| 携帯サイト  | 感想  | レビュー  | 縦書きで読む [PDF/明朝]版 / [PDF/ゴシック]版 | 全話表示 | 挿絵表示しない | 誤字脱字報告する | 誤字脱字報告一覧 | 

私の中に猫がいる

しおりを利用するにはログインしてください。会員登録がまだの場合はこちらから。 ページ下へ移動
 

3-⑸

 私からは、しばらく連絡をとるつもりは無かったが、舜から連絡してきた。週末に会うことになってしまった。私は、心の整理がついていなかったのだ。

「プチ どう思う? こんな気持ちのまま、お付き合いしていてもいいのかなぁ」

「そう聞かれてもなぁ すずりちゃんの心はわかんないよ たださー あれくらいのことで、怒るって、心狭くない? もっと、自分に自信持てよ」

「ちょっと 冷たくない? そういう言い方って 私 悩んでいるんだから」

「妬いているんだったら、好きなんじゃぁないのか それとも、自分のプライドの為なのか? 信頼できるのか、どうかは、自分で確かめろよ 飛び込んでみればぁー それが、間違っていても、どうってことないよ」

「そうか 決めてみるか」

「俺は、一緒に行かないからね 自分で決めろ それに、正直言って、すずりちゃんが男に抱かれているのって、見てられないよ」

「私 そんなこと・・するって言ってないじゃぁない」 

 待ち合わせは、ケーキ屋さんのパーラーだった。私の方が先に着いていたが、舜がやってきて

「ごめん ごめん 待たせたね」と、言っていたが、まだ、約束の時間前だったのだ。

「そんなに鬼みたいな顔をして まだ、怒っているのかい?」

「そんなことないですよ! 舜も事情あるんでしようから」

「じゃあさ 可愛い顔が台無しだから 普通にしてよ」

 少し、歩こうと言われて、私達はメリケンパークまで歩いてきた。その間、私は、怖くて手も繋げなかったのだ。

「ここは、すずりとの想い出の場所なんだ」

「えー 私 舜とは来たことないんだけど」

「うん 僕は、友人の結婚式に呼ばれて、帰りにぶらっとここで休んでいたんだ。その時、君は多分、大学の仲間とだろうな 卒業式の帰りみたいで、4.5人でここで、はしゃいでいた。僕は、君を見た時、可愛いと思った。あの時は、髪の毛も長くて、風に舞って、天使みたいに見えた」

「あっ あの時だ 卒業式の帰り」

「明るくてね 子供みたいだった でも、4月になって、ビルに入って行く、君を見たんだ これは、神様がくれた運命なんだと思ったよ それでね、近づいたんだ」

「えー そんなことがあったんですか」

「この前 君は、自分のこと 子供っていっていたけど、僕は、今のままのすずりが好きなんだ 無理しなくて良い そのままその気になってくれ」

 そして、私は、抱きしめられたけど、そのまま、身を任せていた。そして

「不安にして、ごめん」と言って、唇を合わせられていた。私、そのまま・・。

 中華街で、食事をした後、商店街の宝石店に連れて行かれて

「すずりにネックレスをプレゼントするよ あんまり、高いものは駄目だけど」

 私は、「そんなー」と言って拒んでいたが、結局、店の中に入り、いろいろ見て、「できるだけ、細いものを」と、買ってもらったのだ。

「きれいだよ すずり」

「私 でも こんなの、貰ってしまって・・」

「気にしないで 僕が、そうしたいんだから」
 
ページ上へ戻る
ツイートする
 

全て感想を見る:感想一覧