| 携帯サイト  | 感想  | レビュー  | 縦書きで読む [PDF/明朝]版 / [PDF/ゴシック]版 | 全話表示 | 挿絵表示しない | 誤字脱字報告する | 誤字脱字報告一覧 | 

冥王来訪

作者:雄渾
しおりを利用するにはログインしてください。会員登録がまだの場合はこちらから。 ページ下へ移動
 

ミンスクへ
  ベルリン その5

 
前書き
ガバガバな話作りで済みません 

 
 マサキ達は、ベルリン市内の軍事施設に招かれた
当初は、シュプレーヴァルトの森深くにあるグリューンハイデ基地に招かれる予定であったが、政治的横やりで変更になった
その様に、大柄な陸軍中尉が語ったのだ
一同の眼前に立つ中尉は、180センチを超える体躯を持つ美丈夫
金髪碧眼の容姿から、さも神話に出て来るであろう精霊や神々を思わせる様な面
年端の行かぬ頃であれば、妖精や天使を思わせる姿であったであろう……
若干訛りはあるが、聞き取りやすい英語を話す

脇に立つ黒髪の少尉も其れなりの目鼻立ちで背も低くはない
吊るしであろう制服が、体に合っており、胸板も見た所、厚い
ただ、若干落ち着きが無いのは見て取れる
 奥で、大使や駐在武官と話す灰色の髪の少将は、チェコスロバキアの「プラハの春」の弾圧に参加した人物だと事前に教えられていた
受け答えや態度を見る限り、共産主義を金科玉条(きんかぎょくじょう)にする人物ではなさそうだ
 
 しかし、ドイツ語を知らぬ振りをして聞いて居れば、目の前の男達は、随分と物騒な話をしているのが分かる
何やら、帝国の制度について質問したくて仕方が無いのが、あの若い少尉達の様だ
彼は、ここで一つ、その騒ぎに乗ってやる事にした

 (たかむら)巖谷(いわたに)の刀を使った演武(えんぶ)や長剣装備の戦術機の運用方法等を一通り説明した後、東側の訓練方法や実戦経験について1時間ほど討議が持たれた
自在に英語を話せたのは、あの中尉だけで、後は通訳を介して会話となった
ロシア語教育の方が、この国では外語教育の比重を占め、エリートコースにロシア語は必須だ
仮に西側に移った際、ロシア語教師は失職するであろう事が予想される
その失業対策まで考えているのだろうか……
 
 討議は終わると簡単な茶会が用意された
見た事のない焼き菓子やデザートが振舞われる
味は、お世辞にも旨いとは言えないが、市中で買い求めた物よりは数段上
紅茶は、グルジア産の茶葉で、コーヒーは共産圏寄りのインドネシア製であった
見せ掛けだけの為に、物資不足の中で、これほどの物を用意するとは、ポチョムキン村を作って招いたソ連の(ひそみ)(なら)
その様を見て、彼は苦笑した
幾ら政変で議長が変わろうとは言え、上辺だけを飾る共産主義の隠蔽(いんぺい)の構造
これが根本的に変わらぬ限り、この国には未来は無い……

『彼等の目前で、共和国宮殿を焼いてみたら、さぞ面白かろう』
どす黒い欲望が彼の中で渦巻く……

 篁や巖谷と話しているとき、例の美丈夫が声を掛けてきた
詰まらぬ話だと思って、聞き流していたら、驚くようなことを言い放った
「あなた方の国の指導者が、誰か分かりません。
行政府の長である首相か、将又(はたまた)傲慢な王か、或いは精神的な皇帝なのか……」
彼は慌てて其方に顔を向けた
脇には、彩峰(あやみね)が真剣な顔をして立つ
先程迄の薄ら笑いは消えて、目が据っている
彼は、得意の英語で、解りやすく答えた
「我が国の大政を、聖上より一任されているのは殿下で御座います。
実務は宰相ですが、これは先の大戦や政治事情で変わらざるを得なかったのです」
奥で焼き菓子を頬張っていた黒髪の少尉が、皿を放って此方に走ってくる

『面白くなってきた』
『ここ等辺で、爆弾を落としてやろう』
その様に考え、マサキのは早速行動に移すことにした

 白皙(はくせき)の美男子が続けて聞いて来る
「ではあなた方の国は二重の権威構造なのですか。
王と皇帝の……。
しかも王は世襲ではないと、聞き及んでいます。
さっぱり理解出来ません」

 マサキは敢て発言した
何も考えずに、ドイツ語で応ずる
「権威は金甌無欠(きんおうむけつ)の帝室だ。
将軍は、飽く迄、神輿飾りでしかない。
国策に疵瑕(しか)が生じた際、その責を負って貰う存在だ。
宸儀(しんぎ)は国家その物であるが故に、責任には問えん
その為の人身御供(ひとみごくう)の制度と言えば、理解出来るか。
俺は、そう理解してるとだけ、伝えて置く」
其の青年は納得した様子であったが、周囲の者たちの様子がおかしい
篁は唖然としており、巖谷は薄ら笑いを浮かべている
彩峰は、能面の様な表情ではあったが目だけ動かしてきた
傍から見てハッキリ怒りの態度が分かる
その場にいる帝国軍人達は、ほぼ同じ気持ちであったのを、彼は察した
しかし、眼前の東ドイツ軍人は、笑みを浮かべている
恐らく、東洋人と違って、目から表情を読むと言う事が出来ぬのであろう
斜め後ろの美久を見ると、心配そうな顔で、胸に手を当てている
「事実を言ったまでであろう!」
彼は、彼女に笑い返してやった
 彩峰は、懐よりタバコを出す
一本摘まんで、使い捨てライターで火を点けると、遠慮せず吸い始めた
テーブルにあった使っていない灰皿を引き寄せ、椅子に腰かける
そして、静かに言った
「篁君、その青年にドイツ語で話してやれ。
誰が国家元首かを……」
血の気が引いていた篁の顔に色が戻る
彼は、短い返事を彩峰に向かってする

「なあ、篁、俺が間違っているのか。
俺は歴史的事実を言ったまでだぞ」
彼は冷笑しながら篁への返答する

 マサキは誤ってしまった
此処が、彼のいた現代日本であれば、それは事実である
しかし、此処は異星種起源の怪物に蹂躙(じゅうりん)されつつある異界
歴史も化学も文明も同床異夢の世界で、彼の言葉は危うかった
共産圏の東ドイツであろうか無かろうが、失敗だった
仮にアメリカでも同じ結末を迎えたであろう
政威大将軍(せいいたいしょうぐん)を神聖視する軍人の前で、神輿飾りとまで評した
まだ「神輿に担ぐ」とでも済ませば違ったであろう
神輿ですらなく、それを構成する飾り
しかも、《人身御供》と結論付けたのが不興を買う一因になった
彼の言動は、その様な意味で非常に拙かったのだ……

遠くに居た大使と駐在武官が、此方の方を見ている
脇に立つ東独陸軍少将と通訳も気が付いたようだ


 件の青年が締めくくるように言った
「不合理な二重権威など止めて、その十善(じゅうぜん)の君、御一人にすべきではないでしょうか。
政治の実態は首相が回しているのですから、英国の様に立憲君主制でも良いのでは……」
遠くで見つめる東独軍少将と通訳の顔色が一瞬変わった
彼の君主制を肯定する発言が、不味かったようだ
敢て気にはしなかった
彼は、冷笑する

篁が言葉を選びながら話し始めた
「その……主上(おかみ)より、武家に大政を委任されて800有余年。
三度(みたび)政権は変わりましたが、今の元枢府(げんすいふ)に委任状を出されて、既に100余年になります。
その……、歴史的重みは、簡単には捨てられませぬ故……。
貴方がたの様に、合従連衡(がっしょうれんこう)して出来た国家(ドイツ)とは違います故、簡単な回答は差し控えたいと存じまする」
些か古風な言い回しで、青年に返答した
彼の言葉に、青年二人は酷く納得した様子であった


マサキはその様を見て、ほくそ笑む
これは、上手くいけばこの白面(はくめん)の中尉を利用できるのではないか……
次元連結システムを応用した仕掛け道具でも渡せば、混乱させることも出来るかもしれない
奴等の内訌を利用して、ソ連を破壊させる
恐らく、米国は東欧の軍事力を温存せしめ、BETA戦争の次なる米ソ冷戦再開に備えている
彼等も其れを分かって接触してきたのだ
この若者たちを、戦場で《保護》してやって恩を売って、内訌の足掛かりにする
悪くはない
 
心の奥底にある黒い野望を胸に秘め、彼は椅子に腰かけた
 
 

 
後書き
実はアイリスもベアトリクスも当時の日本人の基準で言う170以上の大女なのです
ユルゲンの身長は劇中や設定で明言されておりませんが、挿絵から判断するとベアトリクスよりも背が高いのです
逆に背が低いと明言されているのがヴィークマン少尉ぐらいです




ご意見、ご感想、ご要望、ご批判、お待ちしております。 
ページ上へ戻る
ツイートする
 

感想を書く

この話の感想を書きましょう!




 
 
全て感想を見る:感想一覧