| 携帯サイト  | 感想  | レビュー  | 縦書きで読む [PDF/明朝]版 / [PDF/ゴシック]版 | 全話表示 | 挿絵表示しない | 誤字脱字報告する | 誤字脱字報告一覧 | 

僕は 彼女の彼氏だったはずなんだ

しおりを利用するにはログインしてください。会員登録がまだの場合はこちらから。 ページ下へ移動
 

7-⑶

 水曜日、美鈴の店が定休日なので、僕の仕事帰りを待って、家の近くのカフェで待ち合わせをしていた。二人とも時間的に無理なく会えるので、このパターンが多いのだ。

 美鈴はハーフパンツでラフな服装で来ていた。僕は、割と汗だくで店に入って行った。

「お帰り 電車通勤も疲れるでしょ?」

「もう、慣れたよ だいぶ、暑くなったなぁ 店は順調?」

「うん 外が暑いせいかさ お弁当が前よりも出るようになったわ 朝が忙しいのよ」

「晋さんは、朝の仕込みとお弁当なんだろう 大変だよな」

「うん 多い時は、お父さんも早く出てる」

「美鈴も早くから終了まで出てるんだろう 身体もつか?」

「私 丈夫だし やりがいあるしね」

「ほんと よくやるよー 息抜きもしろよな」

「今 こうやってしているじゃん 蒼と会っている時が、安心できるし、気が抜けるの」

「美鈴にそう言ってもらえるのって心が痛いよ」

「うー なんで 何かやましいことあるのかな」

 僕は、美鈴が何かを感じ取っているのかと、負い目を感じていた。あの日から、会社で月曜日に愛ちゃんに会っても、何事も無かったかのようにお互い、接していたのだが・・

「なんもないよ 美鈴が可愛すぎてな」

「なんか、誤魔化されたー でも、蒼から言ってもらえるのが一番嬉しいー あのね、お店が狭くってね お弁当の用意も大変なのよ だから、更衣室をね、別にプレハブにでもして、お弁当用にしようかと思っているのよ 

「うーん やればやるほど、何かと物入りになるもんだなぁー」

「そうだね 仕方ないよ 売上伸ばそうとするとね 私、我慢できないみたい あっ そう 女の子の制服 変えたんだ えんじ色にした 白だとね 見た目清潔そうなんだけど 下着の色が移っちゃうのよ 冬のうちは下に何か着れば良かったけど、暑くなってくるとね バイトの子なんか、結構、カラフルでね 明璃ちゃんなんかも派手になってしまって」

「ふーん そういうもんかな うっすら、見えるのも男にとっては良いもんだけど」

「バカ 蒼 他の女の子の下着見て喜ばないでよー」

「あのさー 別に 喜んでるんじゃぁないから、そういう言い方すんなよー」

「はいはい 私が期待に応えられなくって、悪いのよね ごめんね」

 やっぱり、何か感じ取っているような気がしていた。でも、やましいことはしていないつもりだ。

「いや そんなつもりじゃぁー 美鈴は、何にも悪くないから・・」
 
「うーん でも、考えてることもあるからね それよりもさ、お父さんが、この前、昔よくいった海はどこだっけなぁー って、何か、思いだしてきたみたいでね へんな風になんなきゃいいけど」

「どうして? 快方に向かっているんじゃぁ無いの?」

「だけど あんときのことを想い出して欲しくないの 今のままで、幸せじゃぁないかなって」

「うん 複雑だよな」

「私も複雑なんよ お父さんの幸せってなんだろうなって」

「親だったら、娘の幸せが一番なんじゃぁないかな」

「そうかなぁー 今、結構、幸せ感じているんだけどな 本当の幸せって知らないのかもね」 




 




 
ページ上へ戻る
ツイートする
 

全て感想を見る:感想一覧