すかもしれませんよ?」

「その時は僕がお前達を落としてやる。正直言って、今でも僕はお前達が許せない。でも今はお前達の力が必要なんだ」

フリーザやセルのことをしてきたことを考えれば当然のことだが、悟飯は今でも2人を許したつもりはない。

しかし、今はこの2人の力が自分よりも遥かに重要だと分かっているのだ。

「ふん、良い判断だ。ところで孫悟飯、貴様は奴に通用しそうな技はないのか?」

「…悪いけどない」

「やれやれ、期待してはいなかったが…どこまでも腑抜けおって…フリーザ、フルパワーならば奴に金縛りにすることは可能か?」

「…そうですね、可能だとは思います」

フリーザらしからぬ煮え切らない返答。

ジレンのパワーの前ではゴールデンフリーザのパワーでさえ霞む程なのだからそのような返答になるのは仕方ないだろう。

「充分だ。孫悟飯、貴様がジレンの気を引き付けている内に私とフリーザが金縛りで奴の動きを封じる。1人では無理でも私とフリーザの同時になら…」

「奴にも通じるかもしれませんね。やってみる価値はありそうです。それでは孫悟飯さん、精々頑張って下さいね」

「言ってくれるな…でもそれしかない!行くぞジレン!!」

潜在能力を解放し、ジレンに挑む悟飯。

実力差を考えれば自殺行為だが、この大会は殺しは禁止。

「はっ!」

ジレンの気合で動きを止められ、見えない拳によって吹き飛ばされても防御に集中すれば気絶しないで済む。

「ぐっ!!」

しかし、それでも悟飯には時間稼ぎでもジレンの相手は厳しい。

距離を取ろうにもジレンは悟飯のスピードを超えて距離を詰めて殴り飛ばしてくる。

あまりの実力差に修行をサボり続けてきたツケかと思うと笑いそうになってしまう。

「かめはめ波ーーーっ!!」

それでもただやられっぱなしと言うわけでもなく、悟飯は零距離でのかめはめ波をジレンに直撃させる。

しかし、零距離で受けたにも関わらずジレンにはダメージがない。

「終わりだ」

「貴様がな…やるぞフリーザ!」

「はああああっ!!」

フリーザとセルがジレンの真横に立つと同時に金縛りをかけた。

「む…」

「私とフリーザの同時によってより強固となった金縛りだ。絶対に抜け出せんぞ!」

「このまま場外に落ちなさい!!」

術をかけたジレンを場外に落とそうとするフリーザとセル。

作戦が上手くいったことに悟飯は笑みを浮かべるが。

「ぬああああああっ!!!」

ジレンがフルパワーを解放して金縛りを強引に抜け出した。

「「なっ!?」」

フリーザとセルの2人がかりでの金縛りすら破ってしまったジレンに驚愕するフリーザとセル。

そしてそれは致命的な隙となり、セルとの距離を詰めたジレンは気弾を直撃させて場外行きにさせる。

「己…まさか、あれを破るとは…!」

「そんな、セルとフリーザの協力技でも止められないなんて…」

悔しそうにするセルにクリリンはフリーザとセルの金縛りすら無力化してしまったジレンに戦慄する。

「これはまずいですね、一旦退却しますよ!」

フリーザはとりあえずダメージと体力を回復させるために退却した。

しかし、悟飯はそうはいかない。

「くっ…」

「これで終わりだ」

ジレンが悟飯を蹴り飛ばそうとするが、悟林が間に入って代わりに受ける。

「がはっ!!」

受け止め切れずに直撃を受けて血反吐を吐く悟林に悟飯は焦る。

「ね、姉さん!」

「はは、ベジータさんのおかげで思い出したよ…どうやら私も悟飯のことをからかえないようだね…私は神の気を扱えるようになってから本当の意味で全力で闘えてなかった…だからここで本当の意味で全力を出す!!命を燃やすことでね!!究極界王拳っ!100倍っ!!!」

「っ!」

限界の50倍を一気に超えた倍率の究極界王拳。

「ふー…ふー…」

息を荒くし、表情も険しくさせ、体中に血管が浮かんでいることから相当無理をしているのが分かる。

「先程の孫悟空と同じだ。限界を超えたパワーなど使いこなせるはずが…」

次の瞬間、ジレンの顔が悟林の拳によって弾かれた。

「な…っ!?」

「うおあああああっ!!」

絶叫しながら悟林は強烈なラッシュをジレンに浴びせる。

「はあっ!!」

ジレンもまた拳を打ち返し、悟林の拳と打ち合いになる。

激突するごとに武舞台を削っていく。

そして最後に回し蹴りを激突させて互いに距離を取った。

「なるほど、限界を超えるパワーさえ使いこなすその戦闘センスは見事だ。だが、そこまでの力を引き出すのは相応の負担があるはず、命を削るような物だぞ」

「だろうね、でも今はあなたに勝ちたい。それ以外はどうでもいい!!」

「なるほど、手強い相手だ…俺を倒すためにそこまでの力を出したのなら、俺も応えねばなるまい…!!」

ジレンもまたフルパワーとなって悟林を迎え撃ち、2人の拳と蹴りがぶつかり合うごとに凄まじい衝撃が迸る。

「凄い…凄まじいパワーのぶつかり合い…まるで破壊神同士の闘いを見ているようです」

界王神があまりのレベルの高さに戦慄を覚えるが、ウイスは冷静にこちらの不利を分析していた。

「そうですね、しかし悟林さんの100倍界王拳はぶっつけ本番です。時間が長引けば長引くほどに悟林さんが不利になります」

「そうだな、見ろ!」

ビルスが促すと悟林の界王拳のオーラが不安定になり始めている。

「う…やっぱりぶっつけ本番は無茶だったかな、もう限界が来ちゃった」

「どうやら、100倍の界王拳に悟林の体が耐えきれなくなっているようだな」

既に界王拳が解除されてもおかしくない状態であり、悟林も体が保たないことを理解しており、拳に全ての気を集める。

「こうなったら最後の一発。全てを賭ける…!」

「来い」

対するジレンも拳に気を集めており、同時に駆け出した。

「だあああああっ!!」

「はあっ!!」

拳と拳が激突し、凄まじい衝撃が走る。

悟林もジレンも最初はほとんど互角ではあったものの、先に悟林に限界が来てしまい、界王拳が解除されてしまう。

「あっ!?」

「これで終わりだっ!!」

弾かれた悟林に追撃の気功波を直撃させ、場外に吹き飛ばした。

「悟林!!」

ダメージから復帰した悟空がこちらに走ってきたが、間に合わない。

悟林に出来るのは残りの気を悟空に渡して力の足しにすることくらいだった。

「お父さん…勝ってよ…」

観客席に飛ばされた悟林は早速仙豆を与えられていた。

一気に第7宇宙のメンバーを半壊させたジレンに誰もが表情を険しくする。

「父さん…すみません、僕に力がないせいで…」

「気にすんな悟飯。今は悔しがってもしょうがねえ、悟林や落とされたみんなの分まで闘うんだ」

そして悟空は銀色のオーラを再び纏う。

「と、父さん!」

「悟飯、おめえは離れてろ…ジレンはオラが倒す」

身勝手の極意“兆”を発動した悟空がジレンと相対すると、ジレンもオーラを纏って全力で相手をしようとするのであった。 
 

 
後書き
ベジータの我儘の極意、悟林の100倍究極界王拳、完成度の低さによってジレンに敗北。

セルとフリーザの同時金縛りはGTのヘルズバスターが元ネタ。 
ページ上へ戻る
ツイートする
 

感想を書く

この話の感想を書きましょう!




 
 
全て感想を見る:感想一覧