| 携帯サイト  | 感想  | レビュー  | 縦書きで読む [PDF/明朝]版 / [PDF/ゴシック]版 | 全話表示 | 挿絵表示しない | 誤字脱字報告する | 誤字脱字報告一覧 | 

イナズマイレブン~クロスライジング~

作者:shoogel
しおりを利用するにはログインしてください。会員登録がまだの場合はこちらから。 ページ下へ移動
次ページ > 目次
 

激闘!!最凶イプシロン!

「陣形を崩すなぁ!!」

鬼道くんの声が響く。
ここの施設を使用し始めて3日目に突入していた。
私たちは着実と実力を身につけて行きトレーニングのレベルも最高レベルで
トレーニングするまでに成長していた。

「ふぅ…流石に最高レベルは堪えるぜ…!」

そう言いながらトレーニングルームから出てきた円堂くん。

「円堂くんも凄いトレーニングしてるよね!」

「ああ!なんかこう自分の成長が実感できてワクワクしてくるんだ!」

バァァァァァァン!!

「ん?」

突然響いた大きな音に私と円堂くんは顔を見合わせて
大きな音が響いた方に近付く。

「やるじゃねぇかアツヤ!」

「ああ…!これならあのデザームからゴールを…!!」

大きな音が響いた場所はシュート力を鍛えるトレーニングルームからだった。

「俺たちのシュート力も確実に上がっている」

黒薔薇くん達がそう話しているのを見ると円堂くんは
トレーニングルームに顔を出す。

「おお!やってるなお前ら!」

「円堂!」

「ああ!俺たちの準備は万全だぜ!」

そう自信満々に答える染岡くん。
アツヤくんもいいライバルが居ることによって良い刺激になってそうだ。

「ああ、今回ばかりは俺だけのプレーじゃ上手くいかねぇかも知れねぇからな」

「え?」

「ん、なんだよ俺おかしいこと言ったかよ?」

思わぬアツヤくんの言葉に私と円堂くんは驚く。
あのアツヤくんが1人で攻め込もうとしていないのだ。
あの時エターナルブリザードを止められて誰よりも悔しがっていたアツヤくんが。

「でも、勘違いすんなよ黒薔薇、染岡…!デザームから点を奪うのはこの吹雪アツヤだ…っ!」

そう言いながら2人に声を掛けるアツヤくん。

「へっ、1人だけ良い格好させてたまるかよ!」

「俺も雷門のFWだ。やるからにはお前にも負けないさアツヤ」

そう闘争心を持ちながら染岡くん、黒薔薇くんも汗を拭く。

「ははっ!良い感じだな!!」

円堂くんもそんな3人を見て嬉しそうだ。

その後私達はトレーニングに戻った。

イプシロンの予告の日まで残り2日。
私たちは負ける訳には行かない。
お兄ちゃんの為にも、この世界のためにも!

そう気合を入れる私。
しかし身体が震えているのに気付く。

「あ、あれ…おかしいな…」

私はその震える身体を抑えようと自分の腕を掴む。

「…ううん。もう自分に嘘をつくのはやめよう…」

私のこの震え、前回にイプシロン戦の時もだった。
本当は前回気付いていたのかも知れない。
ううん、もっと前かも知れない…。

「マキちゃん…。ううん、マキちゃんだけじゃ無い。風子ちゃん…だよね…?」

今になったらわかる。
レーゼ。あれはリュウジくんだった…。

「お兄ちゃん、あの時の怖い顔…そう言うことだったんだね…」

私はそう呟く。

「でも…、本当にそうだったとしても!私はお兄ちゃんを助けたい!」

このことは皆んなには黙っておこう。
イプシロン戦前。チームの士気に関わってしまう。
思ったより落ち着いている私に多少自分で驚きつつ、ふと口ずさむ。

「私は…1人じゃない…!」






2日後…。

「時は来た!!」

デザームの声が響き渡る。

「何故デザーム様10日もの猶予を?」

「……………」

ゼルの言葉を無視するデザーム。

「…黙ってついて来いと言うことですか。昔のあなたはこうではなかった。あの雷門中が貴方を変えてしまったのですか?」

「…………」

「私たちは貴方に従います」

そんなやり取りののち、特訓場は姿を変えグラウンドへと変わる。

「やはりここは奴らの施設か」

鬼道くんは地面を確かめるようにグラウンドに降りる。

「いいみんな?これが最後の戦いになるわ!!全力で挑みなさい!」

「絶対勝ってダーリンとハネムーンや!!」

チームに加わったリカちゃんもそう応じる。

瞳子監督の檄に私たちは全員で答えた。

「「「おおおおおっ!!」」」



雷門中

FW 黒薔薇 アツヤ 染岡
MF 一之瀬 天空橋 鬼道 風丸
DF 土門 吹雪 壁山
GK 円堂



イプシロン

FW ゼル マキュア
MF スオーム メトロン ファドラ クリプト
DF モール ケイソン タイタン ケンビル
GK デザーム



以上のメンバーだ。

ボールはイプシロンから。
私たちに緊張が走るのと同時に私は改めて現実を受け止める。

「間違いない…か…。嘘ならどれだけ良かっただろう…」

「天空橋?」

黒薔薇くんの言葉に我に帰る。

「ううん!大丈夫!絶対勝とう!」

「ああ。勿論だ」

《さあ!雷門対イプシロンの世界を賭けた戦いに火蓋が切って落とされます!!》

ピーーーーーーー!!

試合開始のホイッスルが響く。

同時にゼルからマキュアにボールが渡り駆け上がってくる。

「邪魔よ!!」

マキュアはそういうとボールを上空に蹴り上げ
グラウンドに蹴り落とす。

「メテオ…シャワー!!」

ドゴン!ドゴン!ドゴン!

「「「ぐあああっ!!」」」

凄まじいドリブル技に黒薔薇くん達が吹き飛ばされる。

『めておしゃわーって名前にするー!』

そんな昔の記憶が蘇る。
こんなところでこの技見たくなかった…!

「行かせない!!」

「チッ…!!」

私はマキュア…。マキちゃんのディフェンスに入る。

「あんた自分が何やってるかわかってんの?」

「知らない!!私はお兄ちゃんを助けたいだけ!!」

「ふふっ、貴方じゃあの方には会えない!…ゼル!!」

「しまった!?」

マキュアの後ろから上がってきていたゼルにマキュアはパスを出す。
そのままゼルはシュートの構えを起こす。

「ガニメデ…プロトン!!」

手から放たれたエネルギー波で威力を増したシュートは
円堂くんが守るゴールへと突き進む。

「円堂!!」

鬼道くんの言葉に応えるように円堂くんは身体を最大限に捻る。

「うおおおおおっ!!マジン・ザ・ハンド改ィィィッ!!」

グオオオオオオオオオ!!

ギュルルルル…シュゥゥゥゥ

「よぉし!!」

《なんとあのイプシロンの強力なシュートを円堂見事に止めましたぁ!!」

「凄いっスキャプテン!!」

「流石だぜ円堂!!」

見事に止めた円堂くんに思わず壁山くん、土門くんが興奮する。

「よし!吹雪!!」

円堂くんはそのまま吹雪くんにパスを出す。

「任せて!」

そのまま吹雪くんは駆け上がりゼル、マキュアを抜き去る。

「吹雪くんドリブルも凄い!!」

「行かせねぇ!!」

メトロンが吹雪くんにスライディングを仕掛ける。

「通させてもらうよ!スノーフェアリー!!」

アイスグランドのように全体に氷を発生させた吹雪くん。
その場所をまるで妖精のように華麗に舞い、メトロンを抜き去る。

「流石兄貴だぜ…!こっちだ兄貴!!」

「アツヤ!!」

「うおおおおっ!!」

吹雪くんからアツヤくんへ。
ボールを持ったアツヤくんは独壇場と言わんばかりに相手を抜き去っていく。

「決めちまえアツヤ!!」

染岡くんのその声に頷きアツヤくんは吹雪を起こす。

「吹き荒れろ…エターナルブリザードV2ゥゥッ!!」

ギュオオオオオオオオ!!

凄まじい吹雪を起こしながらゴールへと唸りを上げていくシュート。
今までよりも更に強力になったシュートがデザームを襲う。

「ふははは!前回あの距離であの威力…!今回はさぞかし強力に違いない!!」

デザームは手を前に構えると技を発動させる。

「ワームホール!!」

ギュオン…ズドン!!

アツヤくんの強力になったシュートはワームホールに飲み込まれ
ワープした出口から地面に突き刺さり完璧に威力を失った。

するとデザームは自分の足場に目をやるとニヤリと笑う。
デザームの足元は僅かにゴールに押し込まれた跡があった。

それを見たイプシロンは驚きが隠せない。

「まさかデザーム様が…!?」

「奴らのどこにこんな力が!?」

そんなイプシロンの反応すらも楽しむようにデザームは高らかと笑う。

「ふはははははははっ!!面白い!!実に面白い!!これだ…これが私が求めていたものだ!!最高だぞ雷門中!!」

デザームとは対照的に悔しそうなアツヤくん。

「くそっ!!」

そんなアツヤくんに駆け寄る染岡くん。

「これは俺が先にゴールを奪っちまうかもなぁ!?」

そう言いニヤリとする染岡くん。
それを見たアツヤくんは悔しがるのをやめ強がる。

「ふんっ!今のはウォーミングアップだっての。ぜってぇ次は決める!お前より先に俺がな!!」

「へっ!望むところだぜ!!」

そんなことを言い合う2人。

「本当に仲良いなぁ」

そう呟く私に黒薔薇くんが話す。

「ああ。染岡が居てこそのFWアツヤかもな」



「一之瀬!」

「鬼道!!」

「「ツインブースト!!」」

一之瀬くんと鬼道くんの2人が放つツインブーストが
相手ゴールへ襲う。

バシン

「ふん…」

しかしデザームの前では全くもって無力。
片手で簡単に止められてしまう。



「ゼル!!」

「ガニメデプロトン改!!はあああっ!!」

ドゴオオオオオッ!!

「さっきより威力が増してる!!円堂くん!」

「任せろ!!」

威力の上がったガニメデプロトンにも怯まず
円堂くんは身体を最大限に捻り力を貯める。

「マジン・ザ・ハンド改!!」

グオオオオオオオオオ!!

ギュルルルル…シュゥゥゥゥ…!

「な…馬鹿な!?」

進化したガニメデプロトンも円堂くんのマジン・ザ・ハンドの前に
無力化しゼルは表情が曇る。

《円堂止めたぁ!!両チーム手に汗握る攻防だぁ!!》

「ナイスセーブ!!良い反応だったぞ!!」

土門くんがそう円堂くんに声を掛ける。

「そういえばいつもと感じが違ってたな…」

そう言いながら円堂くんは手を見つめる。

ピィ ピィーーーーー!!

前半終了。
私たちは前半を0対0の同点で折り返した。 
次ページ > 目次
ページ上へ戻る
ツイートする
 

感想を書く

この話の感想を書きましょう!




 
 
全て感想を見る:感想一覧